バス電車の車内でのケータイ(携帯電話)の利用は,一般的には好ましくないとい社会的認識になっている. 当初は,心臓ペースメーカーなどの医療機器に影響を与えることを理由にしていたが,最近はそれを理由にすることはなくなってきているようだ. 理由は,科学的根拠が証明されていないからだ.
船橋市宮本9丁目の京成バス船橋営業所(花輪車庫).
20070321_船橋市宮本_京成バス船橋営業所_花輪車庫_1047_DSC0348420070321_船橋市宮本_京成バス船橋営業所_花輪車庫_1047_DSC03485
総務省がおこなった調査によると,ペースメーカーへの最大干渉距離は,2Gケータイで 11.5cm,3Gケータイで 3cm, PHS にいたっては影響が確認されていない. 心臓ペースメーカーを埋め込んだ本人がケータイを利用しても問題はなさそうだ.
都バスの停留所の掲示版.
20071128_東京都_ケータイ_電話の便用は硬くお断り_1758_DSC0754920071128_東京都_ケータイ_電話の便用は硬くお断り_1758_DSC07548
なぜ,バス電車の車内でケータイを利用することができないのか...
続きを読む