高度経済成長期に,新京成沿線の大規模団地(マンモス団地)として,船橋市の高根台団地,前原団地,松戸市の常盤平団地(ときわだいらだんち)などが造成された.
20120804_船橋市習志野台1_千葉徳州会病院_移転_1434_DSC0578820120804_船橋市習志野台1_千葉徳州会病院_移転_1434_DSC05789
高根台団地は,1961年(昭和36年)から入居が始まった. 高根台団地の総面積は 49万m2 もあり,住居棟数 300棟弱,賃貸住宅 4608戸,分譲住宅 220戸もあるマンモス団地だ.
高根台団地内に新しく建設される,千葉徳州会病院予定地.
20120804_船橋市習志野台1_千葉徳州会病院_移転_1436_DSC0579420120804_船橋市習志野台1_千葉徳州会病院_移転_1436_DSC05798
これらの団地は,同じ世代の家族が同じ時期に入居したため,凄まじい勢いで高齢化が進んでいる. 古い団地にはエレベータがないなど,高齢化した入居者のライフスタイルに合わなくなってきている. また,建物の老朽化も進んでいる.
20120804_船橋市習志野台1_千葉徳州会病院_移転_1437_DSC0580120120804_船橋市習志野台1_千葉徳州会病院_移転_1438_DSC05812
そのようなことなどから,高根台団地も建て替えによる大規模な団地再生計画を2000年から進めている. 容積率をフルに活用して床面積と入居戸数を増やし,新たな入居者から資金調達するといった手法で団地再生をおこなっている.
20120804_船橋市習志野台1_千葉徳州会病院_移転_1437_DSC0580520120804_船橋市習志野台1_千葉徳州会病院_移転_1437_DSC05807
団地の高層化によって生まれた土地を使って,新たな施設を造る計画が進んでいる. そのひとつとして,開設25年の千葉徳州会病院の新築移転計画が始まった. 直線距離で,約 800m 先の場所からの新築移転となる.
20120804_船橋市習志野台1_千葉徳州会病院_移転_1441_DSC0583020120804_船橋市習志野台1_千葉徳州会病院_移転_1440_DSC05822
では,新しい千葉徳州会病院は,どのような病院になるのだろうか...
新しい千葉徳州会病院は,敷地面積 1万8013m2 ,建築面積 8988m2 に,地上8階建ての施設を建てる. 施設の高さは,31m となる. 現在の船橋市の住居地域の最高高さ制限条例では,斜線制限が導入されている. 日照などに配慮し,建物の高さを一定の斜線の範囲内に収めることになっている. さらに,高さの限度も定めた. 北側を20m ,南側を31m までとしている.
20120804_船橋市習志野台1_千葉徳州会病院_移転_1432_DSC05772U20110703_船橋市習志野台1_千葉徳州会病院_移転_052
病院の規模も,大幅に大きくなる. 現在の 304床から 550床に増床する予定だ. 看護師向けに,24時間託児所もできる. 新たに,がん治療用の最先端のコンピューター制御の放射線治療装置が導入される. 米国では,すでにがん患者の6割が放射線治療を受けている. 着工が 2012年4月,移転後のオープンが 2013年11月1日の予定だったが,すでに着工が半年近く遅れているため,完成は 2014年4月ごろになるかもしれない.
人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2011年08月11日)団地再生@電電船橋三山アパート(2)
(2011年08月11日)団地再生@船橋市習志野台高根台団地の千葉徳州会病院移転(1)
(2009年11月04日)JR南船橋駅前の千葉県企業庁土地活用計画(1)