今,日本は急速に高齢化が進んでいる. フランスが115年,スェーデンでは 85年.ドイツでは 40年をかけて高齢社会を迎えたのに対して,日本はわずか24年高齢社会に移行した.
<高齢社会とは>
高齢化社会は,高齢者の割合が全人口の 7% を超えた場合.
高齢社会は,
高齢者の割合が全人口の 14% を超えた場合.
20120922_船橋市宮本1_エニタイムフィットネス_1239_DSC0366320120922_船橋市宮本1_エニタイムフィットネス_1239_DSC03665T
この高齢社会の時代を楽しく生き抜くためには,まだ若い時代から健康を維持する習慣をつけることが重要となる. 運動不足から起こる生活習慣病などを予防するためには,適度なスポーツが効果的だ.
20120922_船橋市宮本1_エニタイムフィットネス_1239_DSC0366920120922_船橋市宮本1_エニタイムフィットネス_1239_DSC03670
体を鍛えるには,運動専門施設のスポーツクラブ(フィットネスクラブ)が効率がよいが,夜遅い時間や朝早い時間はほとんど営業しておらず,それぞれのライフスタイルに合わないことが多い.
20120922_船橋市宮本1_エニタイムフィットネス_1240_DSC0367820120922_船橋市宮本1_エニタイムフィットネス_1240_DSC03672
すでに,コンビニエンスストア(略称,コンビニ)の 24時間営業がごく普通になっているが,スポーツクラブ24時間営業が一般的になる時代がくるかもしれない.
20120922_船橋市宮本1_エニタイムフィットネス_1240_DSC0367620120922_船橋市宮本1_エニタイムフィットネス_1240_DSC03680
その 24時間営業を実現したのが,船橋市宮本1丁目に 2012年10月1日(月)オープンするエニタイムフィットネスだ. 一般的なフィットネスクラブの運営費全体の 45% が人件費であるが,それに対してエニタイムフィットネスの人件費は,運営費全体のわずか 20% に抑えている. その分,安くサービスを提供することができる.
20120922_船橋市宮本1_エニタイムフィットネス_1240_DSC0367720120922_船橋市宮本1_エニタイムフィットネス_1240_DSC03675
エニタイムフィットネスは,24時間営業にもかかわらずどのようにして人件費を抑えたのだろうか...
続きを読む