2018年11月08日

フランシス・レイ、逝く



買物から帰ってPC開けたらいきなりの訃報。
名前と楽曲のワンフレーズ聴いただけで
今でも胸キュンとなっちまって、やたら
こっ恥ずかしくなる彼の音楽世界。

どの時代も自らにとっては激動なんだけれど
彼が担当した映画音楽の素晴らしさとその沁み沁み加減は
自分の青春と如実に同時進行しちゃってるもんだから
ほんと今じゃ穴があったら入りたいくらいの胸のときめき・・・

死ぬほど観た「男と女」、「冬の恋人たち」もいいけれど
今の気分はすっかり観た気になる冒頭動画の青春映画。
何でこんな映画にココロ揺さぶられたんだか。
若さの、アホタンキョ。
フランスに生息してた田舎臭いイモにーちゃんに
どこがいいのか下手くそナタリー・ドロン、
話はどこから観ても「It`s a old same story」でさ。
消費税入れても480円くらいの映画なのに、あ〜それなのに
哀感たっぷりこれでもかって奏でられるあの彼の音楽でしょうが!!
フランシス・レイ。
86才。
いい時代をありがとう。
素晴らしい調べをありがとう。
ご冥福を。


♫ やっぱり載せたいこの曲〜


vivajiji at 12:40|PermalinkComments(4)clip!は行 

2018年10月22日

有料動画配信サービス

518GwHMsHcL._SX322_BO1,204,203,200_

「U-NEXT」「netflix」を経て、今は「hulu」をお試し中。
アクションやゾンビ、家族密着ベタベタ、恋愛バカ天国もの等、
興味なしの鑑賞者が選ぶものは、ごくごく限られているわけで
それでもこれは少し観続けてもいいかと視聴契約したのは「netflix」。

2週間というケチくさい縛りにブーブー言いながら全く期待薄で
観始めた「hulu」。
ここだけ配信という「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」。
異様とはいえその爆弾級着眼点と出来の良さに惹かれ
カッと目を見開いて鑑賞、毎回、楽しませてもらっている。

女性として
実にイヤな話である。
書いた人ももちろん女性。
作り手の多くも女性。

いつかどこかで、
「僕は女性にしか期待しない」と
勇気凜々の発言をした男性もいらしたけれど
人類歴史、見渡す限り「男社会」であって
いっつも虐げられ続けているのは「女と子供」。
世界の宗教の4割強を占めるキリスト教。
その原典なる聖書、文字づらだけで解釈すれば
この「侍女の物語」にあるように究極の男尊女卑の書物に感じられがち。
で、私が聖書を初めて読んだ中学3年当時でもアメリカには
キリスト教を名乗る教派が2300を優に越えて存在するともれ聞いた。
同じ聖書を用いていても極端な話、人の数だけ解釈があるし
それらを踏まえても、ただ驚いているだけでなく冷静な眼で観れば
かの「1984年」に感じられた圧倒的閉塞抑圧恐怖の女性版。

質の高い海外ドラマは今どんどん作られています。
民度の低さ露呈しているどこかの国のお湯臭いドラマなんか
シッポ巻いて逃げ出しますよ、ほんと。








vivajiji at 09:47|PermalinkComments(2)clip!日々の雑感 

2018年10月17日

自治会行状記

03_2

いまや全国で絶滅危惧種的扱いに近い自治会運営。
市管理の集合住宅が見渡す限りの団地群、その一画がわが自治会。
ポンプで各最上階まで水を汲み上げているのは電気、
先月6日の地震でパッと非常電源ありがたき階段と玄関の電気、
専用駐車場の前と後ろにある大きな街路灯も電気、
この電気料金が皆様の会費で賄われていることさえ
ご存じない暴言老人もいたりするから困る。
ちょっと気に食わない事があるとす〜〜ぐ
「会費、俺は払わんぞ!」と来る。
「そうですかぁ〜〜、じゃあ、水、止まりますよぉぉ〜〜」
会費の内訳を嫌味なくらい懇切丁寧に説明すると
目を白黒させながらダンマリを決め込む。
駐車場やごみステーションの維持管理、年3回の草刈り、
冬期間の除雪の手配(10センチの積雪で除雪車出動)
春秋の町内大掃除、総会、新年会、懇親会、敬老慰安会、
お一人暮らしの70才以上の老人の見守り、毎月の回覧板配布回収、その他
もろもろもろもろ・・・・・・・
やれ違反ごみだ、
不法駐車だ不法投棄だ、
階上から水降ってきた、
ポストからチラシあふれてるのよ、どうにかして頂戴、だの
あの地震時、「ラジオあるけど電池がなぁぁぁ〜〜い」って
朝も早よから☎︎来るから単2電池4個持って走って届けて
ホッと一息、つくヒマもなく今度は「ラジオ聞こえない」と☎︎。
どしたもんだと行ってみれば電池「+」「ー」反対に入れてる・・・
幸いなことに約半日で電気回復。
ひとときの喜びと安心が去った後、
今度は「テレビ映らないの、どうしてぇぇ〜」と来たもんだ。
関連受信契約によってどうやら時間差が生じた模様。
テレビ見なくとも一向に不自由を感じない我が身にすれば
ずいぶんとテレビに依存している方々が多いことに改めて驚いたり。
で、冒頭画像の玄関灯に関しての話題は、また次回に。
古いポット式灯油ストーブをその辺に棄ててあるとの通報あり。
はいはい、いま行きます、参ります。
絶滅危惧種自治会運営、ほんと大変。
でも、けっこうやり甲斐もあるって最近自覚あり。
他者のために動ける自分がいる。
若いときじゃ、考えもしなかったわよ。
人間、古くなるのもわるくない。










vivajiji at 09:44|PermalinkComments(0)clip!日々の雑感 

2018年10月02日

アズナブール、逝く

51DlamtTgLL

シャンソンはあまり詳しくはないけれど
この方の歌唱にはずっと魅力を感じ続けてきました。
本名:シャアヌール・ヴァリナグ・アズナヴーリアン
(一度で発音できない絶対に舌かむアルメニア系)
シャンソンの偉大なる歌手、そして俳優
シャルル・アズナブール氏、逝かれました。(合掌)

♫ この曲もそうですが「マイ・ウェイ」などに代表される
  同じメロディーを何度も繰り返しながらエンディングに
  感動を集結させる曲には卓越した感性と表現力が必須。
  天才、アズナブール!
  一声で、全聴衆を惹きつけます。


素晴らしい歌、たくさんの楽曲、演技
いままで楽しませていただきました、ありがとう!!

数十本の映画に出ていらっしゃいましたが
観た中で印象的だったのは、ノーベル文学賞作家
ギュンター・グラス原作を映画化したフォルカー・シュレンドルフ
監督作品の「ブリキの太鼓」(1979・独)。
原作の628ページに目がクラクラしつつ独特且つ強烈な映像に
唖然としたまま映画館を出た記憶がよみがえります。





vivajiji at 07:46|PermalinkComments(0)clip!音楽 

2018年09月18日

エレファント・ソング(2015)

img_0

あと3日で終わってしまうんだけれど
動画配信U-NEXTの30日間無料お試しを
お試しして観ているの。
120インチ・プロジェクターでね。(にひひ)
結論。(相変わらず、早っ)
洋画だけでもかなりの作品数あるのに
ほとんど観てしまっているので
観ていないのを探すのに時間をとられてる感じ。
「全身小説家」なんて映画もあったけれど
極東アジア小国の端っこに住む全身映画エキスに
汚染されている映画おばさんにとって老後映画鑑賞環境は
整ったけれど未見映画を眉間にシワ寄せて探すのもこれまた
うれしいような物足りないような・・・
ということで
以前観た中で「これはもう一度観たいかも」作品の1本
カナダの逸材グザヴィエ・ドラン主演作で「13デイズ」以来
ごひいき男優のブルース・グリーンウッド⬇︎

CAiB8tiWsAA8p-K

も出ている「エレファント・ソング」を昨夜、再鑑賞。

IMG_20160323_000103-1024x576

元は舞台劇。
好物の会話劇。
精神病院の院長と若い男性患者の心理戦が一つの部屋内で展開される。
婦長や院長の妻がちょこっと出入りするけれどほとんどが2人の会話で進む。

cast01

熱望出演だけあってグザヴィエ・ドランの入れ込みお芝居は
演技凝視鑑賞者にとって垂涎の至福。
彼の目線・唇のゆがみ・体の位置や使い方、すべてに意味勘ぐり症候群頻発。

maxresdefault-1

名声の中に生きる自分の母親は、母親であっても、母親でなく・・・
愛を求めれば求めるほど感受性の強い息子は渇望感に苛まれ心を病んでゆく。
容姿にも頭脳にも優れていればいるほど病んだ心根は高圧的にねじ曲がり
狡猾な悪魔はいとも簡単に彼の精神と肉体を蝕み自滅の地獄への道へと誘う。
演技者はもちろん、よく練られたホンです。
主人公の苦悶のラストにぜひ逢っていただきたい。



vivajiji at 08:44|PermalinkComments(0)clip!あ行 

2018年09月06日

大げさかも知れませんが

00744011351

とうとうこの世ともオサラバかとも思いました。
災害が少ないから、北海道へいらっしゃいよ、なんて
ハンカクサイ(道産子方言でアホ)記事書いちゃったら
ほれ見なさいよ、怒涛のような暴風台風は来るわ、
今朝というか暗い明け方、来た来た、もんのすごい揺れ、
それも縦縦横横まるで飛び跳ねるような変な気持ち悪い揺れでね〜
おまけに長いんだこれが。
私、即刻トイレに駆け込んで両手で梁をしっかり掴んでいましたけど
不安と恐怖で立ってられなくなって思わずしゃがみ込みましたもん。
「ジジ〜〜〜!!ジジ〜〜〜!!」って絶叫しましたが
どこさ行ったもんだかジジの姿は見えず・・・
お向かいの娘さんが「次、でっかいのまた来るからすぐ逃げて!」って
すんごい形相で誘いに来たのでとにかく財布だけ持って転がるように
階段駆け下りてすぐ向かいの公園に走った。

近所の方々、10人ばかし。
見上げたら、やたら星が綺麗で。
星のことなんかかまっている場合じゃないのに
人間って、停電で真っ暗な中、皆で夜空見上げて。
ごく最近近間にできたローソンが店真っ暗で営業できてなくて
先輩格のセブンイレブンはふつうに営業しててモノ売ってる。
「ローソンだめね、やっぱりセブンイレブンだよね、
ところでいま揺れてない?揺れてるよね」とか言いながらしてたら
夜が明けた。
愛想もクソもなく星もいなくなった。

階段だけは非常灯がついている我が家に戻った。
鏡台の大きな鏡が強烈なスライディングかまして
ピアスもアクセサリーも口紅もなぎ倒した割には
割れずに鎮座していたしコーヒーメーカーも
ぶっ飛んで転がってジジの水も揺れで半分になってた。
ジジは押入れの隅っこでこっち見てた。

ガスは大丈夫だった。
水道はこの団地独自で電気でてっぺんに汲み上げているので
停電すると水、来ない。
冷蔵庫で溶けかかる食品のことが頭から離れない。
尿意も迫る。
隣人は教えてくれる、復旧は1週間かかるって。
いろいろシュミレーションしてるうちに弱いけれど何回も揺れる。
「公園の水道、水、出てるよ」
午前と午後、往復してトイレの水確保。
そんなこんなしてるうちに最初に息子、小一時間たって娘夫婦来る。
水は4時前、電気は日没6時頃、復旧した。
夜、大きな余震来るらしいと皆が言う。
丸半日強、全道が止まった。
想定外を想定しても、自然には勝てないってやっぱり
ハンカクサイおばさんは思っているのよ。
ちゃんと生き延びてこうやって記事かけてるから安心してね。





vivajiji at 19:32|PermalinkComments(12)clip!日々の雑感 

2018年08月29日

惹かれますこの題名

5ac0bf5a960ff15c

ポスターや予告編見るなり一瞬でココロ喜び心拍上がり

この突き抜けたバカさ加減に付き合ってみたくなって

観に行くか、シネコン、

ってな、気持ちになりました。

「転々」や「インスタント沼」作った人でしょ

へんてこりんの変な作風でけっこうファンいますね。

観ましたよ、私も。

アタマっこ切り替え装置付きの方でしたら楽しめますね。

ま、

阿部氏をはじめおおよそ一瞬芸の乱発芸人の

パーテイみたいな映画かと。

が、


「 い〜〜つまで、そったら歌い方してんの〜〜

  ちゃんと歌え!ちゃんと!

  ジャズば、バカにすんでねぇ〜〜〜〜〜!!!」


セッションで毎回ほえてる(ココロの中で)歌おばさんは

この題名に、惚れた、観に行く。

ロックでしょ、

大音量でしょ、

映画館でしょ!


短め予告編。




vivajiji at 09:10|PermalinkComments(2)clip!な行 

2018年08月19日

これからも・・・


2005年の8月4日ブログ開始。
であるからして
とっくに14年目に突入。
突入してるにも関わらず
あ、13年たったか。
あ、そ。
ってな感じで感慨というものにはほど遠い今日この頃。
ではありますが、ま、これからもこんな感じでヨロシク。

で、

映画館。
行かなくなりましたね〜
身辺の雑事増えたのもありますが
あの椅子に2時間が辛くなってきました。
そうです、腰痛です。
あっち向いたりこっち向いたりしょっちゅう位置変えて
座り続けるのが去年あたりから如実に負担化、2時間以上の映画の
場合は迫り来る尿意との戦いもあったりして、どうにも
映画自体を楽しむどころの話ではなくなりましてね。

指図される指定席
マナー悪い鑑賞者の存在
わざわざ出掛けて行って観る良さが体感できなくなった。
長靴履いて傘さして喜んで観に行っていた私が
大義と感じるようになった←体力&年齢のせい。

ブツブツ言ってたって仕方がない。
ずっと考えていた、こんどは、あれだ。
あれを導入しよう。

large

ちょうどいい按配で500円玉貯金もたまったことだし。(^^)

619rtZt2KrL._SL1000_

3500ルーメンの明るさ
リーズナブルな価格
アマゾンの高評価
もちろんの中華人民共和国製でしたが
エイヤってお買い上げクリックしたら翌々日届いた。
ちっこいだけちっこくて言いたいことだけしか書いてない取扱説明書。
短気決戦おばさん、即、長女の旦那さんを呼びつける。
飄々と淡々といともやすやすと配線完了。

cont_02_02

IMG_9303-1-1024x683

結論。
もっと早く買えばよかった。
こんなに安くなっているとはつゆしらず。
こんなにくっきりはっきり鮮明映像だなんてなんでみんな教えてくんないの!
120インチだよ、120インチ!
(今までのテレビが40インチ。
けっこう大きいとか思ってたのがアホみたい)

録画していた映画やドキュメンタリー
アマゾンプライムビデオ映画
同じく近ごろ優秀な海外テレビドラマ
DVD、おまけにYoutube動画も。

ベッドに寝っ転がって
毎晩のマイホームシアター!
でかいはイイ。
きれいはイイ。
愉悦至極!極楽じゃ!!

みなさまもいかが?
おすすめよ。


♪ アレサ・フランクリン。ご冥福を。
  ウーピーと共演、30年以上前の映画から。
  ウーピーもアレサも若いね。





vivajiji at 14:50|PermalinkComments(7)clip!その他 

2018年08月07日

これからは・・・

apple-imac-27-mf125na

さ、寝ましょかね、
昨日の夜、マイiMacのりんごマークをクリック
システム終了をクリック
なにもしないと◯◯秒後には終了しますという文言を横目に
気の短い前期高齢者は即終了をクリック・・・
あれ?日本語表記だったのに英語表記になってる・・・
イヤな予感・・・
終了してくれない。
終了できません、やり直せ、って出る。
で、やり直してるのに、終了せん。
で、何度もやり直すわけだ、メカ音痴の人情として。
言うこときかん!
なんだ、この、ぺったらこいブツは!
で、気の短いメカ音痴おばさんは
さっそく長女のハズバンドに電話で助けを求める。
数分で問題は解決。
改めて立ち上げた本日の朝、一番先に目に入ったニュース

320


ロバート・レッドフォード御大
俳優業、引退。
これからは
監督業に専念するとか。
81才だよ。
元気だね。
ハンサムですけれど、小憎らしいくらい沈着冷静過ぎて
危なさというか男独特のヒリヒリ感を最後まで見せないのが、
個人的に諸手をあげて応援できない役者の一人ではあったけれど
もう彼は十分俳優としての成果は達成したと思う。
これからは、以前にも増して良き映画を、大人の映画を、
大人のための映画を作ってください、期待しています。

いい企画ね。↓




vivajiji at 09:48|PermalinkComments(4)clip!

2018年07月29日

越してらっしゃいよ、北海道へ。

21195506


もうほんとに今度の台風の進路

あれってなんなの?

もう、狙い定めて進んでるみたいじゃないの。

通り道になっている各地の方々

じゅうぶんにお気をつけくださいね。


こちら北海道

気の毒なくらいピーカン晴天つづいてます。

日中あがって29度くらい。

風の谷のナウシカの谷みたいにずっと風もあって

すんごく夏らしくて、いいお天気。

あしたは町内の草刈り日。

私が刈るわけじゃないの。

自治会費の中からお金払ってね、業者さんが刈るの。

5人の作業員で朝から晩までたっぷりかかるの。

冷たいドリンク出したり、あ〜して下さい、こ〜して下さいって

役員はけっこう忙しいの。(←私ね)

あ、

そんなことよりも

いやほんと

災害頻発過ぎでしょ、そちら。

私、まじめに思うよ

いらっしゃいよ、北海道へ。


♫ 訳詞がすばらしい!





vivajiji at 16:18|PermalinkComments(4)clip!日々の雑感