2006年09月03日

一ヶ月ぶりぐらいかな

 ご無沙汰です。

一冊読むのに何日かかってるんでしょうか。
他にもラノベとか新聞とか、映画とかアニメとか、漫画とかのレビューもつければもっと回転速いのかもしれないですが、それは検討してくってことで。

あと、本を読むとき、文体ばかり見てますね。
いくら凄いことを書いていても、他人(特に一般人)にも分かりやすく説明してる本が良書だと思ってます。


今回の本は、「ヒューマンエラー」〜誤りからみる人と社会の深層〜 著:海保博之

人間は何故、失敗するのでしょう?
人間だから失敗するのであって、失敗しない人なんているわけがない。

そんな考え方の人もいるし、そうでない人もいるかもしれません。

が、それはさておき、いってみます。

ワードマップ(?)シリーズは専門家の言葉が比較的分かりやすく描いてあるのが魅力。4ページで一つの事柄の説明がまとめられてます。
以下、大枠。

1、ヒューマンエラーとは何か?
2、人間は何故、失敗をするのか。
3、事故を防ぐにはどうするか。

1で、エラーが起きるようになった原因は情報化社会でPCが普及し、実際に自分がやってることがどんな強力なパゥワーを持ってるか分かりづらくなってることにあると(車は簡単に運転できるけど、ミスると殺したり、死ぬ)

2では、物事を行うのに慣れると道具の使用を意識しなくなる(字を書くのにペンを持つ意識が無くなる。タイピングでキーを押してる意識がなくなる)
 あとは知識不足、うっかりミス、パニック、視野狭窄、時間ストレスなんかで説明。集団で起こるミス、個人のやる気の多さによる問題など。

3で、事故を防止するために様々な安全処置を行う。
 安全文化(教育)をしたり、失敗しにくい処置(絵画面、問いかけ)、ユーザービリティテスト(実際に使わせたときの性能テスト)、事故に対する分析など。

要約すれば、人がミスするのは仕方ないから、どうすれば大事故にならないか。

心理学、行動学を中心として説明していたと思います。
専門用語もありますが、注釈もあるので読みやすいかと。

●この本を薦めたい人
・どうしてもミスしちゃう人
・ミスする人が近くにいる人
・ミスに興味がある人
・心理学に興味がある人
・グループをまとめたい人

ではは。

P.S 最近、コンビニで見かけた本「そのカエルを食ってしまえ(?)」
  タイトルはうろ覚えですが、考え方が面白かったです。
  文体が読みやすいですし。




viva_stop_drinking at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月10日

ひさしぶりに読み終わった

 夏ですね。夏が始まって、気づけば盆が近づいてます。みなさんお元気ですか。

私はそこそこ元気です。

さて、今回の読破物。

借りたのは前回取り上げた、マーケティングの本と同時期に借りたもの。

これまた名前で選びました。

「キャンパス セクシャル・ハラスメント 対応ガイド
 〜あなたにできること あなにがすべきこと 沼崎一郎著」

では、内容を。

セクシャルハラスメントと聞いて思い浮かべることは様々だと思います。
この本はどういったものがセクハラかを説明することから始まります。

〜蠎蠅嫌がる言動はセクハラです。
∩蠎蠅鮴的に扱う言動はセクハラです。
セクハラは地位の高さ、権限の大きさ、人数の多さによる権力の乱用です。

セクハラの類型

\的いじめ:相手の望まない言動により、屈辱感や不快感を与えること。
∪的おどし:教育上、職務上の利益を条件になんらかの性的服従を迫ること。
性的ゆすり:性的要求に対する服従or拒否を理由として、不利益を与えること。
だ的迷惑:性的な言動、図画などにより不快感を催す環境を作ること。

また、意外なセクハラ現場は職場よりも大学であるという斬新さ。

縦社会、徒弟関係、企業に入るのが嫌いで教授になったような人たちの箱庭世界。

部屋の主の機嫌を損ねたらならば、卒業できない、論文の審査もされないかもという恐怖。部屋に呼ばれたら行かなければならないという強迫観念。

たとえ、部屋の主が口で言わなくても、彼が部屋の主である限り、力を持っている事実。

教員は、存在だけで脅威という認識をもって生徒指導を行う必要があります。

この本には、
セクハラをしないようにするための方法、
セクハラされたときへの対応、
セクハラに対する相談を受けた時の対応

などが、懇切丁寧に説明されています。

教員推薦図書に入ってませんが、この本こそ、教員たちに読ませたい。
というか、これ知らずして教員にはなれないだろうと思います。
読んでて、そのまま当てはまるケースが多々ありましたし。

もし、セクハラ被害にあってる人がいましたら、一度読んでみてはどうでしょうか。
※セクハラに興味がある人もどうぞ。

ではは。

P.S 足を踏まれた人の痛みは踏んだ人には分からない。



viva_stop_drinking at 20:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月21日

ぬわぬわ

 今日は車で親睦会で食べ放題で立ち読みで電話で知り合いのそっくりさんを見てました。

世の中、ほんと良く似た人がいるもんだ。
あの人のそっくりさんは、これで二人目だよ;;
背の高さと、場所的に本人ではないと思います。

さてさて、読書感想文と言って見ましょう。

今回のタイトルを見て思わず衝動的に借りました。

『思わず買ってしまう……
 マインドコントロール マーケティング
            著者 星野卓也』

内容の要約。
モノの売れない時代に勝ち残る鉄則を。
ゲームやドラマやテレビショッピングなどを経験した
シナリオライターな作者が噛み砕いた文体で、
9つの心理操作テクニックについて例と、理由と、
練習問題(?)をつけて説明してます。

例えば、
【行動のコントロール】
「コミュニティの構築による安心感」
「定番商品による安心感」

【思想のコントロール】
「固定観念よりも言葉による説明による影響」
「客観視で俯瞰と機能を知る」

【感情のコントロール】
「マイナスからのスタートで良く見せる」

【情報のコントロール】
「記号的に重ねて効果倍増」

【時間のコントロール】
「限られた時間で売るための説明」

と、見ると難しい単語が並んでる気がしますが。
なぜ、冬のソナタは売れたのか。
なぜ、おいしんぼは売れたのか。
なぜ、ジャパネット高田なのか。
なぜ、mixiは人気なのか。

そんな例を元に理由を説明して、公式を教えるかんじです。

非常に読みやすい。
とても参考になります。
専門家が専門用語を乱発するでなく、
成功者が体験談を語るでなく、
シナリオライター(文章家)が分かりやすい言葉で
説明しているので無駄が無くとてもキレイな文章でした。
読んでて続きが読みたくなる代物。

全体を読んでみまして、
マーケティングのための本というよりも、
シナリオ構成に役立つという印象でした。
日常の選択肢を増やす考え方の参考になりました。

なんか上手くまとまってませんが、
普通の実践書よりもとっつきやすいと思います。

普通の実践書を読んでも、さっぱりわからねぇよ!
自分には当てはまらないぜ!www

とか思った人は一度読んでみては?

P.S 今回自分の感想少ないですね


viva_stop_drinking at 01:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月16日

衝動的に

 今日は立ち読みで読みたかった本が売切れてたので、街まで遠出。

以前は電車を使ってたので毎日行ってましたが、

今は自転車で通ってるので、

全くの逆方向。

約二ヶ月ぶりに橋を渡りました。

来週の日曜日がメルブラの大会なので、

練習かねてゲーセンよったら、

ギルティの大会やってました。

こりゃ出るしかねぇ!

なんかランバトでランキングまでつけてる……

ちょっと見ないうちに変わりましたねぇ……

ぼちぼちの戦果で家に帰って、読書。

以前図書館に行った時に新書にあったもの。

タイトルに引かれて思わず探してみました。

『そのバイト語はやめなさい
 〜プロが教える社会人の正しい話し方〜』

近年、日本人の言葉が乱れてるってのと、

物書きとしての後学のためってので借りました。

読みました。

内容は、【普段何気なく使ってるバイト語とは何か】
    【なぜその言葉の使い方が悪いのか】
    【ビジネス会話のテクニックを身に着けよう】
    【言葉に勝る話の態度】

具体例を上がるなら、
「お会計のほうを」
「今出ているだけです」
「一万円からお預かりします。先に大きいほうからお返しします。
 お後に細かいものを……」
「そういうかたちでお願いします」
「そういったヤツはありません」
「お席のほうにご案内します」  etc

これらはバイト語に入るそうです。
自分でも使ったことがある言葉が多く、それが普通だと思ってました。
本書曰く、バイト先の先パイが使ってるからそれが正しいと思って、
新人バイトが覚えていく。
または、職場で「あの〜、その〜、えっと……」
などを乱発してる人がいると他の人も感染していくそうです。

そういえば、最近「全然すごい」ってのもありますね。
「全然〜ない」が正しい使い方なのに、みんなが使うからそれが当たり前になってしまう。言葉のニュアンスが微妙に違うけどデファクトスタンダードみたいなもの。

ウインドウズがPCの主流になってるから、
一般的にPC=winっていう脳内変換が起きるのと同じ。
主流=普遍と思ってしまうやつです。

さてさて、「バイト語」が何故いけないかというと、
年代によって、受け取り方が違うことでしょうか。
大学以下のコミュニティだと、大体似通った年頃と立場で構成されてます。
だから、「タメ語」と呼ばれる噛み砕かれた言葉が使われています。

しかし、社会に出ると、異なる年齢層の上司や客に対して、
正しい日本語を使わないと、違和感が出たり、失礼になることもしばしば。
本人達は良かれと使っていても、相手の機嫌を損ねると良いことありません。

普段から使い慣れてないとまた難しい尊敬語と謙譲語と丁寧語の数々。
周囲が正しいと思うまさに確信犯的な「バイト語」スタンダートでどんどん危険な方向へ……

極論、そんな言葉遣いについてはおいおい学んでくださいってことで置いといて。

重要なのは、聞き上手になることです。
話し上手は聞き上手ってのがあるように、聞き上手にさえなれば大丈夫。
逆もまた真。

聞き上手のためには、
【間の取り方】
【復唱】
【相槌】
【心配り】
私は間の取り方が下手なんで良い勉強になりました。
あと、相手を否定も肯定もしない、相槌ってのも参考になりますね。
女性だと、そういった相槌は小さいころからのコミュニティで形成されるそうです。
人と話すことでストレスを発散するからとか。
男性は異なった立場から相手の意見に対して、同情、肯定、否定を行うので、
自分の意見の押し付けになる傾向が強いそうです。

心配り、今更言うまでもないですが、
相手に対して親身になって話を聞くことが重要。
粗末な対応をされれば、悲しくなります。
自分が理想とする相手を自分で演じればなんとなく分かります。
自分がマゾいからって相手にサドを期待するってのはまた話が別ですが。

良い感じにまとまった本だと思います。
私は適当に感想書いたのでまとまってませんが、
以下に該当する人は一度読んでみては?

・就職活動を考えている人
・人と話すのが苦手だと思う人
・話術をより磨きたい人
・心理学を学んでる人
・ネタになるかと思った人

では、今日はこのへんで。

P.S もう……いっそブログは読書感想文にしちまおうかと。









viva_stop_drinking at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

衝動的に

 今日は立ち読みで読みたかった本が売切れてたので、街まで遠出。

以前は電車を使ってたので毎日行ってましたが、

今は自転車で通ってるので、

全くの逆方向。

約二ヶ月ぶりに橋を渡りました。

来週の日曜日がメルブラの大会なので、

練習かねてゲーセンよったら、

ギルティの大会やってました。

こりゃ出るしかねぇ!

なんかランバトでランキングまでつけてる……

ちょっと見ないうちに変わりましたねぇ……

ぼちぼちの戦果で家に帰って、読書。

以前図書館に行った時に新書にあったもの。

タイトルに引かれて思わず探してみました。

『そのバイト語はやめなさい
 〜プロが教える社会人の正しい話し方〜』

近年、日本人の言葉が乱れてるってのと、

物書きとしての後学のためってので借りました。

読みました。

内容は、【普段何気なく使ってるバイト語とは何か】
    【なぜその言葉の使い方が悪いのか】
    【ビジネス会話のテクニックを身に着けよう】
    【言葉に勝る話の態度】

具体例を上がるなら、
「お会計のほうを」
「今出ているだけです」
「一万円からお預かりします。先に大きいほうからお返しします。
 お後に細かいものを……」
「そういうかたちでお願いします」
「そういったヤツはありません」
「お席のほうにご案内します」  etc

これらはバイト語に入るそうです。
自分でも使ったことがある言葉が多く、それが普通だと思ってました。
本書曰く、バイト先の先パイが使ってるからそれが正しいと思って、
新人バイトが覚えていく。
または、職場で「あの〜、その〜、えっと……」
などを乱発してる人がいると他の人も感染していくそうです。

そういえば、最近「全然すごい」ってのもありますね。
「全然〜ない」が正しい使い方なのに、みんなが使うからそれが当たり前になってしまう。言葉のニュアンスが微妙に違うけどデファクトスタンダードみたいなもの。

ウインドウズがPCの主流になってるから、
一般的にPC=winっていう脳内変換が起きるのと同じ。
主流=普遍と思ってしまうやつです。

さてさて、「バイト語」が何故いけないかというと、
年代によって、受け取り方が違うことでしょうか。
大学以下のコミュニティだと、大体似通った年頃と立場で構成されてます。
だから、「タメ語」と呼ばれる噛み砕かれた言葉が使われています。

しかし、社会に出ると、異なる年齢層の上司や客に対して、
正しい日本語を使わないと、違和感が出たり、失礼になることもしばしば。
本人達は良かれと使っていても、相手の機嫌を損ねると良いことありません。

普段から使い慣れてないとまた難しい尊敬語と謙譲語と丁寧語の数々。
周囲が正しいと思うまさに確信犯的な「バイト語」スタンダートでどんどん危険な方向へ……

極論、そんな言葉遣いについてはおいおい学んでくださいってことで置いといて。

重要なのは、聞き上手になることです。
話し上手は聞き上手ってのがあるように、聞き上手にさえなれば大丈夫。
逆もまた真。

聞き上手のためには、
【間の取り方】
【復唱】
【相槌】
【心配り】
私は間の取り方が下手なんで良い勉強になりました。
あと、相手を否定も肯定もしない、相槌ってのも参考になりますね。
女性だと、そういった相槌は小さいころからのコミュニティで形成されるそうです。
人と話すことでストレスを発散するからとか。
男性は異なった立場から相手の意見に対して、同情、肯定、否定を行うので、
自分の意見の押し付けになる傾向が強いそうです。

心配り、今更言うまでもないですが、
相手に対して親身になって話を聞くことが重要。
粗末な対応をされれば、悲しくなります。
自分が理想とする相手を自分で演じればなんとなく分かります。
自分がマゾいからって相手にサドを期待するってのはまた話が別ですが。

良い感じにまとまった本だと思います。
私は適当に感想書いたのでまとまってませんが、
以下に該当する人は一度読んでみては?

・就職活動を考えている人
・人と話すのが苦手だと思う人
・話術をより磨きたい人
・心理学を学んでる人
・ネタになるかと思った人

では、今日はこのへんで。

P.S もう……いっそブログは読書感想文にしちまおうかと。









viva_stop_drinking at 22:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

衝動的に

 今日は立ち読みで読みたかった本が売切れてたので、街まで遠出。

以前は電車を使ってたので毎日行ってましたが、

今は自転車で通ってるので、

全くの逆方向。

約二ヶ月ぶりに橋を渡りました。

来週の日曜日がメルブラの大会なので、

練習かねてゲーセンよったら、

ギルティの大会やってました。

こりゃ出るしかねぇ!

なんかランバトでランキングまでつけてる……

ちょっと見ないうちに変わりましたねぇ……

ぼちぼちの戦果で家に帰って、読書。

以前図書館に行った時に新書にあったもの。

タイトルに引かれて思わず探してみました。

『そのバイト語はやめなさい
 〜プロが教える社会人の正しい話し方〜』

近年、日本人の言葉が乱れてるってのと、

物書きとしての後学のためってので借りました。

読みました。

内容は、【普段何気なく使ってるバイト語とは何か】
    【なぜその言葉の使い方が悪いのか】
    【ビジネス会話のテクニックを身に着けよう】
    【言葉に勝る話の態度】

具体例を上がるなら、
「お会計のほうを」
「今出ているだけです」
「一万円からお預かりします。先に大きいほうからお返しします。
 お後に細かいものを……」
「そういうかたちでお願いします」
「そういったヤツはありません」
「お席のほうにご案内します」  etc

これらはバイト語に入るそうです。
自分でも使ったことがある言葉が多く、それが普通だと思ってました。
本書曰く、バイト先の先パイが使ってるからそれが正しいと思って、
新人バイトが覚えていく。
または、職場で「あの〜、その〜、えっと……」
などを乱発してる人がいると他の人も感染していくそうです。

そういえば、最近「全然すごい」ってのもありますね。
「全然〜ない」が正しい使い方なのに、みんなが使うからそれが当たり前になってしまう。言葉のニュアンスが微妙に違うけどデファクトスタンダードみたいなもの。

ウインドウズがPCの主流になってるから、
一般的にPC=winっていう脳内変換が起きるのと同じ。
主流=普遍と思ってしまうやつです。

さてさて、「バイト語」が何故いけないかというと、
年代によって、受け取り方が違うことでしょうか。
大学以下のコミュニティだと、大体似通った年頃と立場で構成されてます。
だから、「タメ語」と呼ばれる噛み砕かれた言葉が使われています。

しかし、社会に出ると、異なる年齢層の上司や客に対して、
正しい日本語を使わないと、違和感が出たり、失礼になることもしばしば。
本人達は良かれと使っていても、相手の機嫌を損ねると良いことありません。

普段から使い慣れてないとまた難しい尊敬語と謙譲語と丁寧語の数々。
周囲が正しいと思うまさに確信犯的な「バイト語」スタンダートでどんどん危険な方向へ……

極論、そんな言葉遣いについてはおいおい学んでくださいってことで置いといて。

重要なのは、聞き上手になることです。
話し上手は聞き上手ってのがあるように、聞き上手にさえなれば大丈夫。
逆もまた真。

聞き上手のためには、
【間の取り方】
【復唱】
【相槌】
【心配り】
私は間の取り方が下手なんで良い勉強になりました。
あと、相手を否定も肯定もしない、相槌ってのも参考になりますね。
女性だと、そういった相槌は小さいころからのコミュニティで形成されるそうです。
人と話すことでストレスを発散するからとか。
男性は異なった立場から相手の意見に対して、同情、肯定、否定を行うので、
自分の意見の押し付けになる傾向が強いそうです。

心配り、今更言うまでもないですが、
相手に対して親身になって話を聞くことが重要。
粗末な対応をされれば、悲しくなります。
自分が理想とする相手を自分で演じればなんとなく分かります。
自分がマゾいからって相手にサドを期待するってのはまた話が別ですが。

良い感じにまとまった本だと思います。
私は適当に感想書いたのでまとまってませんが、
以下に該当する人は一度読んでみては?

・就職活動を考えている人
・人と話すのが苦手だと思う人
・話術をより磨きたい人
・心理学を学んでる人
・ネタになるかと思った人

では、今日はこのへんで。

P.S もう……いっそブログは読書感想文にしちまおうかと。









viva_stop_drinking at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月15日

梅雨の谷間

 今日も暑かったです。外に出るだけで熱の壁を感じるほど。

一瞬で今日はヤバイと悟りました。

夕方の日が沈む時間に草取りやってると、蝉の声。

ますます夏って感じが情緒深い。

草の根元にはダンゴ虫やアリが大量に居て、時々、ムカデもいたり。

逃げながら、落ち葉に頭だけ隠してるのが、見た目に似合わず愛らしかった。

梅雨明け宣言まだですが、

すっかり自然は夏になってますね。

P.S 水分補給だけでは無理と悟りました。
  塩分補給も重要そう。


viva_stop_drinking at 08:14|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年07月14日

蝉時雨

 エアコンがついてるはずなのに、風が全く来ない部屋。

分析機器の発熱で室温上昇。
窓がないのでどんどん上昇。
温度計が30℃を指してるけど……
あの暑さは絶対それ以上。

まるでサウナのような感じ。
分けあって汚染された場所なんで水を持って入れない。
おかげで脱水症状になりかけました。

本当にふらふらして、めまいがして、
手が震えてくるもんなんですね!
頭痛が酷くて眼もかすむし。

夜になっての帰り際、蝉が鳴いてました。
もう夏ですね。
7年越しの蝉の子が賑わってます。

では、今日はこの辺で。

P.S 水分取りましょう。
  暑いのに急に汗が出なくなったら危険です

viva_stop_drinking at 00:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月12日

夏だから……?

 今日も軟禁ライフなのはおいといて。
夏です。夏が近いのです。
だから、なんでしょうか?
家の近くの友人の家の隣にバイク少年達が集まります。
何を血迷ったか、ぶんぶん走り回ってます。
近くの駐車場で爆竹鳴らしてます。
五月蝿いです。
七月なのに、五月蝿いんです。
あの少年たち何なんでしょう。
やっぱこの時期は増えてくるもんなんですかね?

もうすぐ夏休みですし。

いいなー、夏休み。
めちゃくちゃ欲しい。
たとえ、一ヶ月何もせずに一日中寝ていたとしても。
休みが欲しいです。
連続した休みも魅力的ですが、日数が決まってるなら、
分割して使いたいもの。
願うなら月曜日を休みとした、週休二日制希望!

今もぶんぶん外を走ってるよ、あの子達。
何? あれってタイムアタックでもやってるんかいな……

では、今日はこの辺で。

P.S 夏ですから、アツイですから……
  もうちょっとしたら我慢の限界かも。

viva_stop_drinking at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月11日

たしかにそうです

 今日は実験で実験でこき使われる憂鬱な一日。

オージンジに電話しないと。

まぁ、いつものことなのでおいといて。

人「何してるの?」

私「新聞読んでる」

というのも、いつものフレーズ。

今回は、赤ちゃんの学習能力の凄さってヤツでした。
ハイハイだと、小さな段差は越えられない。
だけど、立ち上がれば大丈夫だってかんじで、摑まり立ちを覚えるんだとか。

必要は発明の母ってやつですね。

必要だから何かしらの打開策を講じるってところでしょうか。
移動時間短縮で、馬やら車やら飛行機やら。
夜遅くまで作業したいから、電気ができたとか。

半ば曲解もありますが、日常のウザイことに対して、
抵抗するか逃げるかのスキルについても同じこと。

自分の性格と、相手の立場を考えてどうでるか。
相手が自分より下だったら強気に出て、
上だったらば、下手に出るとか。
打開可能なら、抗って、
どうしようもなければ、逃げるというのも手段のスキル。

そんなこんなで、2、3質問して相手の出方を見れば
その人が得てきたスキルってのが何となくでもわかるもの。
スキルが分かれば、それがどういった経緯で身についたかも見えてくる。
さすれば、その人の生い立ちやら、人生観とかなんとか見えてくる。
ようは、その人がよくわかるってことですかね。

あくまで、自分の考えからの推測の域をでませんが、
「己を知って敵を知れば百戦危うからずや」
物事を進めていくのに何かと役にたつと思います。

そういうわけで、人間観察やってみては?

では、今日はこの辺で。

P.S なんか話が一気に展開しましたね……


viva_stop_drinking at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profile
・w・
いつの間にか好きになっていた読書と格闘ゲームが趣味。
勢い余って小説書けたらということで奮闘中。
まだまだヘタレな今日この頃。
何やら水面下で動いてます。
ニックネームは友人曰く『テン ダブリュー ドット』らしい。
【一発当てる会】については完全なるネタ。
別口で名前が似たサイトを運営してみたり。
moblog
Amazonライブリンク