voicevoice2のブログ

声についてボイスセラピーで気づいたこと、ちょっとしたアドバイス、絵本や詩についてのカウンセリングについて、スピリチュアルなメッセージを書いていきます。ボイスセラピーの情報もお知らせします。

ヒーラー

白い鳥

一昨日、先日の故人交信について思いを巡らせながらセラピールームに向かっていた。
若くして亡くなった男性のこと、悲しみが去らないゲストのこと。
私も沈んだ気持ちで車を運転していたら、前方に路駐していたゴミ収集車の上から白い鳥が右の空の上方に向かって飛んで行った。
見たこともない鳥。ふと、彼が光に向かって進んでいるのだと感じた。

その午後は絵本ヒーラー講座の最終回だった。
『ぶたばあちゃん』という絵本を読みあった。
ぶたばあちゃんと孫娘の最期の夜。
次のページを開いた時、目を疑った。
そこには白い鳥が右に向かって飛んでいて、季節は秋から春へ移っていた。
その鳥は、先ほど見た鳥にそっくりだった。

『古事記』中巻、倭建命が亡くなった時、その魂が白い鳥になって飛んでいき、家族が泣きながら足をたくさん怪我をしながら、その鳥を追いかけた、とあった。
人が死んだら白い鳥になる。
これは本当かもしれない。

IMG_7444
IMG_7441

絵本ヒーラー養成講座 受講生募集!

子どもも大人も絵本で自分の人生を物語る インナーチャイルドを癒す 

 

Voice Therapyでは2002年から「絵本や詩」を使って、ホスピスを初め、産婦人科・小児病棟・高齢者施設などで「絵本セラピー」をおこなってきました。絵本は子どものためだけのものではありません。絵本の世界は私たちの人生そのものです。登場人物はひとりひとり私たち自身です。やさしい絵は幼い頃に傷ついた心=インナーチャイルドを癒します。絵本を開いてあなた自身の人生をふりかえり、人生について語るとき、「絵本セラピー」は始まっています。

絵本ヒーラーを志す方、ボランティアで絵本セラピーをおこなってみたいと思う方、身近で大切な方々に絵本で癒したいと思う方さあ ごいっしょに絵本の癒しの世界へ・・・私たちと

絵本作家が人生をかけて描いた絵本は、おとなもじっくりと味わえます

絵本セラピーをボランティアやカウンセリングで行ないたい、自分の解放をしたい、絵本を読んで泣きたい方へ

*1ヶ月に1回 10:00~13:00  13:30~16:30  *土曜コース 平日コース   一社にて

*内容  絵本を内容や情景を感じながらふさわしい声で読みあう 絵と言葉を通しての心理カウンセリング方法

スピリチュアルケアについて 生と死、愛について深く考え見つめる

*料金 1回(1単位)10,000円   プライベート講座13,000円 絵本はご自分でご用意いただくか、必要でしたらボイスセラピーへご注文下さい

*全講座修了者には絵本ヒーラー認定証発行
    

 学びやすい3冊シリーズができました!いのちのシリーズ①  いのちのシリーズ②

                     愛のシリーズ①    愛のシリーズ②

                  

死と生の絵本シリーズ

~絵本からいのちをふかめよう~

生と死について考えを深めたい方 身近な人を亡くした方 

医療に従事する方   スピリチュアルケアを深めたい方

ホスピスボランティアを希望される方にふさわしい絵本セラピーです

おじいちゃん ジョン・バーニンガム作 ほるぷ出版   最愛の人の死 亡くなるとはいなくなること 

わすれられないおくりものスーザン・バーレイ作 評論社  いのちの終わりと遺された人たちのこころの整理

ひかりの世界  葉祥明 作 佼成出版   亡くなってからどうなるの?死後の世界
 

いつもだれかが  ユッタ・バウアー作 徳間書店  いのちは守られている

葉っぱのフレディ レオ・バスカーリア作 童話屋   いのちのはじまりといのちわすれられないおくりもののおわり

ぶたばあちゃん マーガレット・ワイルド作 あすなろ書房  自分の死を受け入れる

 

愛の絵本シリーズ

~絵本から愛することにせまってみよう~

ひとを愛するとはどんなこと?自分を愛することとは?
自分の愛の傾向やつまずきを知り、

愛についての気づきと共感を深めていく講座です。

あいしているから マージョリー・ニューマン作 評論社  愛とは束縛しないこと

にんじんケーキ  ノニー・ホグロギアン作 評論社  愛しているのにどうしてちぐはぐなの?

どんなにきみがすきだかあててごらん サム・マクブラットニィ作 評論社  愛を素直に表そう

どんなにきみがすきだかあててごらん

ふくろうくん アーノルド・ローベル作 文化出版局  自分を大好きになろう

はっぴぃさん  荒井良二作 偕成社  あなたとわたしの個性の違いを認める

ずーっとずっとだいすきだよ H・ウィルヘルム作 絵本の部屋  「愛している」と言葉で伝えよう

 

受講生の声

*おじいちゃんの本は文字が少ないですが、すごくメッセージ性のある本だと改めて思いました。何度開いても新しい発見がある。

講座では、読み合うということがすごく衝撃的で同じ本を手にとっても読み聞かせと読み合いでは全く違う学びがあるのだと知りました。

 実はあの後、大人の方に絵本を読む機会がありました。予想を超える反応があり、逆に驚いています。絵本の力というものを改めて思い知ったところです。

 次回の講座楽しみにしております。(Yさん)

*あんなに感情を込めて本を読むことはないかも、と思うくらいフレディーとその仲間達の情景にすっぽりはまりました。
絵本の奥深さがまたわかった講座でした。(Nさん)

 

絵本セラピー体験会

1月27日(水曜日)、「絵本ヒーラー(セラピスト改め)養成講座」修了生の、絵本セラピー体験会を行ないました。
絵本セラピーの前に、修了生による絵本の朗読がありました。
死と生のシリーズから『わすれられないおくりもの』、愛のシリーズから『はっぴぃさん』を読んでいただきました。
絵本のやさしい絵とわかりやすい文章、ヒタヒタと胸に迫る声。
絵本を読んでもらうって、こんなに幸せなのだと感じた贅沢な時間でした。
この後、初めてのお相手に絵本セラピーを行い、 修了生の方たちがそれぞれ気づきと課題を見出した、いい時間が流れました。

ギャラリー
  • シンプルなわたしに
  • 2019年10月14日満月メッセージー牡羊座
  • エネルギーのつながり
  • ハープレッスンー思い出の曲
  • 2019年9月29日新月メッセージ天秤座
  • 横浜
  • 富部(とべ)神社
  • 富部(とべ)神社
  • 富部(とべ)神社
  • ライブドアブログ