May 01, 2005

『阿修羅城の瞳』

3a6babae.jpg('05日)監督:滝田洋二郎 原作:中島かずき
出演:市川染五郎/宮沢りえ/渡部篤郎/樋口可南子/小日向文世/大倉孝二/皆川猿時

劇団☆新感線の舞台『阿修羅城の瞳』はDVDも含め観ていないので、映画になったのなら、しかも舞台と同じ染五郎主演とくれば観るしかないでしょ!ってことで行ってきました。<○−>


劇団☆新感線の舞台は映像化されたものしか観たことないのですが、(ゲキ×シネ『髑髏城の七人〜アドクロ』は昨年映画館で鑑賞。また染五郎主演の『髑髏城の七人〜アドクロ』も来月鑑賞予定)舞台の雰囲気が窺える映画ではあったと思います。染五郎のきめのポーズや表情にぞくっとする瞬間がありました。

舞台とは、脚本や演出や役者の演技で観客の想像力を刺激して、ステージ上にない景色まで見せようとするものだけれど、映画では(ことに最近のCG技術をもってすれば)たいていの物はスクリーン上で実際に見せることが可能なはず。その意味で、この映画はかなり成果をあげています。私はそれを充分に楽しめたし、舞台はどうだったんだろう、DVD見たいなという気持ちになりました。

ただ、純粋に映画として観たとき、舞台の雰囲気(とくに劇団☆新感線独特の華やかなお祭りのようなかぶいた世界〜演劇ファンでも好みが分かれるところ)はあまりに具体的に眼前に見せられると、薄っぺらの板1枚の背景のように感じられるかもしれません。
阿修羅になってしまったつばきは、舞台ではどう表されていたのかわかりませんが、きっともっと観客のイマジネーションに訴える方法をとっていたんじゃないかという気がします。




トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 映画『阿修羅城の瞳』  [ EVERSMILE(エバースマイル) ]   May 06, 2005 09:03
『阿修羅城の瞳』公式サイト『阿修羅城の瞳』を上映している映画館は?映画『阿修羅城の瞳』を観てきました。映画『阿修羅城の瞳』は、劇団☆新感線による舞台での『阿修羅城の瞳』をベースにして映画化された作品です。私は劇団☆新感線の舞台を一度も観たことがないのです

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔