2008年02月02日

クロッカスS

東京9R クロッカスS
【展開】
内枠に先行、逃げ馬が揃いMペース以上は必至。

【コース、馬場】
コース的にはそこまで意識する程では無いが、馬場差が無いのでロス無く行ける内枠の方が若干有利。
開幕週でオーバーシードを行った状態という事から簡単に前は止まりそうにないので先行馬が有利。

◎01番ロードバリオス
開幕週の馬場で、前走勝利しているし今回の馬場も好材料。
ロス無く先行出来る1番枠は、まさにベスト。
能力的にも上位だし東京1400mはこの馬にとっては競馬がしやすい。
逃げ馬が多い今回は無理して行かなくても良いはずだし、好位から競馬して欲しい。
鞍上のルメールもそのような競馬をするだろうし同馬に手は合っているはず。
後は初めての左回りと輸送をクリア出来れば。

○04番マヤノベンケイ
回顧に書いている通り、前走シンザン記念では、速い流れを好位から追走し2着タイム差無しの3着と好走。
先行馬ではただ一頭の上位入線なのだから評価出来るし能力の高さを証明した。
前々走は1400mで勝利していて前走もギリギリといったところから、ベストは1400m以下の距離だろうし、今回は良さそう。
先行馬なので馬場も向きそう。
同馬も初めての左回りと輸送をクリア出来れば。
先行粘り型なのでロードバリオスより斤量+1舛若干気になるのでこの評価。

▲03番ダイワマックワン
典型的な逃げ馬で今回の馬場は向きそう。
能力的には一歩劣るが逃げての粘りは怖い。

★12番ニシノオニテツマル
東京1400mのコースは3戦して3連対と得意な舞台。
血統的にもこの距離は合っているし未知の魅力は大きい。

(10番ヒシオフェンスは前走新馬(ダート)を勝利しての臨戦で、芝は未知。
母系から芝の勝ち馬も出していて、父親のゴールドアリュールも芝には対応出来るので芝がダメという事では無さそうだがいきなり開幕週のスピード勝負、OPクラスではどうかという事で今回は軽視した。)

単勝◎1000円
複勝◎2000円
馬連◎−○1000円
三連複◎=○⇒▲★500円

計5000円

vodka_2007 at 12:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!【予想】 

注目馬(更新)

ロードバリオス(更新)
前走の千両賞を勝ってから放牧に出されリフレッシュ。
今週の、クロッカスSを目標に入念に乗り込まれてきた。
鞍上にはルメール騎手を起用してきて、同馬のようなタイプは外国人騎手は合っている。
東京マイルは悪い条件では無い。(評価は予想で)
アドマイヤジュピタ(更新)
前走の日経新春杯では、荒れた馬場に若干の雨が降って水分も含み、非常に力のいる馬場になった。
同馬は、(テン35.2-上がり37.4 1000m通過60,7)の若干速い流れを好位から追走し、
直線では伸び切れず勝ち馬から0,4秒差の4着に終わった。
最後の1ハロンが極端に掛かっており完全な持久力勝負になった事は同馬には厳しかった。
斤量+3(前々走比)+16舛能仭も少なからず影響していたはずだし、それでも僅差の4着という事は能力の高さの表れ。
次走はまた注目したい。
【次走予定⇒阪神大賞典】

2008年01月17日

回顧

京都11R シンザン記念
1着◎05番ドリームシグナル
2着△04番ドリームガードナー
3着▲09番マヤノベンケイ

単勝◎1000円 的中×2,9倍
馬連BOX(上記5頭)10点×300円 的中×10,6倍
3複BOX(上記5頭)10点×100円 的中×25.3倍
トータル +3610円

【回顧】
4e6e8726.jpg1000m通過58,4秒 (34.1-37.0)
結局、良馬場まで回復し、コンディションは良。
ペースはこの時期にしては、速いペースになり(Hペース)差し馬が上位を占める結果になった。


【各馬の評価】
ドリームシグナル/1着
スタートは若干出負け気味になり、後方からの競馬。
道中は無理に焦らず内々で待機策。
4角で後方の位置から外へ持ち出し直線で弾け差しきった。
相手が低レベルだった事、展開が向いた事と、恩恵が同馬には多かったが、このメンバーでは力が抜けている事を証明した形になり、今後が楽しみになった。
この後は中山で行われる皐月賞TRに向かうようだが、明らかに中山はあまり向かないタイプだし、過信は禁物。
現状だと、東京、京都のような直線が長いコースで切れ味を生かせるような舞台がベスト。
距離は成績からもマイル前後が良さそうだが、折り合いがつく馬なのであまり心配はいらなそう。

マヤノベンケイ/3着
さざんかSでは掛かり気味に逃げ、ゴール前まで踏ん張った。
今回のレースでは1ハロン伸びる事を不安視していたが、福永騎手がその打開策として好位から競馬をし道中は上手く折り合っていた。
直線に入ると抜け出したが、厳しいペースという事もあり最後は苦しくなったものの、2着の馬からはタイム差無しの3着なら好内容。
距離もマイルでギリギリという感じだったから、本来は1400m以下がベスト。
短距離で好位からというのがこの馬にあった乗り方。
アーリントンCに向かうようだが、阪神の開幕週馬場は同馬には向くし1600mもカバー出来そう。
また予想の時に展望したい。

vodka_2007 at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!【回顧】 

2008年01月13日

シンザン記念

京都11R シンザン記念
【展開】
このレースは比較的ペースが上がる事が少なくスローペースが多い。
なのでSS系(スピード)の馬達の活躍が多い事は、注目。
今年は先行馬が多い組み合わせで、1000m通過が60秒を上回るようなSペースは考えにくい。
なので、レース自体のペースはMペース想定で対応出来そうな馬を選びたい。

【コース、馬場】
馬場は開幕2週目ということで、昨日のレースを見る限りでは内外の差はあまり無さそう。
京都マイルは、枠順での有利不利はあまりないが、外の馬は馬場にあまり差が無い為有利とはいえないし少々距離ロスはありそうなので若干内枠有利か。
直線も長くスピードに長けるタイプが好走しやすい。

◎05番ドリームシグナル
未勝利勝利後の京王杯2歳Sでは、1000m通過59,1秒のMペースを後方から追走し(この馬自身はSペース)内を上手く突いて2着と力は見せた。
続く朝日杯では、早いペースを内々でロス無く追走し(35,2-35,4)馬自身このラップなら今回のメンバーでは、まずまず走っている方。
中山より京都のような平坦のコースの方が末脚は生かせると思うし、レベルが低い3歳馬が集まった今回なら、条件もまずまず揃っているこの馬でも主役はつとまる。

○12番タケミカヅチ
同じ条件のデイリー杯で好走しているように京都マイルは向きそう。
今回は、前に行く馬が揃っているので末脚を生かしたい同馬には+材料。
ただ木幡騎手が乗ったここ2戦は共に後方から勝負をしているので能力は足りても届くかどうかというところを考慮し、この評価。

▲09番マヤノベンケイ
前走は掛かり気味に逃げ、最後まで踏ん張り勝利。
1F伸びてどうかという点が若干気になるが、阪神の坂も踏ん張っていた点も考慮すると平坦の京都なら行ききる可能性もある。
ただ垂れる可能性も否定出来ないのでこの評価。

*以下*
注14番ウイントリガー
△04番ドリームガードナー

01番ミッキーチアフルが豊騎手人気しているので、馬券は美味しいと思います('A`)
これは消えると思っているのでまずまずの配当が、期待出来そうです。
単勝◎1000円
馬連BOX(上記5頭)10点×300円
3複BOX(上記5頭)10点×100円

計5000円

vodka_2007 at 12:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!【予想】 

注目馬(一覧)

とりあえず注目馬をまとめます。
条件によって予想の時に、評価を決めるんですがここでは一応“今後注目”という観点で馬を選んでいます。

ダイワカンパニー
新馬戦は超スローペースながらも直線は、楽な手応えで抜け出し快勝。
非常に高いポテンシャルを感じたし、今後に期待が掛かる馬。
2戦目を使うべくトレセンで調教を積んでいたが、体調が整わず放牧に出されたとの事。
結局去年は、新馬戦一戦しか使えなかった。
脚に不安を抱えているようで心配だが、まだ若い馬だしジックリと調整して欲しいと思う。
今年のクラシック戦線までの復帰を期待。
次走予定→(未定)
ロードバリオス
青毛で見栄えがする馬体で、新馬戦3着後、未勝利、500万と連勝。
2勝目を挙げた後、放牧に出され12月半ばに帰厩し調教を再開。
2月2日のクロッカスS(東京1400m)で復帰予定。
前走の千両賞(500万)は、開幕週で先行馬有利の馬場の条件で、内枠から好スタートを切りペース的にも緩みないペースで逃げ、直線では阪神の坂も力強く駆け上がりスピードを持続させ後続を振り切った。
能力は秘めているし、陣営の話だとマイル路線を進むようだし期待したい。
次走予定→(クロッカスS)
トウショウカレッジ
どの条件でもある程度対応できる能力を持っているし、ベスト距離は1600m。
去年は重賞路線で活躍し躍進の年でもあったが、後半は若干使い詰めになり結果が出なかったが、阪神Cの後、リフレッシュ放牧に出されているとの事。
リフレッシュされ6歳の今年も活躍を期待したい。
次走予定→(未定)
サンライズマックス
産駒らしく体は大きくないもの切れ味を持っている同馬。
休み明け後、500万→1000万と連勝し、小差ではあるものの、このクラスでは力が違うところを見せた。
続いて果敢に重賞の中日新聞杯への臨戦。
ハンデ戦で53舛箸いΕ魯鵐任硫厳辰發△辰燭、後方から脚を伸ばし一気の差しきり勝ちという強い勝ち方だった。
改めて能力の高さを証明したし、今年はもっとレベルの高いところで期待したい。
次走予定→(大阪杯)
アドマイヤジュピタ
中距離での安定感があり馬券圏内を外した事が無い。
アルゼンチン共和国杯では、若干ハンデの恩恵があったものの好位から抜け出し勝利。
能力は証明したものの、そこまでレベルの高いレースレベルでは無かった為、今後改めて強いメンバーとやる時にはある意味でもっと期待したと思う。
次走予定→(日経新春杯)
ウオッカ(ファン)
今度コラムでまとめます。
次走予定→(京都記念)