voicevoice2のブログ

声についてボイスセラピーで気づいたこと、ちょっとしたアドバイス、絵本や詩についてのカウンセリングについて、スピリチュアルなメッセージを書いていきます。ボイスセラピーの情報もお知らせします。

ひらがな50音ヒーリング

森について

日曜日の夕暮れ、急に公園に行きたくなって、もう薄暗くなりかけていた空の下、紅葉の少し前の木々の中を歩いた。
そうしたら、桜の木に花が咲いていた。昼間は暖かく、朝夕冷え込む、この感じを春と間違えたのかもしれない。

森が好き。
絵本の中の森は、人が歩きながら瞑想のように自分を見つめる場所だし、例えば「ヘンゼルとグレーテル」や「白雪姫」などのおとぎ話の中でも、魔女や小人が出てくる不思議な場所。
鎮守の森という名前の通り、神社のそばには森があることが多い。
氷上姉子神社の隣、富部神社の裏にも森が広がっている。
ここに神様がいる、昔は何かあると地元の人たちが駆け込んだところ、かもしれない。

「ん」の神様からのメッセージー未来へ

風に吹かれると
身体は透き通り
いつの頃か消えてしまった犬と
一緒に歩いている

夕暮れのひととき
森の中に光が宿る
過去と未来をつなぐひらめき
切り株にすわって
本棚に埋もれていた本を開く
新緑の言葉
深いわらい声
飛び出してきて
つながる今を探しはじめる


わたしは死んでいない
過去に開いた花草(はなくさ)
抱えて
未来へ運んで行く
ざわめく風に乗って
忘れない
滅びない
透き通った犬が
意地を張ったわたしを
優しく見つめている
あのときと同じ濡れた瞳

一緒に行こうね


いつも
これからも
わたしは生きているから

自著『言霊宇宙』より

このブログを声にしました。
よろしければお聞きください。

https://stand.fm/episodes/6361e9b65e2ffc4e33584ff5

11A463B1-6389-4BDF-AE7C-140226E301EB


A1767292-3575-42BC-9033-8F358C2DD4E3

50音ワークショップ さ行ー繊細さの音 静かな音

さ行の声は、有声音と無声音の二つを持つ。
現実の静けさから、目に見えない気配の音のさざなみ。
昨日はさ行の2種類の声を出して、自分の中のイメージを広げていった。
さー、そー、すー、せー、しー
「し」に近づくにつれ、世界が広がり、宇宙や力強い木のエネルギーを感じた方。
音符や空や海を感じていた方が、「し」を伸ばすと「い」になるところから、人が出てきた方。
シェアの時がいつもとても楽しい。ひとの感じ方を聞いて、さらに自分の感性が広がっていく。
昨日は、皆さんが他の方のプリントを写メして歩いて、さらに共有しようとされていたのが、印象深かった。

宮沢賢治の童話「十力の金剛石」
無邪気な王子と大臣の子が入り込んだ、宝石でできた植物たち、空、風、霧の世界「光の丘」。
触れ合う宝石の音が、ツァリル、ツァリルリン、サング、サンガリン、ギギンザン、ブリリン…独特の響きで描かれている。
セラピールームにある宝石たちの原石を手に取りながら、さらにイメージを深めた。
キラキラしたとても美しい世界なのに、みんなとても悲しんでいる。

にじはなみだち
きらめきは織る
ひかりのおかの
このさびしさ

十力の金剛石はきょうもこず
めぐみの宝石(いし)はきょうも降らず
十力の宝石(いし)の落ちざれば
光の丘も まっくろのよる

十力とはとてつもない大きな力。あるいは仏や菩薩のもつ十種の力。
金剛石とはダイアモンドのこと。

最後にやっと十力の金剛石は降り、すずらんもうめばちそうも、空も風も全て本当の生きた姿になっていく。
「ほんとうのはなびら」「ほんとうの柔らかなうすびかりする緑色の草」
宝石という、目に見える美しい外観を持った価値あると信じられている姿。
でも本当の美しさや輝きは、その人やそのものの中にすでに在る。
きっと十力の金剛石は、この真実を教えてくれるもの。
仏や菩薩の力。
宮沢賢治は仏教を信奉していた人なので、その影響もあると思うが、信じる神様でもいい、自分の中に在る大いなる存在でも。 

自分にとって「ほんとう」であることとは何?

長い間読み続けて、初めて意味がわかった。これは皆さんで一緒に読み合ったことから得たもの。
最後にいつものようにハープを聞いていただいた。
「彼方の光」も披露させていただいた。
拙い演奏だけれど、ハープはさ行、そして宮沢賢治の世界に合っていると感じた。

参加くださった方たちが、「自分を止める時間」「静かになる時間」だったと言ってくださったことが、何よりうれしかった。

F327952F-BEC7-4061-8D69-8A9314A0B971

249395AF-8E12-45A1-9CE5-9E03783E3B7D


左上から、ルビー、マラカイト、メノウ、トパーズ、ブルーオパール、
下の左から、こはく、アマゾナイト、アメジスト、水晶
真ん中はトルコ石

50音ワークショップ か行ー激しい感情を出す音 浄化の音

土曜日、初めにか行の声を合わせた時、声が重なり合い響き合い、波のように美しく流れてとても気持ちがよかった。
そして、か行の声のバリエーションと真言と呼吸で、自分の中のマイナスな感情、新しい自分になるために古い自分を明確にした。
か行の思いをあ行の声で昇華させて、ひとがたを水に溶かして浄化した。

一人ではできないけれど、集まって声を一緒に出していくことで、楽になる。
声を共に出していると、胸が開いて、ずっと言えなかったことも素直に言えた。
参加くださった方たちの中に、とても自然な親しみが生まれていく感覚。

そして、今回は、か行からは離れるが、古事記の崇神天皇の段を一緒に読んだ。
この頃も、疫病でたくさんの人が亡くなり、国から人がいなくなるほどだった。
崇神天皇は、夢で神からのメッセージを受け取ってそのとおりにして、疫病を治めたという。
おとぎ話ではなく、大いなる存在を敬い、自分の感覚を大事にして、丁寧に生きることで乗り越えたのだと感じた。

その後のユーモラスな大神神社に祀られている大物主神のエピソード。
大神神社の話で沸いて、行きたくなった!の声も出た。
ティータイムのあと、わたしの拙いハープを聴いていただいた。

最後に目を閉じた時、茶色のまだらな蛇が出てきてわたしに何か色々と話し(何を話しているのか聞き取れなかった)、頭頂から出ていった。
自分の中の蛇がいなくなったのかもしれない。

ワークショップは、声を使った高級な遊びの時間なのかもしれない。
気づきと不思議な体験、そして参加くださる方たちの声のエネルギーで、いつも、また次へ進める気がしている。

B664F950-4F77-4736-BC8E-B2B1DE7CB6C5
0D8D90DA-908C-444E-B6D4-93ECD19B562E

ら行ワークショップー自然とつながる音 子ども心を思い出す音

昨日のワークショップでは、まずら行を伸ばしたり弾んだりして声に出していただいた。
ら行はインナーチャイルドの音。ら行がすべるー不明確に発声してしまうー方は、子ども時代、ご両親が忙しかったり、ら行の発音について教えてもらうことがなかった方、その中で頑張ってきた方に多い、とお話ししたら、保育士さんをされている方が、保育園でもそのような環境の子どもたちのら行の発声がそうだと言ってくださった。
やはりそうなんだなと、嬉しかった。

そして丸くなって龍神祝詞を唱えたら、皆さんの腰の辺りをぐるぐる巻く白竜が現れた。
以前も白竜が現れた。やっぱり力のある祝詞だと感じた。

そして写龍。選んでいただいた龍の絵をなぞって色を塗っていただいた。長い集中の時間。
ここにも、さまざまなその方らしい龍が現れた。
写龍を行うと龍神とのつながりが強くなるという。
龍神の強さをきっと身につけていただけたと思う。
「お守りに飾っておきます」と言われた方もいた。

最後に、わたしの拙いハープを聴いていただいた。
今年になって、最終回の講座の後や、ワークショップの後にハープを聴いていただくことが、自分の夢の一つになった。
皆さんに協力していただいていると思う。

これから梅雨の季節には、龍神が働いていると思う。
また、ら行は他の50音とは違う宇宙的な音でもある。
行き詰まった時は、ら行を弾むように唱えると、新しい道を見出しやすいように感じる。

4EB7031E-4391-4229-B77C-82D2B3AC6AC1
4EB7031E-4391-4229-B77C-82D2B3AC6AC1
8D8D2855-A444-42BA-AF85-F61071F8A63C
61ECF254-8724-41BB-B98E-0FC39F3E9EB9
23A64D9E-B6B5-4B2F-B3F9-8A93C281DA0F
5224CECE-788A-4444-9C9B-8F838F0A0000
F45690F6-A64E-4566-A014-713E5AB6A517
E9CB1EFD-7E58-40FB-8B33-DBD28C9A7EC8

「ざ」の神様からのメッセージ 5月の雨

優しい声がほしい
心が頼りなげに言った
すべらかな
新緑の声が欲しい
自分を少しずつ湿らせて
わらいたい
ワタシは言葉と声でできている
から
だから


ひとりぼっちの音

混じりたくて
溶けあわない声


5月の雨
木々に響く歓声を
ガラス窓の内側で聞く

混ざり合わない
春 
寂しさ


5月の雨に打たれながら歩く
流れるように
流せるように
いつか
混じり合うように
わたし
寂しさ
みずみずしい春に

の内側から
新緑の声
生まれるように
5月の雨の力を借りて
永い春に分け入っていく


………………
うれしく寂しい春。
「ざ」の音に似て、萌え出づるエネルギーについていけない自分もいて。
特に雨の日に感じる。

横浜の一人暮らしの母が、名古屋の施設に入所することになり、4月30日から準備のため帰省している。
心の奥底で不安な母のそば、洋服や持ち物の仕分けと荷造りを行なっている。
歳をとって新しい環境に入るのは、大変なことだなと感じる日々。
引っ越しも移動も新しい環境に馴染むことも、全てうまくいってほしいと願っている。

7FEC1C47-9903-4C4A-A34C-A95308DDCC61

「そ」の神様からのメッセージ

朗読しました。
Voice Therapyには、このようなお気持ちの方が、多く来てくださいます。

https://stand.fm/episodes/61f2118528ac450006c1025e
71C50EA4-5C02-4CD9-845B-AF6FA951E847

ひろがるひらがな50音と私 は行 呼吸の音 12/11

呼吸で人はなんでも伝えられる。
自分に対しては願いや希望を。
大切な人には、面と向かって言えない切ない思いを。
そして少しずつ変化が起きる。
ひとがたに向かって、は行の呼吸で伝えた。とても静かで、濃密な時間。

ひふみ祝詞をゆっくりと唱えたとき、声が頭頂から広がって、洗われていく感覚があった。
腰の辺りに鳥肌が立った。
皆さんで輪になって唱えた時は、祝詞の声が、ゆったりと回転して、その中で安心している自分がいた。
すると真ん中から白龍が昇ってきて、そのあと帽子をかぶった、珍しい男の神様が現れた。
お名前を聴くと「日月神」と答えて下さった。
ひふみ祝詞は3回唱えると神が生まれると言われているけれど本当だったんだ、と思った。
真ん中に置いたペットボトルの水は甘くなっていた。

最後には行を声に出して瞑想をした。
すると、すっかり浄化された皆さんの頭上に、白くて一部が虹色の龍がいた。
まるで祝福するように、穏やかな表情で、漂っていた。  

声の力、呼吸の力。
いつもゆったり思いを込めて使いたい。

714600F2-FFBD-4393-BC00-BE31A0F26BAE

うれしいこと

ラジオパーソナリティReiさんが、私の本『言霊宇宙』のら行の朗読をしてくださっています。
歌になったり、朗読になったり、え?これは私の詩?と意外に思うくらい、自由に伸び伸びと声にしてくださり、とても気持ちがいいです。いつもじっと聴き入っています。
Reiさんとは、以前mixiで知り合い、その時私が投稿した、クロガネモチの詩をインターネットラジオで流してくださいました。
気づかなかった私は、番組に連絡できなかったのですが、とても励みになったのを覚えています。
その、クロガネモチの詩は、書き直して、この詩集の「き」の神様からのメッセージ、になっています。
お聴きいただけますと、とてもうれしいです。

https://stand.fm/episodes/61a77dba65e6fe000637de7f

https://stand.fm/episodes/61af4097c70af00007f55913

https://stand.fm/episodes/61b0a768c77ad50006c1fe34

71C50EA4-5C02-4CD9-845B-AF6FA951E847

ひろがるひらがな50音ワークショップ や行 ゆるむ音

や行は、長く声に出して重ねると、波状に響いて帯を作る。その揺れに乗って、体も心もゆるゆると弛んでいく。
水の音。大きなスクリーンいっぱいに、水中花の群れが水流に揺れ動く姿、鳥の声と共に森の中の川が流れる音。
「シャンティマントラ」を歌ってさらに緩んだ。
「ロカーハ サマスターハ」の「マ」の音が鼻にかかると、自分をくるむような音の響きによって、この世界に生きて在る、という感覚が深まる。
そのあとヨガニドラー(寝たまんまヨガ)とやーの声でさらに緩んでいただいたところに、シンギングボールでヒーリングを行った。

いつも頑張って緊張している体。特に肩と首筋が硬くなっていく。
自分で自分を緩めることはなかなか難しい。
や行の声からの休息の時間が流れていった。

B43535F1-3C66-43BC-ADA9-078E63A0548F

こだわり

こだわることで、うまくいくことと、うまくいかないことがある。
こだわって作り上げてきた仕事が軌道に乗ったり、こだわって頑張ったのに、頓挫してしまったり。

恋愛もそう。
こだわって希望をいつも忘れず、ずっと好きで、いい結果になっていく場合。
執着の気持ちが強くなると、自分だけが空回りしてしまう…。
執念と執着の違いは何だろう。
自分が見えなくなってしまうと、違う方向へ行ってしまうのかもしれない。

私にとって、スピリチュアルカウンセリングやサイキックアタックのヒーリングはとても大切。
その上に、50音にこだわっている。
声でどこまでできるかやってみたい。
もし、自分の持っている声で、体や心を整えることができたなら。
痛みも苦しみも和らげることができるのではないか?
その時、心を打つ文章〉言葉〉音イコール声…音素である50音がダイレクトに自分に響く、そして相手に届く、ような気がする。
しかもその音素は、音によって響く場所や味が違ってくる。
例えばま行は、とても優しく自分をいたわる。ハートに響く。
か行ははっきりと、自分のプラスとマイナスを浮き彫りにしていく。胃のあたりが反応する。
そして、声に出すと解放されて、物事がいい方向へ行くこともある。

語り出すと止まらない。
好き、だから、こだわりながら追求し続けている。

71C50EA4-5C02-4CD9-845B-AF6FA951E847
ギャラリー
  • 悲しい出来事
  • 2022年11月24日新月メッセージー射手座
  • ハープについて
  • ハープについて
  • 2022年11月8日満月メッセージー牡牛座
  • 森について
  • 森について
  • 50音ワークショップ わ・を・ん 広がる音 終わりの始まり
  • 50音ワークショップ わ・を・ん 広がる音 終わりの始まり
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ