voicevoice2のブログ

声についてボイスセラピーで気づいたこと、ちょっとしたアドバイス、絵本や詩についてのカウンセリングについて、スピリチュアルなメッセージを書いていきます。ボイスセラピーの情報もお知らせします。

スピリチュアル

エネルギーのつながり

オーラ講座の時、人はエネルギーでできているというお話をする。
体の粒子の微妙な振動。振動しながら、人と混ざり合う。それによって、喜びややる気が倍になったり、逆に体調かおもわしくなくなったり…。
体が急に熱くなって、ホットシャワー?と思ったら長いメールが来ていたり、夢に出てきた方がカウンセリングにいらして、夢の意味をお互いに共通のこととしてシェアできたり…。
自分ではないような動悸がすることもある。(「まるで恋をした時みたいにドキドキするんです」と言うと、内科の先生や看護師さんにマジマジと見られた)サイキックアタックかどうか、究明中。

全てがストレートになって、皮肉とか、持って回った話などが理解できなくなる。
これはいいことなのか?そうでないのか?
ただ、エネルギーがつながりっぱなしではいけないので、切ったりつながったり…が自由にできるようになりたい。

87F6E414-41AB-4803-A0CC-EABC6067CB22

令和塾ーあなたが「あなた」になる前の記憶

今日は、中部大学教授の大門正幸さんと、歌手で作家のさとうみつろうさんの講演会に参加した。
前世記憶を持つ子どもたち2700件以上を42カ国に行って子どもたちに聞き取り調査をし、学問的に裏付けされた中からジェイムスくんが紹介された。戦闘機を見た時から始まり、亡くなった自分の名前も記録にあり、まだ生きていた戦友とも出会えた。
バージニア大学の知覚研究所では、スピリチュアルが、全て学問として研究されていることもわかった。

大門先生の声は若々しく、さとうみつろうさんは頭が良く人の心を掴むトークが、楽しかった。
講演の中に歌が入るので、ホッとできた。大門先生の「かみさまとのやくそく」さとうみつろうさんの「大天使ワラエル」の歌はジーンときた。

前世の記憶を持ち、その時の悲しみや恐怖を感じている子どもには、その前世は終わったから今はもう大丈夫と言ってあげることが効果があるとのこと。

カウンセリングの中で前世リーディングをすることが多い。今日はまた違った観点から、聞くことができ、スピリチュアルを当たり前に、科学として学問として取り上げられた空間が心地よかった。
スピリチュアルが歌とともに語られる時代が来た。

887DD693-C947-4C75-8A2C-484AE7FE963A


B8473C11-90BA-4632-BC4F-B8AD894480E3


続きを読む

久高島の思い出

今日カウンセリングにいらしたお客様の祖先が沖縄のノロ(祭祀を行う人)だったというお話を聞きました。
その話を聞いて私は数年前、沖縄の久高島を旅したことを思い出しました。

1日サイクリングをしただけですが、この島はとても綺麗で不思議な魅力を持った島でした。
久高島では明治の頃から神事ばかりが行われていたと言われています。
その神事を行う中心は女性で、沖縄では女性が守護するもの、男性は守護されるものという風に言われています。

3箇所ぐらい祈りの場があって、それは民家の離れにありました。
小さな部屋で、神棚のようなものがあって、いつも天井の近くには扇型の不思議な鳥のようなものの絵が、どこも飾られていました。

沖縄の歴史と言うか神話です。昔アマミヤ(女神)とシラミキヨ(男神)が東方の海の彼方(ミラーハラー)から久高島に来ました。
ところが久高島は、東の波は西に越え、西の波は東に越え、海水の中にたゆたい、まだ島の形はなかったそうです。
そこでアマミヤが持参のシマグシナーと言われる棒を立て、神に頼んで天から、土、石、草、木をおろしてもらった、それで久高島ができたというお話です。
これはまるで『古事記』の中のイザナギイザナミが、天沼矛を塩こおろこおろと海水に立てて回して、そしてそれを引き上げた時に、ポタポタ落ちる海水が積み重なってできたおのころ島、そこで二人が結婚したというお話になんだか似ています。

久高島を歩いていた時に一人の高齢の女性にお会いしました。
「とても綺麗な島ですね」と言ったら、その女性は「そうですか。ありがとうございます」と言われました。
「綺麗な場所ですね」と言って、お礼を言われたのは初めてでした。
もう一度行ってみたい。
久高島が沖縄の旅の中で一番いい旅でした。
それを思い出しました。

IMG_9105

守護霊メッセージ

守護霊からのメッセージはとても深遠だといつも感じます。
自分が捉えた新鮮な言葉もメッセージですが、時々、左脳の考えが入ってしまうことがあります。
ですから、守護霊メッセージをじっくりつなげていくと、自分では知り得なかった言葉が出てきたりします。

また、現実に起こることがメッセージでもあります。特に同じようなことが連続して起こる場合や、悩んだ時にポンと目の前に出てくる出来事もメッセージです。
例えば仕事などで、自分はダメだなとつい人と比較して落ち込んだ時に、ふと出会った人の言葉や、目の前に差し出された仕事は、今自分がやるべきこと。それを積み重ねていけば、もう落ち込むことはないよという意味です。

メディシンマン(呪術医)は言った。
「自分の鼓動を聴け。
自分の心臓に耳をつけて
聴け」
「あなたの存在そのものを
マッサージする
精霊世界の
指に従え。」
『アメリカインディアン聖なる言葉』より

いつも自分の鼓動を、集中して聴くことが大切なのですね。その時間を取ることも。反省をこめて、そのように思います。

IMG_9092

夢リーディング

先日、ある女性が、ご相談の最後に、「離れて住む息子が、私が死んだ夢を見たと言うんです」と心配そうに言われた。
夢の中の死は「成長のために古いものが終わること」
お母さんから自立したという意味ですよと言うと、ホッとされた。
私も小学校6年生の時、当時まだ30代だった両親が白髪のおじいさんおばあさんになった夢を見て、夢の中でわんわん泣いた。目を覚ますと、本当に泣いていた。いま調べると、親から自立したいという願いだとわかった。
少し前、東南アジアのようなところに、爆発物が仕掛けられていて、逃げている夢を見た。あちこちに時限爆弾が仕掛けられていた。
爆弾は、「創造のために用いる潜在力と責任ある巨大なエネルギー」でもあるし、「抑圧された爆発寸前の強烈な感情」とあった。
東南アジアは外国として、自分の新しい側面。またその時、男の子を背負って逃げていたので、社会的なことでエネルギーを使って始めるのかもしれない。

夢はメッセージ。Voice Therapyでは「守護霊メッセージ講座」の中に入っている。
「夢の講座をしてください」と依頼くださる方もいる。
夢で自分の方向性がわかることもある。夢は自分で操作できないので、とても面白いし、役に立つ。

IMG_9084

時間について

時間が加速しているーという話をお客様から聞いた。
調べてみると、スピリチュアル系の方たちによって、2012年のアセンションの頃から、時間の流れが速くなったことや、時間
が伸び縮みすることが書かれていた。
子どもの頃は、1日が長く、特に夏休みなど、朝昼夜別々の出来事があると、3倍の長さで感じていた。年齢を積み重ねるたびに、1日が短くなっているのは、忙しくなって意識がどんどん切り替わるから?体の動きがゆっくりになったせい?
特に最近は、予定の半分がこなせればいいと思う。一つのことを時間をかけて考えすぎるからだろうか?1日が短く感じる。
楽しい時間を伸ばし、苦痛の時間を縮めることができればいいのに…と勝手なことを考えている。

最近はデジタル時計が多くなったから、小学校の「時計」を習う時間は短くなるのかな?などと考えてみた。
あの頃は苦労したけれど、今はどうなのかな?学ぶ内容も、時代の流れで、変わっていくのだと思う。

IMG_9045

サイキックアタックと呼べないアタック

サイキックアタックとは、誰かの念ー嫉妬や悲しみなどーが来てしまうために、痛みや不眠、傷やあざの出現、呼吸困難、血圧上昇などの不調があわられることです。
ところが、カウンセリングや鑑定の場で、時々、恋愛のお相手の霊体が来てしまうという話をお聞きします。
今までお聞きした中では、男性が女性のところに霊体となって来てしまうことが多かったです。
これは、女性のお客様が多いせいかもしれません。

自分の気持ちを抑えて、言わないようにしていると、気持ちだけがやってきてしまうようです。風船の根元を押さえると反対側が膨らむように、口にできない気持ちが膨らんで、出口を求めてきてしまいます。
フワッとあったかいものがかぶさる感じ、背中がビリビリする、皮膚の感覚などそれは様々です。
中には、霊体が体の中にすっぽり入ってしまって、違うエネルギーが入るために、寝ても寝ても疲れが取れない症状になることもあります。
ただし、恋愛の場合は、受け取る側の女性たちは嫌がるということはありません。
サイキックアタックという名前がそぐわない感じです。
人の気持ちはとても不思議だなとつくづく感じます。

IMG_9005

天使の存在

天使は本当にいるのだろうか?
本当にいます。
私の場合、カウンセリングの途中で、シートの上に、ポチッとキラキラ光る粉のようなものがつくことがあります。
お客様に見てもらうこともあります。多分その方を守っている天使だと感じています。

お客様の顔の横の空中がピカッと光ることもあり、その方を守護している天使が「そのアドバイスでいいよ」と言ってくれているのだと判断しています。

また、小さな羽が目の前にあったり、人によっては空からたくさん羽が降ってくるという方もいます。
そうやって、守ってくれていることを、知らせているのですね。

私の場合は、外に出ると、体の周りにキラキラがたくさん見えることがあり、急に明るいところへ行ったからかなとか目の病気かなと思っていたのですが、もしかして天使?と思うことにしました。
きっと目に見えない存在が、たくさん私たちを守ったりメッセージしたりしているのでしょうね。
FullSizeRender

恋する気持ちとサイキックアタック

去年からサイキックアタックのカウンセリングやヒーリングを行うことが増えてきて、人の嫉妬や憎しみ、恨み、邪魔をする気持ちが、生き霊となって相手の身体を傷めることを実感を持って感じている。
本人はそういう気持ちを飛ばしている意識はない。だからとても難しい。
ついこの間も私はあり得ない失敗をして、優しい皆さんが家に忘れ物を取りに行く1時間を待っていてくださった。
その時お客様がリーディングして下さり、「心臓に手がある。須藤さん弱っている」と教えてくださった。何だか自分が無くなっている感じがあり、疲れていた。でも相手が誰か?がわかると波動は去っていく。

その時、好きな人のエネルギーが来た時は生き霊か?という話が出た。
なかなか会えない彼のエネルギーが毎日来て身体でビンビン感じてきたという方がいる。「いやではない」「好きだから」と言われた。
以前、はっきりと気持ちは伝えないが、夜布団に入るとあたたかいふわっとしたものがかぶさってくると言われた方がいた。彼女は彼と初めて会った時、涙が止まらなかった。何度も何度も何故自分は泣けてくるのか?尋ねて来られた。その時も彼女の目から涙があふれていた。そしてご主人との生活が苦しかった自分に気づき、離婚の道を選ばれた。多分あれから再婚されたのではないかと思う。相手の男性は、自分の気持ちをあまり口にされない方だったから、秘めた想いが、そんな形となって現れたのでしょう。

生き霊という言葉はどうしてもマイナスイメージが強いので、恋愛の場合はふさわしくないという結論になった。
サイキックではあるけれど、サイキックアタックではない。
言葉はとても大切に感じた。

IMG_8480




瞑想の二日間

一昨日、時野さんの「呼吸法と瞑想法」に参加した。
その中で、108回の呼吸というのがあった。4対2対8(4で吸って2で止めて8で吐く)を108回。ほんとにできるのだろうか?と不安があったが、時野さんの鐘の音を頼りに終わった時は、とても満足した。
途中「今度は体の真ん中から呼吸しましょう」という声が聞こえ、これは実際言っていなかった言葉だと後でわかった。
その前に幸せとつながるマントラ瞑想があり、背骨に意識を置く呼吸法だったが、足元が冷たくなってきて背骨の中に急に白い蛇が入った気がした。集中力が途切れて他の人のことがよぎった時で、どうすればいいかわからなくなった。
でもマントラを聞いているうちに誰かが白い蛇を抜いてくれた感覚があり、頭の上に虹色の蓮の花が咲いて風に揺れていた。とても安心した。不思議な経験だった。

そして昨夜は、いつも通っている瞑想ヨガの年末スペシャルに、ギリギリキャンセルが出て入れてもらえた。
暗闇の中でロウソクの火だけの明かりの中、瞑想をしたりアーサナ(ヨガの動作)をしたりする。ロウソクの炎を見る時間があり、その小さな炎の揺れが、まるで自分のように感じて、とても愛おしく一生懸命な姿に感じた。
いつもこの時間は静かで他の全てを忘れる。特にメッセージなどを感じることはないが、体がリラックスして、今自分だけがここにいる感覚になる。

年末に二つの瞑想クラスに参加できて、満たされた気持ちになった。

IMG_8367

ギャラリー
  • 2019年10月14日満月メッセージー牡羊座
  • エネルギーのつながり
  • ハープレッスンー思い出の曲
  • 2019年9月29日新月メッセージ天秤座
  • 横浜
  • 富部(とべ)神社
  • 富部(とべ)神社
  • 富部(とべ)神社
  • ハープの力
  • ライブドアブログ