約13万m2もある広大な旭硝子船橋工場跡地の再開発がようやく始まる. 2010年11月15日開催された第106回船橋市都市計画審議会で一部あきらかになった.
20110121_船橋市_山手地区のまちづくり計画_02920110121_船橋市_山手地区のまちづくり計画_024
船橋市都市計画審議会は,学識経験者や住民など20人(男性17人,女性3人)の委員で構成され,船橋市が決定する都市計画について調査や審議するものだ.
20110121_船橋市_山手地区のまちづくり計画_06420110121_船橋市_山手地区のまちづくり計画_034
旭硝子船橋工場跡地の案件は,まだ[原案の縦覧]の段階で,今後[案の縦覧]=>[都市計画審議会]=>[千葉県知事の同意]を経て[告示(永久縦覧)]となる.
20110121_船橋市_山手地区のまちづくり計画_07220110121_船橋市_山手地区のまちづくり計画_082
その原案では,10階クラスの集合住宅(マンション)が何棟もできるようだ. 都市計画道路3-3-7南本町馬込町線ぞいには,医療機関もできるようだ. だが,今回の都市計画には小学校用地は組み込まれていなかった.
▼ピンクが,既存小学校の半径500m円だ.
20110121_船橋市_山手地区のまちづくり計画_12420110121_船橋市_山手地区のまちづくり計画_134
船橋山手地区は,工業地域であるため,この地区には学校や病院,公園がほとんどない. 特に,小学校は空白地帯になっている. 山手地区の小学校は選択制となっているが,大型マンションがつぎつぎに建設されたため,どこの小学校も教室が不足している.
▼青い丸の部分に小学校ができれば,問題は解決するわけだが...
20110121_船橋市_山手地区のまちづくり計画_12820110121_船橋市_山手地区のまちづくり計画_136
比較的教室に余裕がある市場小学校までは,最短で 2.1km もあり,大人の歩行速度で 26分もかかる.
20110121_船橋市_山手地区のまちづくり計画_140
1958年(昭和33年)に公布された「義務教育諸学校等の施設費の国庫負担等に関する法律施行令第4条1項2号」では,「小学校児童 4km,中学校生徒 6km を最高限度とすることが適当」としている. だが,あくまでも最高限度であり,地理的特性や歩道の整備などの条件,児童生徒に与える影響を考慮して通学距離の基準を定めるとしている.
20110116_船橋市北本町1_旭硝子船橋工場_跡地_1106_DSC0253720110116_船橋市北本町1_旭硝子船橋工場_跡地_1106_DSC02539
船橋市が作成した「山手地区のまちづくりパンフレット」の範囲(工業地域)にも入っていない地区として,まだ利用目的が明確になっていない場所がある. 起業家育成を目的としたベンチャープラザ船橋(中小企業基盤整備機構)の隣の土地(第1種住居地域)だ.
20110116_船橋市北本町1_旭硝子船橋工場_跡地_1108_DSC0254520110116_船橋市北本町1_旭硝子船橋工場_跡地_1108_DSC02548
旭硝子船橋工場としても使っていた場所でもあり,今回の都市計画変更にいれてもよかった部分でもある. 入れなかったということは,高さ 20m 以下の建物しか建てられないということになる. 逆に,へたに都市計画変更審議に入れてしまうと,場合によっては都市計画確定までの間,手を付けられなくなってしまうこともある. そのようなことを避けるために,あえて都市計画に入れなかったものと思われる.
人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2011年01月23日)船橋市山手地区再開発@旭硝子跡地編(9)
(2011年01月23日)船橋市山手地区再開発@旭硝子跡地編(8)
(2011年01月16日)イオン船橋ショッピングセンター建設@船橋市山手(4)
(2010年11月10日)東武新船橋駅前に商業施設が2011年4月オープン@船橋市山手(2)
(2010年05月01日)船橋市山手地区再開発@東武野田線新船橋駅に自由通路が開設編(7)
(2009年12月03日)船橋市山手地区再開発@日本建鐵編(6)
(2009年12月02日)船橋市山手地区再開発@東武野田線新船橋駅西口編(5)
(2009年11月16日)船橋市山手地区再開発@まちづくり計画編(4)
(2009年08月28日)東武新船橋駅前に商業施設が2011年3月オープン@船橋市山手(1)
(2009年02月07日)船橋市山手地区再開発@旭硝子跡地編(3)
(2008年01月29日)船橋市山手地区再開発@旭硝子跡地編(1)