毎日毎日,猛烈な暑さが続いている. こんな暑い日には,暑気払いにと,ビアガーデンなどに集まりビールで乾杯する仲間たちも多い.
20120526_船橋市高瀬町_サッポロビール千葉工場_1041_DSC0547120120526_船橋市高瀬町_サッポロビール千葉工場_1041_DSC05472
東京銀座に,恵比寿ビアホールを1899年(明治32年)8月4日に開店したのは日本麦酒醸造(現在のサッポロビール)だ. 恵比寿ビアホールは,その後銀座ライオンに引き継がれている.
20120526_船橋市高瀬町_サッポロビール千葉工場_1221_DSC0583920120526_船橋市高瀬町_サッポロビール千葉工場_1221_DSC05839U
サッポロビールの最新鋭の工場が,船橋市高瀬町にある. それが,サッポロビール千葉工場だ. 年間 9億本分(350ml缶換算)が出荷されていて,サッポロビールが国内に出荷しているビールの約3 割にもなっている.
20120526_船橋市高瀬町_サッポロビール千葉工場_1213_DSC0579520120526_船橋市高瀬町_サッポロビール千葉工場_1220_DSC05828
サッポロビール千葉工場内には,見学ツアー(見学コース)があり,大きなタンクでのビール発酵工程やビール瓶詰め工程などを見学できる. 各工程の見学は約30分で,最後にはできたてビール試飲ができる. 約20分の時間内で,1人2杯程度のグラスビールが飲める. 見学ツアーは,60分間隔で1日7回おこなわれ,事前予約が必要となる.
20120526_船橋市高瀬町_サッポロビール千葉工場_1208_DSC0578320120526_船橋市高瀬町_サッポロビール千葉工場_1210_DSC05786
この見学ツアーが,2012年4月3日(火)からリニューアルされた. 今までのサッポロビール見学ツアーは,サッポロ生ビール黒ラベルツアーに一新され,生ビールの歴史を切り開いた黒ラベルの誕生から今日にいたるまでを,パネル展示や映像で解説する. また,コミュニケーションステージでは,黒ラベルの飲み方と黒ラベルを飲むことができる. 未成年やビールが苦手な方には,ソフトドリンクも用意している.
20120526_船橋市高瀬町_サッポロビール千葉工場_1208_DSC0578420120526_船橋市高瀬町_サッポロビール千葉工場_1208_DSC05785
それ以外にも,見学ツアーで大きく変わったところがある...
続きを読む