2008年01月13日

注目馬(一覧)

とりあえず注目馬をまとめます。
条件によって予想の時に、評価を決めるんですがここでは一応“今後注目”という観点で馬を選んでいます。

ダイワカンパニー
新馬戦は超スローペースながらも直線は、楽な手応えで抜け出し快勝。
非常に高いポテンシャルを感じたし、今後に期待が掛かる馬。
2戦目を使うべくトレセンで調教を積んでいたが、体調が整わず放牧に出されたとの事。
結局去年は、新馬戦一戦しか使えなかった。
脚に不安を抱えているようで心配だが、まだ若い馬だしジックリと調整して欲しいと思う。
今年のクラシック戦線までの復帰を期待。
次走予定→(未定)
ロードバリオス
青毛で見栄えがする馬体で、新馬戦3着後、未勝利、500万と連勝。
2勝目を挙げた後、放牧に出され12月半ばに帰厩し調教を再開。
2月2日のクロッカスS(東京1400m)で復帰予定。
前走の千両賞(500万)は、開幕週で先行馬有利の馬場の条件で、内枠から好スタートを切りペース的にも緩みないペースで逃げ、直線では阪神の坂も力強く駆け上がりスピードを持続させ後続を振り切った。
能力は秘めているし、陣営の話だとマイル路線を進むようだし期待したい。
次走予定→(クロッカスS)
トウショウカレッジ
どの条件でもある程度対応できる能力を持っているし、ベスト距離は1600m。
去年は重賞路線で活躍し躍進の年でもあったが、後半は若干使い詰めになり結果が出なかったが、阪神Cの後、リフレッシュ放牧に出されているとの事。
リフレッシュされ6歳の今年も活躍を期待したい。
次走予定→(未定)
サンライズマックス
産駒らしく体は大きくないもの切れ味を持っている同馬。
休み明け後、500万→1000万と連勝し、小差ではあるものの、このクラスでは力が違うところを見せた。
続いて果敢に重賞の中日新聞杯への臨戦。
ハンデ戦で53舛箸いΕ魯鵐任硫厳辰發△辰燭、後方から脚を伸ばし一気の差しきり勝ちという強い勝ち方だった。
改めて能力の高さを証明したし、今年はもっとレベルの高いところで期待したい。
次走予定→(大阪杯)
アドマイヤジュピタ
中距離での安定感があり馬券圏内を外した事が無い。
アルゼンチン共和国杯では、若干ハンデの恩恵があったものの好位から抜け出し勝利。
能力は証明したものの、そこまでレベルの高いレースレベルでは無かった為、今後改めて強いメンバーとやる時にはある意味でもっと期待したと思う。
次走予定→(日経新春杯)
ウオッカ(ファン)
今度コラムでまとめます。
次走予定→(京都記念)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔