2018年01月08日

ベスト映画 2017

ちょっと空きましたが、映画。

【第1位】

バンコクナイツ

320














映画というか体験というか。今年で言ったら牯嶺街少年殺人事件
を観れた時の感触にとても近かった。



【第2位】

ゲットアウト

320














なんたる厭な映画。。。

TSAの親友のロッドが良かったわぁ。
”性”奴隷って言うな!って劇場のみんなが思ってたよね笑



【第3位】

IT

3ac6bfdba41a0a3e














ホラーっていうか、ジュブナイルとして完璧だった。
ベバリー役のソフィア・リリスを得た時点で勝ちだったよね。


【第4位】

BABY DRIVER

222222















思い出してもうっとりするウォルター・ヒル魂溢れる演出。
終盤で解るゲッタウェイへのオマージュ。
涙ちょちょぎれた。



【第5位】

パッセンジャー

f405bc0b4841f60e















倫理的に間違ってようとなんだろうと、俺はこの映画が好きっす。
これが男女逆だったらどうなんのかしら。


【第6位】

スター・ウォーズ 最後のジェダイ

main














今のところ自分の周りでは批判的な人はいないです。
素直に楽しめました。
やっぱり何事もこじらせるのはよくないよ。



【第7位】

夜明け告げるルーのうた

81PQE3uazBL__SY445_














「夜は短し〜」もすげぇ良かったけど、これも半端なかった。
なんであの歌なのかはよくわかんないけど。
マスとコアのギリギリの線っちゃぁ、そうなんだろうけど。



【第8位】

コクソン

top














ゴアの限りを尽くす映画だった。
國村隼ボンバイエ。



【第9位】

ハクソー・リッジ

320














俺たちのメルギブが帰ってきた、感。
野火とはまた違った地獄絵図。


【第10位】

ダンケルク

320














音と映像っていう根本的な組み合わせの圧倒的な
基礎体力。
観終わった後の心地よいグッタリ感をまだ覚えている。


以上です

次点

ネオンデーモン
サバイバルファミリー
スプリット
お嬢さん
マンチェスターバイザシー
新感染
コンビニウォーズ
ムーンライト
ソー ラグナロク
ララランド
ワンダーウーマン


今年は劇場で観れる回数が劇的に減ったので
こんな感じです。

体調整いしだい、見逃しをDVDで観たいっす。



共感したらランキング・クリック>>
vmjstyle at 16:49|PermalinkComments(0)mixiチェック

2018年01月01日

ベスト漫画 2017

引き続き、漫画行きます。

基本的に5巻以上続巻なものはランキングから除外してあります。


【第1位】

梶本レイカ / 悪魔を憐れむ歌 2巻

51zB+WZQ-5L__SY346_













これはまったく迷わなかったですね。
「コオリオニ」はまだBLという枠で書いていたように思いますが
(それでも全漫画読み必読の傑作)、今作は全クラスタに向けて
ビンビンにおっ勃ってます。

身悶えする色気とサスペンスフル。
当たり前のように描かれる風刺。

まじで強ぇ。



【第2位】

桑原太矩 / 空挺ドラゴンズ 3巻

61Zf4fHUYQL













ワクワクしたい、がエンタメに求める根本だとしたら
今、電車道でその根本に寄っていってるのがこれだと思う。
ごまかさない、はぐらかさない。
信用できると思う。
思うぞんぶん長く続いて欲しい。



【第3位】

ツナミノユウ/ ふたりモノローグ 2巻

51WfaE+YhpL














「つまさきおとし〜」も大好きだったけど、これも気が狂いそう
になるくらい好き。
宇宙人とか妖怪とか変化球に逃げず、予告ホームランとばかりに
美少女2人をメインに据えてきたのには身震いした。
多分、今が瞬間最大風速だと思う。
そんなにそんなに引き出しがある展開ではないし。
テコ入れで変なキャラとか出したりせず、潔く走り切れたら
大傑作になると思う。



【第4位】

小西明日翔 / 来世は他人がいい

51vkQ-POirL














春の呪い同様、主人公のキャラに惚れてしまったので
しょうがないです。
このひとの作品のバランスというか、緩急のつけ方が
個人的にツボなので、読んでて心地のよいこと。



【第5位】

つつい / 指先から滑り落ちるバレッタ

5103wkbaV7L














どの話も好きだけど、表題作はビリビリきた。
ざっくりとアンダーグランドとメジャーの境目を漂う
画風はホントすげぇ。
多分狙ってやってないのがまたすげぇ。



【第6位】

横山 旬 / あらいぐマンといっしょ 上巻

61u9LjH4K8L__SX350_BO1,204,203,200_














ちょっとねぇ。永遠にゴールしないでほしいよねぇ。
こんな感じのロードムーヴィーテイストはデボネアドライヴ
以来かもなぁ。
たまらんっす。



【第7位】

板垣巴留 / BEASTARS 6巻

51WTeRxw-GL
















四畳半のズートピア。
生々しさでいったら完全に食ってるぜ。
レゴシの告白シーンは今年屈指のハイライトです。
これだけ5巻越えちゃってんの勘弁してください。
全部今年発売だし。


【第8位】

西村 ツチカ / 北極百貨店のコンシェルジュさん

519CUuIGtkL__SX350_BO1,204,203,200_














イズムでいったら同発のアイスバーンなんでしょうけど、
このパッケージングというかのど越しの良さは凶器っす。
みんな、だまされるな。
いや、だまされて。



【第9位】

大童澄瞳 / 映像研には手を出すな!2巻

61NBdlmcnvL














見渡す限り、愛着と工夫にまみれた怨念のような手法
なのにアウトプットとして青春譚となっている恐るべき作品。
これはちょっと世間に見つかり始めてる。
早く読んでおいた方がいいっす。




【第10位】

宮永 龍 / アインシュタインの怪物 2巻

51jcXV-owpL__SX354_BO1,204,203,200_

















メリハリがあって、勢いとアイデアに溢れていて、
ちょっと昭和ホラーテイストが入った絵柄がいとおしい。
きちんと主人公が不憫なのも◎。



【第11位】

入江 亜季 / 北北西に曇と往け

51t6Ts0ggwL__SX350_BO1,204,203,200_














前作は嫌いとまではいかないまでも最後まで乗りきれなかった
だけに、今作は「群青〜」っぽさが戻っていてウェルカムでした。
あいかわらず女の子が美しい。



【第12位】

高浜寛 / ニュクスの角灯 3巻

61EeTv0+aRL__SX350_BO1,204,203,200_














ストーリー、世界観はもちろんだけど、服や調度品を見てる
だけでもうっとりします。
これを読んでいると、欲しいものだけで身の回りのものを
満たしたくなってしまい、困る。
今年出たものでは「エマは星の夢を見る」も素晴らしかったです。


【第13位】

黄島点心 / 黄色い悪夢

61Xnrko9ZEL__SX356_BO1,204,203,200_














バカでホラー。俗悪。
はい、最高。



【第14位】

うめ / おもたせしました。 2巻

51p5W3D3IYL














味付け程度に「ストーリーらしいストーリーが出てきた感。
ただおいしいものとうんちくだけでもいいように思うけど、
けっこうどっちでもいいです。
多分、どっちでも好物です。



【第15位】

長門 知大 / 将来的に死んでくれ 2巻

51vMc8RBVWL__SX333_BO1,204,203,200_














ばかにかわいい絵柄と、ジャストなセンス。
けっこうありそうでないクオリティです。
「らふすけ先輩」も好きだけど、こっちに軍配。



【第16位】

沙村広明 / 波よ聞いてくれ 4巻

61-qmpIET4L














どんどん、どんどん面白くなる。
もう、代表作って言っていいんじゃないでしょうか。



【第17位】

中村明日美子 / 君曜日3 ─鉄道少女漫画4─

51KpB-q8nhL__SX357_BO1,204,203,200_














10年ですよ。10年この漫画にキュン死させられ続けたんですよ。
ありがとうだよ!このやろう!



【第18位】

三条友美 / 家畜人ヤプーREBOOT

51bEh9+QhWL__SX354_BO1,204,203,200_














胃もたれ、っつーか下痢・嘔吐確定だけど食べたくなる
やつだよね。
Impetuous Ritual 聴きながら読むと魔界に行ける。



【第19位】

山口つばさ/ ブルーピリオド

51XZDHxKMML














タスククリアとしての美大って新鮮ね。
毎回キラーフレーズがあって刺さる。



【第20位】

白浜 鴎 / とんがり帽子のアトリエ 2巻

61uuCcQtOuL__SX345_BO1,204,203,200_














徹頭徹尾、ファンタジー。
書きたい事がはっきりしててわかりやすいっす。
打ちにいく感じで読むのがいいと思います。


以上です。


次点

快楽ヒストリエ
大蜘蛛ちゃんフラッシュバック
ルポルタージュ
メメント飛日常
彼女中
オールドテクニカ
冒険エレキテ島
サクライプレジャーストリート
春と盆暗(2016年も入れたからここだけど、まじ傑作っす)
1518!
セレベスト織田信長


ランキングには入れませんでしたが、

竹良実 / 辺獄のシュヴェスタ 6巻(終)
51pFRyMxaWL













には心の底から拍手を送りたいです。
この作品で燃え尽きてしまうのではないかと思う
ほどの熱量でした。

あとはアニメ化で一気にメジャー化したメイドインアビスも
あいかわらず面白いですし、ACCA周辺作品も含めて
リリースにリリースを重ねたオノナツメも毎作ため息が出る
ほどのクオリティでした。
あと、はねバド!の体の動きはやっぱりほれぼれします。
キャラ設定とか笑いのセンスは置いておいて、やっぱり
言及せざるえを得ない説得力です。




共感したらランキング・クリック>>
vmjstyle at 16:33|PermalinkComments(0)mixiチェック

ベストアルバム 2017

今年も忘備録程度に行きます。

【第1位】

Impetuous Ritual - Blight upon Martyred Sentience

R-10422187-1497109355-4052_jpeg









「言葉の意味はよくわからんが、とにかくすごい自信だ!」
と言うしかないのではないでしょうか。
Portalの禍々しさとはまた違った意味の分からなさ。
脳みそで聴く感じ。



【第2位】

Incinerated - Lobotomise

R-10857638-1505468182-9112_jpeg










ゴアとスラムのバランスがとにかく素晴らしい。
ジャケも含めて、Fornicatorっぽさがものすごくツボでした。



【第3位】

Nihility - Imprisoned Eternal

R-11233256-1512395606-9707_jpeg












ビートダウンとモダンなブルデスを行ったり来たりしながら
煽りまくるんだけど、デスコアって感じではなくてしっかり
ブルデスなもっさり感が素敵でした。
データでしか持ってないのでいつかフィジカルで欲しい。




【第4位】

Fetid - Sentient Pile of Amorphous Rot

R-10075393-1508976359-8716_jpeg











Headsplit Recordsからは今年よく買ったけど、
(浅草デスフェストの時もカレー屋で買った笑)これが一番良く聴いた。




【第5位】

Mortiferum ‎– Altar Of Decay

R-10538370-1499481132-1145_jpeg











Extremely Rotten ものだと、Undergangよりこっちの方
を聴いてしまったなぁ。
もちろんUndergangの新譜も良い意味でドゥーミーな
感じが薄れてて良かったです。



【第6位】

Necrot ‎– Blood Offerings

R-10416400-1496994577-9332_jpeg











ジャケとかバンド名とか含めて一番バランス良く
今年のオールドスクール回帰な音だったと思います。



【第7位】

Contaminated ‎– Final Man

R-10423895-1497138559-3119_jpeg











オーストラリアはやっぱヤバいねー。
重くて早くて最高っす。
あと、とにかくジャケが最高っす。



【第8位】

Cadaveric Incubator ‎– Sermons Of The Devouring Dead

R-11014762-1508260927-4393_jpeg











回数で言ったら今年一番聴いたっす。
CDで買って、カセット買って、Tシャツ買ったくらい好き。
Nekro DrunkzのドラマーがロンT着ててクソかっこよかったから
それもHells Headbangersから買ってしまった。。



【第9位】

Phrenelith ‎– Desolate Endscape

R-10053664-1490806800-5677_jpeg











今年前半はこれがベストだろうなーって思ってたけど、
やっぱ年始に出たアルバムって不利だよなぁ。。
でも今聴いてもほんとクッソかっこいいステンチオールドスクール。


【第10位】

Power Trip - Nightmare Logic

R-9871879-1487709848-9247_jpeg











クロスオーバーだとForeseenも良かったけど、これは別格という感じ。
スラッシュ特有の血が燃えるような感覚が濃縮されてる。
各メディア絶賛なのも納得。



【第11位】

Ruin ‎– Drown in Blood

R-10218310-1493579619-5076_jpeg











良い塩梅とこれこの事。
ゴスペルのSEとかもアクセントとして効かしながらも
もっさりと疾走するドゥーミーなオールドスクール。
音質悪い感じも◎。


【第12位】

Midnight ‎– Sweet Death And Ecstasy

R-11154206-1510868826-2980_jpeg











セクスィー。
イントロで燃える率がすこぶる高い。



【第13位】

DEFLESHED AND GUTTED - THE PROPHECY IN THE ENTRAILS


R-10109411-1491767759-9528_jpeg











スラム系だとこれをかなり聴きました。
狙いすぎて洗濯板擦ってるみたいになってるリフとか、
ちょっとトランシーな域に達してるリズム隊とか最高っす。
やっぱテキサスなんすなぁ。


【第14位】

Amenra - Mass VI

R-11032500-1508602746-9059_jpeg











大好きな靴ら今までほぼ変わってはいませんが、
とにかくライブが生で観たいバンドなのに変わりありません。
TOOLがアルバム出さない間、このバンドが心の隙間を
埋めてくれていたように思います、が!来年ついに出すらしいよ!
TOOL!
TOOOOOOOOL!!!



【第15位】

Evil ‎– Rites Of Evil

R-10746807-1503566479-2846_jpeg











ベスチャルな音はもちろん、日本語の語感が素晴らしい。
日本に最も必要な種類のバンドだと思います。
若いのに、ほんとリスペクトっす。




【第16位】

Spectral Voice - Eroded Corridors of Unbeing

R-10928300-1506684103-2070_jpeg











息がつまりそうなところでブラストやオリエンタルな
フレーズで開放する生かさず殺さずなアルバム。
こういうのきっちりできるのすごい。



【第17位】

注射針混入豚 - Early Porks

R-11054334-1509002024-4643_jpeg












ズンズンズズズン。ヴォイーーー。



【第18位】

Witch Vomit ‎– Poisoned Blood

R-10445840-1497602851-2761_jpeg












フィンデスっぽい汚らしい感じが心地良くてけっこう聴きました。




【第19位】

Friendship - Hatred

R-10422187-1497109355-4052_jpeg











FULL OF HELLの新譜よりこっちの方がしっくりきた。
ライブもやばかったなぁ。。

ELMO、FIGHT IT OUTとFRIENDSHIPは心のよりどころです。


【第20位】

DESECRESY - The Mortal Horizon

R-10765143-1503916921-9164_jpeg











AMENRAと同じく前作までとなんら変わりませんが、
好きなんですもん。しょうがない。
曼荼羅グルーヴ最高!!


以上です。

次点

Analepsy
Code orange
The Donor
Gorephilia
Krypts
Sudden rage
Undergang
Cryptic Brood
Necrophile

のそれぞれ新譜です。

Butcher ABCの新譜はまだ聴けてません。

デスメタルしか聴かなくなってしまった。。。
現状ポップスへの情弱っぷりがどんくらいかというと、
ケンドリックの新譜聴いてない、というくらい深刻なものです笑。

デスメタルにもいつか飽きるかもね!

また来年。

共感したらランキング・クリック>>
vmjstyle at 13:19|PermalinkComments(0)mixiチェック
記事検索
Recent Comments