voicevoice2のブログ

声についてボイスセラピーで気づいたこと、ちょっとしたアドバイス、絵本や詩についてのカウンセリングについて、スピリチュアルなメッセージを書いていきます。ボイスセラピーの情報もお知らせします。

2020年10月

2020年10月31日満月メッセージー牡牛座

起きることのすべては
大いなる存在からのメッセージだと思うと
人生は豊かになります
苦しい出来事は
どこかで何度も気づいていたことではないか?
思い出してみてください
メッセージはすでに来ていたことに
感情はひとをいろどってくれますが
物事を静かに見つめることを妨げます
感情を抑えて
〇〇さん(自分)に起きたこととして眺めると
わかってきます
全てはあなたをあなたらしく良い方向へ
導くために起きています
それを信じてください
時にはあまりにロングステージのために
結末が見えなくて
苦しみや悲しみにつぶれそうになることがあります
その時は
これ以上自分を苦しめるのはやめて
空白の時間を作ってもいい
それを自分に許してください
時には
病気が強制的にその人を休ませ
その後を変えてくれることもあります
メッセージをいつも感じるためには
いつも自分の気持ちや浮かんだ考えを
大切に見ること
ないがしろにせずに
拾いあげて
意味を見出しましょう
まだ名前をつけられない時は
心の中にそっと置いておきましょう
その積み重ねで
あなたの生は一本の美しい道を築きます


……………………………………………………
今日はブルームーン。見ると幸せになるとも言われています。
輝く月を眺めながら、気づきの「は行」を、息を多くして声に出してみましょう。
メッセージを常に感じられるように。

667C6D66-6525-439A-B235-24C411A50D5D

教えていただくこと

カウンセリングの仕事をしていると、お客様から教えていただくことがたくさんある。
先日は、世界や日本の政治や歴史について知る必要があることをしっかり学んだ。
今まで政治は苦手だと思っていた。でも、前世をリーディングするときは、その時代の国の状態、社会背景や文化がわかった方が深い読みになる。
世界史って苦手だったけれど、大切だったのだと思い知らされる。
最近は新聞を前よりよく読む(まだ「見る」の段階なのかもしれないけれど)ようになった。
過去の特に戦争や国同士の争い、古い制度で、今でも苦しんでいる人たちがいる。特に差別の問題。

また、日本の中でもさまざまな機関や公的な書類、その役割。
仕事についても、こんな仕事があるのだなと驚くこともある。
知らなすぎて恥ずかしいことばかりだけれど、わかって、前より少し注意深い人間になれたと思う。

知らないことに、いつも正直でいようと思う。
人は必ず社会やその歴史や国の影響を受けて生きていることも、自覚して生きていきたい。

66A0DB64-0034-4E91-A911-9E3382C34AFD

青い色

青は、心を鎮めてくれる
こんな青い空の下で、食事をしたり、ぼんやりできたら…。
荒井良二『あさになったので まどをあけますよ』(偕成社)
ページをめくるごとに、窓を開けた気持ちになる。
青い色が、ほとんどのページに塗られている。
だから、とても清々しく、悲しみも溶けていく気がする。

75CE9A76-5161-409D-9CC6-EC5D45DF5AC0


E65B1035-FCEF-4BCA-9D53-0E0D83611B07

2020年10月17日新月メッセージー天秤座

やわらかい心が
やわらかい体を生む
生まれたてのあなたは
やわらかな体を持っていた
人の中で過ごすうち
体を固くすることが多くなった
緊張
おそれ
怒りが
悲しみから来る
頑(かたく)なさが
痛みを生んでしまった

もう一度
やわらかな体をとりもどそう
やわらかな心になろう
まわりをぐるりと見わたせること
相手を受け入れること
自分をゆるすこと
過去に戻ってその時を理解して
今にいることができるようになる

生き物たちのやわらかな身体を思い出そう
感情の記憶から自由になろう
あなたの心はいつも新しいものが入るようになる
本当のことが見えるようになる
それが
あなたを変える
人を変える
地球を変える

……………………………………………………
顔の筋肉がほどけると、笑顔が生まれます。
やわらかく生きられるように努力してみましょう。もちろん頑張りすぎずに。
今日はや行を、ゆるゆると声に出してみましょう。
声を変えることでも、あなたを変えることができます。

350AAF77-48A5-4FAE-9B2D-AB8CBD827CA6


サイキックアタックその2

ここ3年くらい、サイキックアタックを祓ってほしいというお客様が増えた。
サイキックアタックとは、ある人の念(嫉妬、怒り、恨み、悲しみ、執着など)がその方の体の痛みや痺れ、脱力感を引き起こすもの。これが一番多い。
それから、自分の中で溜まってしまったストレスやマイナスの感情
が不調を引き起こすもの、インナーチャイルドの痛みなど。
痛みや疲労がある時は、なるべく早くカウンセリングを行うことにしている。
その辛さがわかっている。

ひとのサイキックアタックを祓うことができても、自分のはなかなか難しい。
先日も、突然、激しい胸の痛みと吐き気に襲われて動けなくなってしまった。
心筋梗塞ではないかと思ったけれど、右も左も、特に胸骨がとても痛い。頭痛の時もそうだけれど、胸痛でも吐き気が伴うことがわかった。自分でもなんとか祓おうとしたが、力が出ない。
1時間ほど休憩して、なんとか立ち直ったけれど、後でわかる人に見てもらったら、やはりサイキックアタックだった。

これは私の実感だけれど、アセンションが起きてから、ひとの体のまわりをおおっていた膜が剥がれたような気がする。
それは真実が見えやすくなっていることにつながる。
サイキックアタックを受けやすい人は、ひとの痛みを自分のことのように感じてしまう人が多い。
そしてサイキックアタックを何度も受ける時は、その方のテーマが隠されている。
わかっていたけれどできなかったこと。
今はまだできないこと。でもわかっている。
わかっていることが大切なのだと思う。
それは真実のつぼみのようなもので、やがて花開く時を待っている。

4C7564D0-6C68-4FB3-9AB3-26C3166B79E3

テレビドラマから

テレビドラマの中で、今とても気に入っているのが、日曜日23時からの「アンという名の少女」(『赤毛のアン』のドラマ)。
原作がいいのはもちろん、自然の風景、人の素朴な優しさに癒される。テレビの前で思わず手を合わせて祈ってしまうこともある。

もう一つは土曜日23時15分からの「天使にリクエストを〜人生最後の願い〜」
人生最期の願いを実現するために奔走する4人の活動のドラマ。
一昨年観たドイツの「ラストドライブ」というドキュメンタリー番組をドラマにしたようだと思った。
10年ほど前、一宮のの総合病院のホスピスでボランティアをしていた頃、病院とボランティアの方が、患者さんの行きたいところに連れて行って差し上げたり、食べたいものを注文したり…というのを見た。
お寿司が食べたいと言われたら、実際は一つしか口にできなくても注文し、車椅子で街へ出て行くこともあった。
それも思い出した。

先週、梶芽衣子さん扮する女性の願いで、「アカシアの雨がやむとき」という昔、西田佐知子さんが歌っていた歌を、若い女優さん(上白石萌歌さん)が素直な声で上手に歌っていて、いいなぁと思った。
YouTubeで検索したら、いろいろな方が歌っていて、中でも坂本冬美さんの歌がとても良かった。
言葉のイメージや感情を入れることができる声を持っている人の歌は、思わずじっと聞いてしまう。
BUMP OF CHICKENの藤原基央さんの声もそう。
言葉に人は感動したり、気持ちが前向きになったりする。それを伝える声はなんて大切なのだろう。歌だけでなく、それは、心と練習で、身に付けることができる。

A8BCD709-43AC-4E23-AB38-F97696F1EB2D


3528B5C9-8EDD-4EAF-B759-A401DF7236D7

2020 年10月2日満月メッセージー牡羊座

どんな時でも
人には対応できる智恵と力がある
いつの間にか身につけてしまった
こだわり
不要な習慣
社会欲
手放して
子どものような素直な目で見回せば
感じることができる
今自分がすべきこと
本当に必要なこと
宇宙も地球も
変化の連続だった
壊れて
また創られた
いのちは生き延びた
今はそのとき
生きていることが大きな奇跡で
生きている自分
周りの人々
生き物や自然
ここに在ることが
愛そのものだと気づけば
また新たな
もっとシンプルで望む世界が
始まる


…………………………………………………
昨夜の月はとても明るく美しかったですね。
今朝は新しい始まりのような気持ちがしました。
は行を息を吐きながら声に出してみましょう。
息をして生きている自分を確かめましょう。

AE185AAB-0A75-46DE-9B12-28A8CDC54B89
ギャラリー
  • こんな世界があったんだ!
  • 夢
  • はるにれスピリチュアルマーケット古民家in川原神社
  • いよいよ明日!はるにれスピリチュアルマーケット古民家in川原神社
  • 勾玉ペンダント
  • TOITOICAFE
  • TOITOICAFE
  • TOITOICAFE
  • はるにれスピリチュアルマーケット 古民家in川原神社
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ