2021年05月02日

オリンピア・デュカキス、逝去。

e0052736_173625


  落ち着いた演技者で

  好きな女優さんでした。

  89才。

  ご冥福を。




vivajiji at 09:11|PermalinkComments(2)clip!あ行 

2021年04月14日

気分、NOW!!



  
  終わったぜぃ!! 総会 !!

  これぞ、   か い ほ う か ん !!!  🤣 🤣 🤣



  どうにも台所で踊り狂ってる動画に目が止まって仕方がない。

  私が歌い踊りだすと必ず体を擦り寄せてくる愛猫も思い出されたりして。

  また今年度も役員を仰せつかる。

  私でよければ!

  どんこコイッ!

  愚痴と文句ばっか言って、指一本も動かさない輩なんて、へのかっぱじゃい!

  民度低い国民性を凝縮したような、わが自治会。

  草は生え、ゴミは溜まり、雪もまちがいなく降り、

  律儀に「広報さっぽろ」は毎月来て、

  どこかで誰かが転んだり入院したり、はたまたお隠れになる・・・

  困りごともあるけれど、「頼りにしてます」のひとことが滅法心強い。

   〜 ブタもおだてりゃ木に登るんだわね 〜  👏

  ま、平常心で今年度もがんばりたい。



  

  

  


 

 

vivajiji at 13:48|PermalinkComments(0)clip!その他 

2021年03月24日

凄いなとは思うけれど



うら若きプリティな娘さんが

たった一人で黙々と山登りしている。

それも、やさしくない山ばかり選んでいるような動画。

当初は、凄い女性だなぁ、おまけにメンコイし・・・とか

呑気に見ていたのだけれど、これってかなり危険なんですよね。

マネするヤカラが必ずいるから恐いなぁ。


 三月もあと残すところ一週間。
 四月に入ると、わぁ〜恐怖の「自治会総会」だよ。
 ああ〜、早く終わってほしいわ!
 で、お口なおしに、「三月の水」^^♩





vivajiji at 09:04|PermalinkComments(0)clip!その他 

2021年02月13日

意味深なタイトルよね

EfjM1t4UwAAi-rG

「身分帳」。

なんて地味地味な原作本の題名。

この本に惚れ込んで映画化、西川美和監督がつけた「すばらしき世界」。

ブログはじめてからずっと懇意にさせていただいている

十瑠さんチのご紹介動画でピ~〜んってアンテナ立った。^^

西川さんでしょ

役所さんでしょ

ほとんど読んだ佐木隆三さん原作でしょ

映画はもう昨日からやっている。

今時期、北国、無理

老女、特に無理

地下鉄まで、ああ、考えただけでも無理

プライム、DVD化されたら観る、絶対観る、観たい。

81U993RlcBL._AC_SL1500_

ありがたきかな、原作「身分帳」kindle化。

先代kindleくんが浴槽に水没、即引き上げたが約20分で事切れた後

防水機能付き第10世代kindleくんがウチに来て連日大活躍

軽くなって進化して気分よくなってカバーまで装着して

すこぶるスムーズ読書ライフで懐かしく佐木隆三を読み進むシアワセ。

沢木耕太郎、「テロルの決算」山口二矢

「無知の涙」永山則夫 などなど

探せばまだまだあるにちがいない「すばらしき世界」とは対局にある

生まれてきたことさえも呪いたくなるような悲惨な生を背負った人間の話。

この類い、相当数読んだけれど今度もまたやりきれない男のストーリー。

正直、単にいい話なんかにして欲しくない、ヒネくれた老練鑑賞者の願いだ。

ま、あの西川美和さんだから、だいじょうぶ、とは思うけどね。








vivajiji at 14:13|PermalinkComments(2)clip!さ行 

2021年01月23日

流しておく音楽




本を読むとき、真剣こいてモノ考えるときは絶対に無音。

コマゴマした家事を遂行するときはなんかかんかの音楽が欲しい。

モノを片付けるときと流しに立つときは、必須。

思いついたの選んで背中に流しながら、作業をすすめる。

ロックやジャズやもちろんのこと変わり種としては

インド仏教のゴワンゴワンしたのや高橋竹山せんせいなども。

結論。

知ってる曲は、かえってココロ休まらない。

次のフレーズ、当然脳内に次々浮上する、これが案外疲れる。

ゴワンゴワンしたのや竹山せんせいもイイけれど、けっこう個性的で飽きてくる。

路線変更。

年明けから老女は⬆️のショパンだよ、ノクターンだよ。

クラシック、苦手印全開の私。

ティエリ・ド・ブリュンホフ氏がお弾きになってるとか、もちろん知らないけどね

不思議と疲れない。

youtubeさん、ありがと。


♪ で、こんな楽しい動画をみつけた。
 もう、知ってる方々多いでしょうけれど
 この企画は知らなかった。
 既成の歌手とはまた違った味わいが感じられて頗る嬉しくなった。
 当たり前って言えば当たり前なんですが、
 常に人に観られていつも声を出して
 そうそう感情移入と表現力を商売としている彼女たちだもんね〜
 総じて巧いけれど、個人的には、平淑恵、高島礼子、そして
 セリフ回しは苦手ですけれど、大竹しのぶの人形の家は感動しました。









vivajiji at 09:23|PermalinkComments(4)clip!音楽 

2021年01月06日

謹賀新年 2021



 🌷 目に麗しいスターたちの動画アップに感謝です。

   新年の眼福をおすそ分け。




 キーーンっと冷えまくりの今年の冬

 降雪と寒さはこれからが本番

 雪まつりがなくなっても

 おいらの暮らし、なぁ〜〜んにも変わらん。

 着込んでブンブクぶんになっても、いつもの日常・・・・ とはいえ

 愛猫ジジくんがいなくなってはじめての冬。

 灯油ストーブの前の空間がやたら広く感じます。



 あけましておめでとうございます。

 いろいろ、いろいろ、あり過ぎて大変だろうけれど

 今年も、がんばって、いやいや、平常心で生き抜きましょう。

 本年もよろしく。



 

vivajiji at 09:09|PermalinkComments(2)clip!日々の雑感 

2020年12月19日

ジョン・ル・カレ、逝く

22177004124

ピシッとキメたスーツに胸のすくアクション

色気と爆発物満載のジェームス・ボンド映画みたいなスパイ、

じゃなく、なに考えてんだか地味で地味で陰湿で暗くて運動不足で・・・

そんな英国スパイものを書き続けた元スパイの大作家ル・カレが13日、逝かれた。

拙筆の私などよりも、今回は

←お気に入りブログにある「風と共にハリウッド」

12/14の記事「R.I.P JOHN LE CARRE」を超オススメします。

89才。

ご冥福を。













vivajiji at 15:17|PermalinkComments(0)clip!その他 

2020年12月12日

キム・ギドク逝去

640

飛び込んできた最新ニュースを見て

思いっきりの失礼を言わせていただければ

残念でもあり、さもありなん、とも思いました。

好悪の評価が真っ二つに分かれる映画監督・優れた脚本家。

「鰐 ワニ」
「魚と寝る女」
「受取人不明」
「悪い男」
「春夏秋冬そして春」
「サマリア」
「うつせみ」
「嘆きのピエタ」

彼の作品、入れ込んで観た時期のあの興奮を、いま思い出しています。


一瞬にして心臓を射抜かれるような映像表現の美しさに

酔わせていただくうち、あれよあれよという間に悪い評判が鳴り響き

何でしょう、このごろ映画も彼も見なくなったぁ、と思っていたら

いきなりの訃報。

約12年ほどの間にあの作品群、数々の受賞。

直滑降で突き進んだような映画人。

59才。

早かったね。

合掌。





vivajiji at 07:35|PermalinkComments(0)clip!か行 

2020年11月13日

お名前が・・・

81DySnYVQcL._AC_SL1500_

BS映画が、さっぱりサッちゃんなもんだから

このごろは密林もっぱらプライムビデオ鑑賞。僅少モノクロ選んで。

きのうは、1948年版「ハムレット」観てたの。

ちゃんと作られている作品は、何回観てもその都度何かしら発見があるの。

観た方々ですとおわかりでしょうが、冒頭の亡霊見ちゃう夜警さんたちの場面・・

その中のお一人に、札幌市の映画フリーク老女は目がとまったとおぼしめせ皆の衆。

「この男優さん、観たことあるなぁ!あるある何回も!うんうん!

はて、なんという男優だっけ?」 出てこない出てこない名前が。

はい、この人 ⬇︎ 

e0034633_12341086

たくさん観てきてる人ならきっと見覚えのある英国男優さんでしょ。

結局、お手上げで、配役名、検索、 で、アンソニー・クエイルさん。🙌

おっと、勲章もらって、サー・アンソニー・クエイルさん。

「ナバロンの要塞」負傷して担架で運ばれる役ね、覚えてる?
「アラビアのロレンス」
「ローマ帝国の滅亡」
「鷲は舞い降りた」この題名、何度聞いてもかっこいいわ。
「聖なる酔っ払いの伝説」 などなどいっぱい観たけれど忘れてるのも多い。
ハムレットでのマーセラス役は彼35才のときだからまだまだ初めのころね。
多くの名作に出演なさってます。(1989年76才没)

この男優さん見てるとなんとなく安心するのよね。
で、貴重な写真、見つけた。

p_9570_02_01_02

作品名、不明ですけど、左側の人、わかる?

0336feb82b07c6fb7f51f382bcf7d1c9-1

クエイルさんと殆ど同期だったのね。

役柄と印象だけからですけれど、

安全牌的クエイルさんと対局におわせられるところの男性的魅力にあふれた、

  サー・ショーン・コネリー氏。

あの目、あの眉、あの唇、あのガタイ、そして、あの声!!

滅びゆく草原ヘッドなんのその、爺いになっても色気と渋さダダ漏れ紳士!!

90才でご逝去。

ご冥福を!! でございます。





vivajiji at 09:40|PermalinkComments(4)clip!あ行 

2020年10月09日

覚えていないのにも程がある

i-img900x1200-1594664545xls6km476
 

なんとも大レトロな邦題「忘れじの面影」。

はるか昔に、どしてだか買ってあったDVD。

観ないとたまる一方。

がっつり改心して少しづつ鑑賞のノルマを我に課す。その中の1本。


かつて売れていたピアニスト男子(仏訛り丸出し英語のルイ・ジュルダン)

たしかにイケメン、イケメンだが、なんか、足りない。

いまは堕ちぶれて遊興にせっせと励んだ末路は、明日の決闘ときたもんだ。

すっかり逃亡する気持ちでいた彼のところへ、一通の便りが届く・・・

映画の99%、この手紙の内容。あれって便箋、何十枚?(^^)

ヒロインの思春期からさまざまあって結婚し立派な貴婦人に、だからね。


はんかくさいメロメロな悲恋ドラマ。

綺麗でビューチフルで健気なジョン・フォンテーン(リザ)を

人生で3度も逢瀬を重ねているのに、覚えていないってあり得る?

若年性健忘症?今で言う早めの認知症? 何も考えてない遊興アホたん、スカたん!

救われないってからややしばらく救われないストーリー。

でも、モノクロ効果なのかなぁ、細やかなんだわね〜描写がね。

仏訛りジュルダンのイケメンさもさることながら

ジョン・フォンテーンのキレイなことったら!!

彼女の、もの哀しい表情、たまんない!!

忘れ過ぎだよ!映画「忘れじの面影」(^^)

シンプルなモノクロ作品、やっぱリ、いいねぇ。


🎦 YouTubeさんに映画まるごと全編ございました。
  字幕ないけれど、雰囲気でわかるよ。


vivajiji at 12:57|PermalinkComments(4)clip!わ行