voicevoice2のブログ

声についてボイスセラピーで気づいたこと、ちょっとしたアドバイス、絵本や詩についてのカウンセリングについて、スピリチュアルなメッセージを書いていきます。ボイスセラピーの情報もお知らせします。

ハープ

スカボローフェア

前回のハープレッスンから、この曲を練習している。
サイモンとガーファンクルが歌って有名になった。
イングランドに伝わる元の曲を先生がアレンジして下さった。
今まで知らなかったけれど、その歌詞は実はとても不思議なものだ。

1.スカボローの市へ行くのですか?
パセリ、セージ、ローズマリー、タイム
そこに住むある人によろしく言ってください
彼女はかつての私の恋人だったから

2.ケンブリックのシャツを彼女に作ってもらってください
パセリ、セージ、ローズマリー、タイム
縫い目も残さず針も使わずに
そうしたら彼女は私の恋人

3.あの涸れた井戸で
それを洗ってもらってください
パセリ、セージ、ローズマリー、タイム
そこは一滴の水もなく雨も降らない
そうしたら彼女は私の恋人

4.1エーカーの土地を
彼女に見つけてもらってください
パセリ、セージ、ローズマリー、タイム
海と岸辺の間にある土地を
そうしたら彼女は私の恋人

解説によると、こう語っているのは、この世の人ではなく、森に住む悪霊や妖精のような存在で、不可能なことばかりを言ってきている。
パセリ、セージ、ローズマリー、タイムはハーブで、魔除けの効果があり、おまじないのようなものらしい。
問いかける魔物。それを聞く旅人。
答えてしまうと魔界に連れて行かれるから答えない。
ヨーロッパでは、森に住む妖精は恐ろしい存在だったらしい。
哀愁を帯びたこの歌が好きだったけれど、意味を知ってびっくり。

上手になりたいなぁと思う。
松任谷由実の「春よ、来い」の楽譜もいただいた。
「イントロ制覇すれば大丈夫」とのこと。
弾ける弾けないは別として、きゃー!と1人でワクワクしている。

スカボローフェアの歌↓
https://youtu.be/-Jj4s9I-53g

SIMON AND GARFUNKEL
IMG_7479

ハープの発表会

今日は1年に1回、長屋梨沙先生の生徒さんたちのアイリッシュハープの発表会でした。
落ち着いて落ち着いてと思いながら、前日から胸のドキドキが止まらず。
友達かビーズのネックレスを送ってくれて、お守りにしてつけました。
曲が「Fairytale of NewYork」(ニューヨークのお伽話) 
酔っ払いの収容所で男性が好きな女性を想って歌うクリスマスの歌。
でも、ハープにするととても綺麗で、なんとか間違えずに弾けました。

そしてハープを弾きながら歌った女性を見て、自分のハープで詩を読んでもらって朗読会をしたい!という夢が、またムクムク出てきました。
頭の中に、どんなに頑張っても4曲くらいしか入らないのに。
でも叶えたいです。
それこそ、お伽話かもしれませんが…。

IMG_6557
IMG_6558
IMG_6559
IMG_6551

マイケル・ルーニーコンサート



アイルランドのハープ奏者、マイケル・ルーニーと奥様のアイリッシュフルート奏者ジェーン・マッコーマック、若いアンサンブル奏者たちのコンサートに行った。
初めてマイケルルーニーの曲を聴いた時、柔らかくて優しくて、なんで素敵なんだろうと感動した。
マイケル・ルーニーの曲が弾けるようになりたくてハープを習ったはず…。

去年も一昨年も、コロナで来日出来ず、やっと実現。
会場に早く行ったお陰で1番前のど真ん中の席で、マイケル・ルーニーの演奏が聞けた。
彼はフレンドリーだし、体がハープとひとつになっている。
聴いているうちに、演奏の中に自分が溶けてしまった。

もうレッスンの時に、つっかえながらやっと弾いているというのはいけないと、私のハープの先生である長屋梨沙先生の隣で思った。
もっともっと練習して、スラスラ弾けるようになりたい。

人生の後半で、ハープに出会った。
楽しみで弾いていたい、でもやるからには人に安心して聞いていただけるようになりたい。
朗読も、stand fmを聞くと、朗読教室に通ってきちんと勉強されている方が多い。
中途半端な自分を感じた。

ライブに行くとモチベーションが上がる。
意識を変えて、明日からまた練習しよう。

IMG_6318


IMG_6293

マイケル・ルーニーコンサート

マイケル・ルーニーコンサート

アイルランドのハープ奏者、マイケル・ルーニーと奥様のアイリッシュフルート奏者ジェーン・マッコーマック、若いアンサンブル奏者たちのコンサートに行った。
初めてマイケルルーニーの曲を聴いた時、柔らかくて優しくて、なんで素敵なんだろうと感動した。
マイケル・ルーニーの曲が弾けるようになりたくてハープを習ったはず…。

去年も一昨年も、コロナで来日出来ず、やっと実現。
会場に早く行ったお陰で1番前のど真ん中の席で、マイケル・ルーニーの演奏が聞けた。
彼はフレンドリーだし、体がハープとひとつになっている。
聴いているうちに、演奏の中に自分が溶けてしまった。

もうレッスンの時に、つっかえながらやっと弾いているというのはいけないと、私のハープの先生である長屋梨沙先生の隣で思った。
もっともっと練習して、スラスラ弾けるようになりたい。

人生の後半で、ハープに出会った。
楽しみで弾いていたい、でもやるからには人に安心して聞いていただけるようになりたい。
朗読も、stand fmを聞くと、朗読教室に通ってきちんと勉強されている方が多い。
中途半端な自分を感じた。

ライブに行くとモチベーションが上がる。
意識を変えて、明日からまた練習しよう。

IMG_6318


IMG_6293

コトリネライブ

今日は愛知牧場の少し先にあるCar-denというカフェで、アイリッシュハープとアイリッシュフルートの「コトリネ」のライブがあった。
周辺は田畑が広がるのどかな自然豊かなところ。
晴れて乾燥した空気は、アイリッシュの曲がぴったりな気がした。
アイルランドは行ったことがないが、ずいぶん昔イギリスの田舎を電車で通った時、馬が放牧されている草原が延々と続いていた。
そんな感じなのかなと思った。

グリーンスリーブス、スカボロフェア、春の日の花と輝く、ダニーボーイ、埴生の宿など、よく知られているアイリッシュ音楽を、ハープとフルートを中心に、コンサルティナー、アコーディオン、ティンホイッスルなどで演奏くださった。
厚みのある温かいアイリッシュフルートの音色、指からこぼれていくような清らかなアイリッシュハープの響き。
気持ちよくて、ずっとずっと聴いていたかった。
出かける時は、準備や道順に緊張してしまうが、ライブの充実感はたまらない。
Car-denは土日に音楽ライブが行われているところで、音の響きがとてもクリアだった。

私のちょっとあぶないハープも、先生に少しでも近づけるといいなと、また思った。

968A90F4-AF52-436E-A9C0-FAA48F596C4E


F632823C-3229-4700-8699-9ADFA1FC89CB


692B95A1-4D53-47D0-BEB9-96BAD8B78395

ランチタイムコンサート アイルランドの風景を聴く

今年で3回目、このコンサートを聴きに行った。
伸びやかな声の奈加靖子さんの歌と、私のハープの先生の長屋梨沙さんのライブ。
1時間だが、たっぷりとアイリッシュを味わうことができた。
長屋先生のハープはある時は繊細である時は弾んで、聞きごたえがある。
バタバタした日常の森の木漏れ日のような時間。
妖精物語「姉と弟」は、奈加さんの朗読と梨沙先生のハープ。
浦島太郎のようなストーリーだけれど、絵本とハープはしっくりくると感じた。
高校までピアノを習って、どうしても薬指と小指が弱く、また黒鍵が苦手でピアノから離れた。
でも自分の人生の中にハープが入ってくるとは思わなかった。
それはとても幸せなことだと思う。
今回は最後だけ、撮影が許された。
このとても満ち足りた気持ちを大切に、この後の時間も生きようと思う。

AC36EE84-8269-46B3-8618-257E5A129DD0


3869CA45-AD87-4C61-8D73-7220121D4CF6


ハープについて

講座の最終回の後やワークショップの後に、ハープを聴いていただいている。
その前には、ほぼ毎日1時間は練習して、家では何とか弾けているのに、本番になるとつっかえたり、間違えたり。
前にできていた曲も、急に失敗するようになったり…。

間違えるところは、不安な箇所。
だからやはり練習が足りないのかもしれない。
ハープの先生も、その他のプロの人たちも、自分でも感情を込めて弾きながら、人にも充分聴かせることができる。
そうなりたいと願いながら。

才能の問題かもしれないけれど。
人はできないと思うことにこだわるのだなと、自分を見て思う。
きっとできることは、緊張もしないし肩にも力が入らないから、余計にいい方向に進む。

聴いてくださる方たちは、皆さん優しい方ばかりなので、逆に私を励ましてくださる。
今度は聴いている方もリラックスできるように、精進したい。

気持ちの問題もあるのかも。
失敗したらどうしようという恐れが原因かもしれない。
自己肯定感は奇跡を生むというのに。

と、またこだわっている。

3027178E-5E43-4280-BB79-092F706BEE7A


71ABB1F1-AE73-4E59-A1F0-8E26B0714072

ハープレッスン またそのまた

今日はひと月に一回のレッスン日。私がリクエストしていた「彼方の光」の楽譜をいただいた。
なかなか難しそう。
リベラの天使の歌声ではよく聴いている。
この曲が日本人の作曲だと知ってびっくりした。

以前は、練習はしていくけれど、できなくても仕方ないと思っていた。
間違えても、たどたどしくてもしょうがないと。
でもハープの発表会があり、その後からボイスセラピーの講座やワークショップの後に弾かせてもらいたいと思うようになってから、気持ちが変わった。
月に一回のこの貴重な時間を、練習してあるところまでできるようになって迎えたいと。
と言いながら、なぜか人前で弾くと、思わぬところで間違えたり、指が湿って引っかかったり。
これを超えて人前でも自分の演奏に夢中になれたら、本当に素敵。
先生やプロの方たちは、練習に練習を積んで、違う次元で演奏されるのかもしれない。

以前、私はイギリスでハーピストだったという前世を教えてもらったことがある。
ただ、リューマチになって泣く泣くハープを捨てたということだった。
それが私の今の年齢だったのではないかと思う。
逆スイッチが今入っている。

今日は夏至。
1日雨だったからピンと来ないところもあるが、自分にあきらめないことを、大切に感じて生きたいと思った。

https://youtu.be/TfCg8F4Ux58

48D5BB54-B3C0-4BE0-846F-16FF53DBBDF4

竹田の子守唄

ハープで、いまこの曲を習っている。まだ上手く弾けないけれど、すっかりこの曲にハマってしまった。

解説によると、1969年(昭和44年)にフォークグループ「赤い鳥」が音楽コンテストで演奏し注目を集め、NHK「みんなのうた」では、日本の音楽バンド「ペドロ&カプリシャス」の歌で1974年12月に初回放送されている。
とある。
京都伏見の竹田で採集された子守唄とのこと。
家のために、幼い頃から子守奉公に出された女の子たち。
「赤とんぼ」の中の「姐や」もそうだし、「おしん」もそうだった。

ハイファイセットの山本潤子さんの声がとてもいい。
朝からこの歌を聞き、涙をポロポロ流している。
私は前世こういう子守りをしていたことがあったのかな。
高校生の時は千葉に住んでいたけれど、登校する私のすぐそばの家で、同じくらいの女の子が赤ちゃんの世話をしていたのを何度も見た。
子守りとして雇われていたような感じだった。
この子は高校にいかないのかなと、思っていた。
そのことをいま強く思い出す。

早く上手に弾けるようになりたい、と思いながら練習している。

https://m.youtube.com/watch?v=M8jvkubfRzo&feature=share&fbclid=IwAR37RKuKOjbw45Tiflx8Fu0uTqtQohKE7y_fJH-93MlpdRsqNkhxW4QT5n0

D920AB03-48F8-4A57-BE2B-34A9B367AAA1

ランチタイム名曲コンサートーアイルランドの風景を聴く

2が6つも並ぶ今日、去年から2回目のコンサートを、栄の宗次ホールに聴きに行った。
ボーカルの奈加靖子さんと、わたしのハープの先生である長屋梨沙さんのライブ。
アイルランドの曲は、日本にはとても馴染み深い。
庭の千草、ダニーボーイ、埴生の宿…。コーラスをしていた亡き父が大好きだった曲。
わたしがもっとハープが上手だったら、父と2人の小さなライブができたのに…などと夢物語を考えていた。
でも実際は、ハープの指づかいに苦戦している。

梨沙先生は、ハープもコンサルティナーもティンホイッスルも素晴らしい。
素朴で気取らず、でもとても存在感のある先生。私の人生は豊かになった。
4月に、生徒さんたちで発表会があり、今から一人で緊張して、練習のたびに、ため息を漏らしている。
07401228-4A87-4F7B-9CDE-4201D67B6839


19CA26FA-642D-4211-9AE9-DF8062EE09E7
ギャラリー
  • ま行ワークショップ ー自分を愛する音
  • ま行ワークショップ ー自分を愛する音
  • ま行ワークショップ ー自分を愛する音
  • ま行ワークショップ 自分を愛する音
  • ブレスレット作り
  • ブレスレット作り
  • ブレスレット作り
  • 郎女さんと生コラボ配信
  • 郎女さんと生コラボ配信
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ