voicevoice2のブログ

声についてボイスセラピーで気づいたこと、ちょっとしたアドバイス、絵本や詩についてのカウンセリングについて、スピリチュアルなメッセージを書いていきます。ボイスセラピーの情報もお知らせします。

オルガン

音楽に溶ける

昨日のGammalGran(ガンマルグラン)の方達の演奏があまりによかったので、CDを買った。
昨日も音の波の渦に巻き込まれたような心地よさがあり、ずっとずっと聞いていたかった。
今日もCDを片手間で聞こうとしたのに、途中から目を閉じて聴き入ってしまった。
何がいいのかうまく言えない。ただ動いていく音の一つ一つが全て調和された響きになっていて気持ちがいい。音楽は身体が気持ちよくなることだと気づいた。
これはきっと言葉もそう。この音の後にその音が来て、集まって言葉が生み出されていって、心地よくなるにはどうすればいいのだろう。
と考えるうちにまた音楽に浸ってしまった。
フィドル、ピアノ&オルガン、コントラバス…が溶け合う。自分も溶けてしまった。

FullSizeRender

ピアノの発表会

今日はピアノの発表会を見に行った。入れ替わり立ち替わり演奏を聴いている間に、自分の子ども時代を思い出した。
両親ともまだ若く、私の下に弟が二人いたから大変だったと思うのに、小学校4年生の時、ピアノを買ってくれた。
ピアノを習わせてもらいオルガンでいつも練習していたけれど、指のタッチが強すぎてオルガンでは対処できなくなっていた。
その頃、ピアノの発表会が嫌だった。あのなんとも言えない緊張感や、間違えたらどうしようと心配すればするほど本番で間違えてしまう。
今の子どもたちのように、ふわふわのドレスやリボンや花もあの頃はなかったけれど、親としては精一杯のワンピースやアクセサリーを揃えてくれた。
今思うとなんてありがたい時間だったのだろう。
ピアノを習っていることをもっと喜んで一生懸命練習していたら、違っていたかもしれない。
でも、中学生になっていろいろ忙しくなってやめてしまい、中3からまた2年間くらい習ったけれど結局やめてしまった。

今を一生懸命生きること、与えられたものを精一杯意識して取り組むこと…は、よほどの気持ちがないと難しい。
好きという気持ち、適性、価値観…なのだろうか?
発表会を聴きながら、いろいろな想いが交錯した。
(写真はその日のゲスト演奏。ピアノの発表会を経て、音大で勉強している女性)

ギャラリー
  • 2019年9月14日満月メッセージー魚座
  • おとうさんの庭
  • 令和塾ーあなたが「あなた」になる前の記憶
  • 令和塾ーあなたが「あなた」になる前の記憶
  • 言葉の癒し
  • 2019年8月30日新月メッセージー乙女座
  • 川原神社
  • こまやかな心遣い
  • 先祖供養
  • ライブドアブログ