このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
12:00
どこまでが鍋パーティーの費用なのか問題!

僕が鍋パーティーを開くとします。友だちがたくさんくるでしょう。4年前に友だちの家で鍋パーティーをやったときはめっちゃ楽しかったし、今回もきっと楽しいはずです。我が家自慢の鍋をふるまってあげたい。よーし、頑張っちゃうぞ。張り切って準備を進めてまいりましょう。

「いくらかかるかな?」

鍋パーティーの準備にあたって、ホストとしてやるべきことがあります。まず鍋、鍋がなければ話になりません。そしてコンロ。カセットコンロもしくはホットプレートがなければパーティーは盛り上がりません。当然ですが食材も必要です。鶏肉、白菜、豆腐、ネギ、その他もろもろが必要です。ポン酢とかも必要ですね。

<鍋パーティーに必要なもの見積もり第一印象>

●鍋:3000円くらい?
ないことはないが、パーティー用には心もとない。ラーメン作ってひとりで食べてる鍋だし。5、6人でつつける大きなヤツが必要だ。できれば土鍋がいい。土鍋のほうが美味い気がする。絶対土鍋にしよう。

●カセットコンロ:3000円くらい?
普段、鍋は台所で作っているが、パーティーだと居間のテーブルで作りたい。テレビ見ながらワイワイやってこそ鍋パーティー。カセットコンロ買うか。買ったことないからいくらか知らんけど。

●食材:1500円くらい?

鶏肉なら安く上がるだろう。胸肉2キロで1000円くらい買うか。白菜と豆腐とネギで500円くらいかな。ポン酢は家にあった。

<結論>
7500円くらいじゃないかな?



しかし、実際に鍋パーティーの準備を始めると意外に手間暇がかかることがわかってきました。使わなくてもいいのかもしれないけど、やる気も出てきたし、できるだけ頑張りたい。鍋パーティーのお知らせはしっかりデザインしたチラシにして手紙で送ろう、うん絶対盛り上がる。もしかしたらコンロからボヤが出るかもしれないから消火器もあったほうがいいかも。親友の鈴木は足を怪我したって言ってたな、鈴木には絶対来てほしいから迎えに行ってやるか。ガソリン入れなきゃ。

ていうか、皿とか箸とかあったほうがいいな。自分用のだと全員バラバラだしな。コップとかもあったほうがいいな、自分用のだと全員バラバラだし。テーブルクロスとかも敷いておくか。よし、いい機会だから一式揃えておこう。トングも2本あったほうが肉用と野菜用でわけられるし2本買おう。自分ひとりなら肉用のトングで野菜つかんでも気にしないけど、友だちは気にするかもしれないし!

<鍋パーティーに必要なもの見積もり準備段階>

●皿:IKEAなら5枚で500円くらい?

あるっちゃあるけど、統一感出したほうがよくない?

●箸:IKEAなら5組で500円くらい?
あるっちゃあるけど、統一感出したほうがよくない?

●コップ:IKEAなら5個で500円くらい?
あるっちゃあるけど、統一感出したほうがよくない?

●トング:IKEAなら2個で500円くらい?
自分ひとりなら自分の箸でやっちゃうけど、パーティーでそれはあり得なくない?

●テーブルクロス:IKEAなら500円くらい?

いらんよ、自分で食べるときは。でも、友だちがくるからキレイにしたいでしょ。そもそものテーブルがダサイし。さすがにテーブル買い直すのはあり得ないから、せめてクロスをかけよう。

●スリッパ:IKEAなら5組で1500円くらい?

お客様にスリッパくらい出したほうがよくない?

●酒:ワイン2本で1500円くらい?
最初の見積もりに酒を入れるの忘れてた、てへぺろ。絶対飲むし、飲みたい。「え、酒ないの?」ってなったらみんなガッカリするだろうし。

●ガソリン代:若干
鈴木を家まで迎えにいくだけだし、リッターくらいでいけるだろう。

●消火器:ノーカウント
たまたま家にあった。手入れはするが。

●招待状発送:切手代500円くらい
メールで済ませてもいいが、気分が出るから。

<結論>
鍋とか食材とかと合わせて13500円くらいかな?




実際に買ってみないとよくわかりませんが、大体13500円くらいでしょうか。もちろん皿とかコップとかはレガシーとして我が家の食卓を未来に渡って充実させるものですし、鍋はカレー作るときにも使えるでしょう。カセットコンロがあれば焼肉パーティーもできるかもしれない。決して無駄にはならない投資です。

しかも、友だちだってバカじゃありません。鍋パーティーに遊びに行くときに手ぶらでくるわけじゃないのです。酒はむしろ買って持ってきてくれると言います。しいたけとかウドンとか、ほかに入れたいものも持ってくると言うじゃないですか。さすが友だち、ありがたい。実際に手元から出て行くお金は半分くらいにおさまるはず。ホストなんだから半分くらいは出すのが男気でしょう。友だちの家の鍋パーティーに行ったとき、酒や食材は持っていっても、その他細かい金を払ったことなんてありませんからね。うん、ホスト負担、ホスト負担。

しかし、ふと思います。そう言えば、我が家にはいろいろと不都合があったなと。たとえばエアコン。エアコンが古くてフィルターもカビだらけで、ちょっと臭う。テレビのまわりとかタコ足配線でグチャグチャで見栄えが悪い。あと、何かみんなで見るDVDとかあってもいいな。よし、ラピュタにしよう。ラピュタが一番盛り上がるな。鍋と言ったらラピュタ。僕の大好きなラピュタについて語ってやらなくては。

待てよ、鈴木が家に入るとき、玄関の段差とか階段がキツイかもしれないな、手すりをつけるか、杖を買うか、段差を埋めるスロープでもつけるか…。そう言えば、電球も切れかかってたし、クッションも染みがついてて汚いし、何かいろいろ気になってきたぞ。イイ機会だから、思い切って我が家の模様替えをするか!

<鍋パーティーに必要なもの見積もり追加アレコレ>

●エアコンクリーニング:5000円くらい?
自分はガマンできるけど、友だちにかがせるのはキツイかも。イイ機会だから業者を呼ぼう。

●配線ボックス:1000円くらい?
タコ足で自分が困るわけじゃないけど、前からうざったいとは思っていた。引っ掛けて転ばれても迷惑だし、イイ機会だから整理整頓しよう。

●ラピュタのDVD:3000円くらい?
レンタルで済ませてもいいけど、イイ機会だから持っておこう。

●手すり付玄関台:6000円くらい?
知らんかったけど、足が不自由な人でも昇降がしやすい手すり付け玄関台という商品を発見!これなら鈴木も段差を上り下りできるだろう。両親がコッチにきたときにも使えるかもしれない。イイ機会だから買っておこう。

●電球:500円くらい?
切れてるのは買わないと。イイ機会とか関係なく。

●クッション:2個で1000円くらい?

全員分はいらんと思うけど、汚いのは恥ずかしいから新調しよう。女の子が家にきたとき、こういうのがあると落ち着くし、イイ機会だから買っておこう。

<結論>

なんやかんやで30000円くらい使うことになりそう。




鍋パーティーにしたら気張りすぎかもしれませんが、この鍋パーティーは4年に一度、同級生が集まってやる盛大なヤツなのです。4年前も8年前も楽しかったし、一生の思い出に残るヤツなのです。ホストとして頑張りたいし、そこをケチっても仕方ないと思うのです。そりゃあもちろん、ほかに買うモノもありますし、貯金も大事ですが、それはそれ、鍋は鍋。鍋をケチって幸せが増えるわけではないのです。

それに、最後のほうは「イイ機会」だからやるってだけで、今じゃなくてもいつかやることでしょう。鍋パーティーの日にも使うというだけで、エアコンのクリーニングはしたほうがいいに決まってます。鍋パーティーの日も気持ちいいし、そのあと自分も気持ちいい。見栄とか恥とかおもてなしの感情が決断に踏み切らせたというだけで、いつかやんなきゃなぁとボンヤリ引っ掛かっていたことばかり。

東京五輪・パラリンピックも同じこと。

招致ファイル段階では7500億円だった予算が、組織委員会の正式な見積もりとなった段階では1兆3500億円となり、さらに会計検査院が関連費用を調べたところ、すでに8100億円あまりの関連費用が使われており、さらに東京都が平成30年度から32年度にかけて計上する関連費用8100億円とあわせると「総額3兆円規模」になるというのも、鍋パーティーの前後で使うお金をすべて書き出したらそうなるというだけのこと。

空港における先進的な保安検査機器の導入、20億円。

大規模災害時の海難発生対策費、58億円。

天然痘ワクチン備蓄、18億円。

感染症の予防対策、28億円。

出入国審査の短時間化のための設備投資、25億円。

首都高速中央環状線整備、1389億円。

無料公衆無線LAN整備、16億円。

無電柱化推進、150億円。

暑さ・環境汚染等への対策、60億円。

エネルギー・環境課題の解決、1885億円。

気象情報の予測精度向上・充実、371億円。

こういった「イイ機会だからやろう」費用までもひっくるめていくと総額3兆円規模になるとして、それを「東京五輪・パラリンピックの費用」とするのは、僕はアンフェアだと思うのです。まったく関係しないということはないでしょうし、だからこそ会計検査院の調査に対しても各省庁が回答をしているわけですが、それをザックリまとめて「オリンピック代」とするのは客観的公平に言って不公正だと僕は思います。

もちろん僕は東京五輪パラリンピックを熱烈に支援する都民ですので、基本的にはニッコリ笑顔で予算承認なわけです。3兆だろうが4兆だろうが。けれどそうでない人にも、必ずしも五輪・パラリンピックのためとは言えない予算や、むしろこれを機会にその後の生活というものが向上してくもののための予算を含めての「ちょっとでも関連する費用総額」が会計検査院の調査した内容であることをご理解いただきたい。そして、知らず知らずにその恩恵にあずかってもらいたい。

五輪は頑張るためのキッカケです。

アスリートがそれを目標に全身全霊の努力をするように、都市生活や文明といったものも、目標があることで実行力が増していくのです。2020年をキッカケにいろいろなことが前進し、それがやがてはレガシーとなっていく。「あぁ、五輪のおかげで電柱が地面に埋まったわ!」と感動する日がやってくる。電柱については僕は埋まってても出ててもどっちでもいいですけど、そういう新しい未来へと動き出していくにあたって、五輪をキッカケとすることは何も悪くないし、むしろ適切だと僕は思います。

どうぞみなさんも鍋パーティーで買った皿とか、鍋パーティーをキッカケにして模様替えした部屋とかの恩恵にあずかってください。鍋パーティーはその日で終わるものではなく、次のカレーパーティーや焼肉パーティーに、さらにお好み焼きパーティーへとつながっていくものなのですから!

↓「総額」とは何かを言わず、なるべく多く言ってやろうとすれば、ナンボでも多く言えるでしょうなぁという話!
<会計検査院による「東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた取組状況等に関する会計検査の結果について」報告全文>
http://www.jbaudit.go.jp/pr/kensa/result/30/pdf/301004_zenbun_02.pdf


<首都高整備費まで加えて金額をなるべく高く書こうとするとオリンピック代が3兆円になるという話>


<東京都が追加で予算を組んだことを発表する小池都知事>


鍋パーティーの費用にエアコンのクリーニング代は入りますか?

鍋パーティーやらずに臭いエアコンのままで暮らせば「タダ」かもしれないけれど、楽しくないでしょ!


鍋と食材だけを想像したら総額3万円は、そりゃ高く聞こえるでしょう!