スポーツ見るもの語る者〜フモフモコラム

大相撲

ラオウ・トキ・ケンシロウの三つ揃いの化粧まわしを目の前で見たら、スゴイ技術と意外に似てない造形に驚愕した件。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
11:47
近くて見ると怖い!グロい!ふぉわたぁっ!

今日はお出掛けの記録です。僕は先日、大相撲五月場所に旅行社のツアーに参加するという秘策を用いて行ってきました。いらないチャンコ、後方の座席、知らないオッチャンたちに囲まれる観戦。それはかなりの不満足を伴うものでしたが、どうしても横綱・稀勢の里を見たかったのです。

しかし、その際にひとつ大きな心残りが。場所前から話題になっていたラオウの化粧まわしを、稀勢の里はつけてきやがらなかったのです。ラオウのかわりにつけていたのは後援会が贈ったという沼みたいな絵柄の化粧まわし。「えぇぇ…」「後援会のまわしとかどうでもええやん…」「ラオウ…」と大いに落胆したもの。

そんな僕に訪れたリベンジの機会。何と、ラオウの化粧まわしが期間限定で展示されるというのです。それもウチの近所で。これはぜひ見なくてはと行ってまいりました。化粧まわしを間近で見る機会はなかなかなく、しかも相撲博物館などでは撮影を禁じられているものが、ラオウは撮影OKだという話ですし、このチャンスを逃すわけにはいきません。うーぬー!


↓向かいましたのはウチの近所にある漫画喫茶です!
DSC06518

何でも、かつてコミックバンチを出版していた会社の残党が、現在の北斗の拳関連を扱っており、その会社が漫画喫茶も経営しているのだとか!

その漫画喫茶でラオウの化粧まわしを展示すると!

月刊コミックゼノン2017年7月号【電子書籍】[ コミックゼノン編集部 ]

価格:540円
(2017/6/18 02:16時点)
感想(0件)




建物の入り口にはいきなり「横綱覇王伝説 稀勢の里」というファンタジー漫画の顔出し看板が待ち受けています。しかし、僕の見るかぎり、誰もこの看板には食いついておらず、そもそも稀勢の里自体に興味を持っている様子がありません。いや、もっと言えば『北斗の拳』『シティーハンター』などの、この漫画喫茶の主力となる作品群に、まったく興味を持っていない連中が集っています。

『北斗の拳』の客層の一般的イメージと言えば「モヒカンでヒャッハー」「片方だけ肩パッドがある革ジャン」「身体に傷もしくは焼印」じゃないですか。しかし、実際に来ていたのはニットとか着て、平たいソファーにゆったりと座りながら、「それな」とか言っちゃうメガネ女子とかです。ナオト・インティライミ崩れどもの巣窟です。

↓店内では等身大(180センチくらいある)ケンシロウの像が!
DSC06503

すごい邪魔みたいで、店の隅に追いやられていました!

従業員出口の脇の物置場に立って客を見守っています!


↓ふるーいマンガファンしかわからないような100tハンマーも得意気に展示!
DSC06517

ホントに、『北斗の拳』『シティーハンター』しかないんだな!

あとは『花の慶次』『キャッツ・アイ』か!


驚くほど誰も稀勢の里・ラオウに食いついていない店内。1階フロアの壁面にラオウ・ケンシロウ・トキの懸賞幕が展示されていても、見に来る客もいなければ会話のネタにする客もいない。ただ壁に絵が掛かっているのと同じ扱いで、「それな」などと自分たちの話をしています。

↓これもそうそう目の前で見るようなものではないが、客はガン無視!
DSC06475

近くで見たらツルツルしてて、存外チープな感じ!

カフェは稀勢の里と北斗の拳を応援しているけど、客は全然応援してないw


↓確かに、コイツらに見下ろされながら茶を飲むというのは、落ち着かない雰囲気ではあるが…!
DSC06493

「何か、あの絵邪魔だな」
「雰囲気悪くない?」
「オタクっぽい」
「センスないよね」
「何、アレ?」
「羊みたいなの被ってる」
「ほくとのけん?」

ダメだ!この店は客と経営者がズレてる!

吉祥寺のオシャレどもが集まっているのに、経営者だけ核戦争で時間が止まってる!

【中古】北斗の拳 究極版 10/ 原哲夫

価格:378円
(2017/6/18 02:18時点)
感想(0件)




肝心のラオウの化粧まわしは2階のロフトみたいなところに展示されているのですが、もちろん食いつくヤツは誰もいません。誰ひとり見に行く者はなく、「それな」に夢中です。ていうか、僕が「展示はどこですかね」などと店員さんに聞いたら、一瞬「え?」っていう顔でしたから。展示のことを知らないわけではなく、「この人それを見るためにマジできちゃったの?」みたいな顔です。マジできてるわ、わざわざ!こっちだって普段はもっとオシャレなカフェ行っとるわ!

↓2階の展示スペースにはラオウ・ケンシロウ・トキの三つ揃いの化粧まわしが!
DSC06487

なお、このガラス張りの壁面の手前側には、ソファー席が3組ほどあり、「それな」を語り合っているオシャレどもが集っています!

連中は化粧まわしを振り返ることはありません!


僕は早速「コレがラオウか…」と化粧まわしをじっくり観察します。カメラを取り出してカシャカシャ撮影していると、自分たちのソファーの背後でアヤしい輩がカシャカシャしていることを怪訝に思ったのか、オシャレどもが会話を止めて「何アレ?」みたいなことを小声で言い始めました。

クソー、そこまで興味がないか。僕が撮影しているのを見て「もしかしてそこに下がっているタペストリーは何か特別な品物なのか?」ということを初めて考え始めたような会話が後ろからチラチラ聞こえてきます。経営者の方!この店、相撲に全然マッチしてませんよ!

↓ドアップで接写してみた北斗の末弟・ケンシロウ!
DSC06479


↓同じく接写してみた北斗の次兄・トキ!
DSC06481


↓そして北斗の長兄にして世紀末覇者・ラオウ!
DSC06480

近くで見たら意外に下手糞感あるなwwwww

全体的に歪んでるし、似てるか似てないかで言えば似てないwwww


宮田刺繍舗六代目日下商店の日下氏ら歴戦の職人たちが、この仕事のために集まって作られたという逸品は、モノとしてはものすごく立派なものでした。まず、あのラオウやケンシロウが刺繍によって描き出されているのは凄まじい。プリントと違って糸で縫っているのですから、色をちょこちょこ変えることはできません。立体感と陰影を出すために、場所ごとに糸を替え、ない色は染物屋に特注して、この化粧まわしを作り上げているのです。

その複雑さたるや、これほどの近距離で見る機会を得たことで、改めて「怖っ…」じゃなくて「とんでもない仕事だ…」と唸らされました。たとえばトキの左腕を見ても、筋肉の流れに沿うように肩から上腕にかけては上下方向に糸が走っているのに、ヒジから先は左右方向に糸が走っていたりします。それによって刺繍に光が当たったときに、まるで筋肉のボコボコがあるかのように影が出る。髪の毛も、洋服も一事が万事その調子。

↓こんなんやれと言われても、永久に終わる気がしない!

DSC06482

「プリントでいいじゃん」
「すぐできるし、再現性も高い」
「原画そのままを印刷できますよ」
「何でわざわざ糸でやるんです?」
「YouTuberだってそんな無茶はしませんよ」
「どうせ色を組み合わせるなら」
「パッチワークみたいにしたほうが」
「早くてラクじゃないです?」
「わざわざ糸でやらなくても」

そこをあえて糸でやるから、立派なのだ!

なるほど、高級車くらいの値段がしても不思議はない!

5人が3ヶ月働いてようやく仕上がるとかだったら、月給50万円の職人なら750万円ぶんの仕事だ!


↓近くで見るとの木の皮みたいなボコボコも、遠くで見るといい感じに北斗の拳になるから不思議!

DSC06486

原画、絶対こんな木の皮みたいじゃないわwwww

右腕に謎の穴が開いてるみたいwwww


↓ここまでアップにするともはや誰だかわからないという話もあるが、それでもすごいことにはかわりない!
DSC06511

似てる似てないで言えば、やっぱり似てないwww

ていうか、誰だコレwwwww


職人も、よりにもよって鎧カブトを身につけた状態のラオウ原画が届いたときには、大変だなぁと唸ったことでしょう。ヘンなの被ってるぞ、と。ドラえもんみたいなツルッとしたキャラならやりやすいのに、よりにもよってこんな劇画タッチなの持ってきたぞ、と。

その仕事を立派にやり遂げた、職人たちはお見事でした。トキの左目のデッサンがおかしいとか、ケンシロウの右腕と首の陰影が無茶すぎとか、ラオウが根本的に原画も含めて似てないとか、ゴチャゴチャ言うのは無粋というものです。横から見たときには刺繍が何層にも盛り上がって本当にボコボコしていたり、職人の手仕事には驚きの連続でした。刺繍というよりは糸を縫い付けて作ったレリーフとでも言うべき、芸術品でした。

僕は「ほほぉ」とか「ははぁ」とか唸りながら、30分ほどカシャカシャ撮影をしていたでしょうか。その間にラオウを見にきた人は誰もいませんでしたが、おかげで独占状態で見ることができて大変満足しました。本場所ではしめなわみたいなのが邪魔をして見えない部分まで、目の前でじっくりと見られる素晴らしい機会。むしろ、本場所で見逃したことで、絶対に展示を見なくてはいけないという気持ちになれてよかったかもしれません。

残念ながら展示は土曜日で終わりということで、今気付いても見ることはできませんが、またこうした機会もあるかもしれません。どうせこの店には『北斗の拳』『シティーハンター』しかネタがないのですから。そのうち冴羽獠・海坊主・槇村の三つ揃いなどが出てきて、もう一周するかもしれません。機会があれば一度見られるといいと思います。イイものを見ました。

↓なお、似てる似てない問題は原画のほうにも責任があるような気がしてきました!
DSC06489

【クイズ:これは実在の人物をモデルにしたと言い張っているイラストですが、そのモデルとは誰でしょう?】
「誰だコイツ」
「織田信長とかもこんな感じなんだろうな」
「実態を無視して限界までイケメン化」
「何ひとつ似てなくて、横に名前必須」

似顔絵描き込み練習帳 驚くほどカンタン! [ 小河原智子 ]

価格:1,296円
(2017/6/18 02:20時点)
感想(1件)




連載漫画版では顔が細くなって、さらに別人になってます!

選抜総選挙決着!あの大人気メンバーが安定のV6を達成したことを受け、今こそ総選挙の魅力を伝えたい件。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
17:00
雨天中止とかありませんから!

国民的イベントにも栄枯盛衰というものはあります。初夏の風物詩ともなった選抜総選挙。あらゆるものが総選挙化し、フルーツ総選挙だのスイーツ総選挙だの解散総選挙だのと、選挙選挙選挙の世の中。そんな選挙時代だからこそ、僕はひとつの総選挙をオススメしたい。特に、沖縄に行っちゃって雨に打たれている人に伝えたい。

今やナンバーワン総選挙との声も挙がる規模でのビッグイベントとなったニッカンスポーツ主催・大相撲総選挙。さまよう総選挙ファンの受け皿となれる器は、このイベントしかないと僕は確信しています。神話の時代からつづく相撲という日本人の心は、たとえAKBやJTBやCCBが滅びたとしても、永久に不滅なのですから。

そもそもフルーツ総選挙だのスイーツ総選挙だの、何が面白いというのか。ミカンだのバナナだのが1位や2位を争ったところで、ファンとして満たされるものなど何もないでしょう。「やった!バナナが1位だ!」「ざまぁみろクソミカン!」「このオレンジ崩れが!」なんて感情がわきおこるはずもありません。どれがどうなろうが「ふーん」です。

AKBの選抜総選挙だって、自分の押しメンや突きメンや寄りメンが番付を駆け上がっていくことに喜びがあるわけじゃないですか。そこは大相撲総選挙もまったく同じです。むしろ大相撲総選挙のほうが自分ひとりのチカラで頑張れます。ていうか、AKBで一番頑張っている人レベルで頑張ったら、大相撲総選挙ならたぶん1位を獲れます。

大相撲総選挙は五月場所番付の幕内力士から3名を選んで投票する形です。投票期間は今年の場合13日間。最大39票の投票となっています。しかし、そこにはカラクリがあります。ウェブでの投票は基本的に脆弱性まみれですし、何よりも「ハガキ投票」という現代の闇が残っているのです。電話帳で調べた住所と氏名でハガキを送りまくれば、事実上ひとりで無限の投票をすることが可能。

AKBの投票はCDの枚数が投票数のおおよその上限でしょうが、大相撲総選挙はハガキという無尽蔵の投票券があるのです。好きならば、より頑張れる。プリンターでハガキ印刷をすることもできますし、おそらく1票あたりの投票時間はAKBよりもはるかに短くできるでしょう。理論的にはたったひとりの頑張りで指原メンバーの獲得票数を超えることも可能です。大相撲総選挙なら、ね。

↓この魅力的なメンバーから、あなたの押しメンを正面ポジションに押し上げてみてはいかが?


今年もポスターが雑だな!ますますクソコラ!

魁聖に「コーラ大好き」って書いておいてチャンコ食べてるとか、逸ノ城に「減量中」って書いておいてケーキ食べてるとか、イラッとくるギャグも!

AKB48 / 願いごとの持ち腐れ 【Type B 通常盤】 【CD Maxi】

価格:1,399円
(2017/6/17 16:07時点)
感想(0件)




AKBの選抜総選挙では事前に投票券付きのCDを発売し、水着のPVで煽るというのが毎年の恒例でした。それが今年の課題曲「願いごとの持ち腐れ」では水着の場面はナシ。性をもてあそんでいることへの批判でもきたのでしょうか。これでは水着の持ち腐れといってもいい状況です。

しかし、大相撲総選挙をご覧ください。この圧倒的な半裸率。ポスターの時点でも胸部先端突起物が確認できるメンバーが8人もいます。さらに、「絶対半裸だな」と確信できるメンバーが実に20人もいます。半裸率48%。失われた水着PVを埋めてあまりある素肌感じゃないですか。さらに、彼らの劇場公演では半裸率は100%に跳ね上がるのです。驚異の100%です。

↓開票特番もニコ生で放送されるという充実ぶり!

「DAZN>>>スカパー」という世間の空気を真に受ければ、「ニコ生>>>フジテレビ」のはず!

大相撲総選挙がどんどん大きくなっている!

ちなみに、右にいるデブは第1回の総選挙で17票を獲得し、西前頭5枚目となった元若の里の西岩親方です!

AKB48 / 願いごとの持ち腐れ 【Type B 通常盤】 【CD Maxi】

価格:1,399円
(2017/6/17 16:07時点)
感想(0件)




このように大盛り上がりの大相撲総選挙は今年で早くも第6回となりました。昨年は第1回から不動の正面ポジションを維持する稀勢の里(TGU48/OZK48兼任)が5連覇を達成するなど、安定の強さを見せていました。今年も6連覇は濃厚という状況ではありますが、たったひとり宇良(木瀬坂46)にハガキを送りつづけるご婦人がいれば、逆転という可能性もあります。最後の最後まで予断を許さない激しい戦いです!

↓ちなみに、昨年の結果はこのようになっております!
東横綱  :稀勢の里(7323票)±0
西横綱  :日馬富士(3430票)↑
東大関  :勢   (3423票)↑
西大関  :安美錦 (3274票)↓
東関脇  :遠藤  (3058票)↓
西関脇  :照ノ富士(2302票)↓
東小結  :白鵬  (2127票)↑
西小結  :豪栄道 (2123票)↓

<↑これより三役>
<↓アンダーガールズ>

東前頭1  :妙義龍 (2096票)↑
西前頭1  :正代  (2093票)↑NEW
東前頭2  :鶴竜  (1796票)↑
西前頭2  :高安  (1614票)↑
東前頭3  :錦木  (1591票)↑NEW
西前頭3  :豊ノ島 (1550票)↑
東前頭4  :琴勇輝 (1440票)↑NEW
西前頭4  :魁聖  (1364票)↑
東前頭5  :御嶽海 (1285票)↑NEW
西前頭5  :宝富士 (1219票)↓
東前頭6  :嘉風  (1171票)↑
西前頭6  :臥牙丸 (1109票)↓
東前頭7  :栃煌山 (1101票)±0
西前頭7  :大砂嵐 (990票)↓
東前頭8  :逸ノ城 (985票)↓
西前頭8  :蒼国来 (980票)↑NEW
東前頭9  :琴奨菊 (967票)±0
西前頭9  :佐田の海(891票)↓
東前頭10 :栃ノ心 (854票)↓
西前頭10 :大翔丸 (705票)↑NEW

http://www.nikkansports.com/battle/sumo/election/2016/result.html

安美錦が投票対象外の十両に落ちたことで神8にも空席が!

高安・宇良のニュースター、どちらが稀勢につづくのか!?

稀勢の里の1万票大台突破は今年あたりあるのか!?

AKBの上のほうはわからなくなっても相撲取りの上のほうはわかるという親しみやすさ!


↓毎年本稿で展望コメントをいただいている好角家のフモフモ編集長にも、今年も展望をお願いしました!
私は例年通り稀勢の里、そして今年は高安、松鳳山に投票しました。お気づきのとおり、稀勢の里の横綱土俵入りにおけるラオウ・ケンシロウ・トキの三兄弟です。この3人での横綱土俵入りというのは、高安がOZK48兼任となったことで当面はなくなりました。記念投票ですね。

正面ポジションは稀勢の里でゆるぎないでしょう。もちろんハガキ投票・5倍ポイント制という郵便局のまわしものみたいなシステムを活用すれば、たったひとりのバカが順位を引っくり返すことは可能です。ただ、角界でそういう「バカ」を誰が抱えているかと言えば、稀勢の里なんですね。今年は優勝・横綱昇進という大願を成就したタイミングでもありますし、正面は間違いありません。もしもバカが「琴奨菊」ってハガキを大量に送ってきたとしても、ニッカンが捨てると思います。

注目ポイントは2位が誰かという点でしょう。昨年は日馬富士、勢がほぼ同数でつづきましたが、最近の成績を考えると大きく伸ばすのは難しいでしょう。やはりOZK48兼任を決めたばかりの高安、そして人気・注目度の宇良、このふたりの真っ向勝負なのかなと。高安のふさふさした腹毛とか背毛とかが「男くさい」ととられるか「クマさんみたい」ととられるか、ご婦人のお気持ちで順位は変わるのかなという気がしますね。あとは週刊誌に尾行されて吉野家で牛丼を6杯食べたと報じられたスキャンダルが、足を引っ張らないといいのですが。

神8動向では豪栄道が昨年の九月公演で優勝しているということを、どれだけの人が覚えているかですよね。個人的には、覚えてないと思います。言われて「あぁそう言えば」くらいの感じですよね。昨年は琴奨菊が優勝直後にも関わらず下位に低迷していましたし、OZK48まで行くと優勝してもしなくても大して変わらないのかなという気もします。

飛躍があるとすれば玉鷲でしょうか。32歳とベテランの域に差し掛かったところでやおら急成長を見せていますね。上手い、強い、で今が一番充実していますよね。荒鷲との間違い投票がどっちかに偏れば、神8入りもあるんじゃないでしょうか。

あと安美錦への間違い投票がたくさんあると思います。

<注目力士その1・メロン(TGU48/OZK48兼任予定)>


<注目力士その2・オリーブ(MGN48)>


<注目力士その3・リンゴ(ISH48)>


結局フルーツ総選挙じゃねぇか!

デブがメシ食ってる写真ばっかりだぞ!


↓そしてニッカン紙面で発表された今年の結果がコレだ!正面の座についたのはV6を達成したあのメンバー!

東横綱  :稀勢の里(7074票)±0
西横綱  :宇良  (5441票)↑NEW
東大関  :高安  (4667票)↑
西大関  :日馬富士(3654票)↓
東関脇  :遠藤  (2998票)±0
西関脇  :照ノ富士(2828票)±0
東小結  :白鵬  (2380票)±0
西小結  :勢   (2326票)↓

<↑これより三役>
<↓アンダーガールズ>

東前頭1  :正代  (2064票)↑
西前頭1  :豪栄道 (2028票)↓
東前頭2  :嘉風  (1978票)↑
西前頭2  :鶴竜  (1853票)↓
東前頭3  :玉鷲  (1747票)↑NEW
西前頭3  :御嶽海 (1609票)↑
東前頭4  :北勝富士(1411票)↑NEW
西前頭4  :千代の国(1409票)↑
東前頭5  :妙義龍 (1368票)↓
西前頭5  :輝   (1271票)↑NEW
東前頭6  :石浦  (1155票)↑NEW
西前頭6  :宝富士 (1095票)↓
東前頭7  :蒼国来 (1021票)↑
西前頭7  :琴奨菊 (991票)↑
東前頭8  :豊山  (949票)↑NEW
西前頭8  :逸ノ城 (916票)↓
東前頭9  :豪風  (902票)↑
西前頭9  :貴景勝 (896票)↑NEW
東前頭10 :栃煌山 (895票)↓
西前頭10 :阿武咲 (949票)↑NEW

https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1840619.html

投票総数63579票!

昨年の58265票からさらに10%伸ばす史上最多投票数!

直前の場所で休場した稀勢の里(TGU48)は昨年の7323票から大きく票数を落とすも、6連覇達成!


↓6連覇を達成した不動の正面・稀勢の里には、ついにご婦人から魔性の男呼ばわれも!
DSC06469

「いつまでも放っておけない、魔性の男」「違う力士を応援しようと思うが、結局一番力が入る」などの投票者の声!

ついに人気と順位に番付が追いついた!

AKB48 / 願いごとの持ち腐れ 【Type B 通常盤】 【CD Maxi】

価格:1,399円
(2017/6/17 16:07時点)
感想(0件)




まさに群雄割拠というか新世代台頭というか、アンダーガールズには続々と新顔が名を連ねました。全体的に昨年よりも票数が伸びるなかで、幕内経験の浅い新顔がランクインしてくるというのは、それだけ印象強い活躍を見せたということ。とりわけいきなりのジャンプアップで西横綱に入った宇良は、まさに大相撲総選挙ならではの躍進と言えるでしょう。

平幕落ちも決まり、一般論で言えば人気もなくなりそうな琴奨菊が逆に昨年よりも順位をあげてくるというのも、大相撲総選挙ならでは。強さも大事だけれど、それよりも人間性だったり生き様だったりをファンは見ている。その辺を、総選挙で感じてもらえると、また土俵でのふるまいというのも違ってくるだろうと思います。「ちゃんと見ているぞ」というところ、力士たちにも感じてほしいもの。

↓ということで、見事に神8入りをはたしたメンバーへの寸評です!

<8位 勢(ISU48)>
上に行けば大負けし、下に行けば大勝ちするというエレベーターの動きで、「下に行って大勝ち」と「総選挙」が重なるとより順位を伸ばせたかもしれないが、今年は上位で地味に踏みとどまっているため、大勝ちのターンがなかったことが順位下降につながる印象の薄さとなった。

<7位 白鵬(MGN48)>
五月公演では1年ぶりとなる優勝を遂げ、久々に元気な白鵬の姿が見られた。しかし、順位としては変わらず。よくも悪くもこの辺が定位置ということか。大相撲トーナメントの2回戦でサクッと負けたあとに、舞浜まで移動してウチの愛(旧姓・福原)の結婚式にかけつける「仕事をサボッても冠婚葬祭は外さない」という義理堅さをもっとアピールすれば、6位はあったかもしれない。

<6位 照ノ富士(ISH48、OZK48兼任)>
期待感ももうなくなり、「てるる」もそろそろ神8陥落か…というところで見せた復活の土俵。優勝に迫る強さが戻ってきたことで、この順位をキープしてみせた。OZK48もメンバーの入れ替わりが激しいなか、てるるにはしっかりとOZKを守っていってもらいたいもの。

<5位 遠藤(OTK48)>
安定の5位で神8をキープするも、ここからさらに伸ばしていくにはそろそろ土俵での三役入りというステップアップが欲しいところ。金星、大関からの勝星といった上位食いはできているので、もう一歩のところまではきている。

<4位 日馬富士(ISH48)>
土俵にかける真摯な想い、土俵から落ちそうな相手をそっと抱き留めてあげるような他人への優しさ、人柄の部分での大横綱ぶりが安定した得票につながった。昨年の総選挙後は全休もなく、優勝1回・十勝以上5回と相撲も安定している。まだまだ神8は譲らない。

<3位 高安(TGU48、OZK48兼任予定)>
飛躍の一年となった高安。兄弟子の優勝の援護もこなし、自身のOZK入りも決めるなど大活躍。ニッカン紙面にはファンからの熱いメッセージも多数寄せられ、「毛むくじゃらでキュート」「背毛を売店で売ったら売れると思う」「毛をくるくるしてアリを作りたい」「ツキノワグマ級の大関に」などと言い出すマニアの票を多数獲得した。

<2位 宇良(木瀬坂46)>
5441票の得票は、2年前なら稀勢の里すらかわして正面に立てたほどの数。過去に5000票を超えたメンバーは稀勢の里しかおらず、今後の活躍いかんでは「あわや」という予感も漂わせた。ニッカン紙面には「高安はテディベア、宇良はクマのプーさん」という引きつづきマニアからのメッセージが寄せられ、マニアなご婦人のハガキ戦争みたいな様相も若干見える。

<1位 稀勢の里(TGU48、OZK48卒業)>
左を差せば天下無双の「左さっしー」がV6を達成。しかし、今年は大相撲総選挙を通じて、初めて前年の獲得票数よりも落とすという結果に。このあたりはOZK48卒業の影響というのが垣間見える。「せめて総選挙だけでも」という歪んだモチベーションのようなものが、すっかり浄化されてしまった感は否めない。土俵で頂点に立つには早く治したい左腕の怪我だが、総選挙で頂点を守りつづけるには長引かせて「くそー怪我さえなければ…」「何で神様はこんなに試練を与えるの!」「せめて総選挙だけでも」と、ファンの中毒を悪化させるのも手か。

【稀勢の里(TGU48)スピーチ全文】

今年はOZKを卒業し、「殿堂入り」という感じも出るのかなぁと思っていました。五月公演は休場もしてしまいましたし、順位も落ちるんじゃないかと。でも、こうしてまた正面に立たせていただけたのは本当にうれしいです。改めて好角家のみなさんに感謝します。

(「よいしょー」の大声援)

私、稀勢の里寛は、OZK48を卒業しました。

私は昔から感情の起伏が激しくて、風呂場で「ちくしょー」と叫んだり、メンバーにもたくさん心配をかけてしまいました。そしてファンのみなさんにもたくさん気苦労をさせてしまったと思います。それでも私なりに頑張ってきた6年でした。

正直、OZKを卒業して不安でいっぱいです。今までなら休まないでダラダラやれたかもしれない怪我でも、YKDでは舞台に上がることは許されません。休みの連絡を入れる機会が増え、そのたびにウチの師匠が連絡を忘れ、私が怒られる…そんな悪循環もあるのかなと思ったりもします。

でも、私は前に向かって歩いていきます。「OZKは最高だぞ」「ずっとOZKでいろよ」「OZKのほうが確実に長く稼げる」とたくさんの人に止められました。それでも私はYKDとして生きていくと決めました。ラオウのように、負けたら死ぬ覚悟で、悔いのない土俵をつとめあげていきます。私はYKDになります!

あっちゃん!

(3位の席に居る高安が立ちあがる)

私がOZKを卒業したあとは、あっちゃんがOZKを引っ張っていってください。もうすぐ豪栄道が辞めるか落ちると思うし、次に上がってくる人はしばらくいないと思う。てるるは怪我が治ったらYKDになっちゃうし、怪我が治らなかったらダメだと思う。OZKを守れる人はあっちゃんしかいません。

私がYKDを、あっちゃんがOZKを、それぞれ背負ってOZMを守っていきましょう。守っていってくれるかな?私ふたりならできると思う。あっちゃんがいてくれたから、私優勝できたんだよ。あっちゃんとはいつもぶつかってばかりだけど(※稽古)、誰よりも頼りにしているっていうか、恋人っていうか、夫婦みたいな関係だと思っています。

だから……これからも一緒にOZMを、守っていってくれますか?

(高安、大粒の涙をこぼしながら「つつしんでー!」)

(大観衆も「つつしんでー!」と応える)

……ありがとう。私、忘れないね。ふたりで並んで乗った優勝パレード。一緒につとめた土俵入り。あっちゃんにも自分の相撲があって、自分の夢があるから、ずっと一緒にはいられないかもしれないけれど、私の宝物としてずっと大切にしていきます。

みんな、本当に、ありがとうございました!

卒業おめでとう!!OZK48卒業おめでとう!!

そして、YKD48移籍おめでとう!

次に卒業するときはOZMごと卒業だけど!


こうして今年の大相撲総選挙も幕を下ろしました。主催するニッカンスポーツもだんだん調子づいてきており「AKBの得票数を抜きたい」「向こうは先にチカラ尽きるでしょ」「大相撲は百年先でもつづいているから、つづいていれば勝ち」などと、ネット上のたわごとみたいなことを本気で言い出し始めています。

向こうには雨天中止というまさかの事態もあっただけに、コッチがいっそ国技館という自前のハコで安定開催とすれば、本当に上回る日というのもやってくるかもしれません。その日に向かって、これからも大相撲総選挙を見守っていきたいものですね。


来年は十両への投票も解禁し、より大規模な選挙を!

今からでも間に合う!大人気の大相撲を正規ルートで観戦する秘策をお教えするので、どうぞいっちゃってくださいの巻。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
07:00
ラオウはどこにいっちゃった!

本日はお出掛けの記録とちょっとしたお得情報です。21日、僕は大相撲観戦に行ってきました。最近はとにかく相撲人気の高まりがすごく、チケットはどんどん取りづらくなってきています。特に土日ともなればその競争率は大変なもの。僕も相撲仲間3人で各種サイトの先行抽選から応募をしていたのですが、結局落選祭りに終わりました。

相撲のチケットは基本線としては「相撲案内所(お茶屋)」「各種プレイガイド」「会場での窓口販売」にて購入することになります。しかし、ニュースなどでも報じられているように各種プレイガイドは瞬殺。その煽りを食う形で、国技館の窓口でチケットを買おうと思った客が、午前10時半の窓口オープンより早く午前10時にプレイガイドがオープンした時点でチケットがなくなったため、窓口に並んでいたのに買えないという事件も起きました。

相撲案内所から購入するという手もありますが、ここはある程度懇意にしている客筋が決まっており、必ずしも平等ではないところ。僕の相撲仲間グループでも一時はお茶屋から購入することで、安定した観戦を実現していたのですが、相撲人気の回復とともにお茶屋からは無視されるようになりました。十五日間通しでマスをおさえる接待筋などのほうにチケットをまわすのだそうです。クゥーーー、金がないって辛い!金があれば溜会に入って維持員になるのに!(※溜会で維持員になるには6年ぶんで414万円寄付すること/東京地区の場合)

それらまっとうな手段でチケットが買えなかった場合、チケットキャンプやヤフオクといった転売に目を向けるワケですが、転売で買うのはどうにも釈然としません。養分になるのも腹立たしいし、転売屋が味をしめれば結局自分のクビをしめるだけ。「行けなくなってしまいました!相撲ファンのかた楽しんでください」などと言いつつ定価の2倍の額をつけていたりするような、ちゃっかりした取引相手にもイラッとしますし、そこは「気持ち」としてやりたくない。

そこで秘策の登場です。

大相撲観戦で転売屋が踏み込めない忘れられた聖域、それは「大相撲観戦ツアー」です。たとえば、はとバスみたいなものに乗って相撲観戦旅行に出かける、そういうやつです。これであればキャンセルすることはできても転売することはできませんから、悪いヤツが金儲けにくることもありません。旅行会社は儲けるのでしょうが、転売屋を儲けさせるよりはマシです。

しかもツアーですから、往復の交通もついてきますし、コースによっては銀座で寿司のランチを食べたりすることも可能。それでいてチケットキャンプ相場よりも安いケースもあるのですから、お得感あるじゃないですか!

↓ハイ!この記事を書いている21日夜の時点でも正規ルートで大相撲観戦が可能なツアー、空いてますよ!
Screenshot_2017-05-21-23-43-55

山梨県内発!大相撲両国国技館五月場所と本場両国のちゃんこ鍋ツアー!

5月25日木曜日、あと1〜3席!

集合場所は山梨市駅、河口湖駅、大月駅など!

解散場所はもちろん山梨市駅、河口湖駅、大月駅など!

君に遠回り【おまけショートコミック付き】【電子書籍】[ あべはるみ ]

価格:540円
(2017/5/22 01:40時点)
感想(0件)




どうでしょう、首都圏のみなさん。午前7時30分に山梨県内の集合場所に行きまして、そこからバスで取って返して両国まで行き、両国駅前にあるちゃんこ屋で昼食をとり、特に興味のない江戸東京博物館を見てまわり、それから国技館で相撲観戦を楽しみ、またバスに乗って山梨県まで引き戻され午後10時くらいに釈放されるという夢のツアーは。足代・メシ代・チケット代つきで22990円だったら、検討の余地あるんじゃないですかね!あるんじゃないですかね!あるあるるる!余地がある!かなり確実!

僕はこの秘策を行使して大相撲観戦に行ったのです。行ってみた感想としては「チケットキャンプで買って、勝手にひとりで行くほうが総合的な体験としては上だな」という素朴な後悔がわきましたが、転売屋を許さないという誇りだけは守ることができました。誇りを守ることができて僕は満足です!

↓国技館の中に美味いものがたくさんあるのに、何故か駅前のちゃんこ屋で昼飯をたらふく食わされるというツアー地獄!

DSC05404

「なかでもっと美味いもん食うから、いいよ!」とは言えない!

だってコレはツアーだから!


ちゃんこを食べながらふと思う、「美味くも何ともないな…」という身もふたもない失礼な感想。あまりに失礼なので店名は伏せますが、僕が繰り返し繰り返し「立地がすべて!」というお知らせを出しているちゃんこ霧島とどっこいどっこいの感じでした。スープには旨味がなく、煮込みも足りない。具材からダシが出て完成するであろうちゃんこ鍋が、ダシが出る前に提供されてしまっているこの感じ。

店構えを見て「美味くも何ともなさそうだな…」と思っていたので、これまで一度も行ったことはなかったのですが、まさしくそういった感じの食事でした。別に美味くも何ともないのはいいのですが、問題はココでたらふく食べてしまうと、お腹いっぱいになってしまうこと。なかに入ってから、ちゃんこ食べる予定があるのに、その前にちゃんこ食べないといけないなんて、わしゃ相撲取りか!

↓その後、ツアーで移動した国技館内で、改めて自主的にちゃんこを食べます!
DSC05432

今場所は平幕(予定)の琴奨菊が所属する佐渡ヶ嶽部屋のちゃんこ!

この日はしおちゃんこでした!

野菜はトロットロ、お肉はジュワッジュワ!旨味の黄金水!

300円のちゃんこのほうがはるかに美味い!


昼ちゃんこ、おやつちゃんこ、という怒涛のちゃんこ責めも、すべては中に入るための試練。この日も入場口には本日札止めの案内があり、せめて力士の出入りを見守ろうと人が垣根を作っています。ちゃんこを立てつづけに食べるという程度のことで中に入れるのなら、耐えて見せましょう。美味いほうと美味くも何ともないほうの分量が逆だったら最高でしたが、それはワガママというものです。

↓場内では四横綱の等身大パネルがお出迎え!
DSC05423

絶対に稀勢の里と白鵬が小さくて日馬富士と鶴竜が大きいけれど、誤差の範囲です!

細かいことを言うヤツは立派な相撲取りにはなれないぞ!


「第七十二代・横綱稀勢の里」の痕跡がいたるところに広がる館内。入場ロビーにいつも飾られている天皇賜杯や優勝旗にはその名が刻され、館内の特大パネルも初場所と三月場所の優勝額2点が掲示されています。ポスターも、案内パンフレットも、すべてが稀勢の里。晴れがましい気持ちでいっぱいになります。

↓館内の優勝額、ついに稀勢の里が並んだ!しかも「横綱」で!

DSC05429

面白くも何ともないポーズだなwwww

「2枚の絵の違うところはどこでしょう?」の間違い探しみたいwwww


↓新作のお土産・稀勢の里タオルのイラストはこれまでになくイケメンに描かれていた!

DSC05448

こんな顔だっけ?

江戸時代にフォトショップ加工をしたら、こんな錦絵になったんでしょうなぁ!


↓稀勢の里を表紙に起用したジャポニカ学習帳は土産物屋でも売れ筋の人気商品!

DSC05526

こんな感じで並べてあったので「1種類ずつちょうだい」と買ったら、ちっちゃいほうは単に表紙と裏表紙が別の絵だっただけで、同じモノでした!

そこで「ちっちゃいほうは同じヤツですよ」と教えてくれないのが、相撲!

あと、この商品はイラストより写真のほうがいいと思います!ジャポニカはやっぱり気持ち悪い写真がイイ!


↓アイドルの生写真を販売するみたいなコーナーでも稀勢の里を大特集!

DSC05416

アイドルが「私たち、もっと値段上げていいんだ…」とビックリするような高額設定!

それもそのはず、生写真コーナーの商品のほぼ全部が乳首出しているというハレンチさ!

ほぼ全部っていうか、全部だわ!

稀勢の里と大相撲新時代

価格:1,080円
(2017/5/22 01:41時点)
感想(1件)




そんな稀勢の里祭りのなかでも、とりわけ楽しみにしていたものがありました。それはニュースなどでも話題になった北斗の拳の三つ揃いの化粧まわし。しかし、中盤戦に入ると化粧まわしは地元後援会が送ったものを使うようになってしまいました。地元後援会のものなら使わないわけにもいかないのはわかるが、僕はラオウを見たい。何とかラオウできてくれんかと祈りを捧げて見守るも……

↓ラオウじゃなぁぁぁぁぁぁぁい!
DSC05470

ラオウを見られる日はくるのだろうか…!

出版社側の告知期間が終わったら、押し入れにしまわれそうで怖い!


↓それでも何とか懸賞幕のほうは確認できました!

DSC05514

頑張れマンガほっととかいうアプリ!

すぐに消えるな!僕がラオウの化粧まわしを見る日まで!

【在庫あり/即出荷可】【新品】北斗の拳 【究極版】 (1-18巻 全巻) 全巻セット

価格:14,382円
(2017/5/22 01:43時点)
感想(8件)




肝心の相撲のほうはというと、横綱・稀勢の里は堂々たるものでした。これまでと同じことをやっているのでしょうが、何事にも動じない風格というものを感じます。ただ座っているだけの姿も、ただ歩き回っているだけの姿も、塩をバラまいている姿も、挙動不審なデブではなく泰然自若のデブでした。

この日の相手は苦手の碧山でしたが、今となってはたとえ左腕を傷めていても負けるような相手ではありません。立ち合い、顔を張って左をすっと差し込むと、抱えて逃げる碧山を右上手を引いて押し込んでいきます。まるで社交ダンスのように土俵をグルリと1周。最後はチカラで寄り切ると、場内はまるで優勝でも決まったかのような大歓声。本当にブームがきているんだなと、歓声の大きさでまた優勝や横綱の実感がわいてきます。

↓そして稀勢の里は、優勝が懸かっているわけでも何でもない取組で、大量の金を獲得して引き上げた!
DSC05523

毎日毎日60本懸賞が出るなら少々痛くても出るわな!

勝てばその場で180万円!負けても相手が180万円!

みんなのために出ろ、稀勢の里!


この盛り上がりはいつまでつづくのか。今回はかろうじてツアーということで潜り込むことができましたが、このままブームがつづくようなら、ツアーのなかでもさらに厳しめの設定……「牛久発!稀勢の里応援ツアー」「長野県発!大相撲観戦と没後150年坂本龍馬展」「伊丹空港発着!團菊祭五月大歌舞伎鑑賞・大相撲五月場所観戦と横須賀軍港めぐり3日間」などの大旅行に繰り出す必要があるかもしれません。

食事、展覧会、歌舞伎、宿泊など別に求めてないものを大量にいただきながら、誇りを守るために戦う。何だかちょっとカッコいい感じもしますが、普通にマスで仲間内で集まって見られたほうが絶対いいので、僕が大旅行に申し込む前にぜひコレを読んだ人で埋めてしまってほしい。「へー、ツアーって手もあるんだ」と気づいた人が埋めてくれれば、僕ももっと素直になってチケットキャンプで買えるかもしれませんからね。ぜひみなさん、ふるってツアーという秘策で大相撲をご覧ください。


歌舞伎のヤツは10万円でスカイツリー観光とかもついてましたよ!

五月場所の小横綱・稀勢の里はダメそうだけれど「ラオウ化粧まわし専用マネキン」の責務をしっかりつとめてほしい件。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
07:00
死兆星が見える!なお、平幕には金色の星に見えるもよう!

大相撲五月場所が始まりました。今場所はさらに稀勢の里人気も高まり、僕の相撲グループは3人がかりであらゆるプレイガイドに申し込みをかけるも全敗という結果に相成りました。まぁ、僕はちょっと秘策(※転売ではなく)を使ってどこかで行くことにしているのですが、「みんなで仲良くマス観戦」はしばらく難しいかもしれません。

そんな大人気プラチナチケットを手に入れたとき何を想うか。それはもはや勝ち負けに対する希望ではないはずです。とにかく、相撲が見られてよかった、稀勢の里休んでくれるなよ、楽しみだ、そういう気持ちに至るのではないでしょうか。「稀勢の里」のところは白鵬とか日馬富士とかでもいいです。「コレが見たい」と思った贔屓を見られたら、その「見た」ということそのものが何物にもかえられない思い出となる。「負けを見る」と「見られない」であれば、圧倒的に負けを見たい。それが人情です。

↓一応、影武者みたいなニセモノを設置はしてあるが、ニセモノ感は否めない!

記念撮影をするにはいいけれど、本物のほうがそりゃいいですよね!

何か、実物大言うわりには微妙に小さく見えるし!

CR北斗の拳6 拳王 マグカップ [アミバ] 名言 名台詞 パチンコ 北斗の拳 グッズ

価格:1,512円
(2017/5/15 04:22時点)
感想(0件)




横綱というのは、そういう「見たい」に応える責を負う立場。今場所の小横綱・稀勢の里の目標は「休まない」その1点です。先場所での左腕から左胸にかけての肉離れと思しき怪我は、いずれ治るものではあるでしょうが、すぐに治るものではありません。先場所の千秋楽のような変化変化のインチキ相撲をずっとやるわけにもいかないわけで、今場所の小横綱はまぁ弱いでしょう。それはもう覚悟・納得・了解です。

ただ、横綱にはそんな状態でも見せるべきものがある。土俵入りを見たら、あぁ素晴らしいセレモニーだなとお客は喜びます。相撲をとる姿を見たら、これが横綱かとお客は喜びます。見られさえすればそこそこ満足です。動物園のパンダにも最大の希望を言えば「笹を食べたあと元気にタイヤで遊ぶ」を期待したいですが、転がってブタみたいに寝ていても最悪OKでしょう。ブタみたいに寝ていてもパンダはパンダなんですから。横綱も相撲は無様でも「そこにいる」ことが大切です。

ただ、「そこにいる」ためにはある程度勝たないといけません。目安は「10勝に手が届く可能性」といったところでしょうか。9勝6敗くらいで終われたら及第点。早めに勝ち越したうえで、上位勢との対決に負けまくっての8勝7敗とかでも許容しましょう。千秋楽まで土俵に立っていることができたら、今場所は大成功と言いたい。「新横綱を初めて見られる」という喜びを15日間守り通せたら、立派に綱の責任を果たしたことにしましょう。

↓土俵入りで新しい化粧まわしを見せることも大事な仕事!

ぐぬぅ…見、見えぬ……!

その紙ペラみたいなのが邪魔で見えぬ…!

いっそ紙のほうにラオウを描くべき…!


↓動いている姿を見てもやっぱり見えぬのだ…!


「どうせ見えないなら、何が描いてあっても一緒なんじゃないですかね!」とか言わない!

「どうせ見えないなら、別に休んでも一緒なんじゃないですかね!」とか言わない!

ホントのことを真っ直ぐ言うのは大人じゃない!

北斗の拳(4) [ 原哲夫 ]

価格:799円
(2017/5/15 04:18時点)
感想(1件)




横綱土俵入りでは、露払いと太刀持ちのふたりを従えてきますが、それらの力士はなるべく横綱と同部屋か一門の力士を選ぶのが慣例。横綱土俵入りのためにいろんなパターンの三つ揃いの化粧まわしが生まれましたが、このラオウの化粧まわしの「一門感」は抜群です。何せ、作中でもこの3人は同じ一門ですから。

しかも、松鳳山がつとめる露払いの化粧まわしに描かれたトキは、北斗天帰掌の形をとっています。このポーズは北斗の一門の者同士が戦うときに、恨みっこなしの真剣勝負を誓うポーズ。同門でありつつもやるときはやっちゃうぞという感じは、マンガ的な意味合いでもグッときます。

相撲はどうでもいいから、これだけでも見たい。そんな気にさえなります。そのためには「出る」が必要なのです。出なければ、このセレモニーもなくなってしまう。よく横綱になると休め休め言う人がいますが、むしろ逆。横綱こそ軽々に休んではいけない立場。横綱のお休みは一粒で二度も三度もガッカリする休みなのです。

↓ラオウの懸賞旗、これも見たいぞ!

「我が生涯に一片の悔いなし、まんがほっと」
「世に覇者はひとり、まんがほっと」
「拳王は決してひざなど地につかぬ、まんがほっと」
「き…きかぬ…きかぬのだ!! まんがほっと」
「うーーーーーぬーーーーー、まんがほっと」

自分で書いててすごい楽しくなってきたwww

これはまだまだイケるなwwwwww

5本×3人分で15本くらい見たいぞwwwwww


迎えた結びの一番。相撲は完敗で、こりゃダメだなという感じのものでした。「こないだまでは強引に差し込めた左が、おさえられただけで動かなくなる」程度に非力になっており、懐に潜られたらそのままというパターンが増えそうです。これで優勝争いというのは極めて難しい。

それでも、「出る」は達成したので、まずはヨシとしましょう。あとは何とかゴマかしとかラッキーで星を拾って千秋楽まで乗り切ってもらいたいもの。とにかく最後まで「出る」。そのために「10勝を狙える可能性」を示す。それだけを考えて、頑張ってもらいたいものです。

↓やっぱり総見とか巡業とか全部休んだだけあって、ダメそうです!


「ひとつきこう」
「きさまは北斗七星のわきに輝く」
「蒼星を見たことがあるか?」
「見てないかもしれんが見えると思う」
「それ、負けるサインだから」
「クッキリ見えてると思う」
「明日から平幕と当たるが」
「平幕には同じ星が金色に見えてるから」
「給料ベースアップのラッキースター」
「みんなガンガンくるからな」
「懸賞もいっぱいかかってるし」
「金でやる気がみなぎったデブが」
「ドーンドーンとくるから」
「どうしてやることもできないが」
「支えてくれた人への感謝と思って」
「金星を思い切ってバラまいていってほしい」

頑張れ、ラオウ化粧まわし専用マネキン!

頑張れ、大感謝金星配給マシン!

頑張れ、小横綱・稀勢の里!

北斗の拳(10) 究極版 (ゼノンコミックスDX) [ 原哲夫 ]

価格:799円
(2017/5/15 04:19時点)
感想(2件)




僕は中日に行きますので、最悪中日までは頑張ってほしい!

これが僕の生涯で最高の相撲!平成二十九年大相撲三月場所、稀勢の里と歩んだ失意の十年のすべてが報われた日。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
07:00
ひどい相撲、だが今まで見た相撲のなかで一番感動した!

持論は曲げられないので説教からです。手短にやります。大相撲千秋楽、小横綱・稀勢の里の相撲はひどいものでした。優勝を争う照ノ富士を迎えた本割、立ち合いで一度右変化を見せたうえに、やり直しの二度目の立ち合いで今度は左変化を見せたのです。

横綱が相撲の醍醐味であるところのデブとデブがドーンと当たるデブデブドーンから逃げるとは何たることか。「組むための変化」などという言い訳は僕には通じません。ドーンがなければ相撲である意味がない。ドーンをしないならレスリングをやってください。好きなだけ変化し、存分にバックをとればいい。

前日の十四日目、照ノ富士が琴奨菊を変化でくだしたドッチラケの一番をめっためたに斬り捨てなくてよかったなと、僕自身も冷や汗をかくほど、千秋楽の稀勢の里はひどい相撲でした。「変化」をした人間が得をするのは、みんなが真摯に「デブデブドーン」に取り組んでいるからこそ。相撲の魅力を守っている人がいるから、得する余地が残るのです。他人の誠実さのうえに乗っかって利益を得るのはつつしまなくてはいけない。横綱ならばなおのことです。

もちろん、怪我だから仕方なかったという側面はあるでしょう。しかし、そもそも怪我をしたのも相撲が荒いからです。前に出るという相撲の基本を疎かにし、窮余の策であるところの左差しからのすくい投げ・突き落としを多用したもんで怪我をしたのです。千代の富士が若い頃にチカラで相手をブン投げて身体を傷めたときのよう。あのすくい投げ・突き落としは「ここ一番」の技と自戒すべき。まずしっかりと前に出て十五日を寄り切っていくことが肝要です。

千秋楽のような相撲はもう見せないでほしい。あれは横綱の相撲ではありません。横綱はすべてのドーンを受け止めて、なお相手を上回るからこその横綱なのです。品格、力量ともにまだまだ足りないことを、今場所の小横綱は露見させました。来場所以降への反省点として胸に留めておいてほしい。「勝てば何でもいい」などとは僕は思いません。



ただ、この日の相撲は僕の一生の宝です。

こんな素晴らしい日を迎えられるなんて夢のようです。稀勢の里が、この奇跡のような物語の主人公になるなんて。僕はもう心の浅いところでは全部を諦めていたのです。稀勢の里は優勝もしないし、横綱にもならないし、なるべく長く大関でいてくれたらそれでいいと自分を慰めていたのです。

この男こそはと思ってから十年、大関となってから五年、それはそれは長かった。深いところで最後に小さく残った種火を絶やさないようにするだけで精一杯の年月でした。それが初場所で優勝をし、横綱となり、今度は奇跡を起こして連覇してしまうなんて。稀勢の里とともに歩んだ「失意の十年」が今一気に裏返っていくような気持ちです。

千秋楽の本割、正直、勝つとは思っていませんでした。「出場した」こと自体が勝利であり、もうそれで十分だと思っていました。「横綱は場所に穴をあけてはいけない」「みんな横綱を見にくるのだ」「土俵入りだけでも見せるべき」「優勝争いに不戦敗で水を差すなど言語道断」すべての理屈が稀勢の里を讃えるのに、心は嘆くというねじれ現象で、複雑な心境でした。「怪我なくキレイに負けてくれ…」と願うような見守りかたです。

一度目の立ち合い、立ち遅れ気味の稀勢の里は右に変化しました。白鵬なら「これは変化じゃない」と言い張るような、まわりながら右上手を狙う動きですが、稀勢の里の美学にはない動きです。その相撲に憤りつつ、それほど左肩の状態は悪いのかと改めて頭を抱え、その立ち合いが行司によって止められたことで策もバレてしまうという、まさに八方塞がりです。

それが二度目の立ち合いで、今度は左に変化するというまさかの動き。左手をダラリと下げたまま右ではたいた稀勢の里は、踏みとどまった照ノ富士の反撃を右で抱えて何とか凌ぐと、右で巻きこむようにして左から突き落とします。美学も何もない、ただただ勝つためだけの相撲でした。

昨年の大阪でも琴奨菊に変化を見せたことがありますが、あのときは一度頭で当たってからの変化。それが今回は二度変化し、二度目は当たることさえも避けたという形です。これほど勝ちたがる稀勢の里を見たのは初めてです。これが横綱という地位についたことでの違いなのか。心が弱いなどと、もう言うことはできない。凄まじいまでの執念でした。

↓左はきかないけれど、足はよく動く!鋭い回転で勝利をつかんだ!



迎えた優勝決定戦。「今日勝てば優勝」の日にことごとく負けてきた稀勢の里が「勝てば優勝」の一番に臨む。稀勢の里の顔はいたって静か、照ノ富士はいつものように闘志をみなぎらせる対照的な両者。一度目は呼吸合わずやり直しになり、二度目の立ち合い。稀勢の里はもろ手で突いて照ノ富士の動きを押しとどめると、今度は右で抱えての首投げを狙います。ただ、それでは仕留められず、照ノ富士にもろ差しを許してしまう。あぁ、終わった。一発を狙ったが通じなかった。そう思った。

しかし、稀勢の里は使える右手でなおも小手投げを打つ。「もうこれしかできない」という最後の仕掛け。互いに土俵外に飛んでいくさなか、稀勢の里の左足が土俵のへりを走って、一歩跳んでこらえた。この一歩で照ノ富士の体重は稀勢の里を逸れ、体が先に落ちていった。鍛えた身体が助けてくれた。腕が一本使えないぶんを、残りの3本が助けてくれた。山下泰裕や古賀稔彦が見せたような、本物だけが成せる奇跡がそこにありました。

↓何という勝利!土俵の奇跡!こんな稀勢の里が見られるなんて!


この二番は右腕一本の勝利ではない!

鍛え上げた足が支える、右腕+両足=3本での勝利!

>NHK大相撲ジャーナル 2017年 4月号 / NHK大相撲ジャーナル編集部 【雑誌】

価格:980円
(2017/3/27 04:52時点)
感想(1件)




表彰式、こらえる涙をおさえられない稀勢の里。初優勝よりもさらに大きな涙は、横綱として場所を守る苦しさ、怪我の苦しさ、多くのものから解放されていく安堵のようでした。横綱に昇進した場所は、えてして成績が振るわないもの。それは当たり前のことで、お祝いの席が怒涛のように押し寄せ、行事がまたいくつもいくつもある。慣れない土俵入り、プレッシャー、すべてが未体験のものです。

そのなかで昇進即優勝、しかもこのような奇跡を演じられたのは、何よりも稀勢の里の相撲道への真摯な向き合い方を示すものです。腕は怪我をしても足は元気だった。稽古が最後の一歩を支えた。その姿勢、誇っていいと思います。本人が語った「見えないチカラ」があるとすれば、いつ何時も変わらず、どんなに報われない日も腐らず、貫いてきた相撲道こそがそのチカラでしょう。

一番辛い日に頑張れる男だったからこそ、天にものぼろうという日にも「最後の一歩」を支える厳しい稽古に身を置けたのです。先代師匠が教え、自分自身に課した厳しさが奇跡をくれた。自分に甘い男ならすでに休みを決め込んで、挑戦することすらなかっただろうこの奇跡を。



「好き」と「勝つ」は一致しないもので、だからこそのめり込んでしまうのがファン心理。そのなかでも、とりわけ「好き」と「勝つ」が一致しなかったのが、稀勢の里という力士でした。それが今、吸いつくようにひとつになった。一番好きな力士が、奇跡の勝利を見せてくれた。先場所の勝利や横綱昇進もうれしかったけれど、今場所の優勝によってようやく長い失意が報われたような気がします。

「一度でいいから稀勢の里のこんな姿を見たい」

そう思い描いていたものを、僕は見ました。もう稀勢の里も三十代で、今場所は怪我もして、かつて見た夢のすべてが叶わないだろうことは否めません。けれど、本当に大事な夢はちゃんと見せてくれた。何度でも振り返り、永遠に愛することができる相撲を、心から稀勢の里を応援して見守ることができたのです。望外の幸せです。

これからしばらく怪我によって期待を裏切る場所がつづくかもしれませんが、もう心は晴れやかです。どんな成績も、どんな退屈な勝利も、情けない敗北もまったく苦にならない。僕はもうすでに、今までに自分が見たすべての相撲で最高のものを見たのですから。大好きな稀勢の里の勝利で終わる、素晴らしい奇跡を。

↓今日のことをこの先の人生で、きっと何度も振り返ると思う!

満足だ!

この十年に満足だ!

>Number PLUS 疾風! 大相撲 新世代の力士たち (スポーツグラフィックNumberPLUS)[本/雑誌] / 文藝春秋

価格:1,200円
(2017/3/27 04:57時点)
感想(0件)




ありがとう稀勢の里!「好き」と「勝つ」をひとつにしてくれて!
sports














婦人公論 2017年 12/27、1/6 合併特大号

Number PLUS リオ五輪永久保存版 東京へと続く物語。 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバー プラス))

蒼い炎II-飛翔編-

全日本男子バレーボールチームPHOTO BOOK コートの貴公子たち

羽生結弦 王者のメソッド 2008-2016

anan (アンアン) 2015年 12月16日号 No.1983 [雑誌]

YUZURU 羽生結弦写真集 【初回入荷限定特典付】

2 ATSUTO UCHIDA FROM 29.06.2010 Photographs selected by 内田篤人

羽生結弦「覚醒の時」 (初回限定豪華版) [Blu-ray]

僕は自分が見たことしか信じない 文庫改訂版 (幻冬舎文庫)

girls












































新垣結衣 2017年 カレンダー 壁掛け B2 CL-154

のん、呉へ。 2泊3日の旅

齋藤飛鳥ファースト写真集 潮騒

飛鳥凛 and Friend [DVD]

白石麻衣写真集 タイトル未定

のん、呉へ。 2泊3日の旅

夏川椎菜1stフォトブック ナンスの挑戦本!!ってなんナンスか!?

飯豊まりえ 2017年 カレンダー 壁掛け B3 CL-230

石原さとみ 2017年 カレンダー 壁掛け B2

YUKO OSHIMA ×VOCE 2017 CALENDAR(壁掛け) (講談社カレンダー)

週プレ フォトストーリーズVol.1 新井愛瞳「19歳。東京。」

わたし

藤原さくら 1stフォトブック 『 SCENE 』

Me (JJムック)

星名美怜1st写真集「MIREITOPIA」

【Amazon.co.jp限定】ファースト写真集 桜井日奈子です。 特製サイン入り生写真付

【Amazon.co.jp限定】ファースト写真集 桜井日奈子です。 特製サイン入り生写真付

Rocket vol.2

星名美怜1st写真集「MIREITOPIA」

Juice=Juice 宮本佳林 写真集 『 Sunflower 』

西野七瀬写真集 風を着替えて

伊藤美来1st写真集 むじゃき。

深田恭子写真集 This Is Me

【Amazon.co.jp限定】 ℃-ute 矢島舞美 写真集 『 ひとりの季節 』 Amazon限定カバーVer.

加村真美写真集「はじめまして、加村です。」

村川絵梨 写真集 『 Miles Away 』

福原遥写真集 はるかかなた: 福原遥 2nd Photobook

平嶋夏海写真集『タイトル未定』

渡辺麻友写真集『タイトル未定』 (講談社 MOOK)

blt graph. vol.10 (TOKYO NEWS MOOK 559号)

BRODY (ブロディ) 2016年10月号

伊藤美来1st写真集 むじゃき。

高山一実写真集 恋かもしれない

佐々木希 「かくしごと」

AAA MISAKO UNO PHOTOBOOK Bloomin\\\'

小嶋陽菜写真集 『どうする?』

渡辺美優紀 写真集 『 MW 』 (ヨシモトブックス)

わたしだけがいない世界。 (ミスiD公式フォトブック)

知英2nd写真集『美 Gently』: スーパージヨン

【Amazon.co.jp限定】 比嘉愛未 写真集 『 flap 』 Amazon限定カバーVer.

高畑充希「神楽坂」(新装版)

ココロノセンリツ♪

おかあさんといっしょ たくみお姉さん ありがとう、さようなら。 (げんきMOOK)

深川麻衣ファースト写真集 ずっと、そばにいたい

books&DVD




















フモフモの本が出ます!
<アマゾン> 自由すぎるオリンピック観戦術

新書判/224ページ/定価1260円
オール新作の駄文集が、五輪商戦を当て込んでやってきた! フモフモのことは嫌いでも本は買ってください!
サンプルページ…じゃないボツページはコチラ
記事検索
カウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Twitter プロフィール
フモフモコラムの中の人です。


スポンサードリンク
最新の社説
最新のコメント
今月のひとまとめ
最新のトラックバック
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ