このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
12:00
僕は最後まで柳沢さんを信じます!

早速ウソから始まった今日の駄文ですが、全部ウソということではありません。僕はホテルの一室で撮ったふたりの記念写真(事後/半裸もしくは全裸)とか、「これをきっかけにオープンにしていこう」みたいなLINE会話のスクリーンショット(※ベッキー)とか、WBC合宿中に宿舎の窓ごしに撮られたふたりの熱いチュー(※杉内)とかが出てくるくらい決定的なものがない限りは、どんな情報も鵜呑みにはしない男です。

柳沢敦メンバーが不倫をしたかのような報道、僕はまだ1信99疑くらいの気持ちで見つめています(※半信半疑からはだいぶ押し切られている状態)。週刊女性が報じた「元サッカー日本代表・柳沢敦、美人サポーターと不倫&発覚したそれ以上の衝撃」なる記事において、そこには決定的な証拠はなんら掲載されていなかったからです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Love myself 梨花 [ 梨花 ]
価格:1439円(税込、送料無料) (2018/6/5時点)



記事中にあるのは状況証拠程度のものだけ。渋谷区道玄坂のアパホテルに、柳沢メンバーと女性Aさんがチェックインしたとする後ろ姿の写真。別のタイミングで神奈川県のホテルにチェックインしたとする柳沢メンバーと女性Aさんの写真。そして練習後に記者の直撃を受けてしどろもどろになっている柳沢メンバーの一問一答があるくらい。一軒目の女性Aさんと二軒目の女性Aさんが同一人物なのかどうかもわからない程度の、よくある週刊誌写真です。

逆に、記事の最後では女性Aさんと別の選手がホテルにチェックインしたとする写真が掲載されており、単に鹿島関係者と同じホテルに宿泊することが多いだけの人に見えなくもなくもなくもなくもありません。チームを熱心に追いかけ、アウェーに遠征するようなサポーターであれば、「いつも宿舎ココやんな」という情報を持っていて、同じホテルに宿をとることはあってもおかしくもなくもなくもなくもないでしょう。僕だって選手の宿舎を知っていたら、そこに宿を取ります。不倫とストーカーはほとんどの行動が同じであり、簡単に見分けはつかないのです。

僕も、あなたも、柳沢メンバーも、ホテルに泊まったら「同じ宿に泊まった異性」が300人とか400人とかいるでしょう。守備範囲も「同性でもOK」まで広げれば、1000人とかの同じ宿に泊まったアヤしい関係の相手がいても不思議ではありません。「少し時間をズラしてチェックインした」などという週刊誌ホテル報道のお決まりのフレーズも、手をつないでチェックインする姿を撮れなかったときの負け惜しみに過ぎません。新幹線で手をつないで居眠りしてる写真(※今井)とか、ラブホテルに一緒に入る写真(※グッピー)とかがあるなら、最初に出しますからね!

たとえば、サッカーのゴールがあったとします。目の前に攻撃側の選手がいたとします。その選手にパスがまわってきました。GKは全然違うところにいてゴールはガラ空きです。足を出して押し込むだけです。という状況までいったら世間は勝手にゴールは決まったものだと思い込んでしまいますが、絶対に決まるというわけではないでしょう。同じホテルにオトコとオンナが入っていったからといって、ゴールにバットを絶対に押し込めるかどうかはわからないのです。

↓この状況からGKの股抜きをするオトコが、都合よくゴールを決められるだろうか!?



「むしろ股狙いが得意」とか言わない!

「Q(急に)B(美人が)K(きたので)」はノーゴールのときの名言です!


↓不倫相手との写真みたいな感じですけど、家族との楽しいハロウィンパーティーの写真です!

#改めて実感
#幸せ
#家族っていいね
#おうちごはん
#パパと
#ツーショット
#もしかして初めて
#照れる
#シャンパングラスで
#ワイン
#ごめんなさい
#ズボラ

改めて家族っていいなって実感!

ツーショット照れる!

ズボズボラ!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ご飯がすすむ!由香里レシピ / 小畑由香里 【本】
価格:1512円(税込、送料別) (2018/6/5時点)



一度疑惑を持ったなら何もかもアヤしく見えるというのは人情ですから仕方ありません。しかし、柳沢メンバーはハッキリとこう言っています。「サッカーの話をしていた」と。想像してみてください。小学生の頃から20年来鹿島アントラーズを応援しつづけて、初めて好きになった選手は柳沢敦様という、身体は読者モデルで中身はラモスの女性を。

「中身はラモス」の女性が同じ宿舎に泊まる選手を発見した場合、まずラモスは「ジョウダンジャナイヨ!」から始まる精神面批判をスタートさせ、「オ●ニーシテンジャナイヨ!」などの精神面批判を夜を徹して行なうのではないでしょうか。そこで言う「オ●ニーシテンジャナイヨ!」は「ひとりの夜はどうしてるの?」というお色気トークではなく、説教なのです。

今年の鹿島アントラーズの状態であるならば、「中身はラモス」は部屋に押しかけて説教のひとつもするでしょう。リーグ戦でのもうひとつの成績、パッとしない采配、ワールドカップでも傍流に置かれる現状、それらへの不満を6時間ほど熱っぽく語ったうえで、初のアジアチャンピオンを目指した提言などが2時間ほどつづくはず。そして「大岩を呼べ」「金森を呼べ」「もう一回大岩を呼べ」と次々に一言いいたい相手を呼び出して、独演会となることは想像に難くありません。

↓柳沢メンバーは「サッカーの話をした」と言っている、信じよう!
─同じ部屋で過ごしていますよね?

少しお会いしたのは……事実です

─Aさんがホテルに入ったのは夜の深い時間ですが、そこから同じ部屋で会って飲んだだけで、何もなかった?

「飲むというよりは会話をしたというか……。ホントに鹿島が大好きな方なので。そこで、まぁ……お会いして、サッカーの話を……

─本当に奥さんにやましいことはないですか?

「はい。これってもう載っちゃうんですよね? どうしようもないんですよね……?」

http://www.jprime.jp/articles/-/12513?page=4

同じ部屋で少しお会いした!

お会いしてサッカーの話をした!

激論、深夜の激論です!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

血を繋げる。 勝利の本質を知る、アントラーズの神髄 [ 鈴木満 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/6/5時点)



「俺たちはサッカーの話をしていたんだ」という熱いサッカー愛。これで押し切る…じゃなくて、たったひとつの真実をハッキリと世間と家族に伝えていきましょう。誰も信じてくれなかったとしても、それが真実であるならば、言いつづけるしかないのです。「本当なの?」と問い掛ける家族の目をまっすぐ見つめ、「ジーコに誓って」と返せば、家族もきっと信じてくれるはず。

柳沢メンバーだから面白い感じになっちゃっているだけで、たとえば千葉ロッテあたりの選手が不倫ドロドロの末にパズドラ内のメッセージ機能で女性と言い争いをしたときのスクショをさらされる…とかであれば、「ふーん」で終わっていた話です。ましてやサッカーの話をしていたのであれば、「ふーん」すらありません。堂々と、おおっぴらに、真実を主張していこうではありませんか。「俺はオフザボールの動きには一家言あるんだよ」と。

僕も同じような機会を得たら、まずはサッカーの話をしてから、あとの予定を消化していきたいと思います。スタジアム入り(APAスタジアム)⇒試合開始前に仲良くシャワーで身支度⇒キッスオフ⇒前半15分までサッカーの話⇒前半30分までイチャイチャと主導権争い⇒前半45分までビデオを見て今日の試合のテーマを議論⇒ハーフタイムにスパークリングワインを1本空ける⇒後半開始⇒後半15分まで攻撃⇒後半30分まで守備⇒後半40分までラインを高く保ってハイプレス⇒激しいトランジション⇒インテンシティ高い攻防⇒ゲーゲンプレス⇒バイタルエリアの奪い合い⇒後半45分ペナルティキッス獲得!⇒ゴール!ゴール!ゴール!⇒アディショナルタイム追加点!⇒怒涛のハットトリック!、くらいの流れでいけば誰に恥じることなく、堂々と「サッカーの話」ということで通るはず。ほぼほぼサッカーですからね!

↓なお、鹿島アントラーズは規律違反ということで急に処分を敢行!


■処分内容
規律違反による自宅謹慎処分(期間は未定)

自宅かーーーーーーーーー!

自宅にずっといるのかーーーーー!

むしろ牢屋とかのほうがメンバー的には気楽という説も!


柳沢メンバーと西野JAPAN、強い気持ちで最後まで信じるぞ!オー!