voeckler

NGU ―慶應通信奮戦記― Reboot

社会人が悲喜こもごもに慶應大学通信教育課程で経済を学ぶ過程をさらします!

28 3月

日商簿記3級に合格しました/簿記論

ご報告。

本日、商工会議所の検定センターより通知(成績表)が来ており、無事に日商簿記3級に合格いたしました。成績の成績の内訳は以下でした。

設問 1 2 3 4 5 合計
得点/配点 20/20 10/12 26/30 08/08 27/30 91/100

かろうじて90点を超えてました。よかったー。

肝心の試験勉強のほうは、日々の仕事と花粉症の影響であまり進んでおりません。試験まであと3週間を切っているので、なんとか調整したいです。せめて簿記論だけでも。

5 3月

Reboot 2013/レポート投函:簿記論

2年3ヵ月ぶりです。

慶應通信を再開しようと思って、開いたままにしておりました。2011年はモチベーションを回復しようとしたところで、震災がきてしまい、その余波で仕事がバタバタしてしまいました。キッカケが掴めず、2011年が終了。

2012年は仕事がハードになってしまい、同時に体調を崩してしまいました。体調不良→寝込む→快復→ハードワーク→体調不良→寝込む→……というパターンを繰り返して1年が過ぎ去ってしまいました。

「これではいかん。勉強の習慣を形からでも強制的に復活させねば」と昨年の秋口には思ったのですが、時すでにお寿司(アナゴが好きです)、夜間スクーリングを申し込む時期を逸しておりました。

で、ちょうどそのころに地元の区が破格値で開催するキャリアセミナーに「3級簿記講座」というのがあり、これを受けることにしました。というのも、以前、簿記論の学習のために日商簿記の勉強をしたのですが、2010年の2月に軽く玉砕しており、軽いトラウマになっていたからです。これをクリアできたら、ブレイクスルーになりそうだったし、勉強の習慣付けもできるだろうと考えたからです。

ということで、そのキャリアセミナーに12月から通っておりました。実際は某簿記学校に通うことになったのですが、それでも講義を久しぶりに受けて、自習室で勉強するなどして、スクーリングのような雰囲気を味わいました。

とはいえ、昨年の11月から今年の1月の半ばまでは、なかなかのハードワークでした。そのなかでなんとか時間をやりくりすることを覚えて、講義に通っているうちに、なんとなくモチベーションも上がりました。で、2月24日には簿記3級の試験を受けてきました。自己採点で90点を超えたので、おそらく合格できているでしょう。

この勢いで6月の簿記2級の試験も受けようと固く誓って勉強を始めたところで、ひさしぶりに慶應通信の資料を見ると、まだ4月の科目試験のレポートの提出期限に間に合うことを知りました。

この時期なら簿記2級と簿記論の試験勉強を兼ねられるので、さっそく簿記論のレポートを書いて、3月4日の消印で投函してきました。

さて、次は4月の科目試験です。「簿記論」は受けるのは当然として、この他にレポートは合格したものの試験が宙ぶらりんとなっているのが2科目あります。「金融論」と「経営学」です。両者とも同じ群なので「金融論」のほうから先に受けたいと思います。問題はテキストがどっかに行ってしまったことなんですよね。まずいなあ。

ともあれ、デザインも新たにして再起動します。また、よろしくお願いします。ペコリ。

29 12月

2010-12-29■新学生証到着

夜間スクーリングの試験も終わったので、先々週の週末に新学生証の発行手続きをしました。先週末には到着していたのですが、不在が続いており、ようやく本日受け取りました。プラスチックでかっこいいですね。カードの裏に住所と通教生であることを示すシールを貼るようになっております。 よく見ると、有効期限は2011年の3月31日。すぐに来年度のものに変わるんですね。実質的に使うのは1月試験の1回だけかあ。うーん、これなら更新しなくてもよかったかも。
16 12月

2010-12-16■単位取得状況とロードマップ

ずっとサボリ気味だったので、現在の単位取得状況を確認。スクーリングでしか単位とってない…。明日から本気出す:-)

■総合教育科目(要:48単位以上) 取得単位数合計40単位

  • 認定済単位数 18単位(—)
  • 英語I 2単位(2008.8.22)
  • 英語II 2単位(2008.8.22)
  • 体育理論 2単位(2009.5.20)
  • 統計学(A) 4単位(2008.11.20)
  • 08夏スク 統計学 2単位(2008.10.17)
  • 英語VII 2単位(2009.2.27)
  • 論理学(A) 4単位(2009.8.20)
  • 新・保険衛生 2単位(2008.8.23)
  • 09夏スク 英語W 1単位(2009.10.14)
  • 09夜スク 英語R 1単位(2010.2.9)

■専門教育科目(要:68単位以上) 取得単位数合計 16単位

  • 08夏スク 工業経済論 2単位(2008.10.17)
  • 08夜スク 経済原論 2単位(2009.2.12)
  • 08夜スク 世界経済論 2単位(2009.2.12)
  • 09夏スク 産業組織論 2単位(2009.10.14)
  • 09夏スク 経済政策 2単位(2009.10.14)
  • 09夏スク 金融論 2単位(2009.10.14)
  • 09夜スク 経営学 2単位(2010.2.9)
  • 09夜スク 総合講座 2単位(2010.2.9)
  • 金融論 2単位 レポート合格
  • 経営学 3単位 レポート合格
  • 10夜スク 産業関係論 2単位 結果待ち
  • 10夜スク 保険学 2単位 結果待ち

今後の予定ですが、今年の念頭に作っていた計画がものの見事に瓦解してて、おまけに線形代数は1月で終了だったりします。ということで、予定をを大幅に修正。以下のロードマップ(1回につき4教科受験)でがんばります。ダラダラやるのもアレだし、6教科受験というのも考えよいかもと思い始めています。

  • 2010年度1月
    • 金融論
  • 2010年度4月
    • 簿記論
    • 数学(基礎)
    • 新新会計学
    • 数学(微分積分)
  • 2011年度7月
    • 経済学
    • 経済原論(E)
    • 新・国民所得論
    • 新新会計学
  • 2011年度10月
    • 保険学
    • 経済原論(E)
    • 商業学
    • 経営学
  • 2011年度1月
    • 経営分析論
    • 財政論
    • 原価計算
  • 2011年度4月
    • 西洋経済史(近)
    • 経済史
    • 西洋経済史(中)
    • 日本経済史
16 12月

2010-12-15■夜間スクーリング終了!

赤くててでっかいぜ東京タワー電飾ぴかぴかオシャレだね

夏以降、仕事がとんでもないほど忙しくなってしまい、更新すらおぼつかないほどでした(同時進行で本を2冊ほど作ってました)。コメントに返信もせずにごめんなさい。ほんとに時間がとれなかったんです。

ともあれ、なんとか皆勤賞で夜スクにも出席して、本日の保険学の試験で今期のわたしの夜間スクーリングは終了いたしました。いや、まじ、出席するのつらかったわ。授業中、何度も寝そうになりました。ちなみに受講したのは、以前のエントリでも書いた通り、以下の二教科です。

  • 月曜日
    • 八代先生…産業関係論
  • 水曜日
    • 宮地先生…保険学

産業関係論は、いわゆる労務管理のはなしで、自営業→零細企業→自営業とキャリアデフレしているわたしには無縁のはなしであります。うちの連れあいが社会学の講師をしてて、労務管理などが専門なのだそうですよ(よく知らない)。で、わかんなくなったら聞けばいいやと甘い考えで受講。

しかし、あまりに無縁すぎて、まったく身近な問題にすら考えることができず、敗北感を感じつつ授業を受けておりました。同時に、この労務管理の理論が、大企業・大卒・男子の系を観察し演繹した論で、労働市場全体を語るのは無理がありそうという気もして、うまく興味が保てなかった点もあります。まあ、そういう世界もあるんだなということで折り合い付けましたが。

産業関係論の試験は論述問題でした。40個くらいあるキーワードから5個以上を選んで、自由テーマで作文せよでした。上記の理由もあって「労働市場って、存在するの?」的なものをしたためておきました。うまく書けなかったので、C評定でしょうかね。ちなみに授業の出席なし・試験は持ち込みの教科です。持ち込み可とはいえ、60分の時間内で作文するのはしんどいです。ある程度テーマとプロットくらいを準備しておいて助かりました。

保険学は、専門のテキストにもあるので、そちらの導入にもなるという理由で受講。これは目ウロコでおもしろかったです。生活していると各種保険とおつきあいしているわけで、そういうのを改めて認識することとなりました。社会人学生の多い通教生のほうが、この科目への理解度は高いんじゃないでしょうかね。

授業は出席アリ、試験は持ち込み不可。試験の形式は、穴埋め問題の大問1,記述小問1、○×形式の小問1、穴埋め小問1。出てくる用語は、授業中に「ここ出しますから」と言ってくれるので、そこをしっかり覚えておけばOK。ただし、宮地先生は今年でおしまい。来年からは妹弟子さんが保険学の教壇に立つそうです。

今年はほとんど単位を取ってなくて、モチベーションがモロ下がりだったのですが、なんとか復帰の糸口をつかんだ感じです。次は1月の試験ですね。金融論で出しております。さて、試験対策するかな。

7 8月

2010-08-07■卒論オリエンと夜スク申込み

本日から、夏スクはII期なのですね。暑い中大変でしょうが、おきばりください。

さて、先週のことですが、卒論オリエンテーションに参加しました。わたしは商学部のほうに出ました。途中から、個別質問を受け付けてくださいました。まだまだぼんやりとしか考えてなかったのですが、尋ねてみると、立ち位置をどうするかで異なってくるというヒントをいただきました。そのジャンルを詳しい教官を教わることはできませんでしたが、それでも収穫は大きかったです。参加してよかったです。

また、夜スクもなんとかギリギリセーフで申込みできました。申請したのは以下の二教科。

  • 月曜日
    • 八代先生…産業関係論
  • 水曜日
    • 宮地先生…保険学

前回の候補とは大きくちがいます。今年度は仕事が異常に忙しく、スケジュールがキツキツだったりします(現在かかわっている案件のリリースが10月に延期。また、別途に12月リリースの案件に9月から並行して取り組む必要があります。この他には10月には宇都宮でジャパンカップもあるし)。

ということもあって、教科を減らしました。全授業の出席も難しかったりするので、流れが大切な科目や輪講形式の科目は断念しました。で、内容そのものに興味が持てそうなもの、まったく未知のものにしました。個人的には、こういうアプローチをしておくと、時間がないときでも、なんとか調べようという意欲がわくのでした。忙しくなりそうだけど、楽しみです。

ご一緒するかたがいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

28 7月

2010-07-28■夏スク前と夜スク

明後日から夏スクのI期が始まりますね。今回は、スケジュールの都合がうまくつかなかったため、夏スクの受講は断念いたしました。仕事で、やや中規模クラスの案件が8月リリースもしくは9月リリースのいずれかで揺れていて、いずれの時機にせよ8月はその案件にスケジュールのほとんどを費やすことになってしまったのでした。

とはいえ、いまをを逃すと来年になってしまう学校関連のイベントもあります。ということで、明日の卒論オリエンテーションには参加いたします。迷うことがひとつあって、経済学部は経済系と商学系の2つで分かれてしまうんですね。

まだまだ、卒論のテーマにすることは明確に絞り込めてできていません(ふつうできるのかな?)。ぼんやりと考えてるのが、マネタイズもしくはスポーツビジネスのはなし(どちらもビジネスモデルのはなしです)で、これはどちらなのかな。商学になるのかな。明日、その場で決めたいと思います。

それと、夜スクの手続きをすっかり忘れていました。まだ出席書類一式さえ入手してないのです。さいわいながら、自分が受けたいものに仮登録が必要なものはなかったので、急いで手続きすれば、ギリギリ間に合うかもしれません。ちなみに受講を考えているのは、以下の教科です。

  • 火曜日
    • 清原聖子…◇地域研究(現代アメリカ論)
  • 水曜日
    • 溝下雅子先生…計量経済学
    • 宮地朋果…保険学
  • 金曜日
    • 柳沢遊先生…日本経済史

火曜日が2教科なのは、迷っているからです。まったくの門外漢である保険額のほうを受講して、端緒を開くべきかなと思います。

記事検索
livedoor プロフィール
メールはコチラ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
  • ライブドアブログ