Viva! bebas!! Peliatan!!! 公演特設ブログ

ビバ!ベバス!!プリアタン!!!

バリ島芸能の老舗でありトップランナー「プリアタン村」 全てプリアタン・スタイルのバリ舞踊公演。

2011年10月15日(土)開場17:30 開演18:00
杉並区勤労福祉会館ホール
前売り1500円 当日2000円 (高校生以下無料 大学生は500円割引)

詳しくは「公演情報」へ。
http://blog.livedoor.jp/vivabebas/archives/4043206.html

8月12日(日) 江ノ島バリサンセットに出演します

●8月12日(日) 江ノ島バリサンセット
 会場オープン13:00~ ステージ 16:00~
 サムエルコッキング苑入場料 大人200円 子供100円
 (江ノ島サムエルコッキング苑内、展望灯台下特設会場。江ノ島電鉄「江ノ島駅」下車徒歩25分。小田急線「片瀬江ノ島駅」下車徒歩20分)
 お問い合わせ:江ノ島展望灯台 TEL0466-23-2444
 http://enoshima-seacandle.jp/event/1107_08/bali.html
 
 12日(日)前半にVBPチームで出演します。
 昨年の「ビバ!ベバス!!プリアタン!!!」公演出演者のチームで、昨年公演の超短縮バージョンのショーです。
 もちろん!
 パナスの「クンバリカンバリク」もやるよ!
 総勢16名でプスパメカール、バリス、レゴン、ジャンゲール、クンバリカンバリクを華やかにお届けします。

★イベント★ パナス「クンバリカンバリク」再演許可!

「Viva!Bebas!!Peliatan!!!」公演で好評を博したパナスの「クンバリカンバリク」、公演時には作者であるA.A.オカダラム氏より、一回のみという条件で上演許可をもらい、踊りを教えていただきました。
 しかし、公演を見た方から「ぜひイベントで踊ってほしい」という依頼があり、ダメで元々の気持ちで富沢さんよりオカダラム氏に直接連絡をとってもらったところ、「日本でそんなに喜んでもらえるなら」と快く再演の許可をいただくことができました。
 作曲者グルスカルノ氏とオカダラム氏との親交の中で、「曲を使うときは、許可を取ってほしい」というグルスカルノ氏からの申し入れがあるようで、今後、日本で「クンバリカンバリク」を上演したい場合にはオカダラム氏に報告してグルスカルノ氏に伝えてもらえるということになりました。
 オカダラム氏、グルスカルノ氏、そして「クンバリカンバリク」に拍手をくださった皆さまに、もう一度感謝を!ありがとうございました!!
 
■■2011年12月9日(金) テクノウェイブ100・チャリティークリスマスパーティー■■
時間:イベントは18:00~20:00
    バリ舞踊は、18:50~
入場:無料
場所:テクノウェイブ100ビル、1階アトリウム
  ・京急本線「神奈川新町」徒歩5分
  ・JR京浜東北線・横浜線「東神奈川」徒歩15分
  
演目:パニャンブラマ(小谷野智恵、中野愛子、渡邉沙織)
   ジャウッククラス(荒内琴江)
   チャンドラワシ(鈴木珠実、日向未央)
   クンバリカンバリク(富沢加寿美、富永仙子、ナビィ、松田由紀子、芳野未央)

ステージでは他に、ビンゴゲーム、オークションがあります。
飲み物、食べ物もあります。

★写真★ 小さいけど集合写真です

IMG_7776

★御礼★ 感謝!! 

【実行委員ナビィ投稿】

『Viva! Bebas!! Peliatan!!!』にお越し下さいました皆様。


雨の中、駅からも遠い会場の本公演にお越し下さいまして本当に有り難うございました。
芳野さんも書いておりますが、我々にとって幸せな夜となりました。

今回の公演は、このブログにも投稿した通り昨年の夏頃にふっと思いついて数人の後に実行委員メンバーになる友人に呼びかけ温めていたものですが、あの夏の夜から本番までは本当にあっという間で、そして公演中はもっとあっという間で、『クンバリカンバリク』の最後の辺りでは一抹の寂しさと、これで終わるという事が何だか信じられない様な気持ちでいました。


今回、出演して下さった皆さんには、スタッフの数が全然足りていなかったので、踊る事以外にも沢山、た~くさん裏方仕事をやって頂きました。
もしかしたら自分の踊りに集中するどころじゃなかったのかもしれません。
それでも、皆さん、自身の演目はもちろんフィナーレまで楽しんで参加して下さいました。
私たち出演者は今回、初めてお会いした踊り手さんもいるくらい、頻繁に顔を合わせている仲間ではないのですが、それでも信じられないくらいの全員一致の協力体制が出来上がり、何事もなく無事公演を終わらせる事が出来ました。

皆、それぞれにバリ舞踊を愛し、続けて来た「今まで」があり、その経験から楽しむ術を知っている人達が集まったのではないかと思います。
参加して下さった皆さんにも本当に感謝しています。

これからも踊り続けてゆくと思いますし、活動の場は違っても個々の感じているバリ舞踊の魅力をそれぞれのやり方で広めてゆくことと思います。

ご来場下さった皆様、どうぞこれからも応援を宜しくお願い致します。

そして、昨日の公演を観に来て下さった踊り手の皆さん。
共に、この底なし沼の様に、いや、美しい海のように、今日のこの快晴の空の様に、深くて果てのない魅力に溢れたバリ舞踊を、老後の健康のため(?)にも踊り続けて行きましょう~
楽しみましょう。
Viva! Tari Bali!!


最後に
実行委員会の皆さん。
バリの先生方、日本人舞踊家の先生方、先輩方。
この公演の成功祈願に行ったプリアタン『グヌンサリ寺院』の神様。
バイクで連れて行ってくれ一緒に祈願してくれたワヤンに感謝を込めて。

Matur Suksema!

★御礼★ 公演無事終了、ありがとうございました!

【芳野未央投稿】

昨夜は、多くのお客様に足をお運びいただき、ありがとうございました!!
送り出しの挨拶ができずに、ご無礼をいたしましたが、出演者一同より重ねて御礼申し上げます。
本当に、ありがとうございました!

また、一回のみの上演許可として踊ったパナスの「クンバリカンバリク」を、プログラム最後に上演いたしましたが、予期せずアンコールをいただき、驚くとともに、幸せでなりません。
普通、バリ舞踊の公演でアンコールがかかることなんかないです。
お客様が「クンバリカンバリク」を本気で楽しく思ってくださって、本気で「もう一回観たい」と思ってもらえたことが、幸せです。
オカ・ダラム氏の振り付け、グル・スカルノ氏の音楽の力を改めて実感しました。
そして、この曲に挑戦できたこと、この曲の楽しさの一端なりとお客様に伝えられたことは、踊り手冥利に尽きます。

他の演目も、それぞれに精一杯の踊りをご披露できたかと思います。
プリアタンスタイルのガムランと舞踊をまとめて紹介することで、他地域とプリアタンの芸能の違いがよりくっきりと見えた聞こえたという声もいただいており、それを伝えられたことも成功であったと思います。
出演者も、改めてプリアタンスタイルへの思いを深くした公演でありました。


やっぱり良いよね!プリアタンの踊り!大好きだ!!
アンコールが来るなんて、予想もしてなくて、ほんとにほんとに嬉しいです。
自分は帰りの電車でちょっと涙ぐんじゃったよ…。


 追記:オカ・ダラム氏になんとかパナス再演の許可をもらう手はないかと皆で画策中。
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ