このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
09:00
ゆづ、6回転はしちゃだめぇぇぇぇぇ!!でもしてぇぇぇぇ!!

コレを書いている今、リアルタイムでは羽生結弦氏の今季初演技となるオータムクラシック・男子シングルショートプログラムが行なわれています。その話をすべきなのかもしれませんが、平日の疲れも残っており、個人的にもお出掛けの予定があるため「見て、書いて、寝て、すぐ起きる」の4連続コンボは無理であると判断しました。せっかくの新プログラムお披露目ですし、勝った負けたにこだわらないでいい時期ですので、そちらはじっくりとCSテレ朝の放送を見てから感想など述べようかと思います。

それに先立ち、今後の大きな方針について検討しようというのが今日のお題。僕は長年、ある言葉に悩んできました。それはフィギュアスケートの4回転をどう表記するかという悩みです。基本的には「4回転ループ」などと日本語で「4回転」と書いてきました。英語圏では「quadruple」と呼ぶのだそうですが、それは馴染みがなさすぎるだろうということで使用を控えていたのです。31のアイスクリームでもシングル・ダブル・トリプルまではやったことありますが、quadrupleはやったことないですよね?

しかし、内心はずっと気持ち悪かったのです。何で3回転までは「シングル」「ダブル」「トリプル」なのに、4回転から「4回転」になるのやと。ワン、ツー、スリー、ヨンかと。サンデー、マンデー、チューズデー、水曜日かと。それでも、たまーに誰かが跳ぶくらいなら例外的な処理として飲み込めたのですが、いまやフィギュアスケートも真・4回転時代となり、女子選手ですら4回転ジャンプを跳んでくるようになってきています。

「もういい加減、英語で言ってもええやろ…」

それは僕だけでなくメディアも含めた自然な流れだと思います。ということで、シレッと昨日の記事で「クワッド」表記を導入したのですが、これがなかなか評判がよろしくない。不慣れな人もいれば、クワッドはイヤというこだわりがある人もいる模様。なるほど、これは一度ゼロベースで考える必要があるかもしれないと思った次第です。

↓界隈の人々はどう考えているのか、まずはアンケートをとってみました!

【9月22日0時30分集計/投票数5627票時点での結果】
●4回転:14%
●クワッド:11%
●クワド:71%
●1440:4%

アンケートでは圧倒的にクワドが優勢!

これはクワドで決定なのか!?



界隈の意見が「クワド」であるのは察することができましたが、それが妥当なのかどうかは別問題。意見を見ていくと「クワド」勢は「昔からそう呼んでいた」という声が多く聞こえます。そして何故かクワッドへの反対意見が多く寄せられており「ッが意味不明」「何となく恥ずかしい」「ドナルドダックかよ」といった、ドナルドへのとばっちりまで。リプライ欄には「ドナルドかよ」のご意見は2件でしたが、リプライじゃないところで同じことを考えている人はほかにもいるようで、僕もだんだんドナルドへの熱い風評被害がわきあがってきました。「お前のセリフだけ字幕つけとけ!」と。

ドナルドはさておき、まずはクワド・クワッド論争を考えていきます。そもそもの単語「quadruple」は、発音記号で「kwɑdruːpl」と記されています。実際の発音をウェブ辞書(https://dictionary.goo.ne.jp/word/en/quadruple/#ej-68375)で聞くと「クワドルーポー」といった感じに聞こえます。この短縮版の形容詞であるところの単語「quad」は、発音記号で「kwɑ'd/kwɔ'd」とされており、ワの母音アに対してアクセントがつけられています。実際の発音をウェブ辞書(https://dictionary.goo.ne.jp/word/en/quad/#ej-68339)で聞くと「クワード」と聞こえます。

「ここにきてクワード第三勢力の登場かよ…」

綴りから一定数の「クアド」「クァド」勢もいたようですが、それはまず消してもよいでしょう。ワのほうが実際の発音に近い表現となっていますので。問題は日本語でどう書くかですが、先行した導入例について、リプライ欄で「スキー場のリフトは昔からクワッド」「スノーボードではクワッド」というご意見をいただきました。こちら検索などしてみると、確かにスキー・スノボ界は「クワッド」が主流派である様子が見てとれました。

↓4人乗りリフトはクワッドリフトと呼んでいるようです!

クワッドリフトって言われると、パートナーの女性を4回ぶん回して持ち上げるみたいなのを想像してしまうけど、違います!

4人乗りリフトのことです!


ほかの競技も見ていくとセパタクロー4人制は「クワッド」と日本語表記されていたり、モータースポーツの世界では「クワッドターボエンジン」「クワッドエキゾーストパイプ」などの表記が見られ、クワドは少数派のようです。むしろ、「クワド」を積極的に用いているのは、フィギュアスケート界隈くらいなのではないかという印象さえ。「クワッド」で検索するとさまざまなジャンルのウェブが引っ掛かりますが、「クワド」だとフィギュアスケート関連が際立って多くなり、わずかにゴルフ界で4打オーバーを「クワドラプルボギー」と記す例が見られるくらい。

発音だけなら「クワッド」「クワード」が近いが、フィギュアスケート界隈では「クワド」が以前から使われているので、今さら「クワッド」は馴染めない…といったところでしょうか。うーむ、フィギュアの話をするための言葉選びなので、素直にフィギュア界の言葉「クワド」を選ぶべきかもしれませんが、日本語英語の一種であるという別種の新たな気持ち悪さにもぶち当たってしまいました。悩ましいですね。

↓一例でしかないけれど、素直に聞いて「クワッド」「クワード」が近い気がする!


発音がすべてじゃないですけどね!

トリプルも聞けばトリポーですし!


↓ちなみに、ボート競技では4人乗りを「クオドルプル」としています!
み、み、身勝手…!!

発音記号無視、世間無視、これだから船競技は…!!



では、メディアはどうなっているのでしょうか。主要な新聞が4回転ジャンプをどう呼んでいるのか、最近の記事を探ってみました。すると意外なことが判明しました。確かに最近、「クワッド」は記事中にも使われる単語として登場しているのですが、それはクワッドアクセルと呼ぶための登場であり、ほかのジャンプについては4回転と従来どおりに書いているのです。

↓「クワッドアクセル」って言いたいだけで、「クワッドトゥループ」とか呼びたいわけではないっぽい!
<アクセルはクワッドアクセルと書くが、総称は4回転ジャンプ>


<アクセルはクワッドアクセルと書くが、4回転トーループという表記も併用>



<クワッドアクセルという表記も使うが、4回転半であることを前もって説明>



<娘の名前は「ひまわり」だが、トーマストゲオアガマの名前は「クワド」>


新聞界隈はまだ全然「クワッド」にも「クワド」にも舵を切っていませんでした!

要するに「クワッドアクセル」って言いたいだけ!


ふむふむ、最近のクワッドブームは表記を変えようということではなく、羽生氏が提示したキャッチーな目標であるところの「クワッドアクセル」という単語の使用頻度が増しているだけのようですね。クワッドルッツなどと言うつもりはさらさらなく、「クワッドアクセル」って言いたいだけなのである、と。なるほど、そういうことか。羽生氏が「クワッドアクセル跳びたい」って言うんなら、僕もそう呼ぶしかないですよね。わかりました、羽生氏の発音に託しましょう。羽生氏がクワドなら僕もクワドにするし、羽生氏がクワッドならみなさんも黙ってクワッドに鞍替え、それでいきましょう!

↓だがしかし、羽生氏本人はクワッドとかではなく「4回転」と言っていた…!


羽生氏クワッとかクェーとか全然言ってないやん…。

最近のインタビュー見返しても「4回転アクセル」ってずっと言ってるやん…。

お子様からお年寄りまで優しい言いかたやん…。

またも羽生氏に一本とられたで…。



長々と書いてきましたが、結論としては「まだ4回転でいいや」ということでおさめようと思います。じょじょに僕もquadな気持ちが強まっていますので、勢いで「クワドループ」とか「クワッドループ」とか書くこともあるかもしれませんが、世間に広く伝えたいなら「4回転」と書くべし、それが羽生氏が教えてくれた「優しさ」です。

もしかしたら羽生氏には5回転、そして6回転という未来が見えていて、あらかじめそこにある危機を察知しているのかもしれませんね。5回転の場合は「Quintuple(クインテュープル)」なのでクインアクセルとかクイントアクセルとかカッコいい感じにできそうですが、6回転がいけません。6回転の「Sextuple」は、どう読んでもアレじゃないですか!

●●●●トゥループ!(※トオルがお相手の印象)

●●●●サルコウ!(※猿はこうする的な印象)

●●●●ループ!(※一晩で6回戦の印象)

●●●●フリップ!(※不倫プレイの印象)

●●●●ルッツ!(※今晩スルッ!の印象)

●●●●アクセル!(※最後の追い込みの印象)

羽生氏が5回転、6回転するかはわかりませんし、たぶんしないのでしょうが、将来の心配の子種を今生む必要はありません。「ひとつの演技に3種類3本の6回転」という状況を「3種3●●●●」とか書けないのに、そっちに舵を切ってどうするというのか。「前、後ろ、騎乗かな?」と受け入れられるわけがないでしょう。クイントアクセルまでやっておいてから、急に「6回転は6回転と呼ぼう…」と言い出すのは、あからさまにオカシイですよね。日本人なら日本語でいきましょう!クワドでもクワッドでも、全国的にひとつに集約するその日まで!


トリプルは日本語になったがクワッドはまだ!もう少し様子見します!