このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
12:00
世界にひとつ、僕だけの時計!

すっかり季節は冬。今年は一段と朝夕の冷え込みが厳しいですね。もっと遊びたいという夜更かしの習慣と、会社に行きたくないという朝寝坊の習慣。そんなふたつの気持ちに冷え込みが重なることで、僕は布団からなかなか出られない暮らしです。寝ても寝ても寝足りない。睡眠負債の多重債務者のような状態です。

「睡眠環境を改善せねば…」

長年我慢してきたことではありますが、何となく布団が湿っぽいし、叩いたときに飛び出してくる目に見えない微細なものの匂いがカビ臭い。毎日自分が寝ているから許せるだけで、国民宿舎の布団みたいなイヤーな感じの布団になっています。

そして、目覚まし時計。僕は目覚まし時計というのを持っておらず、スマホのアラームを設定しています。ところが、昨今のスマホ電池ヘタり事情により、寝ている間に電池が尽きてしまうのです。そりゃ100%で寝ればもちますが、寝る前はできるだけスマホをいじっていたいじゃないですか。30%くらいで寝ると朝に尽きてしまう状態なのです。

必要に迫られる形で僕は動き出しました。決して、いらないものを買うわけではありません。必要に迫られて、なるべくイイものを買おうと決意した結果、数年越しで気持ちの端に入っていた商品が、急浮上をしてきただけなのです。その証拠に、まだ枕については決断していないですからね!

↓目覚まし時計と布団が欲しいなぁーと思っていた僕に、ピッタリのキャンペーンがあった!

えぇっ!羽生結弦氏のオリジナルフォトフレームクロックを買うと、羽生ぶとんがもらえるんですか!?

今の需要にピッタリじゃないですかぁ!


僕は早速調査に乗り出します。今まで本気で調べたことがない商品でしたので、相場感覚というものもありません。「大体3000円くらいかな?」というお小遣い感覚で調べ始めた僕に突きつけられる現実は重たいものでした。基本線が5万円くらいで、天井は遥か上まで伸びているじゃないですか。おまけの布団によって値段が違うようなのですが、これじゃ目覚まし時計買うより、スマホ買い替えたほうが安いくらいです。

↓おまけのセレクトをアイダーダウンとやらを使用した布団にすると、3000円の1000倍くらいするのだが…。


クルマより高い目覚まし時計があるのか…。

年収を吹き飛ばす快適な目覚め…。


ちょっとコレはさすがに無理がありました。目覚まし時計と掛け布団だけ年収クラスでも、マットレスは無印良品なのですから、安眠効果も半減するでしょう。庶民には庶民なりのブツがあるはず。ということで、長年のクエスト経験を活かして、僕はひとつの店舗に狙いを定めます。東京西川関連クエストで、常に最安値のクリア方法を提供してくれた庶民の味方、イトーヨーカドーに…!

↓ということで、おなじみのイトーヨーカードへ!
DSC09882

↓寝具売り場では早速羽生ぶとんがお出迎えしてくれました!
DSC09888edited

「目覚まし時計は売ってますか」と念押しの確認をする僕と、店員との押し問答。「こちらは寝具売り場でございます」「目覚まし時計は生活雑貨売り場で取り扱っております」みたいなマニュアル回答はノーサンキューなのですが、コチラの説明も悪かったのでそこは仕方ありません。改めて「目覚まし時計を買うと布団がもらえる羽生結弦さんのキャンペーン」まで言い直したら話が通じました。よし、時計はまだある。さすがにこの時計買うヤツは少ないようだ。

↓しかし、イトーヨーカドーでも厳しい現実が待っていた!
DSC09895

税込20万円…。

月収を吹き飛ばす快適な目覚め…。


税込10万円だの税込5万円だのが並ぶ店内でウロウロしたすえに、「一番安いのをくれ」という恥の概念を捨てた相談を店員に突きつける僕。すると、先ほどお出迎えしてくれた入り口前の布団が結局一番手頃であるという話になります。なるほど、最初から答えは目の前にあるパターンか。

↓「まずは入門用としてお客様予備ふとんにも最適です」という素人向け感強みのオマケ布団があった!
DSC09889

税込21384円…!

目覚まし時計にしたら高いが、布団がついてくると思えばこんなものか…!


ということでお小遣いの範囲で無事に目覚まし時計と布団を購入。何せ素人なもので、オマケの布団だけ配送してもらうことはできるだろうかなどと心配していたのですが、持ってみると意外に軽い。持ち運び用のトランクみたいなのもついていて、普通に電車で帰れる感じになっています。下手したら時計のほうが重いんじゃないかというくらい。

↓ということで、待望の羽生ぶとんが我が家に到着!

DSC09906edited

↓早速寝てみるやつ〜!
DSC09907

↓何か、ダウンパスポートとかいう身分証明書みたいなのがついてて、ご立派!
DSC09908

↓とにかくスゴそうな説明が並ぶけれど、何言ってるかはよくわからない!
DSC09909

「湿ってる」「カビ臭い」「茶色い」が解消されただけでもありがたい!

オマケなのに実用性高すぎ〜!


これはなかなかイイものをいただきました。これまでは「ガムを買うとクリアファイルがもらえる」みたいないかにもオマケというものばかりでしたが、一生使えるような逸品をいただいてしまいました。これは目覚まし時計のほうにも大いに期待が高まってきます。

↓早速枕にしてみるやつ〜!
DSC09911edited

↓開けると何か写真が入ってる!ちなみに裏面は白でした!
DSC09913

↓なるほど、この写真を時計にセットしろということか!
DSC09912edited

あぁ、なるほど…。

当たり前だけど挟むだけか…。


時計には4種類のデザインがあるという話でしたが、「全部見せて、選ぶから」という要求を突きつけるほどには僕も人間ができていませんでした。デザインは店員次第の運任せという形で、我が家にはChoo Choo Train様がいらっしゃいました。まぁ、どれがきても不満はないデザインでしたので無問題。むしろ、Choo Choo Train様は元気な朝をサポートしてくれそうで結構です。

ただ、時計自体には羽生感は取り立ててない感じ。「おはよう、朝だよ」なんてメッセージがあるわけでもなく、アラーム音にショパンのバラード第1番が使われているなんてこともありません。普通の曲が普通に流れるだけ。それが目覚まし時計だと言われればそれまでですが、オマケの布団は全体的に「スゴそう」感があったので、若干拍子抜けです。

↓一応、「誕生日をお知らせしてくれる」という機能はあったので設定してみたが…!
DSC09916edited

自分の誕生日は忘れるはずもないし、恋人の誕生日忘れてたらアラーム入れてももう間に合わなくない?

親の誕生日設定するくらいかしら…?


↓ちなみにアラームはこんな感じのヤツが何曲か入っていました!

新しい目覚まし時計買った。

フモフモ編集長さん(@fumofumocolumn)がシェアした投稿 -


とりあえず、ウィリアム・テルのスイス軍隊の行進にしてみました!

これならワンチャン羽生感が出るかもしれない!


勤労感謝の日にコレらをゲットしまして、早速寝てみましたところ、とても清々しい目覚めです。いつもより早く寝たせいかもしれませんが、グッスリと10時間も寝ることができました。あたたかいし、暑くもない。さすが羽生ぶとんです。

そして、目覚めの際も電池切れなど起こすことなく確実にアラームが起動してくれます。初日は気づきませんでしたが、地味に温度計がついており、布団のなかで「寒いな…」というチェックをすることも可能となっていました。「寒いからもう少しオフトゥンで寝ていよう」ということを考えてしまうので逆効果な気はしましたが、ないよりは嬉しい機能ですね。

このように僕の安眠環境は劇的に改善されました。もっとお金がかかるかもと思っていたので、気分的には割安な印象もあります。新生活を始めるかた、最近友だちが家に泊まりにくるようになったかた、布団から胞子が飛び出してくるかた、まだまだ時計はありそうですので、ぜひヨーカドーを目指してください。言うほどムチャクチャな値段ではないですので!


なお、これとは別に僕は羽生氏G-SHOCKも欲しがっている模様です!