ボカリーズとは、歌詞のないメロディだけの声。昨日、スピリチュアルボイストレーニングで、絵本『よあけ』をゲストの方と読みあった後、声に出した。
絵本について感じたこと、お互いのために、そして大切な人に向かって。
ゲストは、大学4年生の息子さんへ声を出してくださった。
先ほどより声が高くなって強くなったり滑らかになったり…もともとボーカルをしていた方なので声が柔らかく響く。その上に、ひたひたと迫るものがあって、聴いている私も胸に満ち満ちた。
彼女も涙ぐんでいらした。
きっと息子さんに届いただろう。
何もなくても、声だけで真心を伝えることができる。
この間のアカペラライブの時にも感じたけれど、神様はひとにすべてのものを与えてくれているような気がした。
普段はあれが足りない、こうだといいのに…と思ってしまう私も。
声が体に満ちる、声が空間を通って人に届く。
このわずかな時間が大きく膨らんだような気がした。

スピリチュアルボイストレーニング 声から人生を深めます
http://www.voicetherapy.info/spiritual-support/spiritual-voice-training/

IMG_7767