このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
12:00
本番用のToDoリスト作っておきました!

いよいよやってきました。ワールドカップ・ロシア大会、我らが日本代表の出番が。ここに至るまでの道のり、そして大会が始まってからの他国の試合を見ているなかで、日本が勝ち抜く可能性は決して高くないなと感じています。この4年間、すごくよかった試合というものは基本的になく、新たに生まれたスターというのも基本的になく、目の前で展開される他国のサッカーとはどう考えてもスピード・パワー・テクニックあらゆる面が違います。苦しい戦いになることでしょう。

しかし、僕はこうも思うのです。こんなとき日本は一番強いのだと。かの岡田武史氏は日本人を評してこう言ったそうです。「美学に酔って、言い訳にすることがある」と。言い得て妙だなと思います。確かに、醜い勝利すらつかめそうにないとき、美学に殉じて散ることがあると思いますし、そんな自分たちが正直好きだなと思うこともあります。美しく負けたいと常々思っています。

ただ、その気質は日本人の負の面を強調したに過ぎません。武士は食わねど高楊枝とは、どれだけ困窮のなかにあっても武士の誇りは失わないということです。日本の持つ「美学に殉じてしまう弱さ」は、どんな苦境にあっても誇りを失わない強さでもある。勝敗よりも上に誇りがあるからこそ、誇りを傷つけられたとき、日本の代表は無類の強さを発揮する。敬意を持って接してくる相手に手ぬるくなるぶん、マウンドに旗を立ててくるような不敬の相手には、誇りを守るためのチカラがムクムクとわいてくるのです。

今、日本代表は舐められています。

日本人からさえも舐められています。他国の素晴らしいサッカーを見ては、「これがハリルの要求したサッカーだよね。日本にはできないけど」と幻想との比較で貶められつづけている。「できない」「やれない」「及ばない」…思いつく限りの言葉で舐められつづけています。ひとりとして、そこにいること自体が疑問であるような選手はいないというのに。間違いなく日本を代表する実績と経験と結果を出してきた選手たちだというのに。ハリルの要求とやらよりもはるかにハイレベルな欧州のクラブシーンで生き残っている選手たちばかりだというのに。クラブシーンで生き残っている選手の集合体が、何故世界から取り残されているという話になるのか、僕には理解ができません。

今も世界の最前線で戦う彼らが、何故「世界から置いていかれている」と茶の間評論家に貶められなければならないのか。弱いのは仕方ないです、実力というものはあります。ただ、不当に貶められたまま、多くの選手にとっておそらくは最後になるであろうワールドカップを終えてもらいたくはない。勝ち負けは相手があることなので約束はできないでしょうが、これが日本を代表するチームで、今はこれ以上はできないのだと、やれるかぎりをやったのだと胸を張れる大会にしてほしい、そう思います。

そのための戦いぶりというのは、意識で作れるものだと僕は思います。表現力とは技術です。頑張ってる感、出し切った感はしっかりとした意識を持って、技術で表現することは可能であろうと。今大会を見守るなかでも、「これはやったほうがいいよね」「これはやらないほうがいいよね」というものがいくつも生まれています。どうぞ、いい事例と悪い事例を参考に、出し切った感を演出していってほしいもの。僭越ながらToDoリストとしてまとめておきますので、ぜひ実践してもらいたいもの。大体の人が拍手で終われる「頑張った感」があれば、今大会は十分に大成功と言えると思いますので…!

↓腕組みで立っているだけだと無能の棒立ちに見えかねない!もっとイイ感じを出していきましょう!

とりあえず、メモ帳とペンを持ち込んで、試合中に何か書いてみるとイイ感じに見えると思います!

メキシコの監督も何やらいっぱい書いてて賢そうでした!

書いている内容は「くそっ」「もうダメだ」「打つ手ナシ」とかでも別にOKです!

何を書いているかまでは見えないので!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 10倍賢く見せる技術 /和田秀樹【著】 【中古】afb
価格:129円(税込、送料別) (2018/6/19時点)



●ToDoその1:試合開始時点で「120%」で入る
ありがちな話ですが、立ち上がりの10分くらいの出会い頭猛攻で屈するケースが日本はとても多いです。相手の思いがけない攻め手にやられるという側面もあるのでしょうが、多くの場合はコチラが手ぬるいからだと思います。仕上がっていない状態で、強い圧を受けて勝手にコケるのです。どれだけそういう試合を見せられてきたことか。今の世間の空気だと10分で先制されたら、たぶんチャンネルを替えられます。最初じゃなく、最後の気持ちで。入場前に大きな声をあげ、国歌を最大声量で歌いながら早くも泣く。円陣で男たちが涙の抱擁を見せる。これが最後の15分だという気持ちで、最初の15分を過ごしてください。何なら、立ち上がりの15分は相手コーナーフラッグ付近で身体を張って時間を稼ぐくらいでもいいと思います。

●ToDoその2:基本攻めない
攻めたときはゴール以外は全部ミスで終わるのがサッカーです。攻めてミスする日本に、今の世間は非常に冷たいことが想定されます。「下手糞のくせに自分たちのサッカーなどと思いあがっているバカども」という見立てを形成する論客が多数存在するからです。攻めずに勝てるわけもないのですが、それは身の丈を知らない行為なのであるとあげつらうチャンスを彼らは待っています。ならば、いっそ攻められっぱなしのほうが見栄えがいい。必死で跳ね返し、こぼれ球に詰め寄る姿は、攻めてるときと同程度のアバウトキックでも必死さを表現してくれるはず。ペナルティエリアの幅をガッチリと固めて0-1狙いの試合をしていきましょう。0-1になったら相手も無理をしてきませんし、こちらから攻めなければスコアは僅差で勘弁してくれるでしょう。韓国も枠内シュートゼロでこっぴどく負けていましたが、0-1であれば、一応の格好はつきましたので。

●ToDoその3:GKを上げる攻撃を3回ほど見せる
もちろん「まったく前に出てこずに0-1敗戦」というのでは拍手まではもらえません。カタツムリかと。ダイジェスト映像も一方的な虐殺になってしまいます。ヤドカリかと。本来なら惜しい攻撃などを繰り出して、ポストを叩くシュートとかあればいいのですが、それはやろうと思ってできることでもない。そんなときオススメなのはGKを上げること。GKを上げると、ものすごく必死感が出てきます。お客もわきます。ダイジェストでも「日本はGKの中村もゴール前に上がって必死の攻めを見せますが…」と見せ場を作れます。3回くらいやったら、お客も「弱いけど必死さは伝わったぞ!」「珍しいものを見た」「無人のゴールにボールが入ってワロタ」と喜んでくれるでしょう。ん、得失点差?その争いで負けるとこまでいったら、褒めてあげましょう!

●ToDoその4:ペナルティアエリア内でのタックルはしない
PKを献上するのはやめましょう。PKを献上するとバカっぽく見えますし、脱力感も大きいです。いっそオウンゴールでもしたほうが必死さは伝わってきます。たぶん、日本のDFが「もうタックルするしかない!」と思うときは、タックルしても間に合わないときです。VARもあるなかで雑魚のラフプレーはより一層厳しく判定されて当たり前。ちょっとでもやらかせば必ずPKです。それなら視界に入って少しでもコースを限定しながら、相手のシュートミスでもお祈りしたほうがよっぽど気分がいい。間違っても宇賀神キックのような「弱いうえにクソだな…」というプレーは出さないようにしていきましょう。「世界はPKではなく、雑魚を粉砕するスターのビューティフルゴールを待っている」ことを忘れずに。同じ失点するなら、美しい失点で「世界を」喜ばせましょう。

<韓国をもってしてもPKから逃れることはできない>




●ToDoその5:撃てると思ったらすぐ撃つ、撃てなくてもすぐ撃つ
シュートを何本撃っても勝てるわけではない…というのは確かですが、ドイツが26本シュートを撃って負けたとき、「やっぱドイツ強いわ」と僕は思っていました。そして、ちょっとズレていればドイツ勝ってたな、とも。目標はシュート20本。「自分で言うのもなんだけど、俺はこんな距離入れられない」と思いながらでもいいです。撃てそうなときは撃っちゃってください。GKを目掛けて。枠外よりも枠内真正面のほうが「ゴールの確率は低くても」見栄えはいいのです。「撃てそう」なときよりいいチャンスは、そのあとパスを何本かつないでもきません。ゴールを目標にせず、シュート数を目標にする。20本も撃てば、内容は完全に負けていても惜しかった感は表現できるはず。決定力不足と書かれることはあっても、実力不足と書かれることはないでしょう。狙え、自陣からの超ロングシュート!

●ToDoその6:前からチェックではなく、後ろからチェック
そりゃあベストは、相手のボール保持者に詰め寄って、ボールを奪取することです。そこからショートカウンターでもできたらカッコいいでしょう。でもできないなら、せめて頑張っている感だけは出すべき。具体的には「プレスバック」です。前を向いて攻めてくる相手に対して、戻ってきた選手が背後から詰め寄っていくアレです。別にボールを取れなくてもいいのです。プレスバックしてくれれば「前線から大迫がこんなところまで必死に追ってきた!」と僕が言いやすいので。同じ時間遅刻するときでも、歩いてくるヤツはムカつきますが、走ってきたらちょっと手ぬるくなるでしょう。抜かれたあとすぐ追いかける、前から戻ってきて守備に加わる。そんな姿勢でザルの穴を少しでも塞げば、ザルも立派な鍋に見えるでしょう。実際に穴が塞がっているかどうかではなく、塞ごうという意志が見えるかどうかが重要です。

●ToDoその7:つる、倒れる、吐く
「死ぬ気でやれー!」「まだ死んでないやんか」とはシンクロ日本代表を率いた井村雅代氏の名言ですが、これ以上やったら死んじゃうラインまでいけば、どんなに厳しい人もそれ以上は責めてこないものです。死にそう感を表現するには、不調を態度で示すのが一番。足をつる、倒れるなどの基本形はもちろんですが、いっちょ吐いてみるのもいいかなと思います。ピッチサイドでうずくまってクチからキラキラするものを吐き出していたら、まぁ、もう、しゃーないかなと思うじゃないですか。トータルで10人くらいキラキラを吐き出したら、もしかして一服盛られたかな?と実力以外の部分での敗戦という感じもしてくるじゃないですか。キラキラまみれのユニフォームで交替選手と抱き合い、キラキラキャプテンマークを引き継ぎ、キラキラ後にみんなの共用ボトルで水を飲む。キラキラまみれなら、それ以上は責められないかなと思います。

●ToDoその8:ボールを走らせるな、お前が走れ、そして疲れろ
人間は何に感動するか、ズバリ、走っているところです。走れメロスなどもやっていることはクズですが、走っていると感動するのです。24時間テレビも箱根駅伝も走っているのを見るから感動するのです。走りましょう、とにかく。そして疲れましょう、吐くまで。体力十分のまま実力で負けると、「うわー…弱いなー…」となりますが、体力尽きてボロ負けするぶんには爽やかな最終回という感じも生まれるもの。なるべく早く疲れるように、どんどん走っていきましょう。ボールさばきテクニックなどどうでもいい、あなたたちの見世物は「走ること」です。たすきの代わりにボールを転がしているだけの駅伝のつもりでやってください。対戦相手を走行距離で10キロ上回ったら、すごい頑張ってる感出そうじゃないですか。でも、ドン引きというか、押し込まれた状態で走行距離を積もうということですから、相当頑張って走らないとダメですからね!GKもずっとジョギングして距離を積むように!

●ToDoその9:ベンチに座らない
ピッチの上では必死こいてキラキラを吐いても、四分割カメラでベンチを映したら談笑していた…これでは演出が台無しです。ベンチに座るなんて100年早い。立ちましょう、立って応援しましょう。甲子園の控え部員はみんなそうやって応援しています。少しでもいいプレーがあれば、大きく前に飛び出し、少しでも不満なプレーがあれば大きな声で不満を示す。それはチームの一体感を表現し、強さはともかく絆は一流だなと示してくれるはず。2010年大会、PK戦に負けて終わったときも、PKを外した駒野友一の肩を抱く松井大輔の姿に感動したでしょう。絆が一流に見えれば、戦犯感や勝敗はある程度吹っ飛ぶもの。逆に、負けたあとにウエメセ説教するヤツとか、勝手に引退するヤツとかが出てくると、「絆の無さ」にムカッとくるのです。何なら、ホテル内で何者かにぶん殴られて試合に出られなくなった槙野のユニフォームをベンチに飾る…みたいなド定番の演出でもイイと思います!槙野のユニフォームがベンチに下がっていたら、すごい「絆感」が出るんじゃないかと思います!

●ToDoその10:髪型を整える
あのネイマールでさえ、あの世界のネイマールさんでさえ、舐めた髪型で出てくるとひと悶着あるのです。「リンガーハットの焼きそばみたいだな」と。今この状況の日本であれば、本来なら丸坊主で出てくるくらいでもおかしくはないところ。丸坊主はさすがに前時代的だとしても、リンガーハットはいかがなものかと思います。今大会は「謝罪会見でも通じる格好」を意識しないといけません。ちょっとでも不甲斐なければ怒ってやろうという輩がたくさんいる状況なのです。リンガーハットなどで出てくれば「そんなことをしているヒマがあったら練習でもしろ!」と言われるでしょう。試合後即謝罪会見、そのスピード感でいける格好を整えてきてほしいもの。まぁ、すでにリンガーハットの人が今から黒に染め直すことになれば、それこそ時間の無駄という気もしますが…。

<リンガーハット>



●ToDoその11:「0-3」でキレない
どうにも点差がついて負けが確実となったときでも、そこでキレてはいけません。0-3でキレて0-5にされるというのは途方もなくみっともない試合です。実力でどうしようもなく5点取られるのはしょうがないですが、明らかに気落ちして手抜きが見え始めると、味方である日本から最大の怒りが生まれるでしょう。1秒を惜しんで最後まで追いかける、その態度が怒りを緩和します。たとえば相手が決めたゴールのときでも、ボールを拾ってセンターサークルまで走ること。できれば、日本がゴールを決めて「まだ時間はある!」とやれるとよりいいのですが、相手しか決められなかった場合でも、ボール持って走れば「1秒も無駄にしない感」は出せると思います。幸い、先にサウジが0-5をやっていますので、0-4まではOK圏内のはず。アディショナルタイムに0-3にされる⇒諦めずにボールを持って走りすぐに試合再開⇒すぐ0-4にされる⇒うへー、という黄金コンボ決めていきましょう!

●ToDoその12:何かにつけて監督に抱きつく
日大アメフト部問題を見て「パワハラ監督は一日も早くクビにしないとダメだなぁ」という学びを得たあとも、監督交代そのものをアレルギー的に拒否する手合いは多く存在します。くわしい事情は何もわからないのに、監督交代をしたこと自体が悪であり、それを主導した協会は悪であり、それを導いた選手たちは悪であり、このチームは負けるべきであると、吹聴してやみません。そんな今だからこそ、ことさらに西野監督を大事にしていってほしい。この監督のもとだからやれたんですよ、という雰囲気を出していってほしい。そこが素っ気ない感じであれば、何のためのコミュニケーション交代だったのかと、世間が疑問に思っても仕方ないでしょう。ウザイくらいに抱きついていい。交替で出るときも下がるときも、ゴールを決めたときも、泣きながら抱き合うくらいでいい。何なら槙野あたりが額に「西野」というタトゥーを入れてきてくれてもいいくらい。海外の記者にファミリーと呼ばれるくらいの一体感、それを表現できたら、西野監督も救われるでしょう。このどう転んでも叩かれる損な役回り、せめて「選手からは評判よかったんですけどねぇ」で終わらせてあげたい。結果が出れば一体感が生まれるのは当たり前。結果が出ないときでも、それを生み出す。そのことを忘れずに大会に臨んでほしいもの。バラバラじゃなければ、大抵のことは許せると思いますので…!

↓今こそ過剰なくらいの一体感を!


この道を後悔させてくれるなよ!

最後まで選手の信じる道を信じるぞ!


もし初戦で勝点1を獲ることができれば、目標の前回超え勝点2に王手です!