2016年05月30日

神様メール

poster2-2

前回はオランダで今回はベルギー発であります。
前回もかなりヘンテコリンなお話でしたが、
今回はさらにそれを上回る超ヘンテコリンな展開の嵐ですな。
欧州勢のシニカルさに好意を寄せている私などはウヒヒものでしたが。
これから比べるとコーエン作品の毒なんてノミも殺せませんな。
優しげな邦題と前面に可愛らしい女の子を出したポスターなどに
惹かれて軽い気持ちで映画館に入った真っ正直な道徳人的鑑賞者の
ココロの中はおそらく私想像するところ風雪波浪警報発令中、でしょうか。(笑)
ポスターにだまされてはいけません。
観る人を選びます。

sub4_large

↗︎。神様の家族です。
左側、目つきも性格も超悪い父親、これが、神様。
真ん中、その奥さん。暴君のような夫にかしずいてる。
右が10歳の長女、本作の主人公。
JCという兄さんがいたんだけれど
彼は磔になってお亡くなりになってまって
今はタンスの上で瀬戸物の像になって人差し指で天を指して立っているの。
このJC兄さんとの会話というかやりとりが滅法楽しいのよ〜↙︎

sub6_large

トンデモ父親神様のとこに幸か不幸か生まれちまった賢く聡明な娘さんの
ある種過激な人類救済計画の顛末。
ポップでスッとんだエピソードが畳み掛けるように展開するけれど
あにはからんや、計算された映像ショットもあったりして実に巧み。
2016年ゴールデングローブ賞ノミネートも納得。
(サウルの息子にもっていかれたけれども)

sub2_large

旧式パソコンの機能というか特徴を利用した巧さったら、ない。
あの「決めショット」には思わず膝を叩きたくなるほど!

前回のオランダ発映画も、今回のも、いわゆる神様を揶揄しているんですが、
彼らの歴史と文化にしみ込んでいるキリスト教的神概念への映画的挑戦でしょうね。
大いなるブラックユーモア作品。
ゆたり〜っと笑いとばしながら観るのがいい。

<余談>
映画を観ることも歌うことも楽しみを語ることさえ、眉をひそめられた
全く喜ばしくないプロテスタントの教会に私、1年と数ヶ月、通っていました。
何がどうしてあんなところを選んでしまったのでしょう。今もってわかりません。
映画を観ること、ジャズを歌うこと、暮らしに何の喜びもなく、
いや、かえって後ろめたく感じつづけたあの1年とちょっと。
人の心は不可思議です。
短いようで長い人生、私でもこんなこともあるのです。
でも、私は神の存在を信じています。これは、確か。
現在は聖書をしっかり勉強するための学び会に参加しています。
でも、なんとなく最近思うの。
ここでも、私って、浮いてるなぁ〜って。
浮いてる・・・
神さまのそばに、近く、なったんか、私? (^^)

♫ もちろん音楽も適材適所にね。


vivajiji at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!か行 

2016年05月27日

孤独のススメ

636b8181367e5c08c6fe28971221a685

時間に厳しい登場人物を見ると
すぐこの方を思い出す・・以前にも言及したかも。
むか〜し、むか〜〜し、
アカこすりの長いのみたいなドレス着て
アタマッコのてっぺんから細い声出して、生涯通じて
窓開けっ放しのあの曲だけ三種の神器みたいに歌い、
なんせ周りがセンセセンセって持ち上げるもんだから
やたらと態度でかいまんま、あの世へお召しなされた
淡谷のり子という歌手がいたことを皆の衆、ご存知かや。
そのセンセがね、
「わたし、必ず30分(1時間だったかも)前には楽屋に入っているのよ。
時間にルーズな人はだめ。」って言ってたのを覚えている。
私も時間にルーズなのは、とっても苦手。
それだけでもう、人柄、見ちゃう、とか。
狭量かもしれないけどこれ性分だから仕方がない。

で、冒頭画像、
夕方6時きっかりに夕食を始めないと気が済まない主人公フレッドであります。
不慮の事故で妻を失い、1人息子とはすっかり疎遠らしい。
絵に描いたように「おひとりさま」になられた中高年男性のお話。
オランダ発、一風変わった“おひとりさま再生物語”「孤独のススメ」鑑賞。

kodokuno-susume

へんな邦題。
なんも孤独なんかすすめてませんよ。
判で押したみたいに時間はきっかり守る主人公ですけれど
ひょんなことからテオというかなりオツムのおかしいホームレス男を
家に入れて同居生活を始めるんですわ。
関わりたくないような風体と行動の見知らぬ男をですよ、
ふつう考えられない展開がいともかんたんにスルスルと続くのですわ。
帰ってきてから調べました。
ディーデック・エピンゲさんという演劇畑出身の監督さん言うことにゃ
“大人のためのおとぎ話”なんですと。

1459822794_6

ま、これも監督さんからの受け売りですけれど
オランダというお国は、厳格な国から比べると
かなり道徳的に寛容なお国なんだそうで
こういうお話の流れになっても全く許容の範疇なんだそうです。

何でもそうですけど
人は、痛みを通過しないと
受け入れられないようになってるんですね〜

いい映画でしたよ。

♫ ずっとバッハが流れていましたが
  涙なくしては見られない感動のラストに、この曲。
  本家シャーリー・バッシー、表現力のてんこ盛り歌唱を。
  (お歌も凄いが衣装も凄い。ちょっと憧れる。でも
   私が着たら、肩のあたり、ミカン色の“なまはげ”っぽい。)(^^);












vivajiji at 15:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!か行 

2016年05月23日

さざなみ

26389803231_91edf312d0_b

“伴侶と死別した男んとこには、絶対、嫁ぐもんではない。”
観終わった後、この至言を思い出したりしました。
原題もいいけど、今回は邦題もいいね。
ほんとに、“さざなみ” だもん。^^

45-Years-Trailer-1-SD-GoldPoster


結婚45年目の妻がですよ、
夫と関わる前の、つまり夫の滅法若かりし日の恋人に
今さら、嫉妬してどうなるのよ〜〜!

すでに亡きその若かりし日の恋人を、今はもう80爺さんにも
なってまったオットットが後生大事にしまってあった思い出グラフィーを
夜な夜な天井裏で観ようがどうしようが、・・・ほっとけば〜〜!

こういう感想なども力込めて叫びたい超ドライな私めなんぞには、
脱力っぽい違和感ずーっと引きずりながら鑑賞しておりましたけどね。^^;

でも、これは

_1_image_size_624_x

70歳のシャーロット・ランプリングを観続けるための映画ですね。
映し手も、完全に彼女の表情の変化を重要視して追いかけていますし。
妖艶な美しさあふれていた彼女の若い頃の画像も一枚載せさせてね。↙︎

Charlotte Rampling, Paris, 1985 c Bettina Rheims-thumb

しっかし、
久しぶりに圧巻のあのラスト!
いいですね〜あの一瞬!
ああいう小気味いい終わり方に会えたので座布団10枚!
ほんと、一瞬だからね、ボサラ〜〜っと観てたら、観逃しちゃうからね
ちゃんと、目ん玉ひんむいて、観てね。(^^)

♫ この曲を始め、音楽の使い方もよかった。




vivajiji at 17:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!さ行 

2016年05月18日

ヘイル、シーザー!

wyzs0tRf

コーエン兄弟の「毒」に、身もココロも“まぶしていただきたい!”と
彼らの作風にホレ込んでいる私などは終始ニタニタものでございまして
たいへん楽しませていただきました!

maxresdefault

ずっとシーザーのコスチュームのままで
アホヅラ晒しまくっておりました、おそらく余裕のクルーニー氏、

20160408-00000011-dramanavi-1-00-view

モサラ〜っとした印象のお顔立ちながら、
必殺の歌えて踊れるという芸を今回も用いていただいたところの
チャニング・テイタム君、いかんせんカラダがガチ過ぎのところも
見受けられましたがそれでも飛んだり跳ねたり美味しいとこ見せており
水着の女王の清純さに、それこそ水を差すような不始末とか、
全くふさわしくない俳優を無理くり押し付けられた監督の苦悩などなど
ハリウッド黄金期、ある映画会社のJ・ブローリン扮する何でも屋さんの
目を通した映画製作界の内幕ものでございますね。
映画関連内幕もの本、大好きで読んで来ておりますもので、
コーエン兄弟の毒のまぶし方にウハウハしながら観入りました。

355570_002

豪華俳優たちを適材適所に配して、相変わらず豪勢な使いっぷり!
あ、言っておきますが、惹句にだまされてはいけませんよ。
アホヅラ・シーザー役者誘拐事件はメインじゃないですからね。
コーエン節の小ネタのひとつですからね。
あとですね、
皮肉とか、洒落とか、要するに諧謔的ユーモアを
正真正銘、ふくよかにご理解なされる方々向きのコメディですのでね、
シーザー出るから歴史もの、誘拐だからサスペンス・・・
そんな杓子定規であられる生真面目鑑賞者には
当方、謹んで、オススメ、申し上げません。(^^);

news_xlarge_HailCaesar_Hill

↗︎ ジョナ・ヒル。
  彼、また、ふくれたね。(笑)
  ちょいしか出番なかったけど、彼はあれでいい。

前からですけれど、本編の見せ場出し過ぎ予告編多過ぎね!
でも、可笑しいから載せちゃう。(^^)↙︎





vivajiji at 19:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!は行 

2016年05月14日

ヴォーカル交代ですと。

001

最近の彼らはどうしているんだろうか
元気でツアーやってるんだろうか
大好きな「AC/DC」。
先日、情報検索していたら

_Paul,_November_2008

左っ側、ヴォーカルのブライアン・ジョンソン氏
聴力障害で、引退ではないけれど、これからのライヴへの参加は
無理とのことで急遽交代してガンズ・アンド・ローゼズの
アクセル・ローズ氏にお代わりになったというではないの。
80年代から、AC/DCのヴォーカル、ブライアンももう70近いし
あの大音量の中でずっと歌い続けてハードな世界ツアーだしね〜
どっかに支障来てもおかしくないのは当たり前ですけど
彼の独特シャウト・ヴォーカルのファンとしては、ちと、さびしい。

で、交代要員のアクセル・ローズですがね
この方、でしたよね ↙︎

Axl+Rose[5]

axl_thumb[1]

しばらく見ないうちに
こげな感じに、劣化、“ふくれ上がり”ましたね。↙︎

BIlrUqOCUAEwSHv

684x684xb31e65ca4ea297f89f198faf

5月からポルトガルはじまりでツアー中ですと。
迅速且つ親切丁寧な方が、このような動画UPされてました。
声質は似ているように聞こえますが、ブライアンの巧みなブルースの
ノリと重さが、アクセル・ローズには全く足りないのであります。
(初期のボン・スコットの表現力も捨てがたい味がありますなぁ。)
ケガなされたのか、あるいはファット過ぎて立ち続けられないのか、
新しい交代要員さんは座ってお歌いですわ。♫





vivajiji at 08:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!音楽 

2016年05月09日

あまくない砂糖の話

maxresdefault

食いもんのことと健康関連には人間さま、即反応芳しいし
この邦題の付け方が珍しく素直にいいのか
平日の午前中のスガイにしてはけっこう並んでましてね、
DVDになってからでもよかったんですけど
風もあまりなく青空に白い雲ぽっかりだったので
オーストラリア発ドキュメンタリー作品、観てまいりました。

news_header_thatsugarfilm_20160222_1

オーストラリア発だからでしょうか、
いきなりこの男優さんが出てこられたのはちょいとビックリ。^^

5066_1458299679_l-1

少し前は、風船のようなボディをなさっていた79年の「オスカー・
ワイルド」が懐かしいスティーヴン・フライ氏もお出になってらしてね、
風船ボディもこの度はかなり緩和なされたようにお見受けしましたが。

DamonGameau_a

映画自体は、いつぞやのジャンクフード食べまくったらこうなりましたのと
同じ系統で、ターゲットが砂糖に変わっただけですね。
あちらさんのは極端、つまり人体実験を面白おかしく
見せてくれるんですけれど、日を追うごとに主人公の表情に
覇気がなくなってお顔の輪郭がボヤケてきて見るからにお太りになって・・・
1日スプーン40杯もの砂糖摂取生活を2ヶ月続けるなんて、
考えただけでも、気持ちわるくなって口の中がベタベタしちゃいます。
結局、食品販売の大手企業の策略に乗せられて多かれ少なかれ
アメリカやオーストラリアだけに限らず、知らず知らずの内に
砂糖の大量摂取による食生活に慣らされてしまっていますよ。
タバコや麻薬と同じで砂糖も中毒性がありますよ。
とくと目を見開いて、食生活を見直しましょう!という啓発映画ね。
日本でもコンビニの加工食品や清涼飲料を常習的に
飲食している若い方々などに特に観て欲しいと思いました。

砂糖からの呪縛が溶けた勇気ある若者のこんな動画もありましたが。
(この後もずっと続けられるかが、一番の課題、ですけどね)^^;






vivajiji at 18:11|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!あ行 

2016年05月06日

ズートピア

Judy-Hopps-disneys-zootopia-38966363-777-777

“おだってる”騒がしいファミリーも今日ならもういないだろうし
明日からスクリーンちっちゃくなるってんで
ウサギのおまわりさん大活躍のアニメ作品、観てまいりました。
いやはや、楽しかった!
隣り近所だ〜れもいないスッキリさわやか座席でふんぞり返って、
おばさん1人、盛んに腹かかえて笑ってまいりました。
(“おだって奇声上げてる”ガキ、じゃなくお子さまはおらず
 観客は私の後方、30人ばかり居たようですが、何せ、朝一ですから)^^;

Zootopia-Judy

昔から教訓垂れ垂れの伝統は相変わらずのディズニーアニメでありますが、
何せかにせ、ちっこいウサギのジュディが
可愛いの、何のって!!

tumblr_o2v9gsLij51v5vwtto2_1280

顔の7割り方、目、ですわ。
目は口ほどに、なんてもんでなく
でっかくて綺麗なパープル色で
ほんと吸い込まれそう!
で、もって
ちっこい、お口が!
ピンクのあのお鼻が!!
お耳の垂れてるのがまんず可愛いんだわ!

images

こういうアニメの造型の進化はすごいし
あちらはこういうキャラクター作るの、ほんと、お上手。
お話もトントンとわかりやすくテンポも軽く
でも言ってることは、教訓垂れ垂れ・・・で。(^^)

しかし、本作貢献の、最大のヒット・キャラは

43

002564bb4193184cac0205

この方、です。                         ↗︎↗︎↗︎↗︎↗︎
この方が登場しますと、その辺の空気感が、一変しますから。(笑)
(Youtubeで関連動画見れますがあのまったりテンポ味わうには絶対!吹替版!!)




vivajiji at 19:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!さ行 

2016年04月30日

レヴェナント 蘇えりし者

61RfpsLbX5L

アレハンドロ・ゴンザレス・稲荷寿司ふたつ監督の話題作
連休喧噪期前に観て参りました。
3DではないI-MAXスクリーンで。
(3Dもいいけど、ありゃ暗いね)

ところどころ、T・マリックっぽい映像もあったりして
撮影は、とてもすばらしかった。
過酷な運命に晒される主人公と同じく
観る我々も原始の中に投げ出され翻弄され、
腹立つくらい冷酷かつ美しい自然に見下ろされ凝視されちゃいます。

o0800045013504128421

話は単純で、無惨に息子を殺され自分も亡き者にされそうになり
完全復讐鬼となったディカプリオ氏がありえないくらいの根性と体力で
シッカとサバイバル術駆使して意地汚い宿敵を追いつめるわけですな。
ふつう、死んでますな、あの状況では。
ま、ディカプリオ氏の大自然版ダイ・ハードでしょうか。

売れてるトム・ハーディ氏。
本作では、いっつもガム噛んでるみたいなしゃべり口調が特徴的でしたが
ハラワタ煮えくり返るほどの悪人には見えなかったのは
やはりあのつぶらな瞳にジャマされているのかしらん。^^;
先日観た走る車の中だけの一人芝居映画はよかったですね。

8WJ7TMMh

エンディング、
満身創痍のディカプリオ氏、こっちをゆっくり観るんですわ。
あれって、あの視線の意味ってなんでしょうかね。
・・おいら、こんなにカラダ張って演じたんだぞ〜〜・・・
そんな風に感じたのは、私だけ、ではないと思いますが。(^^);




vivajiji at 21:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!ら行 

2016年04月26日

アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち

poster2-2

観客を呼び込まなければなんないの!
特に、中高年層を!
そんな声が聞こえてきそうな副題がご丁寧についた本作。
ナチス・ドイツものは、柳の下にドジョウが何百匹?・・・
残酷な戦争の実体をこれほどまでに描かれまくってきた題材は
映画が発明されて以来このかた見当たらず、このたびもその
ドジョウの1匹にはちがいないのですけれど
これはちょいと視線を変えたものとして
私、興味喚起されましたので、観て参りました。

640-4

↗︎この画像、私たちは、幾度もなんらかの形で観ておりますね。
最近では話題作「ハンナ・アーレント」でした。
(生き残ったユダヤ人男性の証人陳述の最中、興奮のあまり、彼が失神し
床に昏倒する直前の重要な数秒を撮り損なったエピソードも疑問が氷解しました)
この映像、つまりアイヒマン裁判をTV放映化するために奔走したその当時の
撮影をはじめ企画製作監督側に焦点を当てたのが本作なのね。
あの一筋縄ではいかない面倒臭いイスラエル人を相手に、ぜひ、世紀の裁判を
世界中に発信したいという裏方さんたちの孤軍奮闘ぶりを、私たち映画ファンは
観られるというわけ。

640-1

かつての「銀河ヒッチハイクガイド」、あのモッサリとした箸にも棒にも
乗ってもすぐ滑り落ちそうだったマーティ・フリーマン、彼も
ずいぶんと出世なさいました。感謝すべきはあの現代的シャーロックもの。
なんですか、今じゃ、カンバーバッチよりも彼のほうが手堅く細かく
お稼ぎになっているように見えますね。

光が輝くためには、闇があったればこそ、とは自明の理では
ございますけれど、ナチス・ドイツとかつては肩を並べていた我が国ざんす。
「あのな、この日本だって陰で何こそやっていたもんだか・・・」
毎夜、晩酌時、戦争話を(青い小学生だった)私に語り続けた亡父の
語り口がしみじみ思い出された映画でした。

♫ 監督が宿泊していたイスラエルのホテルの女主人(腕に数字の
  彫り物が入っていたからきっと収容所の生き残りね)が放映完了後、
  「because of you!」(あなたが作ってくれたおかげなのよ!)
  って3回も力強く言うシーンがあるの。いい場面でした。
  で、
  「because」!
   あれだ!と↙︎この曲、すぐ思い出したわけ。^^



vivajiji at 15:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!あ行 

2016年04月20日

スポットライト 世紀のスクープ

FullSizeRender-5-768x1034

今年のアカデミー作品賞と脚本賞とった映画ですね。
この手の話が好きな方でしたらすぐあの名作を思い浮かべるでしょう。
そう、「大統領の陰謀」。
ほんのちょっとのヒントに食らいついた新聞記者さんが
時の経過と共にどんどん事の真相に迫って行き、まさに寝食忘れ東奔西走、
記者としての使命を全うすべく、大々的に公に発表するまでにこぎつける。
トム・マッカーシー監督の本作も、地道な新聞記者さんたちの
活躍を淡々と描きながらも力強い作品になっておりました。

あっちは、時の大統領がターゲットでした。
秘密工作暴いちゃって失脚まで持っていけた。

poster2-2

今度のターゲットは、「教会」。
単に「教会」といっても、これは、カトリック教会ですね。
八百万の神しか知らない、というか、そもそも知ろうともしない多くの
日本人には、対岸の火事ぐらいにしか感じられない事件の映画化かも
しれませんが、観ておくべき映画であり、痛くない腹を探られるかのような
嫌悪感だってきっとあったに違いない大国のこれは恥部を堂々と世間に晒した
勇気ある度量を見せてくれた力作とも思います。
大バカ映画も作って持って来るけれど、こういう地に足付けたちゃんと
した映画もあちらさんは製作し続けて下さることが映画ファンとして嬉しい。

sub1_large

記者チームが一丸となって着実にターゲットを追いつめて行く過程だけを
丹念に描くだけでなく、「バードマン」以来、いま再注目のキートンを
はじめとして他の俳優たちの真摯な演技は観ていて安心この上ない。
半世紀前、私が映画を観始めた頃を思い出して
もともとアメリカさんって、こういう題材をうまく切り取った映画を
沢山作れていたんだよなぁ〜 そんなこともふと思い返された秀作です。

♫ 題名から即浮かんだ曲。
  ジャズではありません。
  私の音楽ルーツは、そもそもロック。
  80年代は、まさに力任せのわが人生と並走するかのように
  彼らに代表されるヘヴィな重低音ロックを日々聴きまくっておりました。
  勝手に意訳して“部分照明の餓鬼”(意味不明)とか言って喜んでおり。(笑)




vivajiji at 15:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!さ行