昨日のGammalGran(ガンマルグラン)の方達の演奏があまりによかったので、CDを買った。
昨日も音の波の渦に巻き込まれたような心地よさがあり、ずっとずっと聞いていたかった。
今日もCDを片手間で聞こうとしたのに、途中から目を閉じて聴き入ってしまった。
何がいいのかうまく言えない。ただ動いていく音の一つ一つが全て調和された響きになっていて気持ちがいい。音楽は身体が気持ちよくなることだと気づいた。
これはきっと言葉もそう。この音の後にその音が来て、集まって言葉が生み出されていって、心地よくなるにはどうすればいいのだろう。
と考えるうちにまた音楽に浸ってしまった。
フィドル、ピアノ&オルガン、コントラバス…が溶け合う。自分も溶けてしまった。

FullSizeRender