voicevoice2のブログ

声についてボイスセラピーで気づいたこと、ちょっとしたアドバイス、絵本や詩についてのカウンセリングについて、スピリチュアルなメッセージを書いていきます。ボイスセラピーの情報もお知らせします。

2013年04月

いただいてほほ笑む

画像1





いただいてほほ笑む

雨をいただいてほほ笑む
恵みをいただいてほほ笑む
ほほ笑みはあなたから全世界への
心の贈り物

晴れの日には
光のようにまっすぐ笑い
雨の日には
雨をいただいてやさしく笑う

あなたがほほ笑む時に
花が咲くのです
その花をのぞいた人の口もとに
新しいほほ笑みが生まれるでしょう

愛をいただいて笑い
愛を贈る人に
恵みの水をいただいて心をうるおし
やさしさを贈る人に

いつでもどこにいても
愛は生まれるのです
愛を贈ることができるのです

Lourdes Mariaのメッセージ
.................................................
雨の恵みをいただくようにフリージアは咲いています。葉は手を開いて雨をいただきます。どのような状況でも感謝。それが植物たちのピュアなあり方。
晴れた日が続くと、心は明るくなります。やわらかい雨が降ると、身体がゆるんで心がやさしくなります。まっすぐで正直な私、そしてやさしくよりそう私。どちらも大切な私。バランスを学ぶように人生は晴れのち曇り、時に雨。

17夜の月のメッセージ

画像1



静かないい月です。心によりそってくれるやさしさ。
「心を落ちつけて、それぞれのは道を行きなさい。その道はやがて天でひとつになる。泣きたい時は涙を流し、笑いたい時には笑顔のあなたを楽しみなさい」と、17夜の月のメッセージ。いい夢が皆さんに届きますように。おやすみなさい。

世界はひとつ

画像1

世界はひとつ
カウンセリングルームリニューアルにいただいたお花。
お花は贈り手と私たちをつなぎとめる橋。お花の中にその方が息づいている。
贈り物をいただく喜びーそれはその方の心にふれる喜び。その方の生き方を感じる喜び。その時、贈る方と贈られる人の心の境界線がとけあう。
やわらかなハーモニーがひとつ生まれる。
私自身の不思議な傾向。様々な人種、国籍の人といっしょにいる時、気持ちが安らぐ。日本人だけという風景に、最近軽い疲労感をおぼえるようになった。
人生をふりかえると、私は特に英語が好きでもないのに、色んな国籍の方といっしょにいる機会が多かった。だから私には自然なこと。
思い起こせば、敦賀に住んでいた頃、在日の友達の家に遊びに行こうとして、母親に止められ、祖母に止められた時の、強い抵抗感に起因するように思う。
世界はひとつ。心も本来はひとつ。信じたい。

生命の色

画像1


あなたを呼んでいました
夢のなかで
生命の赤を受けとってください
いつも新しい血液が身体をめぐるように
大地に根づき
現実に根ざした
あなたの新しい創造のために
生命の色を
朝の光とともに
呼吸してください
地球の中心へ
あなたの根をのばす時
生命の熱
心の熱
未来へ踏み出す熱い勇気
.......................................
赤のペチュニアに呼ばれました。赤は情熱。あきらめや無気力の気持ちを活性化します。人とのホットな関わりに導いてくれます。
ぱっと眼に入ってくる花や木。はっとふりかえりたくなってそこに咲いている木や花は、今日の「私」に大切な植物。形、色、咲き方、咲いている場所すべてがメッセージです。
花はいつもいつも私たちを見守っています。私たちの心の、特に傷みをすべて知っています。黙って寄り添い、自分の持っているものを差し出す無償の無条件の美しい愛の在り方です。花が枯れた時は身代わり。花は喜んでその役を引き受けます。これからは花に学ぶ時代と言われています 。しずかな傾聴、寄り添い、傷みの癒し、無条件の愛、自然体のあがないの姿には、人が学ぶべきものがたくさんあります。

愛を選ぶ

画像1




「あなた方がいつも愛の前に立つことができますように
Lourdes Maria」
「神はわたしたちに自由をお与えになりました。愛する自由、愛さない自由、ゆるす自由、ゆるさない自由、ゆるしを拒む自由。しかし神は一人ひとりと共に苦悩するのです。神が体験する痛み、キリストが感じる苦悩があるのです。」ブラザー•ロジェの言葉
大切な一人の人が気づかなくても、愛を贈ることができます。
祈り、真実を伝えること、その人のためにできる行動を始めてみること。その気持ちが今、届かなくても、私たちは愛することを選ぶ自由があります。
また愛し、愛されていると感じる時、愛から遠ざかっていることがあります。愛は色彩を失い、生命を失い、愛を形や目に見える関係だけに愛を求めている時、私たち本当の愛を失っていると思います。
愛する選択をし続けること。お互いの真実に目を向けていること。愛の前に謙虚であること。
「ブラザー•ロジェは、自分のことを『一人の貧しい人』と名づけていました。彼は私たちブラザーに、霊的な達人にならないように、聴く者になるようにと告げていました。」ブラザー・アロイス(現在 テゼ共同体の代表)の言葉

愛をいつも聴く人でいたいのです。愛の前に謙虚であり、愛を選択できますように。

いのちの始まり

いのちの始まり
一瞬の大地の静寂
朝が生まれる
大地に流れる
神の息吹
神の血液
何世代も 何世代も
受け継がれていくいのちの始まり
朝はいつもあなたに
いのちの生まれ変わりと
いのちの始まりを
伝えています
大地に根を下ろし
背を伸ばし
葉を広げ
空へ向かって神の声を聞く時
あなたは愛することを知り
愛されることに出会います
息はいのち
息はあなた自身
血液があなたをめぐり
呼吸のなかで神に出会います
Lourdes Mariaのメッセージ
........................................,
旧約聖書 創世記 / 2章 7節
「主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった。」
私たちは鼻から命の息をいただき、生きる者となりました。鼻があるから息吹をいただくことができます。
ただひとつの呼吸のために、たくさんの働きかけがあり、眠る時も私たちの身体は休むことなく呼吸しています。
春先から、萌える葉をたくさん見てきました。萌える、新しい呼吸を始める時、葉は赤いのです。新しい血液を身体中に巡らせるように、この春の大地を呼吸するように、大地の鉱物が赤を作ります。日本では赤は厄除けの色。赤ちゃん、お赤飯や冬至の小豆、和菓子の四方紅、縁が赤い紙など、赤は災いを祓います。いのちあるものはいのちを守られて緑色、心の成長へ向かいます。
続きを読む

あなたの夢になる

画像1


夢は遠い未来にではなく
あなたのすぐそばにすわっています
あなたにほほ笑みかけています
あなたの手のひらにいます

夢を遠ざけないでください
あきらめが
あなたと夢を引き離します
決まりきった考えが
あなたの人生を硬くします

あなた自身が夢であってください
あなたの言葉
あなたの生き方
あなたの愛し方
あなたが夢そのものなのです
夢を生きるには
あなたがあなたであること
あなたがあなたを愛すること
あなたの生きた道のりが
希望を生み出し
他の人への夢となります

希望の種を蒔く人であってください
夢を生きる
それはあなたが生きた証のようなもの
神の言葉を行動で表すようなもの
あなたに託された夢
手のひらにのせて
風に吹き飛ばされないように
あたためてください
何度も 何度も
夢の花が咲くように

Lourdes Mariaのメッセージ
.................................................
夢を追いかけることは、夢物語ではありません。
一人ひとりに託された夢を、生き方のなかで、人生の来歴のなかで現実にするために、私たち一人ひとりには、異なる才能が与えられています。
才能がない人はいません。何かを創り出すことができなくても、そばにいてくれるだけで、心が和む。これも才能です。
花はいつも精いっぱい自分自身を生きています。そして静かに心の傷みによりそいます。花のように生きて、その生き方時がくれば、すっと終わっていくようにありたいのです。

ひとしずくの愛のいのち


画像1




朝のしずくが生まれる
夜の水をいただいて
ひとしずくの水にそそがれた
愛のいのち

毎朝 世界中で生まれ
あなたはそれを受けとる
愛の力はこのように
毎日 生まれ変わる

きのう失ったと思う愛の力も
傷ついたと思う
愛の関わりも
すべて朝の光のなかで生まれ変わり
あなたの新しい愛の源を強くする

ひとしずくを受けとる
手を差しだして受けとめる
あなたに知らされた愛の実践
すべての人に注がれる
新しい愛の力を
受けとる人であってください

愛から一日が始まり
愛のなかで人をゆるす一日でありますように

Lourdes Mariaのメッセージ
.........................................
ミズキの新緑。木のなかには宇宙があります。愛もゆるしも、毎朝生まれ変わり、そのやさしく深い気持ちは、私たちに届けられています。
自分自身を愛し、ゆるすことから始まる週末でありますように。

他者のなかの私

画像1



認めたい
認められたい
あなた方の願いは
いつも美しいのです
否定された時
無視されたと感じる時
あなたは全世界を失ったような
孤独に立たされるでしょう
他の人のなかに
あなたを見つけてください
他の人のなかに
あなたがいることを
認めてください
他の人から冷たくされたと
感じる時は
あなた自身にやさしさを
失っています
他の人から認められなかったと感じる時は
あなた自身をゆるせなくなっています
あなた方ひとりひとりは
美しい一輪の花
あなただけの名前を持ち
あなただけのすばらしさを
与えられています
あなた方すべては
群れて咲くひとつの花
ひとつの心
雨の日
風の日
雪の日
花は自分らしく
そしていつもそばに他の花がいる
安心感に支えられています
認められたいと願うとき
他の人を認めてください
他の人のなかに
あなたがいます
認めるとは
あなた自身をゆるすこと
あなた自身を愛すること
愛とゆるしは
いつもあなたが光であることから
始まっていくのです
Lourdes Mariaのメッセージ
...............................................
私はよく花や木に呼びかけられます。風景のひとつになっている木や花が、自分自身を伝えてくる時です。多くは花や木の存在アピールではなく、私への癒しです。
呼びかけてくるその時の植物が持っているエネルギーを私が必要時していたということです。
自分にやさしくならピンクの花、現実的な力が必要なら大木、前向きになりたい時は眩しいほどの黄色の花、自由を感じたい時は風にゆれる葉....植物は私たちをいつも見守り、助けたいと願っています。一輪の花の中に神の力が働いています。
ワスレナグサブルー、小さな花たちは自らの美しさとはかなさを知っています。そして群れて咲く調和を知っています。ブルーは喉、自己表現やコミュニケーションと関わります。

愛をいただく

画像1





何かを失った時
喜びをひとついただきます
誰かを失った時
愛をひとついただきます
出会いは神に備えられたもの
風が吹き
光がゆれ
雨が大地を変えます
いのちはお互いを呼びあっていました
声がひとつ生まれ
時を越えて
離れた土地を越えて
花の香りを届けるように
大切なひとつの出来事へ
かけがえのないひとりの人へ
すでに声は届けられていました
声は神の息吹
愛の言葉も
ゆるしの言葉も
あなたが生みだすのではなく
語る時
そこに神がいます
待ちつづけていた出会いは
探しつづけた出会いは
ある日 手を開いたら
そこに花がある
花がひらき
大切な人の声が生まれます
Lourdes Mariaのメッセージ
.............................................
偶然はなく、力をかけて出来事を手に入れるのでもありません。
時が来ると芽吹き、花は自然と咲くように、人生に用意された出会いの時機。
人生の中で何人の心に響く人に出会いましたか?何人の心温まる人に出会いましたか?
出会いは恵み。また別れも恵み。人の力では変えることができない大きな力に私たちは知らず知らず動かされています。
出会いをいただいたら、別れをいただいたら、立ち止まり、心の中を見てください。心の声に素直でいてください。
ギャラリー
  • 2019年9月14日満月メッセージー魚座
  • おとうさんの庭
  • 令和塾ーあなたが「あなた」になる前の記憶
  • 令和塾ーあなたが「あなた」になる前の記憶
  • 言葉の癒し
  • 2019年8月30日新月メッセージー乙女座
  • 川原神社
  • こまやかな心遣い
  • 先祖供養
  • ライブドアブログ