2016年02月08日

マイベストコミックス 2015

引き続き、忘備録として

【第1位】

野田サトル / 「ゴールデンカムイ 」 2巻

11








チームもの、バディもの、切り株もの、トレジャー、
ミステリー、伝承文化、そんなもんたちの皮を
被ったグルメ漫画です。

なにそれ!笑

2015年は5冊出たこの漫画に食い尽くされた感がある。
このクッッッッッッッソ面白い漫画、5冊も出たんだよ!?
狂ってるっしょ。
ギラギラ、ドロドロしてて、でもカラッと笑えて、涙腺にグッと
来る。こんな漫画、待ってたよ。

2人の食事シーンの面白さっていうのは、唾棄すべき
オソマ(うんこ)グルメ漫画を駆逐する革新性に満ちて
いると思う。

今、読め。



【第2位】

大石まさる / 「キラリティ」

22












大石まさるはエロ入れたりデフォルメ行ったりして
それぞれ名作を産んできたと思うけど、それらを経て
昨年の「ライプニッツ」→この作品で水惑星年代記シリーズ
以来の一旦のピークを迎えていると思う。
常に”ジュブナイル”という視点を持ち続けている作者が
その視点をブレさせることなく総合的な技術を研ぎ澄ませて
いった結果だと思う。
シチュエーション、プロット、メッセージ、どれも現行のシーン
に於いては群を抜いている上に、200Pに収める手腕も
恐るべしというしか。。。
映画「オデッセイ」と共に義務教育で触れさせるべき傑作。


【第3位】

つくしあきひと / 「メイドインアビス」 3巻

33












これは1位とホント悩んだが、絵柄によってはまったく
受け付けない人がいるのも確かだという点で3位とした。
1,2巻までは冷静に読めたけど、この巻は鳥肌なんて
ものじゃ済まなかった。思い出しても震えるあるシーンは
ホラー映画を愛する自分でも寝る前にちょっと思い出す
レベル。

これは、、、どのくらいの連載期間を想定しているんだろ。
5年?10年?それでも余裕でついていく自信がある
ビルドゥングロマンの傑作。


【第4位】

竹良 実 / 「辺獄のシュヴェスタ」 2巻

71V-zKI25SL












”復讐”という1点のみに生きる少女の物語の
はずなのに、絶妙に微笑ましかったり、瑞々し
かったりする瞬間に射抜かれるのは、図らずも
エラが”今”を生きているからだ。
彼女はどこまで強くあれるのか。
続巻は相当な覚悟を強いられるはずなのに、
たまらなく待ち遠しい。
2015年の漫画界を席巻した”魔女(狩り)”ブーム
のなかでも頭というか、上半身くらい抜けている
と思う。


【第5位】

紙魚丸 / 「惰性67パーセント」

519vYoztCoL












これが続巻する、という点が一番素晴らしい。
猛烈に抜けるエロ漫画を描く一方、その最大の武器
をフルスイングさせる一般紙作品。
くっだらない(←褒めてます)、汗臭そうな(←褒めてます)
4畳半話の傑作としては
「山田秀樹短編集 とある女子大生の日常にみる」、
「昔話のできるまで」以来かと。
キャラの生命力が素晴らしいよ。
暇と怠惰が稀に産む芸術というやつ。


【第6位】

オノ・ナツメ / 「ACCA13区監察課」 4巻

71faYZBScUL












もうちょっとでクライマックス。
つまり1番美味しい時間帯。
ひょうひょうとした話で終わるはずもなく、思いっきり
ミステリーに舵を取った前巻からページを捲るのが
もったいない系の陶酔感が出てきた。
この作者の本当のすごさはキャラの書き分けの
さじ加減なんだと思う。
漫画って”キャラクター”なんだ、って改めて思い知らされる。
色々完璧。


【第7位】

中村明日美子 / 「君曜日2 ─鉄道少女漫画3」

51HZAy13omL












どーすんの!? どーなんの!? どーしたいの!?
もう最後のセリフが我々読者の心情そのものですな。。。
”キュンとする”という30過ぎたイカつい男からは一番
飛距離のある言葉でしか言い表せない漫画なのだから
”キュンとする”と書く。書くよ、オラ!
一筋縄ではいかない作品ばかり描いてきた作者が
こんな剛直球を投げるなんて、多分今回だけだよ。
黙って読んだほうがいい。一見さんも、敷居低いからさ。


【第8位】

涼川りん / 「りとる・けいおす」 2巻

81ZbeJmp7iL__SL1500_












打ち切り。打ち切りかぁ、、。
アクションってこの漫画が打ち切られる層が読んでる
んだなぁって思うとうんざりする。
オフビートで、下品で、差別的なのに愛に溢れている。
独立しつつも心底繋がっている感覚。
要は「よつばと!」にないものがすべて入っている
子供漫画。
ロリ・ペドだからいけなかったの?じゃあってことで
設定をそのまま7〜8歳くらい上げた「あそびあそばせ」
を始めたのも最高。
本気で狂ってたらこんな漫画書けないぜ。

あ、カバーイラストはパネマジです笑


【第9位】

今井哲也 / 「アリスと蔵六」 5巻

81RaEeEuv2L__SL1500_












タイトルそのもの、アリス イン ワンダーランドの世界を
丸々1冊描いた巻。
やりたかったんでしょうなぁ。そして読みたかったよ、
こっちも笑
世界そのものが不安定な設定にこの作家独特のザクザク
とした線が説得力を持たせている。
子供はきっと友達を作るまでみんなこんな体験をしている
(きた)んだなぁ、と思うと涙腺どころか目が取れそうになる。


【第10位】

沙村 広明 / 「波よ聞いてくれ」

51okJPo9jNL













ラジオのパーソナリティーになるってこういう
事なんだろうなぁ(多分違う)。
ずーーっとバタバタバタバタとしているのに不思議と
スムースな手触りなのはだらしなくてひたすら巻き
込まれ続ける主人公の一貫したヒドさゆえだろう。
なりゆきで覚醒し続ける彼女に同情しそうになり
かけるところで突き放す”こいつならしかたねーや”感。
そんなこんながMADMAXなスピードで加速するから
たまらない。
ジャンル的にも新鮮すぎて注目せざるを得ないよ。


【第11位】

水上悟志 / 「スピリットサークル」 5巻

81IvwoByd-L













じわりじわりと原罪の真相と深層に近づいている。
ハッピーエンドでもいいと思う。
でもバッドエンドだったらマジで歴史に残る傑作に
なり得ると思う。
ここまで面白いのにここまで売れないっていうのも
さみしいものがあるなぁ。
まぁ、絵柄がなぁ、、、。
まぁ、十分売れてる方なんだろうけど、こんなもんじゃ
いけないと思う。


【第12位】

横山 旬 / 「変身!」 2巻

7139PaY8rAL













少年時代はどうしようもない。しょーもない。特に男は。
でも、そこにミューズが付属するだけで文字通り世界が
変わる。内側も、外側も、だ。
2巻でようやく物語っぽいことになろうとしているけど、
結局は絶対君主であり、聖母であるマリに振り向いて
ほしいだけの男の子の話。
ただ、猛烈に面白い環境なだけ。
それって最高じゃん。


【第12位】

なかとかくみこ / 「塩田先生と雨井ちゃん」

91dv9RFS8SL













「恋は雨上がりのように」より断然こっち派です。
古風なだけではない何かを確かに持っている
と思うので高橋留美子のようにサヴァイヴしていける
ように思う。
時代設定が不明、というか感じさせない絵柄は
この上ない武器だと思う。


【第14位】

朝倉世界一 / 「春山町サーバンツ」 4巻

71M5c9VqjqL












ふわふわしつつも、市井の人々の真実の秘孔を突く。
尖ってないけど、ジャストでツボに当たるのだ。
一貫して描き続けるうっすらとした不安に対する、
意外なほど骨太な姿勢の正解っぷりが気持ちいい。
あと、女の子がガンガンかわいくなってきている。
特に髪の毛の表現にはため息が出る。


【第15位】

高木 ユーナ / 「銀河は彼女ほどに」 2巻

51mc3aUySsL













アイデア一発。技術じゃなくセンスとタイミングと勢い
で押し切る剛腕スクリューボールコメディー。
あまりの眩さに1位にしてしまいそうになるけど、、、
まぁ1位でもよかったかもなぁ笑。
これを否定する大人にはなりたくないけど、否定する
大人がいないのも困るようには思う35歳です。


以上、15冊です。

次点としては

「チェイサー」3巻
「聖骸の魔女」2巻
「魔女のやさしい葬列」
「スティーブズ」3巻
「オニクジョ」
「宝石の国」5巻


6巻以上続巻しているものは除外したので
「KEYMAN」「乙嫁語り」「BLUE GIANT」などは
入ってません。


NERI

vmjstyle at 00:37│Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック 漫画 | NERI

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
Recent Comments