このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
07:00
バヌーシーに俺はなる!(ドン!!)

夢のような提案に僕の心は震えています。これまで人生の中で何度か誘惑にかられながら、分相応の人生を歩まねばならないという諦観から断ち切ってきた誘惑、それは馬主。競走馬のオーナーとなり、愛馬とともにビッグな夢を見る。ついに僕は、大きな夢への一歩を踏み出そうと決意しました。

僕の心を動かしたのは、「アヤしいことの総合商社」としておなじみのDMM.com。何とDMMではアプリと連動して超小口馬主ライフを楽しめるサービス、DMMバヌーシーを始めるというのです。「バヌシじゃなくてウマヌシな」などと添削じみたことを言う気はありません。むしろ新概念。馬主だと荷が重そうな感じもするけれど、バヌーシーなら気軽に始められそうな気がする。僕はむしろバヌーシーになりたいのです。

↓きっと関係者全員ダマされて猛反省で終わるんだろうけれど、むしろ反省したい!

でも、今井メロのAVをDMM.comで注文したらちゃんと届いたもんな!

架空の書店の名前が書いてある茶封筒でちゃんと届いたもんな!

僕はDMM.comを信じたい!

DMM入門講座 電気のさまざまな「量」を測定する動作原理と実践

価格:2,376円
(2017/7/12 03:58時点)
感想(0件)




競走馬のセリである「セレクトセール」という楽天スーパーセールみたいな催しに参加したDMM.comはジェンティルドンナの全妹を3億7000万円、リアルスティールの全妹を1億6000万円、さらにキタサンブラックの全弟を1億4500万円で落札したと言います。

ジェンティルドンナと言えば、GI通算7勝、年度代表馬2回、牝馬三冠を達成したばかりかジャパンカップ、ドバイシーマクラシックなど世界的な大競争をも制した名馬中の名馬。さらにリアルスティールもドバイターフを制し、秋の天皇賞などで2着した実績のある馬。キタサンブラックはジャパンカップなどGI・5勝という実績に加え、北島三郎オーナーの持ち馬としてもおなじみ。その全妹全弟…お父さんもお母さんも同じマジモンのきょうだいということですから、大変な血筋です。室伏広治さんで言えば室伏由佳さんに相当するのが、今回DMM.comが落札した馬たちなのです。

「じゃあ、どのぐらいスゴイかは育ててみないとわかんねぇな…」

確かに姉兄ほどにスゴくなるかはわかりませんが、一般論で言ってどこの馬の骨かわからない馬よりは、室伏の妹のほうがスゴかろうことは疑いようがないところ。本来なら、こういった馬は生産者が囲いこむか、大馬主様がお買いになるかするところなわけですが、今回はDMM.comが競馬サークルに金のチカラで割って入ったと。そして、それを細切れに分割して底辺の我々にも一口噛ませていただけると。

その分割口数は何と1万口だといいます。1万口の分割なので、4億円で買った馬でも4万円程度で一口買わせていただけるのだとか。これはなかなかに夢があるじゃないですか。「6億円のディナシーは1回も出走しなかったよな!」「フサイチナントカにも高額未出走馬いたよな!」「4万円で馬券買ったほうが儲かりそう」という気持ちもなくはありませんが、やっぱりバヌーシーになりたい。細切れのスムージーみたいな立場でもバヌーシーがいい。バヌーシーに俺はなる!(ドン!!/2回目)

↓一口馬主という遊びがよくわからない人にザックリとご説明します!
●法人格の馬主が競走馬を買い、その馬をファンド化して出資者を募る仕組みの「投資」

●出資者は入会金(1万円程度〜)・出資金(これがいわゆる1口いくらの額)・月会費(数千円程度〜)・月々のエサ代等(数千円程度〜)・保険代などを払って、馬主気分を味わう。(本物の馬主になるためには、中央競馬では年収1700万円・資産7500万円以上あることが必要なので、庶民には馬主気分が限界)

●競走馬がレースで獲得した賞金は一口馬主のもとに配当として支払われる。賞金額に対して、20%は騎手・調教師などの取りぶんとなるので、馬主にくるのは80%。そこから税金を支払い、クラブ(DMM.com)が手数料を引いて、おおよそ獲得賞金等の半分ほどが分配されるイメージ。国内最高賞金のレースであるジャパンカップ(1着賞金3億円)に勝った場合、1万口分割だと1口あたり1〜2万円くらいもらえるかなぁというところ。

●ただし、競馬の賞金は格が低いレースでもそこそこあり、8着くらいまで賞金が出る。さらに細々とした手当的なものもある。なので、オープンクラスまでいくと生涯獲得賞金が1億円くらいに積み上がっていたりする。超一流馬でなかったとしても、大損するとは限らない。

<こんな感じでアチコチで募集中>


投資として考えるなら、止めたほうがいい案件!

たとえ、1口が1万円でも「会費3000円を馬が引退するまでの3年間払った」としたら、それだけで10万円くらいになりますからね!

しかも馬が走らなければ、手元に残るのは本当に「思い出」だけ!

その思い出を買える人だけの高等遊戯だ!

一口馬主の愉しみ 競馬を10倍楽しむ大人の趣味 (競馬道OnLine新書) [ 伊吹雅也 ]

価格:972円
(2017/7/12 03:59時点)
感想(0件)




今回のDMM.com案件の画期的なところは1万口という超細分化にあります。同じようなホースクラブは「シチー」だの「マイネル」だの「シルク」だのたくさんあるのですが、それらは数十口から数百口程度での分割が一般的。そのため一口あたりの出資金は10万円台から100万円台の規模になります。これはちょっと「遊び」と割り切るには高すぎます。

もちろん、一口あたり1万円程度の安い馬というのもクラブによってはいるのですが、それはやっぱり安かろう悪かろう。「誰やお前」と「誰やお前」の配合によって生まれた「誰やお前」なクラスの馬が、1万円という規模で馬主気分になれる馬の相場なのです。

その点、DMM.com案件は誰が見ても知っている、夢と期待を背負った馬です。体重450キロとしたら、1万分割すれば1口あたりの割り当ては45グラムとかですが、持ち分は肉片であっても走るときは立派な馬。どうせダメなら新馬戦くらいは大注目されるほうが気持ち的にも盛り上がるというものです。馬への出資金で大金をガツンといただくより、小口の会員から徴収する月会費で小さくたくさん掠め取ったほうがいいという判断はさすがDMM、ウマいところに目をつけたものです。

不安はたくさんあります。そもそも本当にDMM.comがちゃんとできるのか、とか。すぐこの事業に飽きちゃうんじゃないのか、とか。馬が8年くらい走った場合、バヌーシーのほうが先になくなってるんじゃないのか、とか。この血統なんだから繁殖に上がるんだろうけどDMM.comが忘れそう、とか。確定申告用の資料をちゃんと送ってくるんだろうな、とか。心配事しかないと言ってもいい。

それでも、バヌーシーに、俺は、なる!!(ドン!!/3回目)

自分の遊びとしてバヌーシーになり、たぶんその決済とかでDMMのポイントがつくと思うので、それでAVをダウンロードする。あるいはバヌーシー会員はAVを無料で見られたりするかもしれない。怪我さえなければ2年、この血統の馬なら諦めずにレースにも使うでしょう。勝ち上がる可能性だって十二分にある。その期間のAV見放題を数万円で買うのだと思えば悪くはありません。従来のクラブに入って、紙の会報とか送られても面倒なのでアプリで完結するのも都合がいい。「ダマされたと思って」ではなく、「ワザとダマされに行く」という気持ちで追いかけたい。と、ワクワクしているのです。

↓おおっ、ダビスタの牧場みたいで簡単そうな画面!

この画面を開くたびにDMMのわずらわしい広告が出るんですね!

あと繁殖入りしたり、種牡馬入りしたら、種付けのもようが動画配信されそう!

DMM.comでライブ配信されそう!

そっちがメインコンテンツになりそう!

恋のハロン棒☆俺様ジョッキーは嫉妬で種付け【電子書籍】[ だから霧島 ]

価格:323円
(2017/7/12 03:59時点)
感想(0件)




なお、冗談じゃなく、従来案件と比べても単位あたりは割高だと思いますし、1万口分割じゃ少々勝ったところで儲かりませんので、「ワザとダマされに行く」人以外は基本的にはスルー推奨かと思います。馬代はともかく、会費はまずもって取り戻せないでしょう。「●●の全弟」「●●の全妹」には星の数ほどの駄馬がおり、たぶんバヌーシーの馬もその1頭です。金は捨てるつもりでなければやってられません。

それに、「1万円で馬主気分」とか、とにかく安く気分を味わえばいいというなら、安い馬はそれなりにいます。有名馬の近親ではありませんが、安ければ何でもいいというならそちらのほうがいいでしょう。何年かその商売をつづけ、一口馬主を募った馬がレースに本当に出ている実績があるクラブのほうが、いくぶん安心感もあります。どうしてもバヌーシーがいい、そういう人だけが集うサービスとして、業界に旋風を巻き起こしてもらいたいものです。その旋風を受けて、従来のクラブがサービス面で競争・改善されていったなら、競馬サークルにもメリットがあるかもしれませんので。

↓ちなみに、すでにあるクラブにも「2000口分割」「入会金0円・出資金0円・月会費0円」なんてタダ同然で売られている馬もいます!


そのうち無課金馬主とか出てきそう!

もはやPOGとの区別がつかなくなってきた!


バヌーシーの競走馬第1号は「マジックミラー号」でお願いします!