voicevoice2のブログ

声についてボイスセラピーで気づいたこと、ちょっとしたアドバイス、絵本や詩についてのカウンセリングについて、スピリチュアルなメッセージを書いていきます。ボイスセラピーの情報もお知らせします。

ひらがな50音ヒーリング

古事記の神様とひらがな50音ワークショップー大国主命・た行

土曜日に行ったワークショップでは、前へ進む音のた行は、伸ばして発声した場合は違いがはっきりしないけれど、「た、た、た」と切って声に出すと、活力と動きが出ること、そして、た行は名前によく使われていること、音の響きで名前のエネルギーが変わることも、参加くださった方々と確認し合いました。また、お母さんから「さっさとしなさい」という意味で「つ、つーぅとしなさい」と言われて辛かったことを思い出した方もいました。音一つがいろいろな意味を持つことを改めて感じました。
名前については、ちょうど大国主命が、6つの名前を持ち、名前を変えるごとに、その力を身につけて強大になっていくことにもつながりました。

古事記では、大国主命が、須佐之男命(すさのおのみこと)から蛇の部屋に入れられたり、蜂とムカデの部屋に入れられたりするのですが、その度に須佐之男命の娘で妻となった須勢理比売(すせりひめ)が蛇の比礼(ひれ)、蜂とムカデの比礼を持ってきて、これを振りなさいと教えてくれ、その通りにすると、蛇も蜂もムカデも静かになるという段を読みあいました。比礼というのはもともとは女性の肩にかける薄い布のこと。
この二つの比礼は、神道では、10種の神宝(とくさのかんだから)という、祓い清めの象徴として伝わっています。
ずいぶん前に山梨県の神社で、私もこの10種の神宝の名前のついた修行を3つ受けたことを思い出しました。

土曜日は、実際に比礼を振ったらどんな感じがするのか?を体験しました。そうすると、参加くださった方々が、「オーラがきれいになる気がする」「布がだんだん龍に思えてきた」「自分が清められる」と言われました。
布はどんな風にも自在に振ることができ、実際空気を動かすので、変化をもたらしたり、かぶせることで大事な物を隠すことができる働きがあります。
不思議な体験でした。

次回は9月21日(土曜日)13時半から15時半まで。須佐之男命とは行です。

F32CACCD-6CCE-4BC4-8929-A7F374BF7166

50音ヒーリング ま行について

4年前の投稿。
今も同じ気持ちです。アイヌ語は一時期、いろいろと勉強し、当時、アイヌ文化を広げ北海道大学の講師になった故萱野茂さんにも、会いにいきました。

7月も最終日になりました。
これから夏休みや、お盆休みに、いろいろなところへ出かけたり、ひとと交わったりする季節。
ハートを開いて、過ごすことが多くなります。
そんな時、一番大切なのは、「自分をいたわること」そして「ひとを愛すること」この二つのバランスがくずれると、心や身体が不調になります。

50音の中で「ま行」は、自分を愛し、ひとを愛する音。そして唯一、いったん唇を閉じて発声する音です。
「ま行」の音の前には。「ん」の音が隠れていて、私たちは「んま、んも、んむ、んめ、んみ」と発声しています。
いったん口を閉じるとは、自分を静かにすること、人の声を聴くことにつながります。
赤ちゃんが初めて言う言葉は「まんま」 唇を開いては閉じることを繰り返す高度なテクニックです。
お父さんやお母さんの声を聴きながら、自分の中から出てきた優しい響き、まんま。

「ま行」には他にこんな言葉があります。
ま…まるい、まろやか、まわる、まよう、まんげつ、マリア、ママ
も…もろい、もちろん、もやす、もとめる、もつ、もも、もうふ、もり
む…むずかしい、むなしい、むり、むかし、むね、むく
め…めずらしい、めんどう、め、めぐみ、めでる
み…みじかい、みじめ、みる、みちる、みなぎる、みみ、みんな、みず、みち
自分の状態や気持ちをよく見て“感じる”言葉が多いですね。
自分を知ることは、自分を愛することにつながると思います。

日本の先住民族「アイヌ語」では、
「マッ」は女、妻を意味します。マリア、ママにつながるものがありますね。「メノコ」も女の意。
「ミチ」はお父さん、「ミッポ」は孫のことです。
「ム」は詰まるという意味。音の響きそのものです。
「モ」は静かなという意味。「モシリ」は静かな大地のこと。
その他、「マカ」は開ける、「ミナ」は笑うこと、「ムライバ」は抱きしめる、「メレメレ」は光る、「モコ」は眠る―という言葉があり、音の響きの感じがそのまま言葉になっています。
「マメ」は豆、「メシ」は飯…日本語と同じで、面白いです。

ま行の音を、胸に手をおき、伸ばしながら発声してみましょう。
自分をやさしくつつむようなイメージを持ちましょう。
そしてま行の言葉を、意識的に使ってみましょう。
ま行の、やわらかい音の波動が、心や身体にしみこみます。
しばらく、自分の「想い」を見つめてみましょう。

IMG_9176

「み」の神様からのメッセージ

言葉にならないおもいを
こえにのせ
おとにのせ
誰かが歌ってくれる
目を閉じて
ただ自分に入れる



満ちていく
満たされていく
やわらかく
やさしく
水のように
源を信じて

あなたを抱きしめたかった
触れあいたかった
一番美しい言葉を
ささやきたかった
どうして
だめだったのだろう
どうして
おもいかを遂げることができなかったのだろう

シャリシャリと
りんごを噛み砕いて
噛み砕いて
甘酸っぱい果汁を
喉に流し込む
流し込む
ように
優しい音楽を浴びる
耳から
するすると喉を通って
歌が
空っぽになった身にあふれる


傾いた
わたしの源に向かって
甘酸っぱい涙が
こぼれていく


気持ちがささくれだったとき、虚しくてたまらないとき、歌や音楽を聞くと、心がほどけていく。
怒りでいっぱいになって、ハープを弾くと、終わり頃には全て許せるような気がする。
でも本当に辛い時は、歌ってほしい、弾いてほしい。たくさん与えてほしくなる。満たされたら、また考えるから。

IMG_9067



「ね」の神様からのメッセージ

大人になるたびに
言えなくなっていった

振り向いたとき
誰もいなかったらどうしよう
子どもの頃は
こわいものがなかった
手をつないで
顔を見合わせれば

すべてが一致していなくても

一人が怖くて
でも
独りになりたくて

自分の中で
何度も何度も言い訳をした
けれど
もう胸を閉じるのはいや
その痛み
少しずつしか進めないわたしを
ゆるして
あなたの胸のすき間に
いさせてほしい


波のように
乗り越え
乗り越え
ね 
と微笑んで助けてもらった
雲のようなあたたかさ
溺れながら
抱きしめ

大人になった
わたしはわたしに
わたしの中の光るあなたに

ほほえみかける
遠くても
かすかでも
目をそらさずに
見ていてくれれば
それでいい
きしませながら
やっとひらいた
胸の扉
そのまぶしい
すきまから



「ね」を堂々と言える時は、自分も相手も、周りの環境も こころから信じている時。
たとえ誰も同意しなくても、自分の意見を貫くことができれば素晴らしいか、そこまで強くなれないことがある。胸の扉は、閉じるときも開くときも、痛みをともなう。自由に気軽に開けたり閉じたりするには、自分を自由にしなくては難しい。

IMG_8970

「ね」の神様からのメッセージ


粘り強く
根っこを張る
いま自分が立っているところ
なんど挫折しても
失敗しても
どっしりと伸びていきたいと
ねがうとき


鼻に抜ける音は
じぶんを通って
大いなる意思に問い続けること

いつもあきらめずに
世界をたっぷりすくい取って
豊かにかえしたい

そして

あなたと
根っこを分かち合いたい
手をつないで
身体を寄せ合って
背中をたたきあいたい
苦しいとき
笑い飛ばしてほしい
あなたの根が好き
私の根を
愛してください


口元が自然にほころぶ
え よりも粘りがある

微笑みあって
身体の底から安心する
あなたとともに生きていけること
根っこをつないで
いのちの道を歩くこと

……………………………………………………
「ね」は相手に同意と共感を求め確認する音。
それは字の右側、まるく膨らんでくるっとまわって着地する形にも表れている。
恋人、友達、夫婦、仲間…互いの根っこを理解しあい、支えあいながら生きていけたら、それは人として幸せ。

IMG_8755

「か」の神様からのメッセージ

怒りを出す
かっ
顔をしかめて
声と空気が
しゅっ
怒りの炎が噴き上がる

腰が痛い
目が赤い
胸が膨れ上がって
許容量を超えている

自分をわかってもらえない
努力してもむくわれない
人に振り回されて
大切なものさえ奪われて
悲しくて
悲しくて
泣けてくる
怒りの奥にたまった涙が
堰を切って溢れ出す

泣いて哭いて
怒っている自分を

言葉ではなく
愚痴ではなく

天高くぶつける
そうして
息を吸って
息を吐いて
尖った自分
そっと抱きしめよう
捨てても
誰も拾ってくれないこころだから

よろよろと立ち上がる
性懲りも無く
その自分も愛おしく
ふたたび
求めて行く
つみも
かみも
かかえたまま

……………………………………………………
エジプトでは「カ」は神を表し、日本でも「か」は神を指した。  
「か」と大きな声を出す時、怒りや悲しみが声に乗って体から出てくる。 
怒りと悲しみを解き放った時、人は神に近づくのだろう。
「か」の元の漢字は「加」 加えるためには、手放さなくてはならない。

IMG_8517







「ふ」の神様からのメッセージ

感情という名のもやを
ふう
吹き払うと
素のわたしが現れる
キョロキョロといつも何かを探していたり
涙に濡れたのどを
叱りつけていたり
夜になると
明日を不安がっている
穴だらけの自分
でもそれが本当のわたし
見たくなくても
見てほしがっている
ありのままの自分

ふう
時のほこり
吹き払うと
子どもの頃 
大切にしていた小さな夢たち
木の上に家を建てること
オジギソウで一日遊ぶこと
童話の中のお姫様の暮らし
少女マンガのキラキラした付録が宝物だった
あの頃

考えていること
感じること
たっぷりの時間であじわうこと
眠るときの安らぎと
どこかでたき火をしているような
朝のつーんとした空気
ふう
息で風を起こす
忙しいから
時間がないから
ぐるぐるの日常に
ふいに
玄関でチャイムが鳴る
ドアの向こうには
待ちくたびれたじぶん
立っている


………………………………………………
日常の何かを楽しんでいる人を見ると、惹かれる。それは楽しくなくなった自分がいて、初めて気がついた。
「ふ」は息を吐く音、立ち止まる音。元の字は「不」 打ち消す意味。


IMG_8426

「あ」の神様からのメッセージー無限ー

宇宙のなかから ひかりはじけて
わたし
母なる海からあがった
はじめての息
におい
いろ
いきていることを
声でたしかめた
あなたがわたしをだきあげてくれたとき



いきていく いとなみ
そのいたみを
おおいなるスピリットから
もらった
愛をしるため
あなたとわたしの
うつくしいひかりと かげをいつくしむため
えいえんといっしゅんをかけぬけて
ありのままに
いま ここに あることを
感じるために



うれしいことも
くるしいことも



ああ
ありがとう
声をはなって
宇宙ととけあう
いちずにいきる
いつか地のはてに
このいのち
かえすときまで


あけましておめでとうございます。
昨日から晴れて気持ちのいいお正月。
今年は、この50音の詩を本にしたいと願っています。
去年実行するはずが、なかなかできなくて終わりました。
まず言葉にしておきます。実現するために。

今年もよろしくお願いします。

IMG_8392

「へ」の神様からのメッセージ

ほころんだ自分
見せたくない
あわてて
上唇がおおい隠す

はんぶん
寒い
息を吐いて
はんぶん
顔をあたためる


否定したり
感動したり
くるくると変わる自分が
うなづく地点を探す
できれば
驚きも
やっかみも
明るく飲み込みたい
上唇を
パノラマのようにひらいて

世界のめまぐるしさ
ひとの光
それなのに
動けない足

思い切り飛び込みたい
眩しさもぬかるみも
すべて両方の腕に抱えて
笑っていたい
赤ちゃんのような
からだいっぱいの声で

へえ




……………………………………………………
「へ」と驚く時、下唇しか開かないので、時々さびしい表情になる。
驚きは喜びもあれば、疑ったり、自分の影の部分を照らされたように悲しみが出てくることもあるから。
「へ」は反応する音。自分の反応を他者の反応をとにかくまず受け止めよう。それから自分の納得する地点を探そう。
「へ」の元の字は「部」
部分を全体に広げたい。

風邪がずいぶん良くなりました。
励ましのお言葉をいただき、とても嬉しかったです。
風邪は症状がどんどん変わって、怖いなと思いました。
お互いに気をつけましょう。


IMG_8274

「ね」の神様からのメッセージ

あなたと
わたしは

根っこでつながっている
あなたの光を
わたしの影は憧れる
あなたの影を
少しでも支えられるなら

わたしはきっとここにいてよかった

根っこから
伸びて
光ったり
萎びたりしながら
いのちを終える

その小さな生涯を
分かち合える人がいたなら
ふいに鮮やかなドラマが生まれる
苦悩の川に
涙のキラメキ
笑みの花びら
せかいは一瞬美しい

目と目を合わせて
手と手を重ねて
それがいい
それでいい
うなずきながら

軽やかに
step by step

…………………………………………………
「ね」は相手に同意と共感を求め確認する音。
それは字の右側、まるく膨らんでくるっとまわって着地する形にも表れている。
元の字は禰(称)。自分にもっとも近い先祖を表す。とても意味深い。


IMG_8204

ギャラリー
  • 秋晴れ
  • 秋晴れ
  • 秋晴れ
  • 秋晴れ
  • シンプルなわたしに
  • 2019年10月14日満月メッセージー牡羊座
  • エネルギーのつながり
  • ハープレッスンー思い出の曲
  • 2019年9月29日新月メッセージ天秤座
  • ライブドアブログ