2011年3月11日(金) 14:46:18 に,三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が起きた. 地震の規模を示すマグニチュードは M9.0. 日本国内観測史上,最大の地震だった.
20110311_東日本巨大地震_津波_被害_3248T20110311_東日本巨大地震_津波_被害_3248U
この東北地方太平洋沖地震により, 10m 以上の津波(平成三陸大津波)が発生し,狭い湾や入り江,河川をのぼった最大遡上(そじょう)高は 40m にもなった. この大地震による2012年11月14日現在の人的被害は,死者 1万5873人(約6割が宮城県), 届出があった行方不明者 2744人となっている. この震災での犠牲者の死因のほとんどが,津波による水死(92.5%)だった
20110311_東日本巨大地震_津波_被害_01220110311_東日本巨大地震_津波_被害_032
習志野市や浦安市,船橋市,市川市などの東京湾岸においては,地震による液状化現象がおき,道路や上水道,下水道などのインフラの被害がでた. 習志野市や浦安市では,住宅などの建物にも大きな被害が出た.
20110311_地震_東京湾_津波_1410_SN3F0375Y20110311_地震_東京湾_津波_1409_SN3F0374Y
一方東京湾の津波だが,船橋市で最大 2.4m津波を観測した. 内閣府の中央防災会議では,東京湾内の津波50cm 以下とし,実質上想定はしていなかったものだ.
東日本巨大地震による習志野市内の被害.
20121110_東日本巨大地震_津波_被害_1406_DSC00493E20121110_東日本巨大地震_津波_被害_1406_DSC00491E
今回の東日本大震災の経験を踏まえ,国や自治体では被害想定の見直しをおこなっている. 東京都の今までの想定では,東京湾北部地震(浦安,市川,船橋沖)(M7.3)と,多摩直下地震(M7.3)を想定していたが,この被害想定を全面的に見直し,さらに1703年に発生した海溝型地震の元禄関東地震(M8.2)と,活断層型地震の立川断層帯地震(M7.4)をも想定に追加した.
20120421_東京都_元禄型海溝地震_津波想定_012
東京湾北部地震(M7.3)による津波想定では,東京品川区での最大津波高が海抜 1.41m,津波到達時間が 17分,最大津波到達時間 25分となる.
20120610_東京湾_水深_10220120610_東京湾_水深_106
相模トラフを震源とする海溝型地震の元禄関東地震による津波想定では,東京品川区での最大津波高が海抜 2.61m, 津波到達時間が 54分, 最大津波到達時間が 151分としている.
青い部分は,海抜 9m の部分となる.
20120617_東京湾_海抜_9m_1835_14T20120617_東京湾_海抜_9m_1835_15T
また,南海トラフを震源とする海溝型地震群(南海地震,東南海地震,東海地震)(M9.1)による津波想定では,東京品川区での最大津波高が海抜 2.2m, 最大津波到達時間が 194分とした.
20120814_船橋市浜町2_船橋オート_海抜表記_00420120814_船橋市浜町2_船橋オート_海抜表記_010
千葉県の想定では,東京湾入り口で 10m津波が進入した場合(想定が小さすぎるという意見もある),千葉市中央区で 2.9m, 君津市で 2.6m, 浦安市と市川市,千葉市美浜区で 2.5m, 船橋市と習志野市で 2.3m に達すると予測している.
20120430_船橋市浜町2_船橋オートレース場_0811_DSC0179220120525_船橋市浜町2_船橋オートレース場_0804_DSC05122
防潮堤や水門,排水機場が地震などにより壊れたり使えなかった場合には,船橋市で 2km2, 浦安市で 1km2 のエリアが浸水する可能性があるとしている. 現在の堤防のほとんどが,東日本大震災以前の想定で作られたものであることなどから,津波の被害をゼロにできるものではないことがわかってきた.
20120814_船橋市浜町2_船橋オート_海抜表記_1535_DSC0757620120814_船橋市浜町2_船橋オート_海抜表記_1615_DSC07677
そこで,ある看板を各地に設置している...
それが,海抜表示板(または,海抜表示シート)だ.
船橋市浜町2丁目の船橋オートレース場は,東京湾岸壁近くにある施設だ. ここの船橋オートレース場内にも,海抜表示板が設置された.
20120908_船橋市浜町2_船橋オート_海抜表示_1226_DSC0126520120908_船橋市浜町2_船橋オート_海抜表示_1226_DSC01266
避難標識は今までも設置されているが,東日本大震災以降この海抜表示板を設置する自治体が増えている.
船橋競馬場の避難場所を示す表示板(左). 広域避難場所の中山競馬場近くの表示板(右).
20121128_船橋市若松1_船橋競馬場_避難場所_0838_DSC0350220121207_船橋市_広域避難場所_中山競馬場_1523_DSC05172
船橋市浜町2丁目の船橋オートレース場に設置された海抜表示板. 建物の高い部分になるほど,海抜表示板の値も高くなる.
20120814_船橋市浜町2_船橋オート_海抜表示_1544_DSC0760320120814_船橋市浜町2_船橋オート_海抜表示_1601_DSC07626
海抜表示板は,直接津波を防ぐものではないが,湾岸で生活する市民がどれほどの海抜(標高)で生活しているのかの目安にはなる. また,市民の防災意識を高める意味もある.
習志野市が学校などに設置した海抜表示板. 谷津公園(谷津バラ園)と谷津南小学校が 2m, 袖ヶ浦西小学校と袖ヶ浦東小学校,袖ヶ浦公民館,谷津公民館が 2.5m となっている.
20120818_習志野市_海抜表示板_1817_DSC0818320120818_習志野市_海抜表示板_1817_DSC08184t
今回の地震や津波では,「想定外」ですまそうとしているが,今回新しい想定が出たことなどから,今後は「想定外」ではすまされない.
船橋市立若松小学校の屋上は,津波一時避難施設となっている.
20121208_船橋市立_若松小学校_津波一時避難施設_1112_DSC0543920121208_船橋市立_若松小学校_津波一時避難施設_1119_DSC05442
想定されていながら,その対策をまったく取っていなかった場合に,同じような大きな被害が出ると,行政訴訟される可能性があるための対策ではないかという人もいる.
東京都内の海抜表示板.
20120910_東京都品川区_海抜表示_1509_DSC0182720120724_東京都品川区_海抜表記_0838_DSC04443
人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2012年11月19日)災害は防げるのか@船橋ファミリータウンの幸せの黄色い旗(11)
(2012年09月04日)災害は防げるのか@防災の日の防災フェア(10)
(2012年09月03日)災害は防げるのか@防災首都圏9都県市合同防災訓練千葉県会場(9)
(2012年09月03日)災害は防げるのか@防災首都圏9都県市合同防災訓練千葉県会場(8)
(2012年09月02日)災害は防げるのか@防災首都圏9都県市合同防災訓練千葉県会場(7)
(2012年09月02日)災害は防げるのか@防災首都圏9都県市合同防災訓練千葉県会場(6)
(2012年09月02日)災害は防げるのか@防災首都圏9都県市合同防災訓練千葉県会場(5)
(2012年09月01日)災害は防げるのか@防災首都圏9都県市合同防災訓練千葉県会場(4)
(2012年08月01日)災害は防げるのか@防災首都圏9都県市合同防災訓練千葉県会場(3)
(2012年08月01日)災害は防げるのか@防災首都圏9都県市合同防災訓練千葉県会場(2)