このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
07:00
俺のターン!大谷を生贄に捧げ、清宮を特殊召喚!

今年もこの季節がやってまいりました。人生と球団の命運をかけたガチャ、プロ野球ドラフト会議2017。会場となる新高輪プリンスホテルには期待と緊張、クジへの不安が渦巻いていました。清宮は欲しい。でも絶対クジになる。当てる自信がない。でも欲しい。清宮を回避すればクジナシでいい選手取れるんじゃないか。でも清宮欲しいぃぃぃぃぃぃ!欲しい!欲しい!欲しい!

入団してくる各球団。先頭で入ってきたのはゲスト選手…じゃなくて千葉ロッテ新監督の井口資仁監督。「絶対仕組みわかってないぞ」という世間の不安などどこ吹く風、威風堂々の入場です。以下、コチラも新監督を迎えたヤクルト、大谷と中田翔の代わりの商品を絶対に入荷したい日本ハム、経済ヤクザ風の出で立ちで現れた中日。補強に妥協できない面々が心に「清宮」を抱いてやってきました。

それにつづくは、19年間クジで負けつづけてきたけれど今年こそはと奮起を誓うオリックス。「ガチャを引きまくるぞ」という覚悟の表情を見せる巨人。甲子園の星が大好きという匂いを全身から放つ楽天。テレビに映る過去の1位指名データが「山、今永、濱口、全部当たりやんけ…」とさすがの引き強ぶりを見せるガチャが本業の球団・DeNA。優勝へのあと一押しを求めて、真剣な面持ちです。

さらに、ドラフトで入れてFAで出す、選手がウンコだとすれば我々は消化器系臓器。獲っては出し、獲っては出しを繰り返す西武が、若獅子寮の建て替えを明言せぬままシレッと会場入りしたかと思えば、三年連続で「●山」を指名してきている阪神は2016年の「1位大山www」という大爆笑の再現を虎視眈々と狙います。

そして王会長という最強のカードを携えてやってきたソフトバンク。868本が早実の後輩を育てるというこれ以上ないシチュエーションは、はたして実現するのか。実現すると困る。外せと念を送る関係者一同。ラストを飾るはクライマックスシリーズで負けてイヤーな気分を引きずる広島。赤ヘル軍団の黄金時代を築くドラフトにできるのか。12球団揃い踏みです!

↓TBSによる地上波中継の幕間には、何かの本の宣伝で辻内崇伸さん(2005年ドラ1/1軍登板ナシ)が出てくるというドラフト厨歓喜の演出も!

こんなんズルイwwwwww

ドラフト好き全員に刺さるわwwwwww

この番組向けのスペシャル起用やんwwwwww

甲子園進化論 女子の力で変わる未来の甲子園 [ 太田幸司 ]

価格:1,512円
(2017/10/27 04:37時点)
感想(1件)




そして始まった注目の清宮ガチャ。清宮ガチャを引くと決断したのはロッテ、ヤクルト、日本ハム、巨人、楽天、阪神、ソフトバンクの7球団。中日と広島は広陵の捕手・中村クンでガチャとなり、オリックスと西武は社会人の田嶋投手ガチャに挑戦します。DeNAだけはガチャが本業のくせにガチャを回避し、立命館大の東投手を一本釣り。これには世間からも「ズルい!」「東はガチャ引いてからハズレ1位でいくべき」「8球団でガチャりたかった…」という若干の落胆の声も。史上最多の8球団競合には届かず、清宮ガチャは排出率7分の1での争いとなりました。

↓そして清宮ガチャで見事に当たりを引き当てたのは、日本ハム・木田GM補佐!

日ハムつえええええええええええwwww

12球団でただひとつ清宮家への挨拶をしなかった男前が、ガッチリと7分の1を引き当てたwwww


↓過去5回クジに挑戦し、5回敗れてきたクジ引き下手糞王の栗山監督も大歓喜不可避www


栗山wwwwwwwwwwwwwwww

「大谷と中田出ていくけど清宮キタワー」の顔www

清宮幸太郎3年間の軌跡 2017年 11月号 [雑誌]

価格:870円
(2017/10/27 04:39時点)
感想(1件)




「1番いい選手にいく」という大方針のもと、どんな素行不良案件も、どんなメジャー志望案件も、どんな巨人予約済案件も厭わずに突っ込んでいく。そんな球団だからこそ7球団競合だろうが恐れずに突っ込み、結果として引き当ててしまう。まさにガチャは引かねば当たらないの精神。大谷翔平という大スターを失い、戦力以上に何か大事なものを失くす予定だったところを、ガッチリと補ってきた。これが日本ハムという球団の強さの理由かもしれません。

その後のガチャでは中日・森監督がガッチリとハズレクジをつかんで、広陵の中村クンは地元・広島へ。そしてJR東日本の田嶋投手は、1998年以来のクジ勝利となるオリックスへ。これには西武線沿線からも「JRの人はコッチにきちゃダメ」「ここは鉄道が走っているだけの大自然よ」「自立した社会人が何で今さらあの寮に放り込まれるのかまったく意味がわからないわ」と安堵の声が上がります。「寮完備」というアピールが逆パワーワードとなっている感、西武ならではですよね!

↓西武への入団では絶対に見せなかったであろう心からの笑顔!

「JR東日本⇒新人王」、イイじゃない!

「西武池袋線⇒若獅子寮」、普通に憂鬱!


ハズレ1位の抽選では安心の履正社ブランドから強打の安田クン、そして大型高校生捕手・村上クンに人気が集まります。安田クンにはロッテ・阪神・ソフトバンクの3球団、村上クンにはヤクルト・巨人・楽天の3球団がそれぞれ入札。本日2度目のクジに挑みます。高橋由伸監督の「クジを逃げたつもりが、みんな逃げてきた」という恨めしそうな表情がとても印象的。それぞれロッテ・ヤクルトが最初に当たりを引いていくという引き強ぶりを見せ、交渉権を獲得していきます。

↓そして阪神とソフトバンクは仙台大の馬場さんをめぐって三度目のクジにのぞみ、阪神が勝利!

ソフバンはクジ3連敗くらいのハンデを背負ってちょうどいい!

運要素なかったら、こんな廃課金勢に勝てるか!


↓各球団の1位指名はこんな感じになりました!

「清宮の外れ外れ1位鍬原」って失礼すぎるだろwww

ソフバンには「清宮の外れ外れ外れ1位吉住」って書かないくせにwww


↓ということで、2017年ドラフトに関する各球団の雑感などです!
●千葉ロッテマリーンズ
今回の目玉のひとりである安田クンの交渉権を獲得できたのは、ロッテにとっては大勝利。一方で指名された安田クンは「千葉…」とボソリ。まぁ、ソフバンと阪神がいたら、そっちに行きたいという気持ちはわかる。誰にでもわかる。「レギュラーは獲りやすい」という点を唯一の希望として、FA権獲得を目指して頑張ってもらいたいもの。なお、ロッテは2位以降でトヨタ自動車、三菱自動車、ホンダとクルマ関係をかき集めるカーマニアぶりを見せた。


●東京ヤクルトスワローズ
知名度よりも「丈夫さ」を優先したのか、「誰だ…」「誰だっけ…」「野球太郎に載ってない…」という独自路線のドラフトとなった。この指名ならウェーバーじゃなくても獲れたんじゃないかというあたりを、「スカウトの眼力」と見るべきか、「先にロッテにトヨタ自動車の藤岡さんを持っていかれて、一回アタマが真っ白になった」と見るべきか、意見がわかれるところ。


●北海道日本ハムファイターズ
何はともあれ清宮。清宮。清宮。清宮以外はズラリと投手を並べる盤石のドラフト。3位の田中瑛斗さんは指名後にドラフトバラエティ特番に出演し、離婚した両親にあてた感動の手紙を読み上げ、「一緒に暮らしたい」と復縁をうながしてみた。すると、お父様は「そうですね…」と絶句し、お母様は「瑛斗にとって主人は100点満点…それ以上は言えません」と苦笑い。復縁困難という重たい現実を跳ね返すために、プロでの大成功を期待したい。


●中日ドラゴンズ
補強云々よりもまず球団の若返りを果たしたい。若い衆がほしい。そんな欲望をギラつかせ、獲りも獲ったり高校生の山。1位の即戦力・鈴木投手以外は完全に年齢で選んできた感じで、17歳、18歳、17歳、17歳、17歳と支配下選手の平均年齢を下げることに成功。ジジ臭いイメージの改善を第一歩とする、長期的視点での球団立て直しを図る。

<1位はいかにも中日感あふれる選手を獲るバランス感覚>



●オリックス・バファローズ
19年ぶりだかのクジ勝利で、それだけでも満足度は高いドラフト。しかも1位田嶋、2位鈴木と社会人の注目株を両獲りできたのだから満点ドラフトと言っていい。ただ、「オリックスが最後にクジで当てた選手は新垣渚」と聞くと、ウ、ウーンとなってしまうので、一日も早く入団交渉をまとめ上げてほしい。


●読売巨人軍
ハズレハズレ1位で指名した鍬原投手は、指名されたときよりも夜のドラフト特番で大活躍。母子家庭で貧乏だったとかで、お母さんは鍬原さんの遠征費用をご近所からの寄付でまかなっていたとのこと。「遠征費用を寄付してください」「お金ないんです」「本当は貸してくださいって言いたいけど、返せないと思います」「だから寄付してください」と言ってご近所をまわったというお母さんの強い気持ちがあれば、きっと大丈夫。金の苦労は身にしみてわかるヨシノブ監督も、「いい指名したなぁ」と大満足に違いない。

なお、侍ジャパンの捕手と、ようやくモノになり始めた捕手がいるのに、育成と合わせて捕手を5人も指名し、捕手だけで1チーム組める勢いで捕手が集まり始めた。もしかして巨人は15年くらい前の甘美な思い出を引きずって阿部慎之助ガチャをいまだに引きつづけているのかもしれない。「阿部出ないな…」「クソッ、小林」「阿部…阿部…阿部…」「クソッ、小林」「オッ…オオッ…小林…」。

<クジを外したけど、何か楽しくなっちゃってるヤバみ…>



●東北楽天ゴールデンイーグルス
「西武にデブを獲らせるな」と警戒心を高めて臨んだデブ獲り合戦。当然の1位・清宮指名に始まり、96キロ、110キロ、95キロと大型選手を狙い撃ち。特に2位指名の岩見さんは「アマダー2世」「ウィーラー2世」「アマダーとウィーラーを足して1で割った感じ」とファン受けもよく、牛タンパワーに期待が持てそう。

<当たれば飛ぶと確信できる打棒>



●横浜DeNAベイスターズ
1位で大卒有力投手を一本釣り、その後も内外野・捕手・投手をバランスよく指名。近年のドラフト連続成功により目先困ったところもないので、近い未来と遠い将来を両方視野に入れてきた。ドラフト本番直前にTBSのカメラを控え室に招き入れると、ホワイトボードの書き込みで他球団の1位指名をシレッと全的中しているなど、スカウティング能力の高さが光る。

<他球団の1位を全的中しつつ、自球団のWi-Fiを全開放していくスタイル>

SSIDが「BAYSTARS2017」!

パスワードが「BAYSTARS2017」!

セキュリティガバガバwwww


●埼玉西武ライオンズ
わざわざ清宮のオヤジのところに出向いて、若獅子寮にケチ(当然の指摘)をつけられたのに、ケチ(当然の指摘)をつけられただけで指名はしないという弱気ドラフト。目玉デブが登場した年にデブを指名しないなんて、デブ集め球団としてのプライドはどこにいってしまったのか。左の即戦力(来年雄星を売るから)、アンダースロー(今年牧田が出ていくから)と、補強ポイントを埋めることができたのは評価できる。補強ポイントというか、穴にパテ詰めてる感覚だが…。

<2位指名の埼玉県花咲徳栄高の西川愛也クン、漢字よりバットで勝負するタイプ>

このまま赤色のチームになっていきそう!

新入団選手まで炎獅子ユニでゲン担ぎとは!


●阪神タイガース

昨年は「大山!?」とドラフト中継を盛り上げる独自ドラフトを敢行したが、今年は一転してミーハー路線に。「とにかく清宮」「ダメなら安田だ」という清々しい指名で、都合三度のクジにチャレンジした。なお、捕手をひとりも指名しなかったことで、所属捕手一同「クビはないな」と安堵のドラフトとなった。4位の島田海吏さんは、かつてあの桐生祥秀に100メートルで先着したことがあるとの触れ込みで、赤星の再来を待望する阪神ファンの心にドンズバ。

<担当スカウトも満足のドラフトにガッツポーズ!>

失礼、スカウトじゃありませんでした!

自動車の営業マンです!

失礼、自動車の営業マンをしながら野球をやっていた5位指名選手でした!


●福岡ソフトバンクホークス
ほかの球団がやれば「吉住www」「で、吉住って誰?」となる1位指名もソフバンがやれば、きっとイイ選手なんだろうなぁと思えてくるから不思議。ただ、別に3位くらいでも獲れたんじゃないかと思うと、「1球しか投げられない魔球を、1球目に投げてカウント1ストライク」みたいな感じは否めないが。高卒、大卒、高卒、大卒、高卒という抜群のリズム感で5人を指名すると、早々に店じまいを決め込んだあたりは、「今も、将来も、不安はありません」という王者の風格が漂う。

<「ソフトバンクの1位は誰かな?」と思って見ていたら「俺だった」と驚くドラ1>



●広島東洋カープ
広島出身の高卒野手は獲らないと聞いていたのに、普通に広陵の中村クンを指名。相思相愛の両者は、中日の横恋慕でクジ引きとなるも、見事にゴールイン。嬉しすぎて「絶対にニヤけてはいけない」とこらえる中村クンの、こらえきれていない感が微笑ましかった。広島グッズを大量に用意して同級生から胴上げされるなど、入団待ったなし。なお、3位にはケムナブラッド誠を指名し、去年指名したアドゥワ誠のラインでコレクションを開始した模様。あと1枚でスリーカードです。

<ナントカ誠コレクション始めました>


早く清宮にハムとかソーセージ持たせた写真配ってください!

ハムを持つために生まれてきたような逸材!

野球太郎 No.024 2017ドラフト直前大特集号【電子書籍】

価格:1,500円
(2017/10/27 04:40時点)
感想(0件)




こうして今年も熱狂のガチャが終わりました。希望の選手が当たったチーム、そうでないチーム、明暗はそれぞれわかれています。しかし、答えが出るのは5年後。どんなにイイ選手でも、ヒマなので賭博とか始めちゃったら、結局そのドラフトは失敗なのです。いいと思った選手がダメで、期待していないところから大物が飛び出すのも世の常。ここに残るくらいの素材は、誰もが可能性を秘めている。それを伸ばすか殺すかは、これから新しいステージでの頑張り次第です。

我が埼玉西武ライオンズも、新たに迎えた選手たちとともに若獅子寮でスタートを切ります。そこは「絶対に這い上がる」というハングリー精神を養う野球地獄。獅子は千尋の谷に我が子を突き落とすうんたらかんたらを、その身で体験していただける理想的環境です。野球に集中できる…というか野球以外何の娯楽もない…そんな谷底で、一緒に強くなっていきましょう。

「あの寮を建て替えるのはキミ達だ!」
「キミ達がメジャーに売れたら」
「その金で何とかする!きっとする!」
「え?菊池を売った金?」
「それは球場内売店の拡充と」
「室内練習場の補修に使う」
「寮まで金をまわすには」
「あと2、3人売りたい!」
「頼むぞ、若きレオ軍団!」

↓なお、寮はナチュラルに停電したりするらしいので、夜更かしもしないで済みます!

「所沢市民ですが普通に電気ついてます」
「寮だけ停電?」
「寮に問題あり?」
「ブレーカー落ちた?」
「ヒューズ飛びました?」
「電気使いすぎ」
「寮古いもんねwww」
「古いよね〜(笑)」

うーん、野球に集中できそう!


入寮の際はコンセントが足りないのでマルチタップを忘れないでね!