このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
08:00
足もとの悪いなか、今日も埼玉までお越しください!

埼玉西武ライオンズ、人呼んで山賊野球団。「打線に名前をつけねばのぉ」などと僕がのんきに思っている間に、すでにこの強欲で荒ぶるデブたちには名前がついていました。太平洋クラブライオンズ時代にその名をいただいた「山賊打線」。なるほど、まさしくコレだ。自分の駄作など全部投げ捨てて、山賊こそが今のライオンズにふさわしいと僕も大賛成。山からきた賊が、身ぐるみ剥いで奪い取る。球団のアイデンティティと打線の特徴を見事にとらえた名づけです。

そんな山賊が今季初めて完封沈黙した8日のソフトバンク戦。しかし、「身ぐるみ剥ぐ」精神は沈黙のなかでも保たれていました。もはや西武のひとつの勝ち負け以上に注目を集めているソフトバンク・内川聖一さんの2000本安打達成。その瞬間を、いい加減今日こそは見られると信じて待つ観衆に、大宮の冷たい雨を浴びせつつ、9回まで帰ることを許さなかった。その傍若無人ぶりは、我が同胞ながらドイヒーと思いました!

↓「みなさんかぜひかないでね」という心の感じられない棒読みで、表面上の心配をする畜生!

わたしは かぜ ひかないわよ!

きぐるみ だから!

いじょう ライナニュース でした!


↓選手たちも外崎を中心として何が面白くてそんなに笑っているんだかまったくわからない笑顔でお待ちしています!

「観戦の方は雨対策を忘れずにご来場ください!」という言葉の奥のほうに見える白々しさ!

「何故、キミらは屋根付きの自前球場があるのに、同じ県内で別の球場にきているのだ?」と聞かずにはいられない!

雨の日の 大宮で知る ありがたみ 西武ドームは やっぱドームだ!


↓ホント、何が面白くてこんなにいつも笑ってるんだろう?

笑いながら身ぐるみ剥ぐ系のアレかな!?

「ヒーッヒッヒッヒッ」って舌を出す感じの!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

かぜをひいた日に読む本
価格:1296円(税込、送料別) (2018/5/9時点)



「西武はどうでもいい内川を見せろ」の熱気渦巻く埼玉県営大宮公園野球場。西武の先発は今季ソフバンから早くも2勝をあげているソフバンキラーのカスティーヨ。雨が心配されるコンディションのなかでも、カスティーヨは極端な立ち投げのフォームから安定感のある投球を繰り出していきます。スタンドにはファンが掲げる「ウチメーター」の1999という数字。内川さんの初回の打席はサードファウルフライに倒れますが、まだまだ試合は始まったばかり。マジック1から無安打1試合を挟んでの今日、早く決めてしまってほしい…それは西武以外みんなの総意です。

しかし、緊張か重圧か雨のせいか、この日も内川さんのバットは湿りがち。上体は泳ぎ、手元までボールを引きつけられません。傘とカッパで雨を凌ぐファンに、一向に届かない吉報。「そもそもどこだよココ」「何で自前の球場が県内にあるのにココで試合やってるんだろう…?」「阪神が京セラでやるのはまだ理解できるが…」と不満を抱えながら詰めかけたたくさんのホークスファンは、第二打席でもファーストファウルフライを見せられるなど、ノーチャンス&ノー可能性の打棒がつづきます。

↓2日の試合からずっと花束を用意して見守るお父様、内川さんの弟さん、ソフトバンク王会長らもそろそろ体調を崩す頃です!

千葉行って福岡戻って埼玉行って雨wwww

宿舎の部屋が花でいっぱいになるわwwww

もう造花でいいと思います!


そんななかじょじょに怪しくなる雲行き(最初からアヤしいが、天候的な意味ではなく)。5回を終えて試合成立こそするものの、降りつづく雨でグラウンド状況は悪化の一途。西武関係者も大宮球場関係者も「雨の日にドロのなかで野球を強引につづけさせる技術」はあいにく持ち合わせておらず、応急手当的な砂まきを繰り返すばかり。阪神園芸ミラクルはここにはありません。同じ県に自前のドーム球場があるんだから、園芸など育つわけがない。

それでも内川さんに打席はまわってきます。6回表のこの日3打席目では、一死二塁という試合状況的にも1本ほしい場面で打席に入ります。ファンも二重の意味で安打を待っている。いつコールドになるかわからないし、常にリードして試合を進めたい。打て内川、内川打て。雨具でビッシリと埋まったスタンドへ、快音あげてファウルを打ち込む内川さん。しかし、「あと1本」のバナーもむなしくココも内川さんはファーストフライに倒れます。打たない内川、内川打たない。

画面でもハッキリと雨の線が見える終盤戦。スコアは0-0のまま動きません。「もう止めたい…」「引き分けでどうだろうか」「寒い」という選手・ファンの気持ちを、ノドのギリのラインで押しとどめたのは、内川さんの2000本安打達成の夢です。寒いけど見たい。帰りたいから早く打て。迎えた8回表、コレが最後の打席だろうと思って見守る一振りで、内川さんは魅せます!

↓内川さん三塁線にボテボテの打球!内野安打性の当たりで見事に一塁到達!


あーーーっと三塁外崎落としたぁぁっっ!!

(当然だけど)触ってから落としたぁぁっっ!!

公式記録はエラー、エラーです!!



「あぁ、今日の2000本はないな、帰ろう!」ウチメーターをしまって後片付けを始めるソフトバンクファンを尻目に、内川さんのエラー出塁の間に先制点を取ったホークスのやおら活性化する打線。一死としてから四球で満塁の状況を作ると、まずは松田の犠牲フライで1点追加。さらに四球で満塁とすると、救援で出てきた野田とかいう中継ぎが押し出し四球でさらに1点追加。野田はさらに1本ヒットを許して0-4とすると同時に、9回表に再び内川さんまで打席がまわる状況を作ります。

「おい、これじゃ、帰れねぇよ!」ウチメーターをもう一回お客さんも出さざるを得ない粘りのおもてなし。「選手はシャワー浴びて帰るかもしれないけど、俺たちはこのまま帰るんだぞ!」という言葉をグッと飲み込んで、内川さんの2000本安打達成の瞬間を見たいファンは大宮に踏みとどまります。そんなお客の姿を「むしろさっきの出塁がエラーでよかったな」「スッキリ美しく決めたいもんな」「ワシらは決まろうが決まるまいがどっちでもエエけど」と温かい目で見守る山賊たち。大宮足止め作戦、大・成・功です!

↓お客を足止めして迎えた8回裏開始時、内川さんは二塁塁審相手にイライラ!

砂をまく運営

何やら審判と話をしている内川さんの姿

二塁塁審を相手にヒートアップ

手を振り回しながら熱っぽくトーク

水上コーチが駆けよりなだめる姿勢

まだ止まらない内川さんトーク

工藤監督も出てきてなだめる姿勢

内川さん一旦ベンチに下がって説明

グラウンドに戻る

今度は西武のコーチ相手に熱っぽくトーク

西武のコーチ何故か砂まきを開始

内川さんと会話後に砂まきに勤しむ西武・佐藤コーチwww

絶対これ何かいたたまれない気持ちのヤツwwww


ここでのトーク内容については「終わったことなので」とクチを閉ざした内川さんですが、ソフトバンク・水上コーチのニッコリ笑顔や西武・佐藤コーチの砂まきを見ると、要するに「ドロッドロのクソ環境やないですか!」という話を熱っぽく、筋道立てて話していたのでしょう。わかります、その気持ち。ドロッドロでした。焼け石に水みたいな砂でごまかそうとしました。お怒りはごもっとも。

しかし、どうしようもなかったんだから、どうしようもないのです。二塁塁審でなくとも「大宮じゃどうにもなりませんなぁ」「なんでココでやってるんでしょうねぇ」「大宮と秩父山中って電車がちゃんとつながってないだけで近くなのにねぇ」くらい言うでしょう。その舐めた態度に「マウンド整備しろや」「塁間に砂まくの誰だよ」「こんなところで誰かが怪我でもしたらたまらん」という義憤もわいたかもしれません。でも、できないものはできない。ドームに慣れきっているから。できることはただ焼け石に砂をまくことだけ。無駄だなーと思いながら砂をまくことだけ。砂まけど砂まけどなおグラウンドましにならざりキッと塁審見るしかないのです。

↓群馬開催は百歩譲って「ファン拡大」で理解できるが、大宮開催は「埼玉県を横切るのが面倒」というズボラさしか見い出せない!

「大宮なら行けるけど、西武ドームは行けない」って人、いるかな?

大宮⇒西武ドームは電車で1時間40分くらいかかる、クソ面倒な道のりであることは認めるけれど「県内」でしょ?

秋津・新秋津間を歩くのも楽しいと思いますよ!


1イニング足止めして迎えた9回表の内川さんの打席。内川さんはショートゴロに倒れ、この日の2000本安打達成はなりませんでした。それはつまり、今日もまたウチメーターを持って西武ドームまでお越しくださいというお誘いです。養分…じゃなくてお客さまを西武ライオンズはお待ちしています。どうぞ、内川さんの2000本安打をその目でご覧ください。今日はきっと打つと思いますよー。打つんじゃないかなー。「絶対打てる!ガンバ!」(※女子マネージャーの声で)。

↓なお、本日も埼玉県は絶賛雨模様となっております!

引っ張ってー、引っ張ってー、引っ張ってからの内川さんヒット!

かーらーの、エラー認定!

連夜の賊展開にご期待ください!



内川さんをスッテンテンで本拠地へ送り返すのが山賊なりの誠意です!