2010年12月28日

やれる事なのになぁ。

このブログ読んでの事なんすけど。

修斗の未来のために、日本のMMAの未来のために、そして世界のMMAの未来のために
(かなり長いです)

んーー。

そこの話なのか、と。

MMAやってる当事者からすればそこなのかもしれないけど、
素人目線からするとなんかそこじゃない気がする。

既得権を持った人のバランス感覚の問題だと思う。

修斗の全盛期も、PRIDE、K-1の全盛期もトップダウンで
上手くいってたんでしょ。

単純に儲けが無くなったから文句が出てくるわけで。

興行はあくまでもグレーな部分があってなんぼなんだろう。
だから、”収支を公開うんぬん”じゃなくて、
”バランスがとれてない”っていう理由で降ろすんなら解りやすいような。
細かい儲けうんぬんこちゃこちゃ言ってる時点で夢が
なさすぎるような。


極論から言うと、とりあえず日本のMMAは業界でなんとかして
UFCを民放で流す事が大事なんじゃないかな。

それが1番の底上げにつながると思うんだけど。
ゴールデンでレスナーvsベラスケス流したら
流れ変わると思うんだけどな。

どんな日本の興行テレビで流すよりポップだと思う。

取り合えず、”一般の人に見える”事じゃない?

そこからスター作りをしていく、という順番だと思う。
それは別に日本人じゃなくてもいいわけだし。
アリスター・オーフレイムがK−1代表としてUFCに
乗り込むっていう構図だとアリスターは完全に
”俺たちのアリスター”でしょ。




この事って日本の中での洋楽の立ち位置と同じだと思う。

風前のともし火の業界の目先の儲けをこちゃこちゃ言って
ないでとりあえず全部タダで聴かしたったらいいんだよ。

ロキノンがさ、フェスとかで儲けてる既得権使って
TOKYO MXがゴールデンで無駄にアニメ垂れ流してる
あたりの枠買って死ぬほどかっこいい番組作ったらいいんだ。

んで、ジャパンの紙面に堂々と「この雑誌読んでるようなアホ
はこの番組を観る資格はない」って書けばいいんだ。
「どうせ理解できないんだから」って。

そんくらいしないと一般の人の目に洋楽なんて見えないも
同じだよ。

ゴリラズがi-padでアルバム作ってクリスマスに無料で配信
してるっていうのになんだこの鎖国状態は。



アジカンのゴッチがこのレビューで書いてる
キングス・オブ・レオンが日本に来れない理由と
UFCの日本開催が実現しない理由は同じような気がする。

だってさ、海外でこんな事になってるのに



日本ではZEPPですとか嫌じゃん、どう考えても。






これをディファ有明でやります、とかありえないよ。

とりあえず、見せよう。

なんとかして。  

NERI






vmjstyle at 13:00│Comments(0)TrackBack(1)mixiチェック NERI | その他

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 修斗の組織の透明化の過程の不透明性  [ 【朝日】修斗を語る@livedoorブログ【若林】 ]   2011年01月16日 00:28
> トモヒロさん ありがとうございます。ご指摘いただいた書き込みは読んでいました。 やはり2chの書き込みにいちいち反論はしないことにしました。きりがないので。 執行部に心 ...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
Recent Comments