2012年06月13日

今期(3月終了アニメ)を評価してみないかい?16

「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロさんが、恒例の企画「今期(3月終了アニメ)を評価してみないかい?16」を開催されているようなので、今回もまた参加したいと思います。

2012年3月終了のアニメ作品を…
・ストーリー
・キャラクター性
・画
・演出
・音楽
・総合的な評価
の6項目5点満点で評価していきます。

詳しいルールなどは「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の方にも記されているので、そちらを参照ください。
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5909.html

ちなみに今期で僕が見たアニメ作品は…

アマガミSS+
戦姫絶唱シンフォギア
偽物語
あの夏で待ってる
男子高校生の日常
テルマエ・ロマエ
ブラック★ロックシューター
P4 Persona4 the ANIMATION
ラストエグザイル―銀翼のファム―
未来日記
ギルティクラウン
銀魂'(アニメ第2期)

以上になります。


ちなみに各作品に対する評価コメントは、最終話の感想時に記した総評コメントを流用しています。
では以下、各作品の点数です。
(※相変わらずかなり長くなってしまったので、一気に読む場合はご注意を…)


【アマガミSS+】合計点:18点
ストーリー:2
キャラクター性:3
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:4

アマガミ版ラブプラス?みたいな感じの、イチャイチャラブラブの後日談ストーリーでしたね。
前作のいいところをちゃんと引き継いでいましたし、変に大きなドラマを作らなかったところも成功していたと思います。
前作の半分の話数という点もアフターストーリーとしては丁度いい長さで、安心してみることができた作品でした。
ほぼ欠点らしい欠点がない作品ですが、ただまあ完全に前作ありきの内容であることも確かでしたね。(原作ゲームプレイ済みでも、前作未視聴だとやっぱりちょっとキツイ…かな?)
まあ前作見てなくて、この作品から見ようと思った人なんてほとんどいないとは思いますけどね。


【戦姫絶唱シンフォギア】合計点:14点
ストーリー:2
キャラクター性:3
画:2
演出:2
音楽:3
総合的な評価:2

展開や演出が全体的に安っぽいのはまあ目をつぶるとして、「歌いながら戦うヒロイン」という基本コンセプトがあまり活かせていなかった気がしました。
一応、主人公陣はちゃんと歌いながら戦っていましたが、僕としては「ちょっと口パクを合わせているだけで、戦闘シーンにキャラソン流しているのと、どう違うの?」とか思ってしまいました。
歌がコンセプトなら、もっとこだわった描写が欲しかったですね。(まあwikiとか見てみると、企画者は単に「歌があると売れる」程度の考えらしいので、仕方が無いのかもしれませんけどね)
あと、こういった作品でサブキャラに水樹奈々さんを据えたんなら、主人公はそれに匹敵するか、せめて見劣りしないぐらいの歌唱力をもった声優さんを当てましょうよ…。
なんかもう、悠木碧さんに対するイジメに見えてしまいましたよ…w
(ちなみに、僕は悠木さんは嫌いじゃないですよ。むしろ好きな方です。でも歌で水樹先生と比べたら…ねえ。)


【偽物語】合計点:15点
ストーリー:1
キャラクター性:2
画:3
演出:4
音楽:3
総合的な評価:2

う〜ん、ファンにとっては原作での言葉遊びやエロ描写なんかも重要なんでしょうが、単純にストーリーだけ見れば、OVA2巻で充分だったんじゃないの? という内容でしたねえ。(もしくは3話×2の全6話編成とか)
新房監督独特の映像表現、エロ描写なんかがふんだんに盛り込まれていたので飽きるということはなかったですが、原作未読者としては「化物語」の続編ということで、映像はもとより話内容でも同じクオリティーを期待していただけに、ガッカリに感じてしまったのは否めないところでしたね。


【あの夏で待ってる】合計点:18点
ストーリー:2
キャラクター性:3
画:4
演出:3
音楽:3
総合的な評価:3

全員キャラは立っていましたし、それぞれちゃんと魅力的に描かれていました。
ですが、物語の大半を占めていた彼らの恋の鞘当てには、いまいちノッて見ることができませんでした。
理由は簡単。ほぼ全員、想い人への惚れ方が一目惚れだったから。
一目惚れを否定するわけじゃないですが、好きになる過程を描かず“誰それは誰それのことが好き”という設定のみ先行させられても、感情移入なんかできませんってばw
正直、沖縄でのゲストキャラ女子二人の方が、よっぽど感情移入してみることができましたよ。
(つか、スタッフは“恋愛”という物語を描きたかったのではなく、“五角関係”というシチュエーションを描きたかった、ってことなんでしょうね)
あと、設定とストーリーについても、アンバランスさ、ちぐはぐさを感じてしまいましたね。
イチカさん周りのSF設定を重視するなら、柑菜さん、哲郎くん、美桜さんの存在も、彼らの恋愛劇も、物語にそれほど必要無いですよね。
逆に、主要登場人物らによる青春群像恋愛劇が主題になら、イチカ先輩関連のSF設定はまったく要りませんよね。(まあ実際は、こっちが主題で、SF設定要りませんでしたけどね)
キャラは立っているんだけど、感情移入できない。キレイに終わってはいるが、要素はまとまってはいない。……自分にとっては、そんな印象の作品でしたね。


【男子高校生の日常】合計点:18点
ストーリー:1
キャラクター性:4
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:4

“男子高校生”と“女子校生”と括りを作ってキャラを動かしていたのは、ちょっと新鮮でした。
ただ一方で、面白かったエピソードは“女子校生”キャラが絡んだものばかりだったってのは、なんとも複雑なところですねw
あと、同じ監督さんがやっていた銀魂とは、同日放送なだけにどうしても比較して見てしまうので、その分損をしていた気がしましたね。
もちろん、銀魂は下ネタと際どいギャグがウリ、男子高校生はシュールギャグがウリ、とそれぞれ魅力は違うのですが、銀魂のあの強烈な内容の後だと、どうしても霞んで見えてしまうのは否めないところでした。


【テルマエ・ロマエ】合計点:16点
ストーリー:2
キャラクター性:4
画:2
演出:3
音楽:2
総合的な評価:3

DLEが制作して、FROGMANが関わっているってことで、もうちょっと野放図で無茶苦茶な内容(島耕作みたいに)になるかとも思っていたのですが、意外にも真っ当に作られてましたね。
ただ、原作を知っていると、1エピソード15分というのは、ちょっと勿体無いな〜という気もしましたね。
アニメならではの要素を追加して話を膨らませ、1エピソード30分にしたらもっと面白くなるのではないか…?とか欲を出した妄想をしてしまいそうですが、風呂ネタOnlyだとやっぱり話を膨らませるのは難しいのでしょうし、やはり今回みたいな形がベストなのかもしれませんね。


【ブラック★ロックシューター】合計点:13点
ストーリー:1
キャラクター性:2
画:4
演出:2
音楽:3
総合的な評価:1

現実世界でのドラマはありがちな少女群像劇でしかありませんでした。
肝である精神世界でのブラックロックシューターについては、映像的には高いレベルの戦闘シーンなのかもしれませんが、彼女らが終始、無言、無表情で戦っていたので、いまいち盛り上がって見ることができませんでした。
現実世界と精神世界…この二世界にそれぞれのドラマがまったく面白くなかった、とまでは言いませんが、相乗効果の面白さはお世辞にも感じませんでしたね。
この作品の原典はどこにあるのか分かりませんが、ブラックロックシューターを単独キャラとして扱い、「トライガン」的なガンアクションロードムービーとかにしたほうが、ずっと面白くなった気がしたんですけどねえ。(しつこく言うようですが、戦闘シーンの“映像”自体は良いんですから…)


【P4 Persona4 the ANIMATION】合計点:25点
ストーリー:3
キャラクター性:4
画:4
演出:4
音楽:5
総合的な評価:5

最初の3話ぐらいまでは、ゲームの内容を忠実になぞり過ぎていてあまり面白くなかったです。
ですが、日常パートが描かれていくうちに、どんどんアニメならではの味が出てきて、原作ゲームプレイ済みの自分にとっても非常に楽しんで見ることができる内容に進化していきました。
特に、夏休みの前後編のお話は今見ても神がかっていますね。
ここらへんの手腕は、さすがは岸誠二監督、といったところでしょうか。
ですが残念なところは、TV放送で真ボスとの対決までたどり着かなったところですね〜。
真ボスを倒す“あの技”を使ってこそ、これまでの日常パートの積み重ねに何の意味があったのか、初めて分かってくるんですけどねえ…。


【ラストエグザイル−銀翼のファム−】合計点:10点
ストーリー:0
キャラクター性:1
画:4
演出:2
音楽:3
総合的な評価:0

端的に言ってしまえば「実にGONZOらしい作品でした。悪い意味で」という感じですかねw
理想論ばかり口にしているおバカで役立たずの主人公が、なぜか周りから過剰に評価されたり、受け入れられたりしているところなんか、まさに、という感じでした。
これが主人公を中心としたアクション冒険活劇路線ならまだ見れたと思うのですが、変にスケールを大きくして国家間の戦争や民族問題なんかを主題にして、そこに主人公の主張を通してしまったもんだから、どうにも見れたものじゃなくなってしまいましたね。
期待していた前作キャラも、お世辞にも活躍していたとは言い難かったですし…。


【未来日記】合計点:19点
ストーリー:3
キャラクター性:5
画:3
演出:2
音楽:3
総合的な評価:3

ヤンデレキチガイ美少女・我妻由乃に始まり、我妻由乃で終わった…という感じの作品でしたね。
まさに、彼女の(いろんな意味での)魅力に引っ張られ、その言動に注目しっぱなしの2クールでしたw
時には味方になり、時には敵になり、愛らしくあったかと思えば一転して手に負えない暴走っぷりを発揮したりと、一筋縄ではないかないそのキャラ造形にはまさに拍手を贈りたいところですね。
ただ物語全体としては“未来が分かる日記を持つ者同士のバトルロイヤル”という基本設定を、あまり活かしきれていたようには思えませんでした。
特に主人公が日記の力をまったく利用せず、物語を通して頭脳戦をほとんどやらなかったところは、この設定からしたらちょっと肩透かしを食らった感じでした。
また、やはりあのラストだけは頂けませんよ。アレはこれまで積み上げてきたものを全部台無しにした、最悪の終わり方ですよ…。


【ギルティクラウン】合計点:13点
ストーリー:1
キャラクター性:2
画:4
演出:2
音楽:3
総合的な評価:1

“薄っぺらいキャラ描写と陳腐でテンプレートなストーリーを、キャッチなキャラデザと乱れのない作画で誤魔化した”という印象の作品でしたね。
前半の友情ごっこは目も当てられませんでしたし、後半の学園ヒエラルキー編はちょっと面白かったですが、それだって最終的な罪と罰の突き詰め方は中途半端で、満足したとは言い難い終わり方でした。
他人から取り出す“ヴォイド”という設定自体それほど悪くないことを考えると、どんなに上質な土台(作画や設定、声優)があっても、脚本がしっかりしていないと全部台無しになる、ということを示した見本のような作品でした。


【銀魂'(アニメ第2期)】合計点:23点
ストーリー:3
キャラクター性:4
画:4
演出:5
音楽:3
総合的な評価:4

実を言うと第1期の時はちゃんと見ておらず、第2期から正式に視聴し始めました(ここで言う“正式に”とは、録画して毎週欠かさず見た、という意味)。
シリアス長編は“浪花節”が過ぎて感動&お涙頂戴の意図が露骨であまり好きではないのですが、やはりギャグだけは他の作品とは段違いのレベルですね〜。
というか、原作の下ネタやパロディなんかを、全国ネットのアニメでほぼ忠実に再現+αしたところがスゴイ!
やはり真のギャグアニメは、プロデューサーの一人や二人が丸坊主になるくらいじゃないと作れないということでしょうかねw


以上です。
今期で一番印象に残っているのは「P4 Persona4 the ANIMATION」ですね。原作ゲームはプレイ済みでしたが、「トリニティ・ソウル」という前例があるだけでに放送前は不安がいっぱいでした。3話ぐらいまでは単にゲームの内容をなぞっているだけだったので「不安が的中したかな?」とか思ってしまったのですが、その後日常パートが増えていってからは、グングン面白くなって行きました。ただそれだけにTV放送で「True Endシナリオ」をやらなかったのは残念でなりませんでした…。
もう一つ印象深い作品としては「未来日記」ですね〜。正直、色々粗がある作品なのですが、そんな粗を吹き飛ばしたのは、何と言ってもヤンデレヒロイン・我妻由乃さんの存在でした。一途で強くて可愛くてアブなくて常軌を逸していて暴走時は手に負えなくて、まったく色んな意味で視聴者の関心と注目を釘付けにしたキャラでしたw ただ、この作品もラストは……何とかならなかったもんでしょうか。
あと、今期で特徴的だったのは月曜日に似た様なギャグアニメが、夕方と深夜に2本あったことですねw(関東地方限定の話ですが)。「男子高校生の日常」は充分に面白かったのですが、やはり「銀魂」と同日放送なのはちょっと損をしていたと思いますね〜。深夜なのに、ネタの過激さで夕方放送(の「銀魂」)に負けている、というのもアレでしたしw
一方、マイナス面で印象に残っていたのは、「ギルティクラウン」「ラストエグザイル」でした。どちらも作画はカンペキ、お話はメタメタでグダグダ、という状態だったので、ストーリーやセリフ回しなどに注目してアニメを見ている自分としては、なかなかキツイものがありました。(しかも、どちらもあんまり明るい話じゃない上、2クール作品でしたし)
また、「傷物語」も、ヒドイ…という程ではなかったですが、シャフト人気作の続編ということでそれなりに期待していたのですが、ストーリーがスカスカでかなり肩透かしを食らわさられた作品でした。


続いては各部門賞です。

ベストキャラクター賞
我妻由乃(未来日記)

ベストOP賞
key plus words(P4 Persona4 the ANIMATION)

ベストED賞
Beauty of Destiny(P4 Persona4 the ANIMATION)

ベスト声優賞・男性
杉田智和
(「男子高校生の日常」ヒデノリ、「銀魂'」坂田銀時 など)

ベスト声優賞・女性
小清水亜美
(「P4 Persona4 the ANIMATION」天城雪子、「男子高校生の日常」ヨシタケ姉 など)


ベストキャラクター賞は、「未来日記」「我妻由乃」を選ばせてもらいました。いやもう、これはまったく迷わなかったですw 「Persona4」「鳴上悠」も選んであげたかったんですが……いかんせん相手が悪すぎでしたねw ほかには「貴月イチカ」(あの夏で待ってる)「ヤナギン」「文学少女」(男子高校生の日常)「天城雪子」(Persona4)「雨流みねね」(未来日記)「フミ子」(銀魂')なんかもお気に入りのキャラでした。
ベストOP賞ED賞は、どちらも「Persona4」から選ばせてもらいました。ほかのOPでは「白金ディスコ」(偽物語)「sign」(あの夏で待ってる)「Shiny tale」(男子高校生の日常)「ブラック★ロックシューター」(ブラック★ロックシューター)「Dead END」(未来日記)「The Everlasting Guilty Crown」(ギルティクラウン)など、EDでは「ビードロ模様」(あの夏で待ってる)「Meteor Light」(戦姫絶唱シンフォギア)などが良かったですが、やはり「Persona4」のOPEDの方が前期後期含めて頭一つセンスが突き抜けていたと思います。(アニメOPEDとしては珍しくCD売りがされておらず、円盤特典でしかフルバージョンを聴くことができないんですよね〜。ぜひCD売りして欲しいです。発売されたら絶対売れますって!)
ベスト声優については、男性に杉田智和さん、女性に小清水亜美さんを選ばせてもらいました。男性部門で選んだ杉田さんといえば、言わずもがなの「銀魂」の銀さんですが、一日に二回(銀魂と男子高校生)も悲鳴芸を披露していたことは非常に印象に残っていますw 女性部門で選んだ小清水さんは「Persona4」の天城雪子を演じられていましたが、“笑いのツボがちょっとズレている”という特徴を活かし、他キャラのセリフを言っている陰で、ひたすら変なことに面白がっていた演技は、実は結構お気に入りでしたw


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

TREview



voler at 03:16│Comments(1)TrackBack(4)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 今期(2012年3月終了)アニメ評価in星屑の流星群  [ 星屑の流星群 ]   2012年07月05日 20:44
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人さんのところで 今期(3月終了アニメ評価企画)があるので参加します。 今回は朝・夕方・深夜とそれぞれあります。 では評価開始!!!!!!
さあ、準備も完了したのでベスト賞専用記事、 通称「ベスト賞決定大戦」記事です!!! 今期は知っての通り夕方枠と朝枠の終了アニメも 前年より多いです!!! そこでただ発表するだけじゃ面白くないので...
さあ、準備も完了したのでベスト賞専用記事、 通称「ベスト賞決定大戦」記事です!!! 今期は知っての通り夕方枠と朝枠の終了アニメも 前年より多いです!!! そこでただ発表するだけじゃ面白くないので...
さあ、準備も完了したのでベスト賞専用記事、 通称「ベスト賞決定大戦」記事です!!! 今期は知っての通り夕方枠と朝枠の終了アニメも 前年より多いです!!! そこでただ発表するだけじゃ面白くないので...

この記事へのコメント

1. Posted by ピッコロ   2012年06月20日 18:45
こんばんは、ピッコロでございます。

このたびはお忙しい中、当ブログの企画に参加して頂いて本当にありがとうございました。集計に加えさせていただきました。

なお、今回の企画の集計結果の発表については、6月29日(金)夜11時から放送ののネットラジオで行う予定でございますので聞いて頂けるとうれしいです。

詳しくはこちら→http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5616.html

どうか次の企画も参加して頂けると幸いです。それではこれからもよろしくお願いいたします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
「今期終了アニメを評価してみないかい?」
企画参加記事


月別履歴
記事検索
Recent Comments
pixiv blogparts - Daily Ranking
書籍とか個人的オススメとか(エロいの含む)
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング