このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
08:00
馬主じゃないよ、ハヌーシーだよ!

ご報告します。僕は一国一城一間の主として馬を持つことにしました。きっかけとなったのは、僕らに安価でエッチな映像をダウンロードさせてくれることでおなじみの企業DMM.comが開始した新サービス「DMMバヌーシー」。いわゆる一口馬主なのですが、従来の一口馬主システムではまだまだ高かった敷居を極限まで引きずりおろし、飛び越えられるようにした画期的なサービスです。

「DMMで集金サービス、罠かも!」

僕もこのシステムに新しい夢を乗せようと、発表会見や募集開始などの動きを観察しておりました。また、平行して既存の一口馬主会社のシステムなどの勉強もしてまいりました。その結果、DMMバヌーシーはアリであると判断し、加入を決断しました。決してみなさんに薦めようという気はありません。むしろやめるべき。やめるべきではあるけれども、僕はこういうのが好きなのです。「夢」を売るシステムが。

↓馬主じゃないよ、バヌーシーだよ!


何故馬主じゃなくてバヌーシーなのかは、豆知識としてこのあと説明します!

ここを大事にしないと怒られるのでしっかり覚えていきましょう!


そもそもみなさんが「バヌシ」と思っているアレは、バヌシではありません。ウマヌシです。「ええっ!国民の9割9分がバヌシって呼んでるのに!?」などと言われても困る。胴元がウマヌシだと言ったらウマヌシなのです。どれだけ世間が「能年玲奈だろ?」と言っても、胴元とヤクザが「のん」だと言ったらノンなのです。

「ウマヌシって言われてもなぁ」
「そういうとこでKPI下がるんだよなぁ」
「バヌシって言ってんだからバヌシだろ」
「どうにかしてバヌシでアピールしたい」
「絶対にバヌシがいい!」

という葛藤をDMM側でもしたのでしょう。そこで彼らが持ち出したのは、シカゴマラソンやロンドンマラソンで結果を残し、当時の世界記録もマークしたマラソン選手「ハーリド・ハヌーシ」選手でした。ハヌーシ選手は2007年のレース出場が最後で、そのまま現役引退ということになっておりますが、DMM側ではこのマラソン選手の名前が基になっていると、ここは強く言い張っていきたいということであります。

↓受け止めよう、この話を!そして信じよう、ウソを!結論ありきの逆算だと思うが、絶対そうとは言い切れないのだから!
DMM:「サービスの名前を考えておりましたところ、ある記事を目にしました」

DMM:「モロッコ出身のアメリカ人」

DMM:「ハーリド・ハヌーシ選手という2度のシカゴマラソンとロンドンマラソンで、3度世界記録を更新したモロッコの英雄です」

DMM:「その記事を見たとき、マラソンと言えば長距離、長距離と言えば菊花賞3000メートル、天皇賞・春の3200メートル。日本ダービーの2400メートルも馬にとっては長距離にあたるのではないか」

DMM:「そうするとハヌーシさんのように長距離を最速で走り切ってその国の英雄になるような、そういうスターホースになってほしいな」

DMM:「という想いから!」

DMM:「ハヌーシさんのハに、馬のバをかけて

DMM:「バヌーシー
ハヌーシ:「はぁ?」
ハヌーシ:「言ってる意味がわからないです…」
ハヌーシ:「ウソにしても無茶苦茶な設定」
ハヌーシ:「そもそもおたくの国にも」
ハヌーシ:「マラソン世界記録出した」
ハヌーシ:「国民栄誉賞の英雄がいるでしょ」

と言われましても、DMMタカバシナオーコーではねぇ!

それじゃ何のサービスかわかりませんもんねぇ!

Qちゃんから金取られそうですしねぇ!


ウソだと思いますよ、僕も。バヌシに引っ掛ける理由を探してウィキペディアとか見たんだと思いますよ。だからと言って「DMMウマイティ・モー」にすべきとか「DMMゲブレバヌシェ」にすべきとか「DMMティルネシュ・ディババヌシ」にすべきなんてことを言っても野暮というもの。マラソンからつけたいわけじゃなくて、逆算してもっともらしい理由を言いたいだけなのです。「ハヌーシさん!難癖つければ20万円くらい払うと思いますよ!」なんて煽っても仕方ない。これがいわゆる「方便」というヤツなのですから。

↓方便をまともに受け取っても仕方ない!だって、こう言わないとJRAに怒られるんだもーん!


信じるよ!僕は!

ハヌーシ、知ってる知ってる!

僕もドラクエの主人公の名前考えるとき「ハヌーシみたいな勇者に…」って思うもん!


僕がこのウソまみれのサービスに最終的に加入を決断したのは、既存一口馬主システムと比較したときのスッキリさ加減が理由でした。既存の一口馬主システムとDMMバヌーシーは根本的なところで違いはありません。これはいわゆる「ファンド」であり、出資者は馬を対象に投資をし、その配当をもらうということに変わりはありません。馬が死ぬかも、馬がクソ弱いかもといったリスクも同様です。DMMバヌーシーは「一口1万円から」という敷居の低さがウリですが、既存のファンドにも同様額の募集はありますし、なかには「一口ゼロ円」というものさえあります。

それでもDMMバヌーシーが決定的に既存のシステムと異なるのは、前払いポッキリであるという点。既存のシステムは「会費商売」が前提となっており、出資はもちろんしてもらうのですが、その出資を長く引き伸ばしたり、出資がないときでも安定した小銭が入ってくるように月会費を取るのが基本となっています。その額はおよそ月3000円。口座引き落としでスーッと落ちていくその会費、すぐに生活に影響するような額ではありませんが、心に引っ掛かる面倒臭さが拭えません。そのうち加入していることも忘れそうですし、覚えていても引き落としを止めるのが面倒臭そう。

その点、最終的に発表されたDMMバヌーシーの仕組みが僕にとって受け入れやすかったのは、「前払いポッキリ」であること。馬に何が起きようが、どれだけメシを食おうが、最初に出資した以降の追加費用がナイという点が素晴らしい。これなら忘れてしまっても大丈夫ですし、「次のレースまでは見守りたいから退会は延期してあと3000円払うか…」みたいなイヤーな気分になることもありません。「3000円払ってるのに、今月は出走ナシ…」という不満から連闘を望む気持ちも生まれません。愛馬が駄馬だとわかったとしても、それ以降はビタ一文追加費用は生まれないのです!

↓ちなみに費用の内訳はこんな感じだそうです!

あまりしっかり読み込んではいけない表かもしれない!

「ハヌーシから名づけたんだぁ、へぇー」くらいの気持ちで忘れたほうがいいかもしれない!


とは言え、読まんわけにもいかないので読みます。この例はベンシアドールの2015と呼ばれる仔馬のファンド募集で、募集総額は4億1714万4000円となっています。一口出資額は42000円で、募集総口数は9932口です。これは単純に総額÷クチ数しただけですね。で、問題は内訳です。内訳を見ていくと、いろいろな費用がかかっており、何だかだいぶ膨らんだ感じになっております。

↓内訳を見てはいけないのだけれど、気になって見てしまった!
●競走馬出資金:2億1168万円
いわゆるセリに使った金。ベネンシアドールの落札金額は1億9000万円なので、税金・保険料を入れてもちょっと盛っている感は否めませんが、まぁそこはいいでしょう。
⇒【ウマ購入代】一口あたり約2万1300円

●育成費:216万円(2歳8月〜2歳12月)
●厩舎預託料:3110万4000円(3歳1月〜6歳12月)
●治療費:572万4000円
●登録料・輸送費その他:279万9360円

これは馬のお世話だったり育成、あるいはレース出走にかかるお金。ウマだってメシは食べます。怪我をすれば治療もするでしょうし、レースに出るにはクルマにも乗るでしょう。いくらウマでも小倉まで走っていくわけにもいかないので。月当たり50万円〜60万円かかる想定ですが、ウマなのでそんなものでしょう。
⇒【世話代】一口あたり合計約4200円

●保険料:980万円
ウマが不慮の事故で亡くなったりしたときに備える保険。高かろうが安かろうが、保険に入らないというわけにもいきませんし。ただ通常の愛馬会は毎年保険料を払うのに対して、DMMは初回購入時のみの発生である点は気になります。「ま、ある程度楽しんだらあとはどうでもいいか」と思えるボンクラだけが参加せよというメッセージですかね。
⇒【保険】一口あたり約1000円

●情報料:1355万9400円

どうやらこれはアプリ上でウマの生育レポートを載せたり、元気な動画を紹介するための費用である模様。映像制作には多少金もかかるのでしょう。ただ、将来的に頭数が増えれば1頭撮るのも10頭撮るのも人間の手間は大して変わらないということで、減少していく可能性はありそうです。有料メルマガだと思うと払いたくなくなるので、そう思うのはやめましょう。
⇒【元気なお便り代】一口あたり約1360円

●システム利用料:1705万8600円
これはDMM証券の口座を利用したり、アプリを利用したりするためのお金である模様。なるほど、アプリ=無料という気持ちでいましたが金を取るのですか。そうですか。どうせなら種牡馬ガチャとかで取ってもらいたいものです。僕は無課金で耐えられる心の強いプレイヤーですので。
⇒【アプリ代】一口あたり約1700円

●クラブ法人運用管理費:609万303円
●ファンド運用管理費:2436万1210円
●ファンド監査費:270万円

「いろいろかかるんだろうなぁ」としか言えない感じですが、DMM証券にもDMMバヌーシーにも働いている人はおり、手間をかけることもあるでしょう。他人に金を渡すのは忍びないですが、ある程度は受け入れざるを得ません。
⇒【手間賃】一口あたり約3300円

●販売手数料:9010万3104円
一番謎っぽい金額が出てきました。しかもかなり大きい額です。「当該出資馬の募集総額のうち20%相当額」というザックリ感。これがいわゆる「儲け」に相当するところでしょう。みなさんに楽しんでいただいたら、お金がほしい。それは商売であるなら仕方のない部分ではあります。大事なのは「会費商売」に比べてどうであるかという点。これが結局5年分くらいの会費に相当するのなら、バヌーシーである必要はなくなるのですが、一口当たり9000円なので会費商売なら3ヶ月分にしかならない額。25口くらい買ってしまうと「月会費払ってるのと一緒」になってはしまいますが、本当に1口で済ますなら月会費を払うよりオトクな気分です。
⇒【実質的会費】一口あたり約9000円

販売手数料高いな!

手数料はゼロを希望する!


この販売手数料だけでウマが買えそうですが、ココをどう判断するかでバヌーシーへのスタンスも変わりそうです。「結局普通の愛馬会より高くなってるやんけ!」という正解を察してしまった人は、今までどおりサンデーとかシチーとかの愛馬会に行くのがよいでしょう。この手数料部分は実質的な会費でありますが、「販売」手数料なので馬が引退しても死んでも返還はされません。しかも、会費と違って、馬を買い増すほどにこの額はかさんでいきます。「4年分会費を前払いし、馬を買い増すほどに会費の二重払い三重払いが発生する」みたいな行為なので、慎重に検討すべきでしょう。

一方で、「払ってしまえばあとくされナシ」という点をポジティブにとらえる人もいるでしょう。僕などもまさにそのクチ。どうせ5年後には忘れているのですから、忘れてもリスクがない状態に自分を置いておきたいという向きには、ポッキリ制は悪くない提案のはずです。どっちみち駄馬なら、駄馬を見限る際はサクッとアプリアンインストールがいいですからね。「銀行引き落としを止めさせる」とか面倒臭いですからね。

言うなればこれは「ベンツを買わずにベンツのマークを買う」行為と言えるでしょう。どうやっても買えないベンツ(良血統馬)を、マークだけ(1万分の1)でも売ってくれるという店をどう思うか。それでベンツオーナー気分になれるなら、実際にベンツを買った場合の駐車場代とかガソリン代はかかりませんので、非常にあとくされがない話です。もちろん、その代わりベンツに乗って走れるワケでもありませんが。

↓ということで、早速ベンツのマークを申し込むことにしました!
Screenshot_2017-08-06-00-04-04

何か知らないけど、「あなたは国家元首ですか?」と聞かれたので「国家元首ではないです」と返事しておきました!

私は国家元首ではありません!


↓あと職業とか勤務先とか細かく聞かれたのでイヤーな気分になりましたが、答えておきました!
Screenshot_2017-08-06-00-06-26

ちなみに、ここはウソではダメみたいです!

ウソはダメですよ、ウソは!


↓そしてアプリをダウンロードするとダビスタのオープニングムービーみたいな映像が!

Screenshot_2017-08-06-02-34-03

これを「いらない映像」と思う人には、たぶんコレは向いてない!

気分、バヌーシー気分が売り物です!


↓アプリのホーム画面は完全にダビスタの厩舎画面みたいな雰囲気!
Screenshot_2017-08-06-02-35-37

雰囲気はいいけど、馬を持ってないと何もできない!

もっと駄馬を売ってほしい!一口900円とかの駄馬を!


↓商品紹介にはダビスタの厩舎のオヤジのコメントみたいなうさんくさい売り文句も!


「王道を往く貴公子」
「サンデーサイレンス系の傑作」
「トップレディーの地位を予感」
「芝・ダートを問わない重戦車」
「絶対無二の優駿」
「好馬体で王座を狙う」
「圧倒的ポテンシャルを秘めたアイドル」
「新時代の幕開けを予感させる優駿」
「大観衆を魅了する圧倒的存在感」
「黄金の血を引くプリンセス」
「最強伝説のその先へ…」
「レジェンドの創造者」
「ターフを舞い踊る黄金の少女」

うさんくせーーーーーーーーーーwwwwww

一頭も駄馬が混ざっていないかのような言いっぷりwwwwww

競走馬なんて、全頭駄馬でもおかしくないのにwwwww


無駄遣いと言われればそれまでですが、もしもこの1万円なりで5年間走ってくれる馬と出会えたら、それはとても楽しい遊びになるのではないかと思います。僕は「安い馬を1頭だけ1口持つ」というスタイルで楽しんでみようと思います。「気分」ですから。ベンツのマークで十分です。どうせ、頑張ってもサイドミラーがついてくるくらいで、本物のベンツにはならないですしね。

↓なお、買った馬が新馬戦を勝ち上がった場合は500円くらいもらえるそうです!

2歳新馬戦の1着本賞金が700万円!

騎手やらの取りぶん(20%)を引いて、DMMの取りぶん(3%)を引いて、そこからバヌーシーがもらえるのは77%の539万円!

それを1万口で割ったら539円!

539円を口座から引き出すときの手数料が324円!

手元にやってくるのが215円!

わかった!手元に残るのは夢だけだな!それで十分!


配当を引き出すの面倒なので、エッチな動画のクーポンをください!