2020年09月16日

腕時計の電池交換

images-1

とにかくモノ持ちたくない増やしたくない。

変わらずスマホ類は持たず所有せず。

みなが持っているからってなんでんかんでん持たねばならんもんでもないでしょ。

私の暮らしには、必要ない。

あのチッコイ画面、

のべつまくなし凝視している姿さえ、カッコわるい、見苦しいと私は思う。

スマホで時を知る習慣がないから、私は時計。

時計は好き。

時を知るだけではなく、あの形状に何とも惹かれる。

いま数えてみたら掛時計、置き時計、腕時計ぜんぶで11個所有。

どっち向いてもわかるように、ベッドの右左に1個づつ、

ソファー上部の壁、キッチンの壁、洗面台の横、玄関、着替え場所、

それと腕時計が現在4個。過去には5個。気分と服装で付け替える。

先日、そのうちの一つが電池切れ。

以前に電池交換してくれていたお店がことごとくなくなって

ネットで調べあちこち電話してやっと4店目で探し当てた。

交換代もいつのまにか倍以上になっていました。

タクシー使ったからやたら高い電池代になりましたとさ。

だいたいが時計・カメラ屋さんが消えてますものね。

まさか、腕時計、なくならないでしょうねぇ。


♪ Watchつながりで懐かしいこの曲を思い出しました。


vivajiji at 09:48|PermalinkComments(4)clip!日々の雑感 

2020年09月13日

大時計(1948)

586f320b

古いモノクロ・サスペンス映画(10枚組)のうちの1本。

監督は、ミア・ファローのお父上ジョン・ファロー。

レイ・ミランド、チャールズ・ロートン共演の95分。

犯人探しを命じられた男、探せば探すほど自分に近づく犯人像・・

後にケヴィン・コスナー、ジーン・ハックマンでリメイク(1987)

ロジャー・ドナルドソン監督「追いつめられて」のオリジナル作品。

田舎臭いのよ冒頭ポスター、

悪賢いチャールズ・ロートン(はまり役)は、まだしも

主演のレイ・ミランドにはどうしても似てなさ過ぎ!(ハンサムは描きづらい?)

ま、全く期待せずに観たわりには、これ、けっこう面白かったのです。

さくさくっと95分。

お話手際よく緩急の付け方おじょうずにミア・ファローのお父さん。

大根だ、大根だ、って言われてたレイ・ミランドでしたけれど

さほどの大根臭さは本作には感じられませんでしたが。(^^)

内容とは全く無関係な感想、

「失われた週末」や「ダイヤルMを廻せ」では全く感じられなかったのに、本作での

レイ・ミランドの声とセリフ回しが、ケイリー・グラントによく似てること。

では、冒頭ポスターのお口直しに⬇️

53b0de8500098e2198a0c35a67674523






























vivajiji at 08:29|PermalinkComments(4)clip!あ行 

2020年08月01日

アラン・パーカー逝去

EeROS7rUYAA-TxQ


76歳。

イーストウッドからみればまだ若いじゃないの〜

病みがちの人生だったみたいね。


ミッドナイト・エクスプレス 1978

バーディ 1984

エンゼル・ハート 1987

ミシシッピー・バーニング 1989  

ザ・コミットメンツ 1991

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル 2003


ミッドナイトは強烈なインパクトがあったけれど

頭髪はまだ薄くなくて(笑)知名度はまだまだ薄かったあのニコラス・ケイジが

バッチリわが脳裏に刻みつけられた「バーディ」にはドカンとやられましたね〜

劇中、何度となくドタドタ疾走でがんばったケイト・ウィンスレットと

後年あんなことで日の目を見れなくなった名男優との共演作「ライフ・オブ・

デビッド・ゲイル」は何度も観たくなるし、実際に何度も観た。

観たけれど、はてさて全てわかったかといえば、答えにちと困る。(^^);


硬派でヒリヒリした、いい映画撮ってくれましたね。

ご冥福を。











vivajiji at 10:20|PermalinkComments(2)clip!あ行 

2020年07月27日

オリヴィア・デ・ハヴィランド逝去

D-etHuSUcAIF-rm


EbyTo1iVAAA_UcW


o0806100014794890611


清楚でキリリとした役柄が似合う女優さんでした。

いやはや、生き抜きましたね、104歳!

ご冥福を。

vivajiji at 07:33|PermalinkComments(2)clip!あ行 

2020年07月20日

プロにお頼みしました、

unnamed-2

今の住宅に住んで、32年目。

築40年は経っている市御用達の集合住宅。

とにかく汚くしているのがキライなので

あ、汚部屋に生息している輩は完全に地球に迷惑千万且つ失礼ですからね。

できうる限り整えキレイを保って暮らすように日頃心がけております。

金運あがるからやれやれって巷でうるさいから

トイレも毎日欠かさず、素手で。冬は水ヒャッコイから勿論ゴム手袋ね。

ウチの便器くん、誰に見せても恥かしくなく、美しくピッカリコ!^^

な〜〜〜んて自慢老女の話はさておき

ものには限度。

のべつまくなし連日そうじに明け暮れているわけじゃなし

目の届かない、めんど臭そうなところは捨て置きがち、というか見てみないふり。

ほこり・汚れ 音もなく 溜まる。

おカネ貯まらないけれど コヤツら 確実に 溜まる。

常々なんとかしたいと思っていました。


そうだ!

お上から口座におカネ入っていたんだわ!

はい! はなしの展開 わかりましたね

お上のアレの1部を使いまして

.譽肇蹐粉控だ陝淵劵發劼辰僂襯筌帖砲慮こう側のダクト(ギトギト魔宮)

⊆蠅瞭呂ないステンレス浴槽の下(昭和コンクリートのずっと奥)

サッシベランダ窓と1間窓3カ所(全て二重ガラス、網戸つき)

stool1-517x530

プロに頼みました。

何を躊躇していたんだか、この老女は。

さすがプロ、大正解!!

キレイ! キレイ! キレイ! もひとつ キレイ!!

img7001








vivajiji at 06:52|PermalinkComments(2)clip!日々の雑感 

2020年07月15日

リチャード・ジュエル



90才におなりのC・イーストウッド監督作。

いつものようにサラリとお作りになったんでしょうけれど

実話ものの重みに加え、演出力はもちろんのこと、

キャスティング選びが功を奏しております、特に主人公は。

久しぶりのレンタルDVD8枚のうちの1枚。

131分、前のめり鑑賞とあいなりました。

リチャード・ジュエルと検索していただければ

情報はゴチャマンと手に入りますので事件についての詳細はそちらで。

知りませんでした、1996年にこういう冤罪事件があったこと。


何がなんでも犯人あげたいFBI、これでもかの無理無体な捜査は酷い。

対岸の火事は笑えません。

極東のこっちだって今でも50歩100歩でしょ。

かならず付いてくるメディアもこれまたエゲツない。


人は見た目、9割。

人と、なり。

未知の他者を見るとき人は、どこ見る? どこで判断する?

いい年して母親と暮らしてる超肥満体独身男・・・

ほらほら、先入観っていう名の怪物がその他おおぜいの脳細胞を侵食し始める・・・

確固として判断を下せる人は、おそらくいない。


鑑賞後、「みな、同じだよ」って耳元でイーストウッドに囁かれている気がした。

ぜひ、観てください!

182240_01










vivajiji at 14:10|PermalinkComments(0)clip!ら行 

2020年06月25日

ドキュメンタリー映画「フリーソロ」


西部劇ドンパチばっかクロサワばっかのNHKBSが

どしたもんだか今月15日に放映してたので観ました。

第91回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門受賞であります。

たいへんな鳴り物入り作品。気になるではありませんか。

181638_01

ああ〜〜落ちるっしょ! 落ちるってば!

そんなとこ、窪みなんか、ないっしょ!

右手、左手、交差なんかしちゃって、なに考えてんの!

淡々たぬきで、そうやって登るかい、おぬしは!

こういう人って普段どういう人?

登るほうも撮るほうも大変だわ、これは。

とか、いろいろ様々考えながら高所恐怖症の私は観てるわけ。

でもね

慣れというのがすぐやってくる。

死と隣り合わせの状況が延々と続いて

ヨセミテ、エル・キャピタンの花崗岩の一枚岩に限りなく

へばりつく赤いTシャツの男の絵づら、いくら角度駆使したって

やっぱり飽きてくるってば。

想像した通り、教育テレビ映画のちょっとお金かけた感じ。

好みの問題かもしれないけれど、本人ナレーションというのが気になる。

こういう単調な絵づらにはプロの語り手のほうがしっくりくるかも。


でもね、ラスト目前、7分くらいだったかな、俄然勢いづいた音楽とともに

主人公が確信をもって一歩一歩登っていく映像の迫力とスピード感はとても良かった。


youtubeにアレックス・オノルドの動画はいっぱいあるのね。
この6分の映像でもたっぷり彼の神わざ的スキルを堪能できる。



vivajiji at 10:54|PermalinkComments(0)clip!は行 

2020年06月23日

やっぱり、歌っています。



ウチから歩いて1分30秒のところに某音楽教室がございまして

そこの一室を借りてキッチリ1時間、歌いまくっております。

せっかくカネかけて4年半も習って楽譜もゴッソリあるのに

雨の札幌祭りに誕生日が来て古希になられたからといって

ガラスのお腰はやっぱりコキコキするときもあるけれど(笑)

急に老け込む必要もないし、いつも通りの私で、

相変わらず、声でかく、もちろんのこと態度もますますでかく

目ん玉黒い内は、そう、歌える内は歌う。


市内のジャズライヴスポットへ連日のように演奏のために来札される

ジャズピアニスト氏を晴れて古希の老女が1時間、独り占めであります。

もちろん収支決算の上に成り立つわけですが、なかなか無い有難き縁かな。

が、

歌う演目は、ますますジャズナンバーから遠ざかること甚だしく

恥かし知らずの老女魂が炸裂気味、近頃じゃロック&ポップスに。

エルトン・ジョン、ホール&オーツ、コールドプレイにも挑戦中。

プロのジャズピアニストに、ロックやポップスナンバーの伴奏を

させちゃうなんて厚顔無恥もここに極まれりと思ってるでしょ、そこのアナタ。

いいえ〜、ご心配はご無用。

ピアノ1本でキッチリ弾きこなしてしまうんですよ、この方は。

この数ヶ月はこの曲をエンディングソングとしております、はい。⤵️

🎶 女性のハードロックカヴァー、いいですね〜
  
  歌もいいけどルックスもいいわ〜〜

















vivajiji at 16:23|PermalinkComments(2)clip!音楽 

2020年06月18日

何度みても



感動。

ラストシーンにはPCの前で毎度大拍手。

生き続けるってこういうことだよね。

よくぞ撮って発信してくださった。

vivajiji at 08:19|PermalinkComments(2)clip!その他 

2020年06月08日

アライグマのように

images-1

はい、連日、手を洗っております、

ハンドソープで。

最初は石鹸だったの。

巷では、泡で出てくるという横着極まれりの謳い文句だわ。

「そんなん簡単に迎合するもんか」って

しばらくテイコウ(銀色夏生風)してた、一ヶ月くらい。

しかし、呼び込みに負けてね、使い始めたハンドソープ。

images-2


便利だよね、確かに。

毎回、泡吹かして使ってましたよ。 す〜〜ぐ調子こくB型、

こんどは手ぇ出すだけっていう電動式のやつ買おうかとも思っていた。


が、

手指が乾燥して痒みも出てきて参っちゃった。

手洗い後はワセリンやらクリームによる防御。

しかし、オナゴは数限りなく台所に立つ。

たとえ戦争になっても人間はメシ食うから料理、もちろん洗濯もその他もろもろ・・

油もん塗ってもいくらもしない内にホラ、水使うっしょ。

聞くけど、油もん塗った手でゴム手袋つけるってあれってどう?


常のごとく前置き長いけれど

やっぱり石鹸に戻ったの。

純植物性石鹸。

download-3


硬い。イロケもミソケもない色とかたち。

おまけにがっつりデカいから包丁でわっせわっせ切って使う。

原点回帰。

ちょっとの不自由もまた良し。


🎶 クリフ・リチャード、懐かしい。
  ご活躍なさってるのね。













vivajiji at 07:58|PermalinkComments(4)clip!日々の雑感