日本の正月の食卓になくてはならないものが,おせちだ. おせちを食べないと1年が始まらない』という人も多い.
20121102_新年_おせち_スーパー_予約_1920_DSC0898820121115_新年_おせち_スーパー_予約_1927_DSC01435
ホテルニューオータニ幕張の和洋中伝統の味三重おせち,45品目6万3000円.
20121223_ホテルニューオータニ幕張_おせち_1742_DSC0740220121223_ホテルニューオータニ幕張_おせち_1741_DSC07398
通信販売でも,2万円,3万円のおせちがどんどん売れている. 高級料亭おせちとか,高級ホテルおせちなどの名目でおせちが販売されている.
20121223_ホテルニューオータニ幕張_おせち_1741_DSC0739620121223_ホテルニューオータニ幕張_おせち_1741_DSC07397
だが,そのほとんどが,その料亭ホテルの調理場で調理されたものではない. これらの調理場では,通常客の料理を作るだけで手がいっぱいなのだ. では,高級料亭のおせちとは何者なのか...
そのほとんどが,大量に作られる食品専用の工場で作られている. 料亭おせちホテルおせちとは,そこのシェフ(料理長)の監修ということになる.
20121223_ホテルニューオータニ幕張_おせち_1741_DSC07401T20121223_ホテルニューオータニ幕張_おせち_1741_DSC07400T
そのひとつが,船橋市高瀬町の京葉食品コンビナート内で作られているものも多い. 今半(いまはん)や石井食品,ふじっ子などだ. 正月の定番である紅白のかまぼこ(蒲鉾)や栗きんとん,黒豆だけでなく,おせちも作っているのが,紀文食品船橋工場となる.
20121226_船橋市高瀬町_紀文食品船橋工場_おせち_0754_DSC0759320121226_船橋市高瀬町_紀文食品船橋工場_おせち_0754_DSC07594
この時期になると,人手も足りなくなるため,11月ごろから臨時のパートやアルバイトを雇う. その従業員を,毎朝JR南船橋駅前で派遣会社がチックして専用バスで送り込む. 年末近くになると,時間単価は 1000円にもなる.
20121226_船橋市高瀬町_紀文食品船橋工場_おせち_0754_DSC07595T20121226_船橋市高瀬町_紀文食品船橋工場_おせち_0754_DSC07596T
人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2012年12月24日)冬の風2012-2013@クリスマスのワイン(27)
(2012年12月24日)冬の風2012-2013@クリスマスケーキの製造日(26)
(2012年12月24日)冬の風2012-2013@クリスマスのお菓子の家(25)
(2012年12月24日)冬の風2012-2013@ビル建設工事現場のクリスマス(24)
(2012年12月23日)冬の風2012-2013@東京国際フォーラムのクリスマスオブジェ(23)
(2012年12月23日)冬の風2012-2013@船橋JR下総中山駅北口前のクリスマスツリー(22)
(2012年12月23日)冬の風2012-2013@イオンのクリスマスドリームタワーケーキ(21)
(2012年12月23日)冬の風2012-2013@千葉県立幕張総合高校合唱団のクリスマスコンサート(20)
(2012年12月22日)冬の風2012-2013@習志野市立習志野高校吹奏楽部のクリスマスコンサート(19)
(2012年12月22日)冬の風2012-2013@JR東船橋駅の千葉県立船橋高校クリスマスコンサート(18)