2011年02月

2011年02月27日

兄弟船

自分は2人兄弟で2つ下の弟がいる。
仲はそんなに良くないと思うし、今はめったに
会わないけど子供の頃の写真はほぼ二人一緒に
写っているものだったような気がする。

”兄弟”っていうのはその存在自体がベタであり、
かつポップな華を周りに感じさせるんだと思う。

レスラーでもテリーとドリーのファンクスとか、

funks


リックとスコットのスタイナーブラザーズとか、

d2839115-c82e-430f-9685-b61c763a51ee


ベタでポップな存在だよね。

そういえば今のプロレス界って兄弟キャラあんまいないね。
邪外くらいか。

音楽だとキンクスのデイヴィス兄弟、
AC/DCのヤング兄弟、
ヴァン・ヘイレン兄弟、
あと3人だけどビージーズのギブ兄弟とかか。
レディオ・ヘッドは地味すぎるから却下。




マンチェスターのチンピラフーリガン兄弟がのし上がる
サクセスストーリーっていうベタでポップな要素満載で、
現存した最後の”ロックスター”だったギャラガー兄弟
の片割れがアルバムを出した。

Beady Eye / 「Different Gear, Still Speeding」

現在はKCRWにて無料試聴可能。
3月24日までだって。太っ腹。

まぁ、悪くはない。だって歌ってるのリアムだよ?
そりゃ平均点より下って事はないよね。

でも、アルバム通して感じる印象は

”リアムじゃなくてもいい曲ばっかり”

だな。

かろうじて聴けるのだと
8. Kill For A Dream


それにしてもやっと70点って感じ。


強烈な”俺俺”感が無い。
兄弟が並んでる時はあんなにあったのに。

やっぱりベタな設定っていうのはスターには必要なんだよ。

まぁ15年以上やったんだから今は一回リセットする
時期なんだろう。


という事で、今はリアム、ノエル共に土田世紀の「俺節」



読んで色々高めてもらって、来る時期が来たら

「兄弟船」か、



「あずさ2号」



のカバーで再結成!

もう決定ね。

冗談じゃなく、ここには”本物”のヒントがあると思う。
いや、ギャラガー兄弟は間違いなく本物なんだけどさ。
きっかけとしてね・・・。

NERI





共感したらランキング・クリック>>
vmjstyle at 18:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック NERI | 海外POPS

2011年02月21日

隙間があったら挟みたい

昨日のSアリーナの週刊女子プロレス
(前のブログもこの内容だ・・・)。

華名が出てたわけですよ。紫雷姉妹と一緒に。

んで最初の映像のところでローリング・ストーンズが
流れてきてですね。

猛烈な違和感なわけですよ。

多分深くは考えてない選曲だとは思うんですけど、
あまりにも引っかかってしまって。


華名って、プロレスのスタイルに遊びがないわけです。
「はい、これが私のプロレス。」
ってパッケージとして提示してくる。

着地点まで明快で、破たんがない。
もっと言うと、破たんしてるように演じてるのがマル解りで
そこに感情移入する隙間がない。



それに対して、ストーンズなんて音の隙間で勝負してる
バンドなわけですよ。
キース・リチャーズは”サティスファクション”のあの
リフに絶対ディストーションかけたりせず、弦1本の振動
だけでスタジアムを酔わせる。



オーディエンスに音と音の隙間を感じさせてる。

みんなその”隙間”に感情を挟みこんで盛り上がりたい
わけですよ。

ただ上手くて激しけりゃいいってもんじゃない。
隙間を作ってあげなきゃいけない。

Meat Puppets の "Pleateau" とか隙間以外には
技術もへったくれもない曲だったけど、カート・コバーン
はその隙間に反応したんだと思う。



この隙間は日本人が一番苦手なジャンルだな。
パ○ズリとか尻○キとかエロジャンルの隙間を
見つけるのは上手いのに。


何が言いたいかっていうと、プロレスの”骨格”って
隙間を魅せるって事でしょ。
新しいものを作るって言っても、そのジャンルの”骨格”
を理解しなきゃ筋肉も脂肪も付けられない。

マッスルに感情移入できたのはその”骨格”だけしっかり
出来てて、あとは全部自由だったから。
だから”プロレス”の未来だったんだよ。


今後の展望を聞かれて、

「あとは業界しだい」

って華名は言ってた。


ちょっとホントに何言ってるんだか解らないんだけども、
”プロレス”をやりたいんだったらまずは隙間を作って
みてはどうだろう。

隙間のプロ中のプロの大家さんと矢郷さんを
ディスるんだったら、ホントにノープランで
リングに上がって大喜利としてその両人を越えて
みて欲しい。



あ、サムライのスタッフが皮肉込めてのストーンズの
選曲だったんならすげーかっこいいな(笑)



NERI

共感したらランキング・クリック>>
vmjstyle at 13:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック NERI | プロレス

2011年02月14日

”世Ⅳ虎コール”は言いやすい

昨日のSアリでの週刊女子プロレスにて、
スターダムの第2戦をダイジェストで観る。

世Ⅳ虎、いいね。
もう最高だね。

自分のひん曲がったプロレス観にブラジリアンキック
並の見えない角度からえぐり込んでドンズバだね。

第1戦でシングルで負けた正統派の美形エース
美闘陽子にタッグマッチながらもリベンジする形での勝利。

まずは入場するとコーナーにうんこ座り。

yosi3


髪振り乱しての頭突きもなにやら全女臭。

yosi4


もろもろあって、決め技はセカンドロープからの
ダイビングセントーン。

全体重乗ってるガチな落ち方。
体型&キャラにマッチしまくりな決め技だ。

そして、顔面押さえつけての、うんこ座り式でフォール。

yosi2


背中の”世Ⅳ虎”が眩しい。

公式試合結果によると、「ヤンキー座り固め」。

素晴らしい。

試合後のインタビュー。

「初勝利の味は?」の問いにはこの顔で

yosi1


「チョコレート」。



エクセレント!


金のサウナスーツみたいなコスチュームのつんのめり方
も含めて異物感のかたまりのような存在だ。

そして勝利の後の”世Ⅳ虎コール”がデビュー2戦目
にしては異常な大きさ。

映像で観てこのレベルだったら、会場は大爆発レベル
なんじゃないかな。


うーーん、これは生で観るべきだなぁ。

動画探したんだけど、技食らってるやつぐらいしか
ないしなぁ。



この動画で観てもコスチュームがやばいな。
光反射しすぎて見えなくなったりするし(笑)


試合後の決めポーズも含めて、デビュー組の中では
一人だけ”プロ”のような感じだ。

1297512561082161300


ぶっちゃけ、世Ⅳ虎以外のメンバーには今のところ
何も感じない。

というか、アイスリボン勢と朱里以外の女子レスラー
は全員世Ⅳ虎以下と言い切っていいんじゃないかな。

そんぐらい、飛び抜けた異物感があるよ。


NERI

共感したらランキング・クリック>>
vmjstyle at 15:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック NERI | プロレス

2011年02月07日

本物とパンク

昨日のSアリーナの週刊女子プロレスのゲストに
新しい女子プロレス団体「Diana」を立ち上げる
井上京子が。

何度も何度も”本物の女子プロレス”という言葉を
口にしてた。

でも要はもう一回自分でNEOをやるって事だろ。
もう一回同じ事するんだろ。
名前変えて再出発という感じか。

本っっっ当に、マジで言ってんのか。
時代にフィットしてないから終わった団体だろ。

全女全盛期に観てた敏感な人はその後PRIDE観てたし、
PRIDE観てた敏感な人達は今はAKB観てるんだよ。

その化石の全女スタイルを”本物”って言ってるんでしょ。
誰が聞いても空っぽな響きだ。


そんなタイミングでこのニュース。

難波章浩、PUNK ROCK解禁。

何を言ってるのか理解不能だ。

パンクっていうのは音の種類だっけ?
現状に対するアンチな姿勢なんじゃないっけ?

んで、この曲らしい。



なんなんだ。今までやってきた事を褒めてほしいって事なのか。

確かに90年代にそれまでの日本のライブハウス事情を変えた
のはハイスタだった。

でも、音楽の歴史を止めたのもハイスタだったんだよ。
クラッシュは後期はダブ化したし、ピストルズ後のジョン・ライドン
はPILで迷えるパンクス達を救済した。

破壊し続けるって事なんだよ
その姿を見せれなかったから、日本中のバンドキッズに
間違った手ごたえを残してしまった。


海外では破壊の概念が根付いているから、ストロークス、
MGMTというパンクスが現れた。

それなのに、こんな曲に対して”パンク”なんて言い出したらさ。
また若い何も知らない子達は勘違いしちゃうんだよ。


女子プロはアイスリボンとスターダムっていう対照的な
モデルケース+突出した個としての朱里っていう駒が揃って
すごく良い流れがきつつある。

どーよ、この立ち姿。

imagesCATAC4FA


アイス、スターダム、朱里どれも現状に対する
強烈なアンチを持ったパンクス。


日本の音楽で言ったら、女王蜂のVo・アヴちゃんは忌野清志郎
以来不足し続けているしている”フロントマン”足りうる存在だと思う。

この10分弱のライブ映像だけでも伝わると思う。

前もこのブログに書いたけど、このインタビュー観てからの方が
いいかも。




オフィシャルHPも新しくなって、
全国流通盤のリリースも3/2に決定。



こんな面白い事が起きてるのに、空っぽの”パンク”な
ニュースの影に隠れてしまってる。




やるのはいいよ。それぞれリスク背負ってるんだろうし。
でも”本物”とか”パンク”って言葉使わないで欲しい。
それなりに知名度ある人が使っていい言葉じゃないよ。

時計の針を止めないで欲しい。


NERI

共感したらランキング・クリック>>
vmjstyle at 14:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック NERI | その他

2011年02月05日

地方より愛をこめて

近所の本屋に売ってなかったので(聞いたら「初回発行部数が
少なすぎて・・・」という聞きたくない情報までw)
町田のジュンク堂まで行って購入。
アマゾンでも買えるけど、なるべく地元の本屋で買うようにしてる。

コミックいわて



岩手出身、在住、またはゆかりのある漫画家がそれぞれ
描き下ろしたオムニバス。

メンツがすごい。
大御所の池野恋(ときめきトゥナイト!)から、
サブカルな人に向けても吉田戦車、小田ひで次、地下沢中也、
とりのなん子などが岩手を舞台にした漫画を描き下ろし。
年齢層をあまり選ばない本になってる。

こういうの、大事。

地域の物産展とかって、結局食い物しか置いてないからさ。
そのなかにこういう漫画を平積みするだけでも全然違う。
漫画なんて日本を代表する文化じゃんね。
それを地方の自治体が主導で(知事責任編集らしい)
まとめるっていうのが偉い。

秋田行ったときにバスに「釣りキチ三平」書いてあって
うらやましかったんだよねぇ。

よくやった。

これ続編作ってほしいな。
巻頭の岩手ゆかりの漫画家MAP見てるだけでも描いてほしい
人がいっぱい。


まずは「海獣の子供」描き終わってからでいいから、盛岡在住経験
あって田舎漫画も描いてる五十嵐大介にぜひぜひぜひ!!

そして「ドッジ弾平」の こしたてつひろ と「イレブン」の
高橋広に子供スポ根ものを。

さらに「ドラゴン桜」の三田紀房に地元活性化について
ズバッと描いてもらうと。

うーん。夢膨らむぜ。


岩手は元知事の増田さんが地方分権改革とかで内閣入ったりしたから
若干意識が高いのかもしれないね。

達曽さん、なにとぞ継続を。

Wikipedia で見てみたら、東北だけでもそれぞれ漫画家
すげーいるぞ。
各県で作ってどこの県が1番か決めたらええんや。




あと、地域に密着したという意味だと中村明日美子の待望の
新作「鉄道少女漫画」



は舞台を小田急線オンリーに絞った1冊。

もう今ノリにノッてるとしか言いようのない充実した内容。



岩手と小田急線。

自分の30年のこれまでの人生はこの2冊の中の世界
で説明できてしまうんだなと思うと複雑な心境だ。

NERI

共感したらランキング・クリック>>
vmjstyle at 13:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック NERI | 漫画

2011年02月02日

年齢不詳な曲(褒め言葉)

spinnerで何気なく聴き流してた
David Loweryのアルバム。

Camper Van Beethovenの”Pictures Of Matchstick Men ”



とか、

Crackerの”Low ”



とか、80〜90年代のバンドのイメージがあったから
まだやってたんだー、という印象しか始めはなかったんだけど
5曲目の”All Those Girls Meant Nothing to Me”



聴いて、読んでた本置いた。

なんつう良い曲かきやがるんだ、と。
底力あるなー。

脂ぎってるというのとはまた違う乾いたパワフルさ。
肩の力抜けてるのに、腕の血管だけ浮いてるような。
散りばめられたノイズやバイオリンの音の欠片の
オルタナマナーのコードへの絡みつかせ方が神がかってる。

パワーポップっていう一言で片付けたくない名曲だな。

その後の6曲目”I Sold the Arabs the Moon ”も
3拍子のワルツの名曲。

映像探したら、もう完全におじいちゃん!



これでよく”All Those Girls Meant 〜”みたいな曲
書けるよなー。
でも外人って急におじいちゃんになるからな。
見た目より若いのかもしれん。

それにしてもすげーよ。


リプレイスメンツからソロと同じようなアメリカインディー
ロードを歩んできたポール・ウエスターバーグでさえ今は
何やってるかわからんのにな・・・。

それでも90年代までは鬼のような名曲書いてたんだけどなぁ。



ちゃんと生活できてるのかな。
俺が心配する事じゃないのは解ってるけど、心配。

NERI

共感したらランキング・クリック>>
vmjstyle at 19:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック NERI 

2011年02月01日

字幕、HIGH

1000円の日と言う事でやっとこさ
「ソーシャル・ネットワーク」を観てきた。


いやー、面白い。まだ頭が面白い映画観た時特有の
熱っぽさでボーっとしてるよ。

オープニングで大学のキャンパス内を主人公が走り抜ける
シーンでいきなり泣かされそうになる。
解ってるなぁ。これ、大学行ったことある人なら絶対グッとくる。

それからはひたすらライムのように繰り出されるセリフに酔うだけ。
セリフ(実際は字幕だけど)がさ、畳み込むなんていう言葉じゃ
足りないくらいガンガン頭に叩きつけられてさ。
だんだんランナーズハイみたいになってくる。

気持ち良いんだよ、これが。

トレント・レズナーが手掛けてるらしいサントラも
かなり良くて、それに乗るラップみたいに聴ける。

丁度たまたま図書館からケルアックの「オン・ザ・ロード」
を借りて読んでたんだけど(学生の時以来だから10年ぶり!)、
言葉をひたすら食っていく感じが似てるような気もする。


(↑なんか世界文学全集とかになってるのね。翻訳も前読んだの
とは違うみたいでめっちゃ読みやすい)


映画のラストも最高だった。

死ぬまで搾取する事しか教わらない権力側としての富豪の双子。
主人公と同じ境遇だったはすなのに、変化についていけなくて
袂を分かってしまうマイノリティーとしての友人。

その狭間でどちらからも訴えられる境遇を描く事で、
結局はナードでGEEKな天才ザッカーバーグ個人だけを
浮かび上がらせる。

登場人物は全員ムカつくやつらばっかりだ。
でもそんな事は全然問題ない。
自分だって他人から見ればムカつくやつに決まってる。

大事なのはこの映画がエンタメとしてホント優れてるって事だ。
自分は今すぐにでも、もう一回観たい。
あの言葉の渦にもう一度巻き込まれたい。

今はその代用品としてTHE BLUE HERB聴いてる。



これぐらいしか思い浮かばないよ。

NERI





共感したらランキング・クリック>>
vmjstyle at 20:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック NERI | 映画
記事検索
Recent Comments