千葉県習志野市の京成大久保駅北口から日本大学(日大)前までの通りが学園大久保商店街(ゆうろーど)だ. かつては,日本中どにもあった銀座通りと言っていたが,今は学園前通りと呼んでいる.
20131109_習志野市大久保1_帯広炭火豚丼魁男飯_1255_DSC0816120131109_習志野市大久保1_帯広炭火豚丼魁男飯_1253_DSC08152
習志野大久保地区は,軍郷習志野として戦前から日本陸軍施設が集中してして設置され,騎兵の街とも言われていた. この日本陸軍を相手としたの御用達商人が集まり,しだいに現在の商店街へと発展していく.
20131109_習志野市大久保1_帯広炭火豚丼魁男飯_1256_DSC0816320131109_習志野市大久保1_帯広炭火豚丼魁男飯_1256_DSC08168
日本陸軍跡地などに.日本大学生産工学部,東邦大学薬学部理学部,東邦大学付属東邦中学校高校などができ,通りの1日の平日通行量は約5500人にもなる.
20131109_習志野市大久保1_帯広炭火豚丼魁男飯_1256_DSC0816720131109_習志野市大久保1_帯広炭火豚丼魁男飯_1256_DSC08166
特に,学生を対象としたボリュ-ムがあって安い飲食店が多いが,ここに新しい丼ぶり屋ができた...
.
20131109_習志野市大久保1_帯広炭火豚丼魁男飯_17220131109_習志野市大久保1_帯広炭火豚丼魁男飯_182
その学園大久保商店街に,帯広炭火豚丼魁男飯(習志野市大久保1丁目)が2013年7月22日(月)にオープンした. 7月21日(日)には,無料試食会もおこなっていた.
20131109_習志野市大久保1_帯広炭火豚丼魁男飯_全ぶ乗せ_03220131109_習志野市大久保1_帯広炭火豚丼魁男飯_全ぶ乗せ_022
もともとは,ラーメンたいふう2号店の場所だったが,突然閉店していた. 初代ラーメンたいふう1号店は,ららぽーとTOKYO-BAY西館 4F にあったが,こちらも施設建て替えのため閉店している.
20131109_習志野市大久保1_帯広炭火豚丼魁男飯_13420131109_習志野市大久保1_帯広炭火豚丼魁男飯_142
魁男飯(さきがけ おとこめし)の特徴は,なんといっても丼ぶりからはみ出るように乗せられた豚肉だ. 豚丼発祥の地といわれる北海道帯広の炭火焼きの焦げ目がついている豚丼をベースにしている.
人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2013年07月07日)牛丼戦国時代@江戸前天丼拾藩屋大久保店は閉店(13)
(2012年12月16日)牛丼戦国時代@船橋市駿河台丼丸東船橋店編(12)
(2012年03月04日)牛丼戦国時代@すき家船橋市場店2012年4月17日オープン編(11)
(2012年03月04日)牛丼戦国時代@松屋船橋ビビットスクエア店オープン編(10)
(2012年03月04日)牛丼戦国時代@すき家船橋市場店4月中旬オープン編(9)
(2012年01月16日)牛丼戦国時代@JR市川駅南口の東京チカラめし編(8)
(2012年01月16日)牛丼戦国時代@JR東船橋駅北口駅の東京チカラめし編(7)
(2012年01月16日)牛丼戦国時代@牛丼屋のとなりは牛丼屋編(6)
(2012年01月16日)牛丼戦国時代@JR東船橋駅北口駅の東京チカラめし編(5)