voicevoice2のブログ

声についてボイスセラピーで気づいたこと、ちょっとしたアドバイス、絵本や詩についてのカウンセリングについて、スピリチュアルなメッセージを書いていきます。ボイスセラピーの情報もお知らせします。

ボイスセラピーの講座

チャクラヒーリング講座

スピリチュアルボイス講座を「スピリチュアルカウンセラー&霊感霊視占い師養成講座」という名称にして、内容も一新した講座の中の一つーチャクラヒーリング講座が昨日修了しました。
毎回感じるのは、受講くださる方達のお人柄。
優しく謙虚でお互いを配慮しあえる方々であること。今回もそのことを強く感じ、いい雰囲気の講座が出来上がりました。
会を重ねるごとに、浄化が強まり、お互いにアドバイスしあう場面が数々ありました。
昨日は今まで学んだことを活かす「真言チャクラヒーリング」と、最近ご相談が多い「サイキックアタックヒーリング」を学び、さらに皆さんの感覚が研ぎ澄まされたのを感じました。
今後が楽しみです。

オーラリーディング講座を募集中!オーラ講座体験も行なっています。ご興味のある方はどうぞ!
http://www.voicetherapy.info/shikaku/ ‬

IMG_8792

絵本ヒーラー養成講座ー『葉っぱのフレディ』

昨日Mさんとこの絵本を読みあった。
何度読んでもこの絵本は感動する。「生きること」「死ぬこと」
「いのち」を丁寧に鮮やかにそしてドラマチックに描いた絵本だ。

「ねえ ダニエル。ぼくは生まれてきてよかったのだろうか。」とフレディはたずねました。
ダニエルは深くうなずきました。
「ぼくらは春から冬までの間 ほんとうによくはたらいたし よく遊んだね。…人間に木かげを作ったり 秋には鮮やかに紅葉してみんなの目をたのしませたよね。それはどんなに 楽しかったことだろう。それはどんなに 幸せだったことだろう。」

迫り来る冬の冷たく激しい風の唸りの中で、生きる意味やなぜ死ななければならないのか?について、フレディはダニエルに必死の思いで迫る。
哲学的な対話がくりひろげられるシーンだ。

Mさんはこんな風に書かれた。「生きる意味は、何をしたか、何ができたかというより、自分が楽しかったか、幸せを感じられたかなのだ。
その瞬間瞬間が永遠=いのちになる。」
こんな風に心の奥底から醸し出された言葉を分かち合えることが幸せだと私は思う。

その日の夕暮れ 金色の光の中を ダニエルは枝をはなれていきました。
「さようなら フレディ。」
ダニエルは満足そうなほほえみを浮かべ ゆっくり 静かに いなくなりました。

私もダニエルのように死にたいと思った。
やるべきことをやり、言うべきことも言い、これでいいと思いながら命を閉じること。
今はまだ中途半端でこう思えないのが残念!
しばらくあがきながら、でも一瞬一瞬を生ききりたいと思う。
葉っぱのフレディやダニエルのように。

絵本ヒーラー養成講座
絵本に癒され自分を解放し絵本セラピーの方法を学びます。最近はプライベートが増えています。
 http://www.voicetherapy.info/voicetherapy-course/

IMG_7308

スピリチュアルボイストレーニングースピリチュアルな声になろうー祈りの声

9ヶ月にわたるトレーニングの7回目は、祈りの声。
自分へ、愛する人へ送る声。
「オジブア族の祈りの言葉」を、Kさんは、明るく力強く神様にささげるように心を込めて、朗読された。
そして最後、認知症で介護されているお父さんへ、ボカリーズを声に出していただいた。
これまでお父さんを傷つけないように、怒らせないようにどのような言葉かけや返事をしていけばいいか?毎日自分と戦いながら、悩み実践してこられたKさんのボカリーズは、弾むようなリズムのある、明るく、どこか懐かしい曲だった。
途中声が途切れた。
「歌えなくなっちゃった。お父さんが小さい時遊んでくれたことを思い出した」Kさんが泣かれた。
その後、またスキップのリズムの入ったボカリーズ。

何も言えない。でも胸がいっぱいになる数分間。
声とともに何かが暖かく溶けていった。
そしてKさんの声が、セラピールームのそこに、しばらく春の光とひとつになって.なずんでいた。

IMG_7092


オーラリーディング講座 無料体験募集中!

オーラはその方の気持ち、願い、前世、未来などが色彩と言葉から表されます。カウンセラーがオーラをリーディング、あなたもオーラを読み取ってみる体験をしませんか?オンラインでも可能。興味のある方はご連絡を!メールアドレス info@voicetherapy.info
「スピリチュアルボイス講座」は、オーラリーディング講座、チャクラヒーリング講座、心理カウンセリングスキル、守護霊メッセージ講座の4つの講座でできています。
単発講座履修も可能です。
1講座を2〜3回に分けて受講可能です。回数が増えたことで、ご利用しやすくなりました!
http://www.voicetherapy.info/shikaku/

自分のオーラ






クリスタルヒーリング講座ークリスタルヒーリングとチャクラブレスレット作りその2

クリスタルヒーリングは、毎回いろいろな面白いことが起こる。

ゲストは朝から頭痛がすると言われた。
そしてヒーリング中、眉間と胃がジンジンすると言われた。見ていると眉間に乗せたアメジストの上に黒い煙のようなものが漂っていた。しばらくすると煙が消えた。
眉間も胃も手をかざすととても熱かった。
終わってからのシェアと、その後のブレスレット作りで、頭痛の原因はある男性で、その痛みは子どもの頃のお父さんとの記憶につながることがわかった。
帰り際、頭はスッキリしていると言われた。

私も、足の間においてもらったヘマタイトが、まるで生き物のように振動しているのを感じ、足のあちこちが痛くなった。
ゲストによると、第2チャクラからも煙のようなものがシュワーと出たたそうだ。第1と第2チャクラが傷んでいるようで、理由は自分てわかった。
とりあえずヘマタイトの勾玉ペンダントをつけることにした。

クリスタルヒーリングは、ゲストの選んだクリスタルをチャクラに乗せていく。
ただそれだけなのに、体が反応して、メンタルなことにつながっていく。
クリスタルは面白いとつくづく思った。

プライベート講座は、学びプラススピリチュアルカウンセリングです。
クリスタルヒーリング講座では、セラピールームにあるたくさんの原石を使います。
http://blog.livedoor.jp/voicevoice2/archives/50702402.html

チャクラブレスレット
http://www.voicetherapy.info/goodslist/chakra-bracelet/


チャクラの原石がいっぱい


第6チャクラブレスレット
霊感・直感・見通しをサポート。頭痛や不眠に。



ヘマタイトの勾玉ペンダント
ヘマタイトは最強の魔除け、冷え性や肩こりに。

声とアートと瞑想でインナーチャイルドを解放する50音講座ーら行

先週、最後の「ら行」を行なった。
ら行は子どもごころの音。外で思いっきり遊んだ時の弾む音。
ら行をオリジナルの楽しい動作とともに声に出したあと、トマス・ヘイウッドの「愛しい人によい朝を」という詩を2人で読みあった。
鳥の名前がたくさん出てくる。
鳥のさえずりやかすかな風に、清々しい自然に、呼びかける詩。
初めは低い声だったHさんに、もっと高い声で読むように伝えた。
声を高くすると、胸が上がり、顔が上がり、気持ちが高揚する。
1人で読んでいただいた後、以前朗読をしていた時の、声を合わせたり、分けたりするバージョンで、読んだ。
声がぴったり合わさったり、追いかけられたり近づいたり…とても気持ちよく、誰かに聞いていただきたいような朗読になった。
そしてアートへ。絵が上手なHさんは、貼り絵で千代紙を上手に使い、両手を万歳している楽しそうな女の子を作った。途中彼女が泣いているので、どうしたのかとたずねたら、「この講習が終わってしまうのかと思うと、悲しくなって涙が出た」と言ってくださった。
とても嬉しく、また素直な方だなと思った。
彼女は最近表情が柔らかくなり、きれいになった。
感じることが増えると、人は豊かさが身につく、女性は美しくなる。

この「愛しい人によい朝を」の詩は、以前ホスピスでボランティアをしていた時、もう意識はなく眠っている女性の方に、朗読したことがあった。
「愛しい人に よい朝を
愛しい人に よい朝を」のところに
〇〇さんによい朝を と、その方のお名前を当てはめて読んだ。
そうしたら突然その方の目が開いて、涙がひとすじツーっと流れた。
後でご家族に聞いたら、「ありえない。もう半年も目を開けたことがない」と言われた。
お名前を呼ばれて心が揺り動かされたのかもしれない。
意識はなくても耳は聞こえている。魂は聴いている。

写真はターシャ・チューダーの庭

クリスタルヒーリング講座3ークリスタルヒーリングとチャクラブレスレット作り

クリスタルは不思議。
乗せるだけで、体にジワジワエネルギーが浸透してくる。
昨日受講くださった方たちは、アメジストを眉間に乗せた時目を閉じていたのに「紫が出てきてそのうちさっと白がかぶさった」「体がズンズンして体全体が心臓になったようだった」「向こう脛がおさえられて地中に沈んだ」
「右足が正座した時のように痺れた」「頭の周りが暖かくなって髪の毛が上へ引っ張られた」「ピラミッドの中で箱に入って眠っている自分がいた」
という感想を口々に話された。

10年近く前、わたしがクリスタルの勉強をしに東京のリーバさんという素晴らしく美しいクリスタルのショールームに行っていた時、やはりクリスタルヒーリングを学んだ。
ハートチャクラにアフロディーテという、ピンクのザラザラした石を乗せてもらった時、痛くて痛くて思わず手ではねのけてしまった。帰りの新幹線でもズキズキして、夜寝るまで痛みが続いた。もうそこには石は無いのに。
よほど胸が痛んでいたのだろう。
一緒に受けた方は、帰りにトイレに何度も駆け込んで大変だったと言っていた。

クリスタルの力は大きい。
ヒーリングでは体の不調部分が強く出て消えていく。
学んでいる机の上のあちらこちらで、キラッキラッと光が発生した。また天井の明かりがふっと暗くなってすぐ明るむ一瞬もあり、驚きあった。
その後チャクラブレスレットを作成した。クリスタルに囲まれた日。

アフロディーテはその後ペンダントを作っていただいた。
その時はもう痛みはなくなっていた。

クリスタルヒーリング講座
http://blog.livedoor.jp/voicevoice2/archives/50702402.html

リーバさん
http://www.leeva.com


声と瞑想とアートから解放する50音講座〜インナーチャイルドの解放 ま行〜

わたしはひとの声を聞くのが大好き。声の中にはその人の悲しみや強さや優しさが込められていて、カウンセリングや講座で、その方が自分の気持ちや記憶などを話していく間に、声が変わっていく。 
最後にもう一度出していただく声は、軽やかで明るくその人らしいトーンになっている。 

今日はゲストの女性のま行の声がとても優しい声なので、何度でも聞きたくなって、また出していただいた。 
そしてその方には絵本が合っているので、『かぜはどこへいくの』を読みあい、絵本セラピーをした。「Autumn」の曲を聴きながら、この絵本のように静かで懐かしい時間が過ぎていく。 

今日のゲストの方は、自分の中に別の自分がいると言われた。 
無口な自分、信頼できる人たちの中で自分の意見を説明するのが好きな自分、好奇心旺盛な自分。 
その自分は、学ぶことによって「紙一枚でも上に上がっていく」(美輪明宏さんの言葉)のだと。 
上がっていく時間を共有できることはとてもうれしい。 

最後に出していただいたま行は、声が伸びて力強さを感じた。 
また新しい彼女だった。 

瞑想とアートから解放する50音講座 
http://www.voicetherapy.info/voicetherapy-course/

絵本『そらのいろ みずいろ』

昨日カウンセラー講座「心理カウンセリングスキル」で、この絵本を使って、絵本セラピーの練習をした。
私たち講師がゲスト役になってカウンセリングが行われた。
この絵本を以前はカウンセリングに使っていたが、しばらく本棚の中にあった。
久しぶりに読んでみると、ダイナミックな川の流れや生命力溢れる人や魚、動物たちから、エネルギーが伝わってくる。

「うまれてきて、
たべて、たべられて
いきていくもの、
しんでいくもの。

どうぶつも みずと くらす。
木や 草も 水と くらす。
ひとも 水と くらす。

水のまわりに やってくる ひと。
どこかに いく ひと。

日が のぼって、日が しずんで。
おもいだすこと、わすれていくこと。」

ここで、去年亡くなった父のことを思い出した。
その前にNHKで黒沼ユリ子さんという78歳のバイオリニストの番組を見た。
黒沼さんは、戦争中、お父さんが蓄音機でレコードを流してくれたり、家族で歌ったりしたことが、今のルーツだと話した。
私も子どもの頃、日曜日になると、父が家にあるマーチの曲のレコードをかけ、指揮のまねをしていた。
ピアノは高校まで習ったが、うまくならなかった。
でも今はハープが楽しくて、いつか人前で一曲でもまともに弾けるようになりたいと思って、レッスンに通っている。
そのルーツは父だった、と思い出した。

父の最期の方の、痩せこけて声も出なくなった姿は少しずつ忘れていっている。

「日が のぼって、日が しずんで。
おもいだすこと、わすれていくこと。」

ハワイのような島で、夕陽の中、女性が赤い花ーハイビスカスーをいくつもいくつも川に流している。
手前に動物の骨がある。

でも
「きょうのこと、あしたのこと。
いきづく いのちの おと。」

そうやっていのちのおとを聞きながら、今日も生きている。

『そらのいろ みずいろ』下田昌克 小峰書店


クリスタルヒーリング講座2

今日は不思議なことが起きた。
講座の第1回目は「水晶」について。
水晶の力は素晴らしく、声も滑らかでよく出るようになる。
これにはゲストの方がいつも驚かれる。
そして後半はレムリアンシードクリスタルヒーリング。
水晶の中でも、古代レムリア人の記憶が入っているこのクリスタルの力は素晴らしく、拡大していくと地球の平和という、レムリア人の願いにつながる。
その、レムリアンクリスタルの1つは、ずっと前から黄ばみや黒いシミのようなものがあった。
今回も初めは黄ばんでいたのに、最後の方になったら、透明で美しいクリスタルに変身していた。
ゲストの方も、初めの状態と違っているので、とても驚かれていた。

自宅の神棚の前にある水晶も、ある方からいただいた時は気泡だらけで「ガラス玉よ」と言われていたのに、去年の暮れに太陽で浄化していたら、気泡が消えて透明な素晴らしい水晶の玉に変身したことを思い出した。

浄化が起きたのだと思う。またゲストの方のきれいな波動が理由の1つだと感じた。

クリスタルヒーリング講座
鉱物界を心と身体で感じていただく講座です。
http://blog.livedoor.jp/voicevoice2/archives/50702402.html


ギャラリー
  • 2019年11月12日満月メッセージー牡牛座
  • 少しずつわかってきたこと
  • 書店
  • 書店
  • 2019年10月28日新月メッセージー蠍座
  • 古事記の神様とひらがな50音ワークショップー神功皇后(じんぐうこうごう)
  • いつも素直に
  • 秋晴れ
  • 秋晴れ
  • ライブドアブログ