2006年05月24日

ジュースのカプリソーネがオープン@ららぽーと3

ららぽーと2南館-7番街 1F の小さなコーナーに、ジュースのカプリソーネが2006年5月26日(金)にオープンする.ドイツ生まれのカプリソーネは、以前に江崎グリコが販売していたことがあり、今回日本に再上陸することになる.
ドイツWILD社・カプリソーネ010ドイツWILD社・カプリソーネ030







江崎グリコは、ドイツの WILD 社から1979年10月にカプリソーネの製造販売ライセンスを取得して、1980年4月に近畿地方で先行販売、そして1984年から全国で販売された.当時としては珍しい(大規模販売では日本初)アルミパック(パウチパック)の容器となっていて、ストローを差し込んで飲むタイプだった.まだ日本では不慣れなこともあり、"だれでもできるストローの差し方" や、"キミならできる!のストローの差し方" などがパッケージに説明されていた.
江崎グリコ・カプリソーネ天国のキッス・松田聖子010










当時のアイドル松田聖子(まだブリッコとは呼ばれていなかったころ)と、当時の人気お笑いコンビのゆーとぴあがコマーシャルに起用されて放映された.松田聖子のヒット曲天国のキッスがこのカプリソーネのコマーシャルソングに使われていた.余談ではあるが、ららぽーと船橋そごうのオープニングフェスティバルとして、1981年04月02日に屋上ステージのスカイシアターにて、松田聖子のショーをおこなったこともある.
しかし、ストローを挿して飲むというスタイルがなかなか定着しなかったことと、このような特殊な容器では自動販売機王国の日本では販路に制約があったことなどから売り上げが伸びず、1989年10月をもってライセンス契約を終了した.
サワズカムパニー・ゆーとぴあ010ドイツWILD社・カプリソーネ040







元内閣総理大臣中曽根康弘(なかそねやすひろ)は、1982(昭和57)年11月27日〜1987(昭和62)年11月6日までの5年弱と勤め、日本の総理大臣としては長い在任期間となっている.ちょうどこの期間に江崎グリコカプリソーネを販売していた.当時の謝るときに使うハヤリ言葉として、"アイアムソーリー・ひげそーりー・中曽根ソーリー・隣りの姉ちゃん今セーリー" というのがなぜかハヤった.その派生ハヤリ言葉として、"カプリソーネ・ナカソーネ・ひげそーれ・中曽根さんを泣かそーね" もあった.今のラップ調で言っても合いそうな軽快な語調だ.
また、1984(昭和59)年にはかい人21面相によるグリコ社長誘拐事件があった.

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ソーリー   2006年05月24日 08:24
アーメン ソーメン 冷やソーメンとか、アーメン ソーメン チャーシューメンとかもあったな〜
2. Posted by こおり   2006年05月24日 12:19
今なら、コンビニに並べて売れますが、当時は家庭ではスーパーや食料品店から買い置き、街角では自販機でしたからね。
家庭なら、パックや瓶でコップにあければいいし。
3. Posted by じょな   2006年05月28日 10:39
懐かし〜い!
カプリソーネ冷やそーね・・とかCMで
言っていたかも。
子供の頃は凍らせて食べていました♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ご案内
コメント・トラックバックは承認方式にしています.反映まで少し時間がかかりますが遠慮なく投稿してください.

ic_sun.gif動画見れない場合
ic_sun.gif携帯電話から可能.
ic_sun.gifRSS リーダー可.
ic_sun.gif日本語English
ic_sun.gifご希望などの連絡
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント