2023年05月28日

祝!役所広司

PN2023052801000107.-.-.CI0003


かなり偏りめの当方の性分でもあり、

手放しで応援している訳でもないけれど

もうかれこれ40年近く前、伊丹監督の「タンポポ」を観た時から

がっつり印象付けられた、という風でもないけれど

彼の出演作はかなり観てきたような気がする。


”また役所広司かい”

”ほかに役者いないんかい”

”どこに出てても役所広司よね〜”

巷の衆に揶揄されつつも、この長きに渡る役者稼業。


彼へのインタビュー映像を何度か観た時に感じたのね。

あのホワホワした笑顔で、毎度、あたりさわりのない受け答え。


結論。

役所広司は、巧い上にズルいのです。

役者は、巧いのはもちろん、ズルくなければなりません。

そして、なんと言われても、生き、残り、続ける。


また、役所広司か、と言うなかれ。

また、役所広司、なのです。

カンヌ男優賞、おめでとう!!













vivajiji at 08:57|PermalinkComments(0)clip!や行 

2023年05月14日

めんこい、ホテル・カルフォルニア♪




はじめ、インストだけかと思ってたら

歌も始まっちゃって、あらためてビックリ!

演奏もすごいけれど、お歌もちゃんとしてる。

これ歌詞も長くて口の中泡だらけになるのよ極東アジアの民は。

素晴らしいもん見せてもらった。



vivajiji at 18:48|PermalinkComments(0)clip!音楽 

2023年04月30日

懐かしき地上波




25年前、この番組、見てました。

稀代のストーリーテラーであること、まっこと御意なれど

津軽の坊っちゃま自己中人生まっしぐら、あげくの果てに

そんなに死にたいなら、ひとりで死にゃあいいものを

くそ度胸もないからオナゴ道連れにまでにしおってからに。

残されている写真からブンブン匂い立つ「自己愛オーラ」

いやな男だけれど、気になる男の部類ですわな。

個人的にはかなり網羅して読んだ太宰文学。

かの三島由紀夫氏には嫌われていたそうですが

なぜかしら軟弱甘ったれ男の書いたそれを

ふと、時に手にとりたくなる不思議な魅力。

ちなみに、三島文学には何の魅力も感じない。


YouTube動画で懐かしくこの番組を拝見。

太宰の動向もさることながら、初見にも感じていたように

解説者「長部日出雄」氏の想いとその語り口の温かさに

また引き込まれてしまって感慨ひとしお。

ありがとうございます、投稿者さま。




vivajiji at 12:09|PermalinkComments(0)clip! 

2023年04月06日

畑 正憲さん、逝去

51hduIBjOeL._SX357_BO1,204,203,200_


初期の頃の畑さんの本は、本当に面白かった。

当時は、出版されるたび買い求めて読みまくった。

苦労あり笑いあり紆余曲折の生き方に感動し、しまいには涙ぐんだり。


ここ北の広大な大地にお住まいになってTVの人気者になって・・・

そのうち、いつの間にか見なくなって

ムツゴロウさん、どうしてるだろうって検索したら、

晩年はあまり景気のよくないエピソードばかり散逸されてて。


最近じゃ動物好きの坂上忍さんのご活躍なさってる動画もよく目にするけれど

動物を愛して保護したりお世話したり、それはそれは崇高なことですが

数多くの動物を相手に生きている方々の表情の中に

何とも言えない”暗さ”が見えるんですよ。

癒しや至福感も確かにあるけれど はっきり言って、生きものを

主に暮らすってほんと大変だし、日々しんどいことこの上ないんだと思う。

命を預かるって、身を削ることなんじゃないかって

ムツゴロウさんや坂上さんたちを見てていつも思う。

とにもかくにも 畑 正憲さん、87歳。

今まで、ありがとうございました。合掌







vivajiji at 12:18|PermalinkComments(0)clip!日々の雑感 

2023年03月26日

自治会役員、辞めます。

download


月末をもって自治会会計を辞めます。

当初、辞める気は、ありませんでした。

私なんぞでよければ、ということで

ずっと出来得る限り続けていくつもりでした。


それはそれは、よくある話なんです。

会長交代によって、来月からその器でない人物が自治会の長になります。

全くソリが合わないというか、とにかく尊敬できない方なのです。

能力ない人間ほど長と名のつくのが大好きなんですね。

念願叶ったものですから、当人は舞い上がって、天井知らずです。

自治会関連はけっこう長く関わりました。

常に頭のどこかに会計任務のことがある日々で、若干疲れましたが、

ある意味、ホッとしていることも正直なところなんです。^^


♪♪ 今朝は急にこの曲を聴きたくなりました。
















vivajiji at 07:27|PermalinkComments(0)clip!日々の雑感 

2023年02月10日

バート・バカラック逝去

gettyimages-160068620-612x612


この方を知ったのは、当時美脚で有名だった女優さんの夫君として。

作曲家として、すんごく売れてる訳でもなくて

私の中では「やたら馬面の変な苗字の男ねぇ」。

デートリッヒのバックを務めているという噂を聞いてから

あれよあれよという間に超有名セレブな音楽家に。

素敵な楽曲がいっぱい!

個人的に好きなのは、コステロとのコラボレーション。

イジワルされているんじゃないかと思うほど

上がり下がりの激しい曲構成

実に歌い手泣かせの彼のメロディライン

しかし、唯一無比のバカラック節、大好き!!

なんと、94歳!

ご冥福を。

gettyimages-994535430-612x612









vivajiji at 07:18|PermalinkComments(2)clip!音楽 

2023年01月13日

とにかくお大事に。




歌が命で

歌いたくて、歌いたくて仕方ない人なのに

歌えなくなってるって・・・

あああ〜 なんという病魔。


無比の歌声をまた聴かれる日を世界中のファンが待ち望んでいます。







vivajiji at 06:38|PermalinkComments(0)clip!音楽 

2023年01月12日

ジェフ・ベック 逝去

CDN-01771-1


「THERE AND BACK」で私が初めて彼を知り得た頃から

あんまり変わらない見てくれを始めとして

あの流れの早いミュージックシーンでも

その立ち位置は依然変わらず天下無敵、孤高のギタリスト!

ギター関連さほど知らない私の近辺でも一度ベックの名を出せば

その辺の雰囲気が、がらりリスペクトムード一色になる。

元気に活動してると思ってた矢先の急死だった。

 享年78

何せカッコいいギターだったよ、

 ありがとう!









vivajiji at 10:46|PermalinkComments(0)clip!音楽 

2023年01月01日

2023年 謹賀新年

SID0012206


民のおおかたが歌合戦番組をご覧になられている頃

ワタクシは上記ギレルモ・デル・トロ作品を観ておりました。

別に観るものは他に沢山あったにもかかわらず

なんでこの気持ちよくない変な映画を観たかというと

アマゾンプライムさんが12月31日で配信終了するからねぇ〜と

せっつくので、勿体ないかな、と思って鑑賞。

劇場公開時には観たんですし、大して好みでもなかったんですけれど

話や描写がようわからんところがあったので確かめたかったのですわ。

結論。

高評価だそうですね。 でも個人的に

好みじゃないですね、このデル・トロさんの嗜好というか作風。

でも、観ましたよ、最後まで。

51-itzTk5dL


同じくアマゾンのkindle本、3ヶ月で99円読み放題というので

全く知らなかった中山七里さんの異色弁護士シリーズを

いま4作目読書中。

やたらにスルスル読み進められます、この方の作品。

かと言って中身の薄いペラペラもんじゃなく

なかなか法律関係のうんちくもちゃんとしてて

ストーリー展開、文章の運び方も私の好みに合って

枝葉末節、その辺ぐちゃぐちゃしてなくて言葉選びもパシッと心地よい。

あと何冊読めるか、ちょいと楽しみな年の初め。


というわけで

今年も、気が向いたとき、なにかヒントがあったとき、

ポツン、ポツンと記事UPしたいと思っています。


札幌、あっけにとられるほど、おだやかな年末年始。

しかし、明日からの空模様が実に心配ではあります。

そんなこんなで本年もどうぞよろしくね。



vivajiji at 12:32|PermalinkComments(0)clip!は行 

2022年12月03日

ミレーヌ・ドモンジョ 逝去

mdg121-jpp13130367


この画像⤴️

かなり老いては、いらっしゃるけれど

いい老け方だと、私は感じました。

女優としては、添え物的でこれと言って華々しいご活躍は覚えていないけれど

60~70年代 妖艶さの中に爽やかさもあったドロンジョならぬドモンジョさん

何度、映画雑誌の表紙を飾ったことでしょうか。


mdg121-jpp043745362


↗️皆の衆、こちらのお写真など、隣のガリガリ目ん玉女優より

ドモンジョさんのほうが、ずっとずっと素敵と思いません?!

聞くところによれば晩年まで現役だったとか。

ミレーヌ・ドモンジョさん、87歳。ご冥福を。


♪ いい女は画面を大きくして見ましょう。(^^)
 後半、彼女ではない女優の画像が1枚紛れ込んでるのをおいらは発見!(*_*)






vivajiji at 13:12|PermalinkComments(0)clip!ま行