このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
07:00
これがミキなりの防災への想い!

今日は何日ですか?ハイ、9月1日、かつて東京を関東大震災が襲った日です。つまり、今日は一年の中でも防災について改めて考えるにふさわしい日です。3月11日などもやがてそういう日になるのでしょうが、そこはまだ今残る痛みを癒すほうがふさわしいので、「防災」という備えはやっぱり9月1日こそがふさわしい。

その防災イブの夜、ミキが何をしていたか。ミキはTBSで放映された「アイアム冒険少年」なる番組に出演していました。企画は無人島からの脱出というもの。「さすが天然アマゾネス」「ミキがいると無人島ってより支配者だけが生き残った帝国って感じ」「ハマーン・カーン」などと茶化していい企画ではありません。

ミキはこの番組の中で、「最新防災アイテムを活用して無人島から脱出する」というテーマを課せられました。9月1日に、最新防災グッズを活用する。そうです、わかりましたね。ミキは「日本のみんなが生き残る可能性を1%でも高めるべく、最新防災アイテムの素晴らしさや活用法を紹介して、防災への意識を高めようという啓蒙活動」をしていたのです。単に南国でグランピングしていたわけではありません!

↓ミキがこの企画を「防災グッズの紹介」だと思ってやっているのは明白です!

脱出云々、対決云々じゃないんだよ!

ミキは、みんなに防災への意識を高めて欲しいんだ!

24時間テレビじゃなくても、愛で地球を救うつもりなんだ!

空に向かって増補版 [ 安藤美姫 ]

価格:822円
(2016/9/1 02:42時点)
感想(9件)




ミキは最新防災グッズとともに南海の孤島に置き去りにされます。ライバルとなる芸能人は、同企画で好成績を出したというあばれる君と、グラビアアイドルの中村静香さん。ナイフ一本で放り出されたガチ担当のあばれる君、スマホのアプリを駆使しろという体裁で要するに脱げと要求されている中村静香さん。その狭間で、ミキは防災グッズのアピールに勤しみます。ひとりだけチャリティー活動モードです。

ミキはまず杖とコンパスが合体したグッズを取り出し、脱出先となる有人島がある東の方向を目指します。山ガール風ファッション、たわわな胸、オシャレなリュック。山中で見るミキは一段と魅力的です。トカゲや貝を発見しては騒ぐミキは余裕しゃくしゃく。まぁこの手のトレッキングは、24時間テレビの富士登山企画で鍛えてますからね。何で今年は浜口京子さんだったんですかね。ミキは富士登山口で待ってたと思うんですけどね。

湿地帯に差し掛かったミキはマングローブマングローブマングローブと連呼し、「パンツまで濡れるんですけど」と不満風誘惑を繰り出し、さらには虫避けと称して全身パンスト被りみたいな衣装をまとうコスプレサービスで視聴者をドキマギさせます。ただでさえゴム素材のピッチリしたパンツにドギマギしているのに、こんなことを無人島でやられたら、僕の中の高畑容疑者を抑えきれなくなってしまいそう。

↓そんな視聴者の悩みはつゆ知らず、昼飯時にさしかかったミキは災害時に重要な水と食料の確保にチャレンジする!
●水の確保について
ミキ:「(ノドは)乾かないです」
ミキ:「あまりノドが乾かない体質なのか」
ミキ:「普段からあまり飲まなくて」
ミキ:「ペットボトル1本終わらない、一日で」
結論⇒雨を待てばOK

●食料の確保について

ミキ:「(お腹は)全然空いてない」
結論⇒3日くらい食わんでも死なない

ただ、あれじゃん?防災啓蒙じゃん?

水と食料はカバンに入れとくべきものじゃん?

「ジャングルで収穫」なんて状況、ないじゃん?

ミキはなんにも間違ってない!


脱出スタートから6時間半。飲まず食わずで歩きつづけたミキは、いち早く中間目的地となる無人島東側の海岸に到達。目指す有人島はこの10キロ先。ミキは目的地を目視しておおまかな距離をつかむと「走って1時間、余裕だな!」と仁王立ちで宣言。今日はもう夕暮れなので、脱出は明日の工程とすることに。さすがに疲れたので、食料を調達に出掛けます。

カバンから高枝切バサミを取り出し、ヤシの実を狙うミキ。「防災グッズっていうか、通販商品じゃねーか!」という声がノドから出掛かりますが、ミキは首尾よくヤシの実を大量ゲット。好きなだけヤシジュースを飲み、全然必要ないけど防災用の特殊フィルターに通すという防災グッズ紹介も行ない、脱出に必要な水を十分に確保しました。ミキの背後に映る「パエリア」と書かれた缶詰の姿を見て、僕は確信します。「もうミキには水・食料探しの必要はない!」と。

↓このビニールパックに水を入れると、特殊フィルターが病原菌や微生物を除去してくれるんですって!


防災的にはこのパックをご用意ください!

雨水などをより安心して飲めるようになります!


↓ミキは次々に防災グッズを紹介していく!
●「自分、よく燃えそうだもんな」などとは言わせない!女子でも簡単に火起こしができる着火剤付きマッチ


●「温める段階で別の意味で炎上しそう」などとは言わせない!スペインの味、ハビちゃんの味、パエリア缶詰


●「炎上しても耐えられる体質ですよね…」などとは言わせない!火中の栗を拾うのにも安心の耐熱軍手


●「これなら炎上の必要もないですね」などとは言わせない!水をかけるだけで食べられる鮭おにぎり


●「え?浮くの?どこから?世間から?」などとは言わせない!安心して寝られる宙に浮くテント


●「あとで使用済みのヤツくれ!」と視聴者プレゼント企画に期待が高まる簡易便座



ミキはこのグッズで大切な家族を守る覚悟がある!

そういう気持ちでこの仕事をやっている!


↓なので、スタッフがふざけ半分で防災啓蒙に取り組む態度は絶対に許せない!
ミキ:「テレビが用意した意味はわかるけど」

ミキ:「何で、パエリア?とか」

ミキ:「完全に狙ったでしょ?」

スタッフ:「つまらないモノを用意するよりは、パエリアかな…と」

ミキ:「ふん」

スタッフ:「スペインのモノとか食べるんじゃないですか?」

ミキ:「食べないよ」

ミキ:「何で食べるんですか」

スタッフ:「直球で聞いていいですか?」

ミキ:「うん」

ミキ:「パエリア食べてて彼氏のこと思い出しますか?」

ミキ:「全っ然!」


ミキ:「思い出さない」

ミキ:「それよりね、ホントに」

ミキ:「見てる方を不快にしないかとか」


ミキ:「大丈夫かっていう心配ばっかり、さっきから」

ミキ:「(私を起用して)大丈夫?って思いましたよ」

ミキ:「声掛けてくださったとき」

ミキ:「かなり!評判が悪いですよ、私は」


ミキ:「知ってました?」

スタッフ:「(答えづらい…)」

スタッフ:「この企画って相当頑張らないといけない企画なので…」

ミキ:「頑張り屋さんを選んだ、と」

Happy 25th birthday to my sweet love😌💕 today is really special day for you and I hope you had great birthday😌💕 I'm so happy to know you and have you in my life now is because you born in this world 25years ago today😌💕💕💕 so today is the special day for me too☺️ also I love to say thank you to your mom and dad who have you in this world😌❤️ again happy birthday and be happy, smile, success, healthy, and get a lot of love in your life😌❤️ I love you so much from all my heart❤️❤️❤️❤️❤️ 💕✨Feliz cumpleanos✨💕 ❤️❤️❤️Te quiero❤️❤️❤️ ハビちゃん お誕生日おめでとう😌💕✨✨ 今日はどんな1日だったかな? ショーだったからゆっくりはできなかったかもしれないけど、沢山の方にお祝いしてもらったんでしょう😌✨💕 ハビちゃんが生まれて 出会えてとても幸せです😌💕❤️😊 本当におめでとう💕✨ 大好きです😌😊💕❤️ #birthday #誕生日 #love #amor

Miki Andoさん(@miki_m_ando0403)が投稿した写真 -



ミキは真剣だから!防災啓蒙に真剣だから!

スタッフも24時間テレビと同じ気持ちで来いよ!

悪ふざけするなら「ひまわりの種」とかも入れとけよ!

中途半端なのは好感度にも悪影響だぞ!

なま・ひまわりのたね(生ひまわりの種)サンフラワーシード・500g(有機認証品)

価格:1,620円
(2016/9/1 02:43時点)
感想(1件)




ミキが紹介した防災グッズの数々。便座は最悪なくてもいいかなとは思いますが、万一の際に役立つこと確実なものばかり。「体力はあるけどやる気はない」というミキでも、これらのグッズを駆使すれば無人島でのサバイバル&脱出が可能となるのです。「備えあれば憂いナシ」とはこのこと。懐中電灯だのラジオだのは、電池が長持ちするスマホと大差ありません。平時よりすごく助かる、というほどではない。

あなたの防災カバンにテントは入ってますか?便座は入ってますか?高枝切バサミは入ってますか?そういうところが足りてなくないですか?ミキは根底から意識を揺さぶってきているのです。避難所と役所で持っている「緊急時の数日」ぶんの防災グッズでは足りないガチ避難用具こそが、家庭で準備すべきものである。ミキはそう語りかけているのです。

避難所まで行けば何とかなるのだから、逆説的に「避難所に行けない事態に備えるモノが自宅には必要」という観点から。9月1日、もう一度ご自身の防災カバンを確かめてみてください。本当にコレで、何があっても避難所まで行けるかどうかを。もし無理そうな事態が想定されるなら、今すぐグッズを買い足しましょう。ミキを見て、そう思っていただければ僕も嬉しいです。

↓最終的にミキはカバンに入っていたカヌーを使って、無人島から脱出しました!


ミキ:「肩が悪いので…」
ミキ:「休みながら行きたいと…」
ミキ:「肩甲骨が(痛い)!肩甲骨(が痛い)!」
ミキ:「疲れた…」
ミキ:「着いた…」
ミキ:「風と天気と海ありがとー!」

やっぱ、水場はカヌーやね!

イカダづくりとかじゃなく、カバンにカヌーが正解!

カヌー買おうぜ!

Sevylor(セビラー) SK200DS 2パーソンカヤック 2000013053

価格:185,124円
(2016/9/1 02:45時点)
感想(0件)




「備えあれば憂いなし」の「備え」にはカヌーを入れておく必要がある!