スポーツ見るもの語る者〜フモフモコラム

競泳

韓国の用意した背泳ぎ用スタート装置が「引っ張ると滑る」ヤツだったことに悪意はたぶんナイので与えられた条件で頑張ろうの巻。

12:00
これが韓国運営だと思って頑張るしかない!

「よく知らないけれど、大体こんな感じだろう…」精神。これが僕が長年さまざまな大会を見てきたなかで最終的に感じる韓国運営の精神的根っこです。悪意…も多少あるかもしれないけれど、大半においてはそれは小さな問題であり、「大体こんな感じ」でやった結果「意外とそうでもなかった」と判明するというオチ。やり始めてから「えぇっ!?バドミントンの競技会場ってエアコンの風が影響を与えたらダメなんですか!?」と気づくみたいな。言うならば初体験ならではのドキドキや微笑ましい失敗談みたいなものです。「ファーストキスで前歯を当てた」的な。

今回、そんな素敵な初体験を見せてくれているのは韓国・光州で行なわれている世界水泳。世界のトップスイマーが集い、真剣勝負を繰り広げる大舞台は、日本の誇る競泳陣も金メダルならば東京五輪内定が決まるということもあってガッチガチの大本番として臨んでいる大会です。しかし、韓国側では今回も「よく知らないけれど、大体こんな感じだろう…」が発動してしまいました。

問題となっているのは競泳・背泳ぎ用のスタート装置。背泳ぎではスタートする際にプールに一旦沈み、飛込み台のバーに手をかけ、「レッジ」と呼ばれる台に足を引っ掛けて水上で待機します。その状態でヨーイドンとなり、背面から飛び込むと。しかし、その「レッジ」とやらのこと、正直知らないですよね?名前も初耳だし、「そんな装置があったんですか?」というのが一般的な認識でしょう。韓国もそうだった。それが必要なのだということ、大体こんな感じということは聞き及んでいたけれど、「大体」で駆け抜けてしまっていた。

↓レッジに「チカラをかけると落ちる」事態が散見されているそうです!


「思ったより選手のチカラが強くて…」
「我々が手で引っ張ったときには大丈夫でしたよ?」
「これって絶対必要なものです?」


↓日本の入江さんはスタート前に手で引っ張って確かめたら、「引っ張るな」と言われたとのこと!

「あーダメダメ」
「それ引っ張っちゃダメ」
「やめてください!」
「怒りますよ!」


↓そのレッジというのは、こんな感じのモノです!


スタート台につけた装置から伸びているヒモ!

壁につける足引っ掛け台!

ヒモの長さを調整するパーツ!

当然引っ張ったり縮めたりして調整できるのがウリなわけですが…。


↓で、韓国の用意したヤツを引っ張るとこうなります!


ダメだわこれはwwwww

そりゃ「引っ張るな」って怒るわwww

絶対に踏ん張ってはいけないスタート台www



スタート台からヒモのようなものが伸び、踏ん張りやすい場所に足引っ掛け台を設置し、水上で待機しておくための装置が、調整部分が緩かったためにズルッと滑ってしまうという現象。当然ズルッと滑ったままスタートしてしまったりするケースも発生しており、そうした場合には「もう一回泳いでいいよ!」という救済措置で対応しているとのこと。このあたりは「どうせ毎日何キロも泳いでるんでしょ?」「一本くらい増えたって大丈夫大丈夫」「高校野球だって194球くらいなら普通に投げてるから」とワイルドなタフネスで押し切っていく考えです。

スタート台のほうはある程度しっかりというか、見た目通りの形で作れば「まぁこんなもんかな…」という妥協もできるでしょう。多少、何か上っ面に貼ってある素材に違和感があったり、微妙に飛び込むときに角度が急だなぁと思ったりしたとしても。しかし、パーツがいろいろ複雑になってくると話は別。仮に既製品であったとしても、買ってきたときは大丈夫でも日頃のメンテナンスであったり、使い方などでいろいろなトラブルは生まれ、そして「大体こんな感じ」なのでそれが放置されていく。

「今大会で使う装置だ」「引っ張って足を掛けるヤツだ」「絶対に必要なヤツ」と言われたら、全部を一度は設置して「本当に大丈夫かな?」とガシガシ引っ張って調べるのが一般的な感覚だと思うのです。ぶっ壊れるんじゃないかぐらい足で引っ張って、それでガシッと止まって、ようやく「大丈夫だな」と。そこを2つくらい手で引っ張ってみて「大丈夫そう」とGOサイン出したり、「まぁよくわからんけど買ってきたヤツだし大丈夫やろ…」でGOサインを出していくと、こんなトラブルも生まれるのかなと思います。実際、ほぼほぼ大丈夫でしたし。

↓たまーに、トラブルの影響で「ひとりでもう1本」泳がされたりしますけど、大体大丈夫です!

「滑ってしまったな」
「すまんすまん」
「もう1本泳いでええぞ」
「おぉ…また滑ってしまったな」
「すまんすまん」
「もう1本泳いでええぞ」
「よし、これで大丈夫!」
「よかったよかった」

結局予選で3本泳いだイタリアのサッビオーニ選手は無事に準決勝に進出!

準決勝では「余計な調整」はナシでレッジ固定ということになったので、無事にスタートできました!

おめでとうございます!




「暑い寒い」とか「韓国運営」とか前提条件が同じなら頑張るしかない!

「あの人を手ぶらでは帰せない」という、自分の限界を超えるための実用的(※2大会連続メダル獲得に成功中)心構えの巻。

18:43
手ぶらの無限連鎖講!

人は、誰かのために強くなる。少年漫画のカッコいいセリフみたいなのを地で行く男たちがいた。競泳男子4×200メートルリレー、日本チーム。ただ強いだけでなく「今日特別に強い」を実践しつづける驚異の調整力の持ち主たちが、ひとつまた大きな仕事をやってのけました。

52年ぶり、1964年東京大会以来のメダル獲得。

その原動力となったのは、今大会このリレー一本で参加している、ベテラン松田丈志の存在だったと言います。チームの合言葉は「松田さんを手ぶらで帰すわけにはいかない」。前回ロンドン大会で、松田さんが「(北島)康介さんを手ぶらで帰すわけにはいかない」と鼓舞してメドレーリレーのメダルを獲得したフレーズの再起用です。

想いをつなぐリレーは各選手のチカラを最大限に引き出しました。第1泳者・萩野公介は前半からガンガン飛ばし、自身の持つ日本記録に迫る好タイム。つづく第2泳者・江原“ナイト”騎士は予選より大きくタイムをあげてメダルを争うライバルを大きくリードして、全体2位で第3泳者へ。さらに第3泳者・小堀勇氣は自身もまたこのレース一本にかけ、予選から2秒ほどあげてくる会心の泳ぎ。そして、全体2位でバトンを松田さんにつなぎ、あとを託します。

あぁ、この感じは北京五輪の陸上男子4×100メートルリレーだ。チカラを保ち、長く踏みとどまったベテランにだけ与えられる、「自分を見て大きくなった若者との合流」というごほうびだ。敬意と感謝が「この人のために」という意識を生み、全力以上のチカラを引き出してしまう現象だ。

松田さんは、実績で言えば200メートルバタフライを得意とする選手。しかし、200バタでは世界に挑むだけのチカラを選考会で出せませんでした。マイケル・フェルプスと鎬を削った選手にも衰えというものはあります。五輪をあきらめてしまっても不思議はないところです。すでにあれだけの栄光を得たあとなのですから。

しかし、勝つために自分を変えていくしぶとさこそが、松田さんの持ち味だった。ロンドン大会のメドレーリレーでは、手薄だった自由形とバタフライの穴を埋めるため、本職ではない100メートルバタフライのスピード練習を詰み、メンバーに加わりました。そして、今回はバタフライではなく、かつて日本記録も出した200メートル自由形のチカラを活かせるリレーで、「そのほうがチャンスがあるから」と再び頂点に挑んだ。

ビニールシートで覆われた決して快適とは言えないプールから世界の頂点まで迫ったタフネスが、再びここに松田さんを連れてきた。しぶとくしぶとく踏みとどまりつづけたからこそ、予想外とも言える舞台での最後のチャンスを得られた。後輩が作ったカラダひとつぶんほどの差を守り切れば、52年ぶりのメダルに届くというチャンスを!

↓松田さんはイギリスにはかわされるものの、最後まで失速することなく3位でフィニッシュ!


「来い!」という後輩たちの声援!

それに応える最後の力泳!

つながる心で、日本が、銅メダル!

つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた。 [ 松田丈志 ]

価格:1,404円
(2016/8/10 14:10時点)
感想(3件)




自分の頑張りが種を蒔き、自分の頑張りがあとにつづく者の道標になってきた。そこに感謝があるからこそ、「手ぶらでは返せない」という気持ちも生まれる。たくさんのものを先に受け取ってきたから、手ぶらでは帰せないという気持ちになる。そうやって時代がつながり、経験がつながっていく。

松田さんが語った「このメダルをきっかけに若い選手がさらに日本の自由形を強くしてくれると願っている」という言葉。五輪は最後と公言している松田さんですが、水泳人生をかけての言葉のようにも聞こえるこの言葉・このメダルが、まさに松田さんの置き土産。「松田さんを手ぶらで帰せない」という想いで獲った4つのメダル。松田さんがその1つだけを持ち帰り、3つを若者たちに残した。土産をもらったら、半返しを欠かさない日本人の美徳のように、互いに何かを贈り合った。

この気持ち、きっとほかの競技でも活かせるもの。自分のためなら諦めてしまうことも、誰かのためなら頑張れるのは、みんな何となく感じていることでしょう。それが一緒にやる仲間のためであったなら、お互いの気持ちが反響して、ものすごい効果になるのではないでしょうか。プレイヤーだけでなく、コーチ陣にもこの事例、大いに参考にしてもらいたい。自分たちのグループには「この人のために」と思われるような人物がいるか。もしいないなら、それを加えることもひとつの手として。

競泳はほとんどが個人種目ではありますが、チームとして行動しています。選手たちの多くは仲間のレースの応援に集まり、日の丸を振って声援を送ります。その時間、理屈で言うなら個人調整をしてもいいわけですが、今大会も大集団で応援をしています。松田さんも、日の丸をふって日々スタンドから応援をしていました。競泳がただ強いだけでなく、「今日特別に強い」ということを毎回の五輪のたびに見せてくれることを考えたとき、こうしたチーム力もまた強さの秘密なんだろうと思ってしまうのです。自分ひとりで自分の限界を超えられるなら、たったひとりで戦ってもいいんでしょうが、きっと、そんな簡単なものではないはずですから。

「●●さんを手ぶらで帰すわけにはいかない」

この気持ちを持てたなら、きっと強くなる。

そう思える相手が仲間にいたら、きっと強くなる。


サッカー男子よ!ダメ元で「藤春さんを手ぶらでは帰せない」の気持ちを持て!

キングオブスイマー萩野公介とキングオブフレンド瀬戸大也がつかんだ「ふたりだからこうなった」友情の金と銅の巻。

12:22
友だちがいてくれたから、ここまでこれた!

勝った喜びをさらに加速させ上書きしていくような美しい友情の場面。7日に行なわれた競泳男子400メートル個人メドレーでの萩野公介の金、そして瀬戸大也の銅。日本選手団にとっての金1号は、ただ勝った、ただ強かったという以上に、友情というのは素晴らしいものだな…と心が温かくなるような金銅でした。

小学校時代からのライバル同士。早くから天才少年として知られ、圧倒的なスピードで孤高の存在であった萩野公介。もちろんそのままでも世界に轟く、歴史的選手であったことは疑いがありません。ただ、ひとりで速く泳ぐだけの人生であったなら、このメダルがこんなにも温かいものにはならなかったのではないか。

泳ぎを終えたふたり、萩野の喜びの笑顔以上に印象的だったのは瀬戸のさわやかな笑顔。そして、ガッチリと手を握り合った姿。悔しくないはずがない、と外野としては思います。金のチャンスもあった選手が銅なのですから、「負けた」という悔しさで唇を噛んでもおかしくはない状況。でも瀬戸の笑顔は、鈍びたブロンズのものではなく、まさにダイヤモンドの輝き。どうしてこんなに笑顔でいられるのか、不思議になるほど。

「ライバルではなく、自分が追いかけていた」

萩野を追いかけて追いかけて世界のトップまできた瀬戸。類稀なる勝負強さで自身も世界王者となり、肩を並べるところまできたにも関わらず、今もその目は真っ直ぐに萩野を追っている。自分の悔しさ以上にこぼれる「萩野すごいな!」という祝福、そして敬意。自分が目標としてきた相手が本当に素晴らしい目標だったんだということを喜ぶかのような笑顔が、本当に眩しかった。

追いかけてくる強敵がいる。一緒に同じ悩みにぶつかれる盟友がいる。リラックスした時間を過ごせる幼馴染がいる。「ただ速い」ということについては生まれ持った天才であった萩野公介という傑物に、人生の中で見つけなくてはならない宝を一度にたくさん持って現れた運命の人、それが瀬戸大也だった。

おそらく歴史においては、このレースのことは「萩野金」という話だけが残っていくと思います。しかし、この日、コレを見た人だけでも「萩野金、瀬戸銅」で覚えていてほしい。強いヤツが勝手に獲った金でなく、友情物語としての金・銅であったことのほうが、はるかに貴重なストーリー。萩野に敬意と、瀬戸に感謝を、それぞれに捧げずにはいられないレースだったと思います。

60年ぶりに生まれた競泳でのダブル表彰台。

それを生んだのは萩野公介ではなく、瀬戸大也である。

萩野という天才を追いかけつづけた瀬戸大也が生んだ金銅である。

そういう憶え方なら、この記憶が長く残るかもしれません。

いくつも見てきた金よりも、この金銅はとてもイイものです!

↓瀬戸が飛び出し、萩野が抜け出す!間のレーンでアメリカのカリシュが迫る!


最後追われたときは少し怖かったけれど、世界王者・瀬戸に10年以上追われつづけてきた萩野に隙はなかった!

追われることは日常風景!

萩野公介 [ 本郷陽二 ]

価格:1,620円
(2016/8/7 11:38時点)
感想(0件)




萩野が出した4分6秒5は自身の持つ日本記録を1秒以上更新するもの。昨年の世界水泳を「自転車に乗っていてコケる」という事故で辞退した萩野。右ひじ橈骨の骨折という大ケガは、もしかしたら「自転車以前の萩野には戻らないのではないか」という不安さえ生むものでした。しかし、この大舞台で過去を超え、自分を超えた。さすが日本の大エース、日本競泳史上最高傑作!

↓強さ以上に眩しかった友情の握手&抱擁!


お兄さん、久々に他人の友情で感動しちゃったよ!

瀬戸攻×萩野受の同人誌あったら今なら買っちゃうわ!

執拗にケツを追いかける瀬戸が、バック(※背泳ぎ)で攻めたり、自由(※クロール)に攻めたりするヤツ!


↓いい友だちがいてよかったですね!瀬戸の笑顔のおかげで全力で祝福できる!

瀬戸ありがとう!萩野お疲れ様!

東京では金銀を頼むぞ!


↓初日からセンターポールに上がった日の丸と、ながーーーーーーく楽しめる君が代!
http://www.gorin.jp/video/5074076695001.html

誰だよブラジルでこの君が代のCD売ったヤツwwww

遅すぎて、心の中の歌声がギッコンバッタンなるわwwww

君が代・式典の音楽 [ (教材) ]

価格:1,458円
(2016/8/7 11:39時点)
感想(0件)




競泳が作った最高の流れ、風に乗って日本選手団全員に届け!

韓国競泳界が生んだテストステロンスター・パクテファン先生に学ぶ、ダメ元でフリースタイル土下座してみる交渉戦術。

07:00
ダメ元で他人に責任をなすりつけて、ダメ元で土下座してみる作戦!

リオ五輪まで残り100日を切り、五輪に出る出ないバトルはグツグツと煮詰まっています。日本のバドミントン界では、ワザと負けときゃ2チーム五輪に出られるところを正々堂々の真っ向勝負で1チームを蹴落とすという凄絶な戦いが行なわれるなど、相変わらずの厳しさでピリピリしています。賭博即斬、手心無用。その厳格さはまっこと日本らしい振る舞いです。

しかし、世界にはいろいろな戦術がある。お隣の韓国では、ドーピング違反というスポーツ界最大の罪を犯しながらも、ダメ元で土下座してみる大作戦で復活をうかがう御仁もいる模様。ダメ元しくじり先生の名はパク・テファン。北京五輪競泳男子400メートル自由形で、同種目アジア人初の金メダルを獲得した韓国の英雄です。

パク先生は2014年9月のドーピング検査でテストステロン(筋肉増強作用を持つホルモン)に対する陽性反応が検出され、1年6ヶ月の出場停止措置が下されていました。この処分自体は今年3月に満了となり、競泳界的にはリオに出てもOKという状況。ただ、韓国国内には独自の規定で、ドーピングに引っ掛かった選手は3年間国家代表の資格をはく奪するという決まりがあるそうで、本来ならパク先生はリオ五輪には出られない立場となっています。

しかし、ようやく年季が明けたところで韓国国内の選手権に出ましたらば、3冠を達成する好成績だったことで、にわかに「勝てる選手ならやっぱり出すべき」「二重処罰はオカシイ」というイカサマ上等論が巻き起こるのが韓国らしさ。さすが東京都知事並みに「自分の都合」を最上位に置いて物事を判断するお国柄だけのことはあります。その「風」……つまり、押せば何とかなるんじゃないか的な雰囲気を敏感に察知したパク先生が「よっしゃ土下座してみよ」とフリースタイル土下座を敢行した。そういう戦術でパク先生は闘争中なのだそうです。

結果どう転ぶかはどうでもいいところではありますが、パク先生のタフネゴシエーターぶりは日本人も大いに見習うべきものがあると思います。パク先生はドーピングという最大級の大罪でもまだ足掻いているのに、バカラで負けたくらいのことで何故しおらしくなっているのか。バカラの処分は検察と裁判所の仕事なんだから、バドミントンが勝手にオマケを乗せてくるのはオカシイと、ダメ元で暴れてみたりしないものか。競技と関係ないところの素行で、まだ逮捕も何もされていない段階なのに、人生丸ごと引っくり返されるようなことが何故まかり通るのか。他人事ながら、僕はいまだに納得がいきません。

金は出せない、サポートはできない、そこまではまだわかる。関係者もそれなりに手間を掛けさせられたでしょうから、報復的懲罰はあるでしょう。バカラ先輩と関わるの面倒臭いでしょうし。しかし、バドミントンごとやらせないなんてのは行き過ぎた罰ではないのか。バク先生はドーピングでテストステロン検出されましてなおフリースタイル土下座でチャンスをうかがっているというのに、バカラで負けた選手は家でうなだれているなんて、その差たるや。

世の中は、「自分は悪くない」と主張しつづければ、一定数の擁護は得られるような塩梅になっています。どんな主張でも、力強く行えばそれなりに応援してもらえる。水素水みたいなものでも、断じて行なえば信じちゃう人がいるじゃないですか。そこをもっと突いてみてもよかったのではないか。どうせ国内では干されるなら、悪くないと主張したまま海外リーグに参戦するほうが、筋立てとしてはキレイでしょう。悪いことしましたとうなだれつつ海外リーグでよろしくやっているほうが、二枚舌のようでよほど感じが悪い。「ダメ元で言ってみる」気持ち、パク先生の爪の垢ぐらいの割合で取り入れたいもの。もう少し早く、このタフさを伝えられたらと、他人事ながら残念です。

ということで、バカラ台の上で土下座してみればよかったなと思いつつ、パク先生のタフネゴシエーターぶりをチェックしていきましょう。


◆クスリを打ったのは医師!僕は知らなかった!土下座で許してください!

相手の主張を受け入れたら、何でも相手の思い通りになってしまう。それが「世界」。日本人はその点において主張の弱さは否めません。世界はきっと厚切りジェイソンみたいな人だけで出来ているのです。アレぐらいデカい声で言えば、ダメ元な主張も通ったりする感じに。日本人は大声のやり取りの時点でビビりますが、彼らの本番はそのあとの鉄砲持ち出す段階なのですから、交渉の時点では何を恐れる必要もないのでしょうね。

パク先生はその点においてはワールドクラス。2012年のロンドン五輪でも、そのタフネゴシエートぶりは話題になりました。パク先生は得意の400メートル自由形予選で、フォルススタート(いわゆるフライング)による失格判定を一旦は受けながら、抗議によって復活し、最終的に銀メダルを獲得しました。パク先生にしてみれば、フォルススタートの判定を抗議でひっくり返すことぐらい、当たり前のことなのです。だって、してないったらしてないんだもん。

↓見てもよくわかんないレベルのアヤしさなら、パク先生は当然抗議するぞ!



4レーンの先生はちょっと動いてる気がする!動いてない気もする!

イーブンなら当然即抗議です!

行動してみることで人生は開けるまず、できることから、やってみる【電子書籍】[ 加藤諦三 ]

価格:500円
(2016/5/3 05:16時点)
感想(0件)




日本人だと「審判がそう言うんならそうなんやろなぁ」と思ってしまう場面でも、「審判がウソついてそう」「審判が金もらってそう」「審判が脅されてそう」という発想が自然に出てくるパク先生なら、そこは当然抗議となる。このレベルの揉め事はノータイムで抗議に行けるようでなくては、本番の闘争にはとても耐えられません。

2014年の仁川アジア大会、この大会は今振り返ると競泳界を激震させる三重殺みたいなのが起きた大会でした。まずコチラも400メートル自由形の金メダリストである中国の孫楊が「日本の国歌は不快」発言からの、のちにドーピング違反が発覚して同大会のメダルをはく奪されるというワンナウト。つづいて日本の冨田尚弥がカメラを盗んだという件でツーアウト。そして直前のドーピング検査で引っ掛かったパク先生が、のちに同大会の獲得メダルをすべて剥奪されるというスリーアウト。これらを上回るには盗んだクスリでドーピングする一人ゲッツーくらいしかないという、花盛りの大会でした。

その中でもパク先生のショックは韓国競泳界に大きなショックを与えました。何せ、韓国競泳界はパク先生くらいしかいないのです。仁川アジア大会の競泳会場がパクテファン・アクアティクスセンターという名前なくらい、パク先生は唯一無二の英雄。環境も整わない中で何故かひとりだけ飛び抜けた選手が出てくるという英雄伝説は、「クスリだろ」「やっぱりクスリだった」「自由形だけ強いヤツは大体クスリ」という納得感を生むと同時に、パク先生を何としても守ろうとする賛同者も多く生みました。

↓そしてパク先生陣営は、ダメ元で「何度も大丈夫かと確認したのに、医師にクスリを注射された」と医師に責任をなすりつける大作戦を敢行!


「無料のカイロプラティクスを受けただけ」

「クスリについては何も知らない」

「実は知っていたが中身は知らなかった」

「実は中身も知っていたが男性ホルモン剤だと聞いた」

「疲れていたので検察の取り調べでは正しく話せなかった」

「でもテストステロンが禁止薬物だとは知らなかった」

「実はクスリの瓶に書いてあったが、見てなかった」

「何度も医師に確認した」

「スタッフとか協会には確認していない」

「医師が問題ないというので安心して注射を受けた」

「クスリを打ったあと、身体に痛みが出た」

「医師を傷害罪で訴える」

絶対に訴えてやる! [ 矢野輝雄 ]

価格:2,052円
(2016/5/3 05:17時点)
感想(1件)




しかし、医師を責めても処分がなくなるわけではありません。パク先生は出場停止処分を受けたのち、近所のプールで練習したり、恩師が運営する水泳教室のプールで練習したり、日本で練習したりして再起を目指しました。そして、見事に韓国国内の選手権で復活を果たしました。応援するすべての人は、「もう1年半もガマンしたから許されていい頃だろう」と感涙し、行動に出たのです。土下座メドレーという、感情に訴える行動に…!

↓まずパク先生はリオ五輪に出るにふさわしい実力があることを証明!


400メートル自由形の3分44秒26は、去年の世界水泳でもメダルに絡むタイム!

先生はクスリがなくても強い選手だった!

もしくは新しいクスリが手に入った!


↓成績は十分と見るや、まずパク先生の恩師がフリースタイル土下座でリオ行きを懇願!


第一土下座泳者、勢いよく入水!

美しい土下座で規則を曲げるように訴えます!


↓所属先の市役所の会見に登場したパク先生は、恩師につづきフリースタイル土下座でリオ行きを懇願!


第二土下座泳者、勢いよく入水!

美しい土下座で規則を曲げるように訴えます!

裏最強土下座 [ 板垣恵介 ]

価格:1,296円
(2016/5/3 05:18時点)
感想(0件)




どうですか、めっちゃタフでしょう。心にやましいところがあれば「アジア大会のメダルだけで済んで助かった」と、実家に引きこもるところを、まだガンガン攻めてくる。リオのメダルを狙ってくる。テストステロンというドーピング界のエースで4番を「本番の大会期間中には検出されない程度の絶妙な量で」投入してきておいて、まだメダルを欲しがっているのです。この心の強さ。ドーピングとか土下座とかではなく、ダメ元で主張してみるこの強さは見習いたい。

アメリカとかジャマイカの陸上界でも、一回クスリで捕まった選手が平然と英雄ヅラで出てきたりしていますが、アレが世界標準。そういう意味ではバカラで泣くのは「負けてスッた」ときだけで十分であり、それを咎められている場面は泣くほどのことではないのです。「それはそれ、これはこれ」という強い主張をすべきだった。もしあの日、強く主張できていたら、戦いはまた変わっていたと思うのです。もし、今後バレる予定の野球選手、バドミントン選手、相撲取りがいましたら、どうぞパク先生を見習ってください。実家に引きこもるのは、他人に罪をなすりつけて、ダメ元で土下座してからでも遅くはないのですから…!


バカラもしばらく謹慎してから坊主頭で土下座してたらイケた気がします!

日本競泳陣の新エース・渡部香生子ちゃんが金メダルの喜びでピシュー!ヒーハー!ブオオオオン!と感動大爆発の巻。

07:00
日本競泳陣通算100個目のメダルは、渡部香生子ちゃんのメモリアル金!

やはりそうだった。間違っていなかった。東京五輪へつづく長い道を、一緒に歩み、追いかけていける存在を確認した喜びで胸の高鳴りが止まりません。このドキドキと興奮は決してan・anのセックス特集を読みながら中継を見ていたせいではない。一流オブ一流だけが持つここ一番での爆発力、その爆風にドーンと当てられたからです。

渡部香生子ちゃん、日本競泳陣の新エース。東京五輪まで日本競泳陣を牽引していく時代の担い手です。ちょっと前までは別の人物に託すつもりの役目でしたが、「大事な大会前に自転車でコケて骨折」という面白不祥事によって、その座は剥奪されました。ミニバイクとか自転車で面白不祥事をやらかせば、エース枠から面白枠に異動になる、それが社会の仕組みです。これからのトビウオジャパンを引っ張っていくのは、大本番力を備えた渡部香生子ちゃんしかいません。

これはもう完全に個人語りですが、やはり心にグッとくるには色々な偶然とか運命を必要なんだなと改めて思います。中学年代から「スゴイ娘がいる」という評判は聞き及ぶものでしたが、僕のハートにズドンと矢を突き刺してきたのは何と言っても、この目で目撃した2012年の日本選手権。ロンドン五輪出場を期待されながら100メートル平泳ぎでは代表入りを逃していた香生子ちゃんが、そのショックを振り払っての200メートル平泳ぎでの代表入りをはたしたあのレース。そして涙と興奮でグッチャングッチャンになったあのインタビュー。アレは今も笑いが甦ってくる出色のデキでした。

今や押しも押されぬ日本女子のエース、そして日本のエースになった彼女が、ついに2015世界水泳では、得意の200メートル平泳ぎで世界の頂点にも立ちました。そのメダルは、日本競泳陣が獲得してきた世界水泳での通算100個目となるメモリアル金。そんなタイミングに巡り合わせたのは、偶然ではなく運命としか思えません。きっと、スポーツの神様がこの娘をペロペロしなさいと日本国民に教えてくれているのでしょう。

リオ・東京で連覇を狙う存在となれば、メディアの中心に立つ国民的ヒロインとなっているはず。そのときまで、どうか今のままでいてほしい。プールを一歩出ればグッチャングッチャンになる、そのままのキャラクターで。心ないSNS界隈では「しゃべりかた講座を受けさせるべき」「何言ってるかわかんねーよ」「字幕をつけろ」などの声もあるようですが、そのグッチャングッチャンもまた魅力。東京五輪その栄光の舞台で、人生最高の感謝を込めた「◎△●※◆☆■Д▼で!!□★△〓した!!ピシュー!!」を見せてもらいたいものです。今からその日が楽しみです。

ということで、北島康介さんのモノマネで「何も聞き取れねぇ」とつぶやきつつ、7日のテレビ朝日中継による2015世界水泳「女子200メートル平泳ぎ」をチェックしていきましょう。


◆泳ぎは進化しているけれど、その他はむしろ悪化しているこの感じ!

前日は星奈津美さんの感動の金があった世界水泳。日本競泳陣は、ここまで女子だけが絶好調です。自転車でコケてないので絶好調です。そんな中、攻勢の口火を切り、エースとしての期待を背負ってきたのは渡部香生子ちゃんでした。最初のメダル獲得レースとなった200メートル個人メドレーでは、準決勝で自ら持つ日本記録を0.2秒更新、さらに決勝では1秒16更新するという大本番力を発揮。「勝たねばならぬ日に人生のベストを出せる」というスターの輝きで、世界水泳での初めてのメダルを手にしました。

↓得意の平泳ぎでグッと追い上げ、最後の自由形で大きく伸びた!雄大さが生んだ後半型の泳ぎ!


画面上から3人目、3レーンが香生子ちゃん!

中央の4レーンがこのレースで世界記録を作るホッスー!

最初の100メートルでは最下位にいた香生子ちゃんが後半で一気にまくってきた!


↓レースそのものもスゴイが、終わったあとのグッチャングッチャンがすごい!


寺川:「渡部選手おめでとうございます!」
寺川:「今のレース振り返っていかがでしたか!」
香生子:「ぶえー、こんなタイムがでうともおもってだかったしぃ」
香生子:「ピシュー」
香生子:「びばんにもなれるとぼぼってだかったので」
香生子:「ふおんとうにうれしいです」
寺川:「本当におめでとうございます!」
寺川:「改めて、憧れのホッスー選手の隣で泳いで」
寺川:「見事な記録と順位でしたがいかがですか!」
香生子:「まぁホッスーはすごいどびぬけてはやいと思っていたので」
香生子:「まぁ先生とは3番っていう話をしてたので」
香生子:「ほんとにまさか2番もとれると思ってなかったし」
香生子:「ピシュー」
香生子:「何しろタイムにほんとにビックリしています」
寺川:「明日から決勝もありますし」
寺川:「日本チームにもすごくいい流れがきていると思います」
寺川:「明日からの抱負をお聞かせください」
香生子:「ふぁい」
香生子:「えーと、あしたーも」
香生子:「100メートルひら泳ぎの決勝があるので」
香生子:「バター、この波に乗って」
香生子:「あしたはあすたもぐぁんばりたいと思います」

うたうだけで滑舌がよくなるできるよソング

価格:1,728円
(2015/8/8 04:17時点)
感想(0件)




胸に去来する「金がいいですぅ!」「チョーキモチイイ!」「今まで生きてきた中で一番幸せです!」などの面白第一声群。たぶんアレは脳に酸素が行ってないからです。最低限の活動レベルに抑制された脳が、勝利の興奮等々であふれ出る脳内麻薬によってチャンポンハイとなり、レース1時間後なら絶対に言わないだろうことを言わせてしまう。恐るべき競泳の罠です。ウッカリその罠に掛かれば、置いてあるカメラとかをパクッちゃうレベルで脳がアップアップしているのです。

そんな「脳に全然酸素が行ってない状態での、陸揚げ直後の強制インタビュー」という危険地帯において、全部の地雷を順番に踏んでいく大物のたたずまいが香生子ちゃんにはあります。世界水泳でこれなのです。これがもしオリンピックだったなら、何倍もの重圧と注目度、会場の熱気などによって、どこまでも弾けてしまうのではないか。爆発への期待は高まるばかりです。

↓陸揚げ直後の興奮度は競泳陣でも断トツ!2012年日本選手権でのクッソ冷静な鈴木聡美さんと、グッチャングッチャンの香生子ちゃんの対比!


あれ、このときもだいぶグッチャグチャだった気がするのに、今見るとそんなでもないな!

身体は3年ぶん大人になったけど、陸揚げすると全然変わってない!


ちょっと、めまいがするような衝撃です。あの日、涙と喜びでグッチャングッチャンになっていた爆笑インタビューが、今見るとそんな大したことがない。こんなもんか。こんなんだっけ。もっとスゴかったような気がしていたのに、つい最近見たモノが凌駕していくなんて。あのときは高1で、今は大学生で3年も経ってるのに。よりグッチャングッチャンの方向で成長しているなんて。この娘、大丈夫だろうか。

その成長をさらに見せつけてくれたのが7日の女子200メートル平泳ぎ。3レーンで泳ぐ香生子ちゃんは、後半型でありながら序盤から先頭争いに加わります。隣のレーンの実力者たちと比べても一段大きな香生子ちゃんの泳ぎ。ひとかきで大きく進み、まったく慌ただしさを感じさせない。北島康介さんが現役終盤にかけて追求したような、雄大な泳ぎがそこにはありました。

100から150にかけての大きな伸び、さらに150のターンを過ぎ終盤戦に入ると、身体はわずかに先頭に出ます。岩崎恭子さんがバルセロナ五輪の同種目で金メダルを獲得した際の解説も担当した高橋繁浩さんも、声を上ずらせ、勝利へ向かっての応援モードへとシフトします。「やった!」「やりました!」深夜に上がる大きな声。最後は他をまったく寄せ付けない圧勝で、自身初の世界の金メダル獲得です!

↓日本勢の世界水泳通算100個目の金メダルをエースの金メダルで飾った!


リオ五輪の代表にも内定!

今から1年後に向けてじっくり準備できるのは、大きい!


↓そして陸揚げ直後の香生子ちゃんは、始まる前から大泣きでグッチャングッチャンインタビューに臨む!(4分30秒過ぎから)


寺川:「スゴかったねー!」
寺川:「スゴいよ香生子!」
香生子:「ピシュー!!ヒーハー!!」
寺川:「渡部選手、見事狙って獲った金メダルです!」
寺川:「今のレースいかがでしたか!」
香生子:「ふぁりがとうございます!ピシュー」
香生子:「むーすごいぃ、ハッ!びのうからねてるときもぉ」
香生子:「レースのことしかかんがえらんなくてぇ」
香生子:「ピシュー!」
香生子:「ふおんとうにきんちょうしでだんですげどぉ」
香生子:「ぶーーーーーはっはーーー」
香生子:「ピシュー!」
香生子:「ぼーてぶしー」
香生子:「ズルー」
香生子:「ゆうしょうづることができてぇ」
香生子:「ふおんとうにピシューうれしいピシュー」
香生子:「ズルッ」
香生子:「だくさんおうえんしてくでだ人たちにぃ」
香生子:「かんさのきもちでいっばいです!」
寺川:「昨日、星選手がまず金メダルを獲りましたが」
寺川:「その結果を受けて気持ちが」
寺川:「前向きになったんじゃないですか」
香生子:「アー、きのうのっなつみさんの優勝でぇ!」
香生子:「ピシュー」
香生子:「すごいいEEEEしげきにもなったので」
香生子:「フンッ」
香生子:「わたしもそれにづづきたいとおもって」
香生子:「ズー」
香生子:「もうさいごは、ぼんとに死ぬ気で」
香生子:「がんばれつことができたと思います」
香生子:「ハッ」
寺川:「ハイ、では渡部選手コチラをご覧ください」
松岡:「香生子さん、見てて!」
香生子:「ぶはー」
松岡:「行こう!おめでとうございます!!(くす玉割る)」
香生子:「ぶはぁぁぁふっふっ」
松岡:「おめでとう!素晴らしい!」
松岡:「リオ五輪おめでとうございます!」
香生子:「ズー、ズー、ズー」
香生子:「ふぅぅぅぅん」
松岡:「香生子さん、日本人にとって世界水泳100個目のメダル!」
松岡:「そして金メダル!」
松岡:「リオ五輪も決めました!」
香生子:「ふぅぅぅぅぅ!」
香生子:「うっふっふっふっふぇぇぇぇ」
香生子:「だんかバターしんじられないでず!」
香生子:「プシュー!プシュゥゥゥゥッッ!」
松岡:「いやぁ、でも…」
香生子:「ブァンブァンバンバンバンバンバン」
松岡:「香生子さん怖かったでしょ!プレッシャー!」
香生子:「ブウウウウウウウン!プシュー!」
香生子:「ブォォォォォォン!」
香生子:「ずいまぜん……」


↓最終的には、リポートをしながら一緒に泣いていたはずの寺川綾さんが、こらえきれずに横向いて吹き出す!
1

ダメだろwwwwww本気で笑っちゃwwwwww

しっかり見てあげてwww目をそらさずにwwww

感動で泣きながら吹き出したらダメwwwww

伝わる声の出し方・話し方 [ 飯島晶子 ]

価格:1,620円
(2015/8/8 04:20時点)
感想(6件)




歓喜の表彰式。その中央に立つ、香生子ちゃん。センターポールには日の丸が上がり、通常の1.5倍くらい遅い君が代が、1秒でも長くこの時間を楽しませるかのように流れていきます。胸に輝く金メダルと、それに負けない笑顔の輝き。この光景をリオ、そして東京で見たい。見せてくれるんじゃないか。数々の歴史の中で「期待に応えることの難しさ」を見てきたつもりではいても、なお期待してしまうものがある。今大会の香生子ちゃんは、それだけのものを感じさせる、一流オブ一流のパフォーマンスだったように思います。おそらく400メートルメドレーリレーでは平泳ぎを担当することになると思われますので、最後にもうひとつ、大仕事&プシューブオオオオンを期待したいものですね。

↓なお、女子200メートル平泳ぎは3位同着が3名いるということで、とっても珍しい集合写真となりました!

この歴史的珍事に巻き込まれるっていうのもまた大本番力!

香生子ちゃん、「持ってる」ね!

仕事に必要なのは、「話し方」より「答え方」 日本語のプロが教える「受け答え」の授業

価格:1,296円
(2015/8/8 04:24時点)
感想(0件)




東京五輪で「今まで生きてきて一番幸せ」な日を迎えられますように!
sports




















婦人公論 2017年 12/27、1/6 合併特大号

蒼い炎II-飛翔編-

YUZURU 羽生結弦写真集 【初回入荷限定特典付】

羽生結弦「覚醒の時」 (初回限定豪華版) [Blu-ray]

僕は自分が見たことしか信じない 文庫改訂版 (幻冬舎文庫)

girls




















































































































books&DVD
























フモフモの本が出ます!
<アマゾン> 自由すぎるオリンピック観戦術

新書判/224ページ/定価1260円
オール新作の駄文集が、五輪商戦を当て込んでやってきた! フモフモのことは嫌いでも本は買ってください!
サンプルページ…じゃないボツページはコチラ
記事検索
カウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Twitter プロフィール
フモフモコラムの中の人です。


スポンサードリンク
最新の社説
最新のコメント
今月のひとまとめ
最新のトラックバック
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ