2011年08月30日

今期終了アニメ(6月終了作品)を評価してみないかい?13

「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロさんより「今期終了アニメ(6月終了作品)を評価してみないかい?13」のお誘いを頂いたので、今回もまた参加したいと思います。

2011年6月終了のアニメ作品を…
・ストーリー
・キャラクター性
・画
・演出
・音楽
・総合的な評価
の6項目5点満点で評価していきます。
詳しいルールなどは「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の方にも記されているので、そちらを参照ください。
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5324.html

ちなみに今期で僕が見たアニメ作品は…

俺たちに翼はない
神のみぞ知るセカイII
30歳の保健体育
[C] THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
緋弾のアリア
まりあ†ほりっく あらいぶ
GOSICK ―ゴシック―

以上になります。


ちなみに各作品に対する評価コメントは、最終話の感想時に記した総評コメントを流用しています。
では以下、各作品の点数です。
(※相変わらずかなり長くなってしまったので、一気に読む場合はご注意を…)


【俺たちに翼はない】合計点:17点
ストーリー:2
キャラクター性:4
画:2
演出:3
音楽:3
総合的な評価:3

物語で主に活躍していた鷲介くん、隼人くん、鷹志くんらが、実はある多重人格者のそれぞれの人格…という仕掛けは非常に面白かったですし、種明かしの仕方、タイミングなども良かったと思います。
ただこの3人のそれぞれの物語が、鷹志くんの復活という作品の主題にほとんど繋がっていないところは、致命的なまでに残念なところでした。(逆にそこができていれば、ラストはもっと盛り上がったと思いますし、もっと評価が上がる作品だと思います。)
鷲介くん、隼人くん、鷹志くんのうち、見ていてツマラナイ鷹志くんの物語を大幅に削り、その分を鷲介くん、隼人くんに回したのはナイス判断だったと思いますし、同時にそれが物語を一定以上シリアスにならないような効果を生んでいたように感じました。


【神のみぞ知るセカイII】合計点:21点
ストーリー:2
キャラクター性:3
画:4
演出:4
音楽:4
総合的な評価:4

1期の流れそのままに、丁寧に作られていた作品でした。
美少女攻略という作品基本ラインに変に手を入れず、そのまま2期に持ち込んでいたのは正解だったと思いますが、ただその分2期ならでは、という部分がなく、新鮮味に欠けていたのは否めないところでしたね。
原作未読なので、その“2期ならでは”の部分は、ハクアさんの登場によっておぎなわれるんじゃないかと期待していたのですが、彼女の出番が思っていたほどなかったのは残念でした。
とはいえ、攻略対象の女の子をぞんざいに扱わず、キッチリ描写を積み重ねて話を展開していたのは相変わらず好感を抱きましたし、1期の女の子たちがちょこちょこと出ていたのもファンサービスとしてよかったと思います。


【30歳の保健体育】合計点:19点
ストーリー:2
キャラクター性:4
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:4

当初、なつさん役の名塚佳織さん目当てて見始めた作品でしたが、ギャグはそれなりにぶっ飛んでましたし、恋愛レクチャー作品としても普通のラブコメとしても、それなりにちゃんと作られていて充分に楽しめた作品でした。
そもそも15分という時間枠は、ギャグ作品とは相性良いんでしょうね。


【[C] THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL】合計点:12点
ストーリー:2
キャラクター性:1
画:3
演出:2
音楽:2
総合的な評価:2

作品全体として机上の空論すぎる内容でしたね。
特に金融街でのバトルの現実への影響を、公麿くん自身ではなく、ほとんど公麿くんの対戦相手のみで描いていたのが致命的でした。
もしこれが公麿くん自身に影響を受けているような展開になっていたら、もうちょっとドラマとして面白くなったと思うのですが…。
ディールによる戦闘描写がそれほど練って作られてなかったといた点や、作品テーマとなった“尊重すべきは「現在」か「未来」か?”の提示が唐突過ぎたことなども、物語がイマイチ盛り上がらなかった大きな要因だったと思います。


【あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。】合計点:21点
ストーリー:3
キャラクター性:4
画:4
演出:4
音楽:3
総合的な評価:3

既に亡くなっているめんまさんの姿を、主人公であるじんたんくんのみ見えるという不思議要素を除けば、ド直球の青春群像劇でしたね〜。
序盤はゆきあつくんのハジけっぷり、中盤はあなるさんの可愛さ、終盤はめんまさんの“お願い”の謎とじんたんくんの葛藤、とそれぞれ視聴者の興味をグイグイ引っ張る仕掛け、要素をきっちり用意していたところはさすがでしたね。
ただ作品として高いレベルのものであることは重々承知しているのですが、個人的にはそれほど好きなタイプの作品でもないんですよね。
正直、本編中のじんたんくんらは、過去を振り返るにはあまりにも若すぎるので、仲間内の関係が修復してもそれほどカタルシスを感じませんでした。
主人公らの年齢をグッと引き上げ、じんたんくんらを大学生、もしくは社会人ぐらいにした方がより面白くなった(というか僕好みになった)気がしましたね。
また、中盤のあなるさんの可愛さから鑑みるに、いっそのこと、あなるさんとじんたんくんとめんまさん以外のキャラのウェイトを大幅に下げ、恋愛メインの三角関係ものにしてみても面白かったような気がしました。(もちろん作品のテーマは全く違うものになりますが)


【緋弾のアリア】合計点:16点
ストーリー:3
キャラクター性:3
画:2
演出:3
音楽:3
総合的な評価:2

まさにラノベによる、ラノベファンのための、ラノベ原作アニメでしたね。
学園の凝った設定、ムダに多いお色気シーン、いろいろ良い目をみているのにそれに気づかない主人公……まさに“ド”がほど直球の「ラノベ原作アニメ」でした。
ただ、ラノベにありがちな“主人公陣だけ引き立てて、他のキャラたちがヤラレ役に過ぎない”というところがなく、ほかのキャラたちもそれなりにキッチリ活躍していたのは好感を抱けるところでした。
ラノベ原作作品にありがちな安っぽい展開も多々見られたので、そこがもうちょっと無くなったら、もっと面白くなる作品だと思うんですけどねえ。(まあ、「そこがラノベくさくて良い!」って人もいると思うので、判断微妙ですけどね)


【まりあ†ほりっく あらいぶ】合計点:16点
ストーリー:2
キャラクター性:2
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:3

前作のノリそのままで頭カラッポにして楽しめる作品でしたね〜。
前作よりもまともで説教臭い話が多かった気もしましたが、まあ許容範囲内でした。
ただ、こういうギャグ系作品の2期の宿命か、それほど新鮮さがなかったのは残念でしたね。
前作と比べて、静珠さんの出番がかなり増えていましたが、新キャラというわけでもなかったですしね…。


【GOSICK ―ゴシック―】合計点:13点
ストーリー:1
キャラクター性:3
画:2
演出:2
音楽:3
総合的な評価:2

う〜ん、いろいろ厳しいアニメでしたね。
一応、ミステリーアニメとしての形式はとっているものの、推理で楽しめる部分はほとんど無かったですし、ストーリーもジェットコースター的で主人公二人はほとんど流されてばかりでしたし…。
良かった点は、それこそ「ヴィクトリカちゃん可愛い!」の1点だけだった気がしましたね。
個人的には、ヴィクトリカさんや久城くん、アブリルさんやセシル先生など、キャラクター自体は概ね嫌いじゃなかったので、灰色狼のくだりなんかバッサリ削除し、もっと純粋に推理を楽しめる作品にしてほかったですね。


以上です。
今期の話題をさらったのは、なんと言っても“あの花”こと「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」でしょうね。物語としてはド直球の青春群像劇でしたが、要所要所で視聴者の興味を引く“仕掛け”がキッチリ施されていたのは流石ノイタミナ枠作品といったところでした。また青春群像劇だと普通なら恋愛要素が多分に絡んでくるのが常ですが、この作品では恋愛要素も匂わせながらも友情の方にウエイトが置かれていたところも成功した要因の一つだったと思います。
また、今期アニメの特徴的なものとしては、15分作品の健闘も挙げられると思います。「30歳の保健体育」や(僕は視聴していませんでいたが)「よんでますよ、アザゼルさん。」「変ゼミ」など高評価な作品が揃っていました。どれもギャグ系作品であることを考えると、ギャグ系作品と15分という尺は、やはり相性が非常に良いのかもしれません。
シリーズ第2期として1期と変わらぬクオリティを維持していた「神のみぞ知るセカイII」「まりあ†ほりっく あらいぶ」も大変楽しませてもらいました。ギャグ作品である「まりほり」はともかく、ストーリー作品である「神のみぞ知るセカイII」は第3期を期待したいところですが…。こればっかりは神のみぞ…といったところですからねえ(上手いこと言った…つもりはありませんw)
一方で、当初見る予定ではなかったものの、意外に拾い物だった(面白かった)ものは「俺たちに翼はない」「緋弾のアリア」でした。「俺たちに翼はない」の方は原作のキャラデザが西又葵さんだったことから単なるハーレムアニメだと思い込み、第1話すら見るつもりはなかったのですが、登場人物の軽快なセリフ回しについつい引きこまれてしまいました。「緋弾のアリア」も、釘宮理恵さん主演+ラノベ原作、という最近よく見かける組み合だったのであまり期待していなかったのですが、話の展開などが意外と面白く視聴継続を決定してしまいました。
逆に、期待して視聴し続けたけどれど、これ見なければよかったな…と思ったのは、「GOSICK ―ゴシック―」「[C] THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL」でしたね。「GOSICK」は推理ものとして、「C」は大上段に構えた本格ストーリーものとして、それぞれ期待していたのですが、どちらも期待を大きく外してくれました。「GOSICK」の方は主人公のヴィクトリカちゃんが可愛かったのでまだ見どころがありましたが、「C」の方はバトルシーンが大味すぎて、どうにも楽しめませんでしたね。(ああいう経済の話は、好きな方にとっては堪らないのかもしれませんが…。)


続いては各部門賞です。

ベストキャラクター賞
安城鳴子(あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。)

ベストOP賞
A Whole New World God Only Knows(神のみぞ知るセカイII)

ベストED賞
RPG([C] THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL)

ベスト声優賞・男性
下野紘
(「神のみぞ知るセカイII」桂木桂馬 「30歳の保健体育」今河駿 「俺たちに翼はない」羽田鷹志 など)

ベスト声優賞・女性
戸松遥
(「[C] THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL」真朱 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」安城鳴子 など)


ベストキャラクター賞については、「あの花」の“あなる”さんこと「安城鳴子」を選ばせてもらいました。ほかには「小阪ちひろ」(神のみぞ知るセカイII)「安藤なつ」(30歳の保健体育)も候補に考えましたが、どちらもあなるさんのツンデレの破壊力にはかないませんでした。
ベストOP賞には、「神のみぞ知るセカイII」「A Whole New World God Only Knows」を選びました。前作と同様に疾走感ある曲で、映像にも非常にマッチしていたと思います。他の候補としては「GOSICK」OP曲の「Destin Histoire」も良かったと思います。
ベストED賞には、「C」「RPG」をチョイスさせてもらいました。「あの花」のED曲「secret base 〜君がくれたもの〜(10 years after Ver.)」にしようか迷いましたが、「RPG」を歌っている「School Food Punishment」には「東のエデン」EDのころから注目していたので、個人的な趣味でそちらを選ばせてもらいました。ただ「secret base」の方が作品内容とのマッチング度も高いので、多くのブロガーさんはこっちをベストED賞に選んでいるんじゃないでしょうか。
ベスト声優賞については、演じられたキャラの数、そのキャラの作品内での重要度、印象度などを鑑みて、迷うことなく下野紘さん戸松遥さんを選ばせてもらいました。いや〜、今回は選ぶのが楽でした。今期始まってすぐの6月半ばあたりで既に「この二人(下野紘さんと戸松遥さん)しかいないな〜」って思ってましたからw ほかには、男性声優では「あの花」「GOSICK」で普段はヘタレだけど“やる時はやる”二大主人公を演じられた入野自由さん、女性声優では「神のみぞ知るセカイII」で高評価エピソードヒロインであるちひろさんを演じた阿澄佳奈さんや、「GOSICK」でヴィクトリカちゃんを演じ、作品を一人で支えていた(感がある)悠木碧さん、そして「緋弾のアリア」「アスタロッテのおもちゃ!」の2作品で主演を務めた釘宮理恵さんらの活躍が印象に残っていますね。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

ブログん家

TREview



voler at 00:08│Comments(0)TrackBack(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 今期(6月終了)アニメ評価in星屑の流星群  [ 星屑の流星群 ]   2011年08月31日 13:45
ゲームやアニメについてぼそぼそと人さんのところで 今期(3月終了アニメ評価企画があるので参加します。 とは言っても今回は春と違い評価するアニメは少ないですけど。 では評価開始です!!!!!!
もっと早くにと思いつつ結局は締め切りギリギリになってしまいまして・・・ 申し訳ないです m(_ _)m >ピッコロさん ・・・というわけで(え?)、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロさんから有難くもお誘いを受けましたので、今回も参加させていただき

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
「今期終了アニメを評価してみないかい?」
企画参加記事


月別履歴
記事検索
Recent Comments
pixiv blogparts - Daily Ranking
書籍とか個人的オススメとか(エロいの含む)
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング