ヴィッシュランニング

〜トレイルランニング!マラソン!自然との一体感を得て自分自身のパーソナルパワーを引き上げる!〜

第34回 神宮外苑ロードレース10km


23

初参加の大会でした。

34回も続いている伝統ある大会・・・で、

都心からアクセスも良いにも関わらず、

10kmというだけで自らはじいてしまっていたようです・・・。
やはり、フルにもトレイルにもスピード強化に10kmレースは必須ですかね。

結果は・・・・。

まったく練習してないにも関わらず、

50分切りで上出来の46"21。

思ったより良ければ、
なんだかんだで走った後はすっきり嬉しいですね。

その後のビールは🍻最高!!!

33

BMX

夏から、チョコチョコやってますが、
一向に技術アップができなくて困っています(笑)

BMXの「バニーホップ」


フロントを引き上げたままハンドルを前へ刺し足をしゃくる事でリアを上げるトリックです。

BMXのストリートを代表するトリックでもあり、高ければ

難易度の高いトリックやスポットにトライしやすくなります。

また刺しのスタイルなど人それぞれ拘りを持つトリックでもあります。

出来る様になったら線や段差などを飛んだりして遊んでみましょう!


・・・・・なんて

このブログには書いてありますが、全くリアが上がらない。

だから、ツイツイしかたなく、ランニングしてしまっています。

ことあるごとに思い出し乗ってやってみますが、フロントだけは上がります。
リアが全然上がりません。

こんなだから、ついつい乗る気にもなれずフロントばかり上げてはジコマンに
浸っています。
しかも、
未だに少し痛む足首捻挫を理由にして
できない自分を許してしまっています(笑)

BMXブログ

全く買う気も無かったですが、
マウンテンバイクを見に行ったのがきっかけで、カタログをいただき、
眺めて30分で「よし!これだ。」といって注文したのがコレ。

それがこのBMXBikeと出会ったきっかけでした。

そのお店「BMX RIO」はBMXの専門店だったのです。

店長さんもオーナーさんも気さくでとても感じよく、初心者の僕に
レクチャーしてくれました。

気がついたら・・・買ってた(笑)

これ、商売の原点ですね。

自分たちが本気で好きなものを語っている姿は熱いです。
ついついそんな話を聴いていると
こちらもワクワクしてきますね!!

まだまだ初心者の領域ですが、
まずは、「バニーホップ」!!!

あきらめずに練習しときます。




山・・・・走りたい。

捻挫供養で
一週間、走っていません。
ほぼ、ウォーキングなんかもしていません。

ただ、NHKオンデマンド
「神の領域を走る〜パタゴニア極限レース141km」

見ました。

完走率30%

並じゃない。

今年はロングコースを逸脱し、ショートorミドルで
チョコチョコ出ていた自分が健気です。

いったるか、UTMF

そんな気に少しなったりもします(笑)

まだ、温存・・・・・・・。

あ、あ山走りたいっ

01-2


ヴィッシュランニングって?

信越五岳も制限時間22時間を21時間30分で三年前に
完走しました。

ハセツネも制限時間24時間のところ、二年前に19時間50分
くらいで完走しました。

はっきり言って遅いです。

フルマラソンの自己ベストは3時間50分・・・

かろうじてサブフォーです。

ハーフの自己ベストは1時間36分くらいでかろうじて
100分切達成で、

そんなにも早くはありません。

本格的に走り始めて5年。

一時は月間走行距離を伸ばそうとしたり、
一分でも早く走るために必死に努力したりしていましたが、

もう、完全にやめました、そのようなスタンスは。

前回の富士原始林トレイルで右足首をしっかり(笑)捻挫して、
心にしみました。

「なんで、こんな綺麗なトレイルを思う存分に楽しめなかったのか・・・」

悔しくて、悔しくて、ただ、ひたすらに反省しました。

もっと、本気で楽しもう!

ちっちゃな欲望が出てくると、「競争」となります。

「一人でも多く抜いたるわいっ!!」

この瞬間に周りの景色は見えなくなるのです。
そして、魔が差したのです。

神が囁きました。

「おい、お前、もっとちゃんと楽しめ!」と。

結局、自分の力なんぞ大したものでもなく、
自然界の前ではただただひれ伏すのみの小人なのですね。
人間は。

仕事柄、気流の廻りが悪くなって慢性化すると痛みや病気になるってことは
良く分かっています。

そんなバランスを崩してきた方々も沢山観てきました。

結局、自分自身のパワーは自分でしか上げられない、というのが結論で、
どんなに施療したって本人が諦めていたり、かなりのパワー不足であったり
すればまた元に戻ってしまうのです。

人は人からは変えることができない。
自ら変えることしかできないのです。

そのサポートとして日々仕事していますが、
その自分自身のパワーは一体、どうやったら上がるのか・・・・・

これは命題です。

今まで、いろいろと試してきました。

いろんな呼吸法にウォーキングにランニング、
エクササイズに筋トレに、
トレッキングにバードウォッチングにキャンプ。。。

どれもこれも適度に元気になる要素があるのですが、
今一ピン!ときませんでした。

それが5年前に出合った≪トレイルランニング≫によって
解消したのです。

「こんなに自分のパワーが上がるものはないっ!!」

登って下って、心拍が上がって下がって、アスファルトと
違って何一つ同じ道は無し。

よく見て走らないと大けがが待っているというおまけ付き。

そして、ロールプレイングゲームのようにコロコロ変わる自然の中で
景色を楽しみ自然と自分自身と対話する羽目になる。

「きつい・・・」
「もう少し・・」

「ペースがいいね。」
「まだまだこれから」
「腹減った〜」
「すっげえ〜綺麗な景色!!!」・・・・等々

とっても面白いものです。

そして、この自然界でのランニングは気圧の変化も直接楽しめるのです。
景色が変化し、気圧も変化し、走力もつき、歩きも、登りも下りもすべて
含まれているのがトレイルランニングなのです。

そして、これは自然界にあるエネルギーを直接取り込めるのです。

まずは自分自身で意識すること。

「自然界のエネルギーをどんどん、走るたびに、心拍が上がるたびに
どんどん吸収する。」って思いこむことなのです。

疲労に自分の中庸を持っていかれないようにうまくコントロールして
いかに楽しく楽しむか、そして、いかに自然界からエネルギーを取り込んで
下界(日常生活(笑))に活かすかを常に考えながらゲームに参加するのです。

はまりますよ。

きっと。

ぜひ山を走ってみてください。

楽しく楽しむためにトレーニングするのです。

決して競争して他人に勝つためでなく。

すると、スタート時に決して緊張しなくなりますから。

それでは最後まで読んでくださりありがとうございました。

このエネルギーを取り入れながら山を走ることを
ヴィッシュランニングと勝手に呼んでます(笑)

美手【Vitsyu】ヴィッシランニング




一緒に青山へ

捻挫してるんで、走ってきました、自転車で

2016-10-23 マングースと青山

ランニング・・・でなく、サイクリングです。(笑)

大きな都会の谷間・・・渋谷経由で表参道〜原宿まで

ちょっとした用事があったのでかっ飛ばしてきました。

しかし、山でなく、都会の休日もいいものです。

人の笑顔で逆に癒されました。

しかし、車でいつもこの辺は移動していますが、
自転車だと小回り効きすぎていろんな発見があるものです。

246からそれて松涛〜円山町あたりの裏側にも

あるあるいろんなお店が

裏のカオを見た感じです。

しばらく癖になりますね。

捻挫が治るまでの。

しかし、また次の大会がありますので倍速スピードで痛んだ靭帯を
修復中です。

それでも自転車は・・・・こぎますよぉ!!!

第8回富士山原始林トレイルランin精進湖・本栖湖

ロングコース18.7km 400名

ショートコース16.5km 200名

計600名!満員御礼の
「第8回富士山原始林トレイルランin精進湖・本栖湖」
ロングコースに参加してきました。

2016-10-16 原始林1

大会プロデューサーの方の話で
「このレースはとことん楽しんじゃってください。
カメラ・・・・どうしよう、お菓子・・・・・どうしようと思ったら
どんどん持って行って制限時間ぎりぎりめいいっぱい楽しんでもらいたい・・・・」

なんていう趣旨にすっかり同調してしまいした(笑)

しかし、スタートしてからkm/4.50ペースでついつい走ってしまい、
リラックスしながらも結構飛ばしている自分がいます。

初めの1200Mを越え、下りで調子にのっていた最中・・・・

「グキッ!!!」

左旋回の下りで右足首をくじいてしまって、
一瞬足が麻痺してしまたのです。

あらら、またやってしまった。
一瞬リタイヤがよぎりましたが、10minほど休んで
何とか走れそうなので走りましたが、
結局10km地点のエイドでリタイア。

中々救護車が来なくて、50分ほど待ちました。

すっかり体は冷え切り、意気消沈・・・・。

2016-10-16 原始林3

短い距離で油断していると、こうなりますね。(笑)

しかし、富士山は絶景でした。

これだけで、「よし!」です(笑)

2016-10-16 原始林2




第9回EKIDEN for Peace2016 富士山・山中湖チャリティー駅伝大会

なんとも正式名称が長い大会名称です。

『第9回EKIDEN for Peace2016 富士山・山中湖チャリティー駅伝大会』

2016-10-02 blog1


GcRc(Gold Coast Running Club)というチームメンバーと走ってきました。
blogはこちら

2016-10-02 blog2

ゴールドコーストマラソンで知り合ったメンバーなのですが、
定期的に飲んだり、走ったり、(温泉に)浸かったり(笑)しています。

四人で山中湖を二週しました。
第一区と第三区6.8km
第二区と第四区が6.6km
年齢順・・・・ということで、僕は四区(笑)
ゴールできて光栄です。

しっかり瀬古利彦(現在DeNAランニングチーム総監督)氏とハイタッチ
しました。

力でましたねぇ〜
といっても最後の5m程でしたが(笑)

もう少し中ほどに居てもらえたら・・・・20秒タイム縮みました(笑)

120チーム中51位

前日宴会モードでしたが、何とか乗り切った、という感じです。

ぜひまたこのチームでリベンジします。



第8回 信州戸隠トレイルランレース

1年ぶり2回めの参加です。

1年、あっという間ですね。

前回はロング45kmの部
今回はミドル28kmの部

昨年との違いはこの距離くらいでしようか(笑)

すっかりロングトレイルから離れ、
むやみに自分を犠牲にすることせず、ひたすら
トレランを楽しもう・・・・・なんていう思考になりました。

2016-09-25 戸隠

やっぱり、楽しまないと走っている意味がないっ!

死に物狂いのレースもいいけれど。

実際、死んでしまったらトレイル楽しめない(笑)

年代別13位・・・・
まだこんなところを気にする自分がいたりいなかったり。。

なんなんでしょう、この潜在意識の中で、
≪速くなりたい≫という願望は・・・・?

とにかく、楽しくなきゃ、走っている意味がないっ。。

まだまだイキマス。

夏バテぎみのカラダに喝!!

すっかりひと夏が終わってしまいました。

IMG_2202

夏があっという間に過ぎ去って、秋雨前線真っ只中。

山にも行けず。

海へも行けず。

走りもモチベーションが下がる、そんな時期です。

IMG_2204

しかし、

トレーニングだけは必死に続けております。

いつ、何があっても楽しく対応できるくらいの体力は維持しないと
いけない・・・という脅迫観念(笑)ですが。

一分間全力疾走

三分間インターバル

これを八本。

とある雑誌に出ていたトレーニング法ですが、
自分に合っているのか、どうかなんて本番迎えないとわかりませんね。

少しはスピード出たかな?

これを試す大会はどれになるやら。


出会ってしまった・・・mongoose

自転車で山に行きたい・・・!!

ふとこんな直感が沸き起こり、

あれよこれよと検索し、

MTBやりたいと感じて即、自転車店へ。

いろいろ見てもピンときず。

たまたま近所の自転車やさんにあったのが・・・・

mongoose

しかも探していたマウンテンでなく、
クロスバイクとのあいのこみたいな
変なやつ。

しかも逆輸入でいろんなパーツが特別に装着してあり、
日本に一台という触れ込みで・・・。

男はこんな触れ込みに「弱い」(涙)

IMG_2054


トレランと一緒にやってみます。
livedoor プロフィール
スピリチュアルとマネーの原点
治療家セラピストのマインドセット


儲かる!!集客革命
集客の原点の書



QRコード
QRコード
参加中のブログ
  • ライブドアブログ