このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
11:30
チヂミではありませんでした!

いよいよ今冬に迫ってきた平昌五輪。そこで優秀な成績をおさめたものに与えられるメダルのデザインが公開されました。男子フィギュアスケートシングルの羽生結弦氏、宇野昌磨クン、女子スキージャンプ高梨沙羅さん、女子スピードスケート小平奈緒さん、女子チームパシュートといった有力どころは、はたしてどんなお土産がもらえるのか。お土産のために頑張るわけではないけれど、どうせならカッコイイやつをもらいたいの心です!

↓まずは過去のお土産一覧をご覧ください!

何となく丸!

そこに女神的なのをあしらいつつ、地元のマーク!

最近は素材や形にこだわりを見せるパターンも!


ドーナツと評されたトリノ五輪の輪っか型。ぬれせんべいと評されたバンクーバー五輪のへにゃへにゃ。透明部分から覗き見ることができたことで顔の前に掲げても絵になったソチ五輪のクリスタル。最近はどの大会のものもひと目で「あぁこの大会のヤツね」というのが思い出せるくらい特徴的なデザインになってきています。長野五輪の漆細工を使ったものも、忘れようにも忘れられない、何の予備知識なく見ても「日本かな?」と思うようなものになっていました。

はたして平昌は。「そもそも韓国っぽいデザインって何だっけ?」「チヂミかな…」「チヂミはあるかもしれんね…」「チヂミ以外想像ができない…」「お腹が空いてきた…」と全世界の注目を集めたそのデザイン、私の愛するあのお方の胸でこの金色のヤツが輝くのね!という気持ちで、もらうこと前提でご覧ください!

↓これが平昌五輪のメダルです!


な、なるほどー…。

はしゃぐほど特別な感じもなく…。

笑うほどヘンなところもなく…。

普通というか、「無」って感じ…。

抹茶みるくサンド(1枚) 【人気商品】 【クッキー】 【抹茶スイーツ】 【焼き菓子】 【お菓子】 【老舗】 【宇治】 【京都】

価格:180円
(2017/9/21 11:23時点)
感想(5件)




シャシャーッと斜めに線が走った丸にポンと置かれた五輪。裏面には平昌五輪のエンブレムがポンと置かれ、取り立てて特徴のないフォントで競技名が刻まれる。側面には改めて取り立てて特徴のないフォントで「Winter Olympic Games PyeongChang 2018」の刻印が。要件だけをガッチリと満たしてきたなという、シンプルな仕上がりとなりました。

シンプルさゆえあだ名をつけるのも難しく、とりあえずエンブレムとセットでマッチ棒細工か何かのようでもあります。10年後くらいには「斜めの線」と呼んでいるような気もします。まぁデザインで欲しかったり欲しくなかったりするような類のものではありませんが…。

↓「どこの国のメダルでしょうか?」クイズの正答率がやたらと低そう!

まぁ、トリノもバンクーバーもどこの国のメダルかなんてわからんから、いいんですけど!

もっとチヂミとかを推してくると思ったのに!

抹茶みるくサンド(1枚) 【人気商品】 【クッキー】 【抹茶スイーツ】 【焼き菓子】 【お菓子】 【老舗】 【宇治】 【京都】

価格:180円
(2017/9/21 11:23時点)
感想(5件)




しかし、一見すると「無」の中に、作った側の主張が込められているとのこと。その点については、メダル発表セレモニーでデザイナー氏からもしっかりと説明がありました。このメダルのデザインコンセプトとなっているのは、ズバリ韓国の文字ハングルです。五輪エンブレムはハングルをモチーフとしていますので、ある意味で「どっちもマッチ棒細工に見える」のは正しいデザインの結果とも言えるもの。

具体的にどの部分にハングルが活かされているかというと、側面です。側面をよーく見ますと、不規則な感じで丸や四角のデコボコが見えますよね。この断面こそがハングルのモチーフ。金太郎飴をぶったぎると金太郎の顔が見える感じで、このメダルの断面にハングルが浮かぶという形なわけです。

↓「ハングルの種をまき、水をやったら芽を出し、ハングルの木が生い茂ったところを切り取ったらこうなった」と犯人は主張をしております!
1

そのほかにも犯人は「選手たちの努力と忍耐を大胆に表現した斜線」「側面には平昌オリンピック2018のハングル表記の子音を並べた」などと申しております!

なるほどー!

抹茶みるくサンド(1枚) 【人気商品】 【クッキー】 【抹茶スイーツ】 【焼き菓子】 【お菓子】 【老舗】 【宇治】 【京都】

価格:180円
(2017/9/21 11:23時点)
感想(5件)




メダル直径は92.5mmとややこぶりですが、金・銀メダルの重量はソチよりもわずかに重くなっているとのこと。首に提げる用のストラップには伝統的な韓服のモチーフが、しまっておく用のケースには韓屋の屋根のモチーフがそれぞれ使われており、こちらにも製作者の想いがしっかりと込められています。どこからどう見てもケースにしか見えない箱は、リオ五輪で「使い道がわからない」「スマホを置く台かな」などと議論を呼んだメダル置き用の台を反面教師とした、THE箱というナイスな仕上がりです。

無ではなく、「韓国らしさ」がひっそりと込められたシンプルなデザイン。ガラにもな…選手たちのことを考えて自分たちの主張をつつましく目立たず行なおうとした結果が、このようなシンプルさにつながった。そういう成りたちを聞けば、この「無」は「上品さ」として受け止めたいもの。いずれにせよチヂミでなかったことについては、素直に喜びたいと思います!

↓「チヂミじゃなくてお好み焼きですもんね」とか言わない!


マヨネーズたっぷりじゃないですから!

チヂミを避けたら結果的に先回りしていたヤツがいたってだけです!


東京五輪はほぼ間違いなく市松模様だと思われます!