voicevoice2のブログ

声についてボイスセラピーで気づいたこと、ちょっとしたアドバイス、絵本や詩についてのカウンセリングについて、スピリチュアルなメッセージを書いていきます。ボイスセラピーの情報もお知らせします。

古事記

久高島の思い出

今日カウンセリングにいらしたお客様の祖先が沖縄のノロ(祭祀を行う人)だったというお話を聞きました。
その話を聞いて私は数年前、沖縄の久高島を旅したことを思い出しました。

1日サイクリングをしただけですが、この島はとても綺麗で不思議な魅力を持った島でした。
久高島では明治の頃から神事ばかりが行われていたと言われています。
その神事を行う中心は女性で、沖縄では女性が守護するもの、男性は守護されるものという風に言われています。

3箇所ぐらい祈りの場があって、それは民家の離れにありました。
小さな部屋で、神棚のようなものがあって、いつも天井の近くには扇型の不思議な鳥のようなものの絵が、どこも飾られていました。

沖縄の歴史と言うか神話です。昔アマミヤ(女神)とシラミキヨ(男神)が東方の海の彼方(ミラーハラー)から久高島に来ました。
ところが久高島は、東の波は西に越え、西の波は東に越え、海水の中にたゆたい、まだ島の形はなかったそうです。
そこでアマミヤが持参のシマグシナーと言われる棒を立て、神に頼んで天から、土、石、草、木をおろしてもらった、それで久高島ができたというお話です。
これはまるで『古事記』の中のイザナギイザナミが、天沼矛を塩こおろこおろと海水に立てて回して、そしてそれを引き上げた時に、ポタポタ落ちる海水が積み重なってできたおのころ島、そこで二人が結婚したというお話になんだか似ています。

久高島を歩いていた時に一人の高齢の女性にお会いしました。
「とても綺麗な島ですね」と言ったら、その女性は「そうですか。ありがとうございます」と言われました。
「綺麗な場所ですね」と言って、お礼を言われたのは初めてでした。
もう一度行ってみたい。
久高島が沖縄の旅の中で一番いい旅でした。
それを思い出しました。

IMG_9105

氷上姉子(ひかみあねご)神社

11日(土曜日)ワークショップで、古事記の宮簀媛(美夜受比売ーみやずひめ)の段を読むにあたって、どうしてもこの神社に行きたかった。
ここは宮簀媛が倭建命(やまとたけるのみこと)から預かった草薙剣(くさなぎのつるぎ)をいったん奉納した場所。その後熱田神宮に受け継がれたという。

本宮はいつもの通り静かだった。
ここに立つと「草薙剣のエネルギーはここにある」という声が聞こえた気がした。
そして本宮の隣の林の中にある元宮。
この鬱蒼とした林は、いつも誰もいない。
ここで何かあっても誰にもわからないと思うと半分怖くてワナワナしながら、神明社、元宮へ行った。

神明社は天照大御神が祀ってある。静かで明るく、中の神様は親しみやすい感じがする。
そして元宮。宮簀媛が祀られてある。
ここで祈っていると「ありかとう。草薙剣は私の中にある。あなたの中にもある。それは浄化の剣だから。
浄化すると、本当の強さがあらわれる。
これは愛の剣。
あなたの思う通りに(私のことを)伝えなさい。」という声が聞こえた気がした。
そしてワナワナしている私のことも「誰が襲ってくるの?」と笑われた気がしたので、帰りは足取りが軽かった。

ずっと行きたいと思っていた。
だからとてもうれしかった。
ご朱印帳を忘れたと言ったら、和紙に書いてくださった。
令和の文字が、なんだか眩しく感じられた。

FullSizeRender

本宮
IMG_8896

元宮への入り口
IMG_8900

鬱蒼とした林
FullSizeRender

神明社
FullSizeRender

元宮
IMG_8903


名前の力

先日「木花佐久夜比売(このはなさくやひめ)」のブレスレットを作った時に、この名前の一つ一つに力があることを感じた。

木花…「このはな→きのはな」木に咲く花 桜の花
佐…「佐」は、人を助ける意
久夜…久しい夜 つまり長い時間
桜の花のように長いあいだ人の力になる女性の意味や
音だけを見ると
木の花(桜)が咲くように美しい女性の意味になる。
また、「夜」が女性を表すとしたら、妖しい美しさもあるのかもしれない。
「桜ーさくら」の語源では「さ」は耕作・神霊を表す古語 「くら」は「座」は神の寄りつくところ。

「宮簀媛(みやずひめ)」ー倭建命(やまとたけるのみことの妻)も、古事記では「美夜受比売」という表記になる。素敵な字だと思う。

私たちの名前にも、深い意味があるのだなと思う。名付けた親の思いも含めて。

昨日から、一人暮らしの母がいる横浜に帰省している。
この10日間は、義母の入退院も含めて忙しく深い日々だった。
やっとひと息ついて、考えることができた。

IMG_8849
FullSizeRender

『古事記』の神様とひらがな50音ワークショップー木花佐久夜比売(このはなさくやひめ)

3回目のワークショップを行うにあたって、だんだん自分が何を伝えたいのか?がはっきりしてきた。指摘して下さった方もいた。
それは『古事記』という「神話」

「神話はあなたに、自己の内面に向かうことができるのだ、と教えてくれます」
「神話に出てくるものの一つは、深淵の底から救いの声が聞こえてくるという考えです」
「神話は社会の夢…神話は公衆の夢であり、夢は個人の神話です」
(ジョーゼフ・キャンベル+ピル・モイヤーズ『神話の力』より)

今に生きる私たちが『古事記』という神話から、自分たちの中の深い声と繋がり、今の自分に対するメッセージやアドバイスとして捉えることかできるといいと思う。

昨日は桜にちなんで、木花佐久夜比売(このはなさくやひめ)の段を学んだ。美しく激しい木花佐久夜比売と真反対の姉の石長比売(いわながひめ)の隠れた意味について。
名前の音も、2人のテーマを表している。
また、桜については、繊細さを表す「さ」から始まり、「さくら」の語源、五行の話とペンタグラム(五芒星)、沖縄の話まで広がった。
参加して下さった方の中に、偶然にも五行の本を持って来られた方がいて、驚きあった。

次回は、4月13日(土曜日)13時半から、「な行」と愛知県にゆかりの深い倭建命(やまとたけるのみこと)を取り上げる予定です。
ご興味のある方はご連絡ください。

FullSizeRender
IMG_8665








日本の神様とひらがな50音ワークショップ

今日は初めての第1回目のワークショップだった。
zoomのハプニングはあったが、あ行と天照大御神がつながったと感じた。
天照大御神の手印を結ぶと体が熱くなったり、最後にそれぞれの方にメッセージが送られてきた。
古事記は現代語訳をつけてあるが、慣れないと難しいと感じられた方も。
慣れると古事記の文章は単純で面白い。特に天照大御神の箇所はスケールが大きい。
19日(土曜日)13時半からも同じ内容で行う。
2月はいよいよ「岩戸開き」の段に入る。2月4日が新年なので、つながるのではないか?と期待している。


IMG_8449

熱田神宮

今日は猛暑の中、熱田神宮に行った。どうしても行きたかった。
東の鳥居をくぐると、熱田神宮の歴史がパネルになって飾られていた。
日本武尊のくだりを読むと、なぜか鳥肌が止まらず、涙が出そうになった。
以前瞑想ヨガの時、気持ちが弱くなった自分に、女の人が出てきて、体の中に草薙剣を入れてくれた。
体の上に剣を乗せて、グッと押さえたらすっと入った。
その剣の強さを確かめたかった。
本宮の前でぼんやり立っていたら、人に振り回されず自分でしっかり立ちなさいと言われた気がした。自分はそういう生き方をしてしまったから…と。
お父さんの言葉に振り回されて、休むこともできずに、荒ぶる者たちの征伐に繰り出された日々。
草薙剣を宮簀媛のところに置いて出たために、最後は病に倒れて亡くなったことが『古事記』にはある。

あまりの暑さに、背中に何度も汗がスーッと下りていくのを感じた。
こんなに暑かったかな、と思いつつ、それでも熱田神宮の、木が両側から茂っている参道を歩くと、風が起こって幾分涼しかった。

IMG_7572
IMG_7571
IMG_7575
FullSizeRender

白い鳥

一昨日、先日の故人交信について思いを巡らせながらセラピールームに向かっていた。
若くして亡くなった男性のこと、悲しみが去らないゲストのこと。
私も沈んだ気持ちで車を運転していたら、前方に路駐していたゴミ収集車の上から白い鳥が右の空の上方に向かって飛んで行った。
見たこともない鳥。ふと、彼が光に向かって進んでいるのだと感じた。

その午後は絵本ヒーラー講座の最終回だった。
『ぶたばあちゃん』という絵本を読みあった。
ぶたばあちゃんと孫娘の最期の夜。
次のページを開いた時、目を疑った。
そこには白い鳥が右に向かって飛んでいて、季節は秋から春へ移っていた。
その鳥は、先ほど見た鳥にそっくりだった。

『古事記』中巻、倭建命が亡くなった時、その魂が白い鳥になって飛んでいき、家族が泣きながら足をたくさん怪我をしながら、その鳥を追いかけた、とあった。
人が死んだら白い鳥になる。
これは本当かもしれない。

IMG_7444
IMG_7441

桜カウンセリングが始まります

暖かくなったり寒くなったり…まさしく三寒四温の気候ですが、その中でも桜の開花が待たれますね。
やがて桜が咲きほこる頃、新しい職場、新しい学び、新しい人間関係が始まります。
桜カウンセリングは、そんな新しい人間関係の中であなたの心や身体をスピリチュアルに応援します。
*対面・お電話でのスピリチュアルカウンセリング 75分11250円→10500円 100分 12500円→11500円
お電話は23:00までカウンセリング可能です。スカイプ・ラインをお使いいただくと、通話料が無料!
*メールでのスピリチュアルカウンセリング  Voice Therapyがおすすめするメールカウンセラーによるメールカウンセリングです。
1件 7500円→6200円
3月31日までにご予約いただく方の期間限定メニューです。ぜひご利用ください。
*オーラ、前世、守護霊メッセージをリーディングいたします。
*銀行振込・クレジット支払い
*リラックスハーブティ「カモマイルナイト」と毎日お仕事を頑張る人へ「アイブライトベリー」ハーブティを組み合わせてプレゼント(カリス成城製)
(大好評につき、「さくらひとひら」の商品がなくなりました。この商品に替えさせていただきます。ご了承ください)

桜といえば、「古事記」に出てくる木花咲耶姫(このはなさくやひめ)が知られています。
天上界から降臨した瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)は、美しい木花咲耶姫に一目ぼれをしてしまいます。
結婚のとき、姫の父大山津見命(おおやまつみのみこと)は、木花咲耶姫とその姉の石長姫(いわながひめ)を一緒に差し出します。
けれども石長姫はその姿が醜い(見にくい)ため、瓊瓊杵尊は木花咲耶姫だけを手元に残して、石長姫を帰してしまいます。
そのとき、父の大山津見命は「石長姫をお迎えになったなら、尊の命は雪が降り風が吹いても石のように不動でおられるだろう、木花咲耶姫をお迎えになったら、桜の花が咲きほこるようにお栄えになるだろう。その二つの意味で二人をお送りしたのに」と嘆きます。
木花咲耶姫と石長姫は、表裏一体=見える世界の価値と見えない世界の価値を表しています。
人間関係は、見える部分と見えない部分が複雑にからみあっています。
この時期、桜のようにやさしくこまやかな人間関係を目指しましょう。うまくいかない人間関係の見えない意味を桜カウンセリングによって明らかにし、適切に対処していきましょう。
みなさまのお申し込みをお待ちしております。

お申し込み・ お問い合わせフォーム➡️http://www.voicetherapy.info/contact/contact-form

名古屋スピリチュアルカウンセリングVoice Therapy  時野慶子&須藤三智穂
〒465-0093   名古屋市名東区一社1-111 マイシャトー一社301  ?  052-704-0025
E-mail   info@voicetherapy.info

チャクラの三角形と『古事記』

私たちの身体の7つのエネルギーセンター=チャクラのシンボルの中には
しばしば、三角形が入っている、
1番の根っこチャクラ=ムーラダーラチャクラのシンボルの中の逆三角は女性性器を示し、
中に蛇の形をした女神クンダリーニが眠っている。
4番目のハートチャクラ=アナーハタチャクラのシンボルは六芒星。
上向きと下向きの三角形が合わさっている。
下向きの三角形は、1から3のチャクラの働きをあらわす、本能的な女性的エナジー
上向きの三角形は、5から7のチャクラの働きをあらわす、直感的で男性的エナジー
そして、この二つの三角形は邪魔しあうことがない。
二つの力が溶け合うとバランスがよくなり、自分にも他人にも、世界や宇宙へ愛情が広がっていく。

『古事記』の中で、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が禊をおこなったとき、
左の目を洗うと天照大御神(あまてらすおおみかみ)が現れ、
右の目を洗うと月読命(つきよみのみこと)が現れ
最後に鼻を洗うと、須佐之男命(すさのおのみこと)が現れた。
ここにも逆三角形のエネルギーがある。
天照大御神は天上界(昼の世界)を治めるように、
月読命は夜の世界を治めるように
須佐之男命は海原を治めるように
命じられたのに、須佐之男命は、黄泉の国にいる伊邪那美命(いざなみのみこと)が恋しいと
泣きわめき、天照大御神のいる天上界へ上っていって、闘うこととなった。
下向きの女性性の三角形の頂点、ムーラダーラチャクラにいるばずの須佐之男命は、
上向きの三角形の男性的エナジーをもって上昇した。両方のエネルギーが合わさる
アナーハタチャクラでの闘いだったのかもしれない。

まだまだ『古事記』は、謎に満ちている。
神道はなぜ、左からすべての所作が始まるのか?
先日河原神社の伊藤宮司さんが「それは禊の時、初めに左目を洗って
天照大御神が出てきたからかなと思うの」と話された。
そうかもしれない。
『古事記』は解明されていないからこそ、わたしたちのさまざまな想像を許してくれている。
女性経営者の心のスキルを高める「スピリチュアルボイスセミナー」さんの写真
女性経営者の心のスキルを高める「スピリチュアルボイスセミナー」さんの写真
女性経営者の心のスキルを高める「スピリチュアルボイスセミナー」さんの写真

勾玉のこと

勾玉は、その特殊な形から、胎児をかたどったもの、動物の牙のかたちとさまざまな説がある。
玉は『魂(みたま)』に通じるとされ、古来より勾玉には霊的な力が宿ると信じられてきた。また三種の神器の一つに八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)があり、神具としても大切にされてきた。
また、勾玉は『月』の象徴ともみなされ、月読命を表すとされた。
その形が三日月の形に似ているからだろうか?

わたしは、このつるんとしたシンプルな勾玉が大好きだ。
古事記の中では、天照大御神がおさめる天の国で、素戔嗚尊(すさのおのみこと)がやりたい放題に暴れたために二人が闘う場面がある。その時の天照大御神の様子が次のように描かれている。
「…すなはち左右の御みづらにも御かづらにも、左右の御手にも、おのもおのも八尺瓊勾玉の五百(いお)つのみすまゐの珠をまき持たして…」
左右の耳にぐるぐると束ねている髪にも、その髪飾りにも、左右の手にも、500個くらいのおびただしい数の勾玉を長い緒(ひも)で連ねたものを巻いて持っていた、というのだ。
素材は、翡翠や水晶だったよう。勾玉は権力の象徴だったらしい。
でも戦国時代の鎧兜のように、とても重かったのではないかと思う。
天照大御神は素戔嗚尊の剣をつかって、素戔嗚尊は天照大御神の勾玉をつかって闘っていく。
「…ぬなとももゆらに天の真名井(まない)に振りまきて、さがみにかみて、吹き棄つる息吹の狭霧(さぎり)に成りませる神の御名は…」
音がさやかに鳴り渡る勾玉を、天の井戸に振り入れて、(素戔嗚尊が)噛みに噛んで吹き棄てた息吹から生まれた神の名は…」と神の子を産んでその数を競う闘いだったとのこと。
おびたただしい玉の音と水しぶきとぶーっと遠くまで吹きだした息吹と…勾玉でこのような闘いが繰り広げられたと思うと、想像を絶する。
勾玉のペンダント。石によって使い分ける。
霊感を研ぎ澄ませたいときはアメジスト、優しい気持ちになりたいときはローズクオーツ、厳しい教えがほしいときはラピスラズリ…。
いつもその霊力に守られていたいと願っている。

ローズクオーツ勾玉ペンダント ブルーサファイアの勾玉ペンダント勾玉
ギャラリー
  • 横浜
  • 富部(とべ)神社
  • 富部(とべ)神社
  • 富部(とべ)神社
  • ハープの力
  • 2019年9月14日満月メッセージー魚座
  • おとうさんの庭
  • 令和塾ーあなたが「あなた」になる前の記憶
  • 令和塾ーあなたが「あなた」になる前の記憶
  • ライブドアブログ