2012年09月21日

京アニ制作=キャラ偏重アニメ?(ゴーバスターズとか氷菓とか)

【聖闘士星矢Ω 第24話】
雷の遺跡でエデンくんと対峙する光牙くんの巻。
アリアさんが望む通り、彼女を雷の遺跡に連れてきたエデンくん。
でも、遺跡を封印する訳でもなく、光牙くんにアリアさんを引き渡すわけでもなく、一体何しに来たのでしょうか?
普通考えれば、光牙くんと鉢合わせするのは分かりそうなものですが…単に「アリアさんに頼まれたから」と言う理由だったら思慮がなさすぎですね。
(一方で、もし光牙くんを倒すところをアリアさんに見せつけ、彼女に俗世への未練を断ち切らせる…という目的だったりしたら、理にかなっている上、父親以上に極悪だったりしますが)
今回登場したシルバーセイント3人は、いかにも“光牙くんとエデンくんがサシで戦う状況を作るための要員ですよ”という感じのキャラでしたねw


【宇宙兄弟 第24話】
芝刈りのアルバイト(?)と、日々人のバックアップクルーと仲良くなる六太の巻。
月面での作業用車両の訓練をする日々人と、芝刈り用車両を操る六太。
マニュアルの扱いがいかにも兄弟という感じでしたね。
それにしても、月面であんな車両を走らせることができるってことは、この作品の世界観は今よりちょっとだけ未来の世界、ということでしょうかね?


【特命戦隊ゴーバスターズ 第30話】
え?最終回!?の巻。
両親がメサイアと一体化したことを知り、衝撃を受けるバスターズ3人。
リュウジさんがシャットダウン一時中止を提案する中、家族救出に一番執着していたであろうヒロムくんが、シャットダウン続行を決断する展開は熱かったですね〜。(その際に、ちゃんとヨーコさんに「約束を破る」と断りを入れるあたりも良かったです)
ただ、「どんな想いで父さんたちが…」と言っていましたが、そのヒロムくんら両親たちの想いをうかがい知る描写がちょっと不足していたのが惜しまれるとこでした。
エンターさんとのメカ戦も、特撮モノでは珍しく搭乗者がいるメカ同士の対決で見応えもありました。
…でも、まだシリーズ中盤なのに敵ボスが倒されちゃってどうするんでしょうか?(まあ、どうせメサイアは死んでないんでしょうけどね)
次回は今後のストーリーがどう展開していくかが決定される重要な一話…と思っていたら、いきなり映画番宣回かよ!?w
ギャバン登場は嬉しいけど、そういうのはゴーカイジャーの時にやっとけよ!(いや、やってたけどね)
…と思いつつも、なんだかんだ言いながらちょっと楽しみにしている自分がいたりしますがw


【仮面ライダーウィザード 第3話】
“魔法使い”に憧れる天然青年のお話後編。
今の時代の怪人さんも、いろいろ大変だなあ。
昔は単純に単純に人を襲ったり、幼稚園バスを占拠したりするだけでよかったのに、今ではわざとやられたフリをしたり、対象者に魔法を使わせてあげたり、別人になりすましてTV番組出演をセッティングしたりと、手を変え品を変えて活動しなきゃいけないようですからねえ。
世知辛い世の中になってしまいましたねえ〜…。
とまあそれは置いておくとして、ウィザードの決め技はキック固定じゃないみたいですね。最近の“流れ”とはいえ、固定決め技がないのはちょっと残念。
あと、あの天然青年はレギュラー化するのか〜。正直、彼は見ているだけでイラッと来るキャラなので、さっさと退場してほしかったんですけどねえ…w


【機動戦士ガンダムAGE 第45話】
いろいろヴェイガン陣営の人間が死んじゃうお話。
フラムさんの死に様は美しかったですが、そこに大半の尺を使ってしまったため、肝心のゼハートさんがヒドイ扱いになっていましたね。
いくら冷静さを失っていたとはいえ、あれじゃ一方的にヤラれ過ぎ。今までのレギオスを乗りこなすための描写は何だったんだ?ってぐらい弱かったですね…。
そのほかオブライトさんが戦死したり、ザナルドさんが砲撃に巻き込まれて亡くなったり、ディーヴァが沈んだりしましたが、まあオブライトさんとザナルドさんはどうでもいいとして、ディーヴァのAGEシステムだけは勿体無かったですね。
てっきりあのシステムだけは持ち出し、物語エピローグあたりで連邦とヴェイガンの橋渡し的なことに使われることになるんじゃないかと予想していたのですが。


【TARI TARI 第11話】
自分たちだけも白祭を、と困難に見舞われつつも準備を進める合唱部の巻。
生徒会で、白祭中止の中止を提案する来夏さん。
結果は予想通り惨敗でしたが、あの美術部のメガネ部長さんあたりは賛成するかと思っていたんですけどねえ。(※追記:一応メガネ部長さんは賛成していたみたいですね。てっきり賛成したのは「提案するぐらい、いいんじゃないの?」って言っていた人だけかと勘違いしていました)
紗羽さんのとっておきの写メをちゃっかり自分だけのものにしちゃった田中くんですが、彼女が快く写メを撮らせていたのはちょっと意外。
一方で、紗羽さんの後ろ姿だけで満足しちゃった美術部のご友人についてはオメデテーナーwwwwって感じでしたねw(ちょっと可哀想な気もしましたが…そもそも友人に想い人(?)の写メなんかお願いするほうが悪い)
「高校の学園祭でしか発表の場を持つことができない人だっている」と言っていた来夏さんですが、この発言は“高校での生活(いわゆる“青春”)は、単なる人生の通過点にしか過ぎないのか?”という作品テーマに繋がる重要なものでしたね。
このテーマを浮き彫りにするために終盤になって廃校という困難が降って湧いてきたのでしょうし、一瞬一瞬を大切に過ごした和奏のお母さんと常に将来のことを見据えていた教頭先生の生き方の対比も描かれていたんでしょうしね。
次回、どのような最終回になるのかちょっと楽しみですね(個人的は教頭先生周りの話が、どう決着するのかに注目)。


【人類は衰退しました 第12話(最終回)】
部屋裏通路の散歩者の巻。
のばら会メンバーの本性が明らかになるくだりは、元ネタは「屋根裏部屋の散歩者」なんでしょうね。
あの本性を知った後でも平気な顔でメンバーと付き合えるあたり、いかにも主人公らしいタフさだったと思いますw
とはいえ、珍しく彼女が驚いたり狼狽えたりする様子は、なかなか面白かったですけどねw
作品総評としては…。
シュールでブラックユーモア溢れるストーリー展開は、自分の好みからはちょっと外れるので、それほど楽しめなかったですね。
ただ、中原麻衣さんが演じる“私”の冷静かつ可愛らしい毒舌独白は、なかなか魅力的でした。
彼女のあのキャラ、あの独白がなかったら、視聴を続けるのは相当キツかったと思います。
そういった意味では、キャラクター造形に大成功していた作品だったと思いますね。


【氷菓 第22話(最終回)】
千反田さんに頼まれ、伝統行事「生き雛祭り」に参加することになった折木くんの巻。
とりあえず、行事を運営するおっさんらのキャスティングが豪華すぎ!w 
自分が認識できたのは、石塚昇運さん、二又一成さん、永井一郎さん、千葉繁さんあたりまででしたが、もっとほかに大御所の方が出ていたかもしれません。つうか、こんな無駄なキャスティングで出来るほど予算余ってるのか京アニ?
お話的には、ストーリー部分も、推理部分も平凡な出来でイマイチ。
ただ、千反田さんは自分が参加する儀礼儀式に折木くんを巻き込むことによって、彼をお婿さんにするための“地ならし”を着々と進めてるなあ、と思ったり思わなかったりw(折木くんが行事運営スタッフの一人からちゃんと挨拶をされたあたりなど、特にそれを感じました)
おそらく千反田さん自身はそんなことは意識してないでしょうが、そういった“意図せず自分の望む状況を作れる”ところが彼女の聡明なところでもあり、怖い(w)ところでもあるんでしょうねえ。
作品総評としては…。
推理モノ…と見せかけて、ストーリー展開よりもキャラクター依存度がずっと高い作品でしたね。
推理好きの自分としては内容的にちょっと物足りないものを感じましたが、“アニメ”としてはその方向性は間違いではない…のかもしれません(これが逆転して、ストーリーを重視し過ぎると「UN-GO」のようになるので)。
ただ、京アニが作品作ると、どんな題材もこのようなキャラ偏重アニメに化けてしまうのか? と思わないでも無いですが…w
とはいえ、その肝心要のキャラクター造形、描写をキッチリ行い、視聴者を25分楽しませることができるのは、やはり“さすが”としか言いようがないところですが。
また、推理部分などで“映像化の際に分かりにくくなる部分を、できるだけ分かりやすくしよう”という意図がそこかしこから感じられたのも好印象でしたね。
お話的には、一番最初の「氷菓」のエピソードが一番好きでしたね。
事件に対して各キャラの感情が一番入り乱れていたお話でしたし、先に挙げたストーリー展開とキャラ依存度のバランスが丁度よく取られていたと思いますので。


【はぐれ勇者の鬼畜美学 第11話】
フィルさんドラゴンになるの巻。
こういった話では巨大化したほうが負けるのは定番ですが、さすがに美兎さんらにヤラれちゃったりはしないみたいですねw
フィルさんが契約した(というか変化した)この邪竜さんは強い存在っぽいですが、そこら辺の説明がないのは頂けませんね。
お約束として危ないところに暁月くんが現れますが、彼がフィルさんに放った技はいわゆる“オマエはもう死んでいる”系のものなんでしょうねw


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



voler at 07:04│Comments(0)TrackBack(25)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 氷菓 #22 最終回  [ ぐ〜たらにっき by livedoorブログ ]   2012年09月21日 12:46
『遠まわりする雛』 本文の続きとトラックバックの送信先は本家へ
2. 「氷菓」第22話(終)  [ 日々“是”精進! ]   2012年09月21日 14:19
  第22話「遠まわりする雛」(終)えるに「生き雛祭り」の「傘持ち」役を頼まれた奉太郎。祭りの会場に行ってみると、そこは戦場さながらの様子。男衆の気迫に圧倒される奉太郎...
3. 人類は衰退しました 第12話 最終回 感想  [ 荒野の出来事 ]   2012年09月21日 16:45
 人類は衰退しました  第12話 最終回 『妖精さんの、ひみつのおちゃかい2』 感想  次のページへ
4. 氷菓 第22話 「遠まわりする雛」  [ こねたみっくす ]   2012年09月21日 17:38
「わたし、気になります!」の千反田えるちゃんに「お前が諦めた経営的戦略眼についてだが、俺が修めるというのはどうだろう」と折木奉太郎のプロポーズがキタッー!と思ったのに ...
5. 氷菓 第22話「遠まわりする雛」  [ ボヘミアンな京都住まい ]   2012年09月21日 18:18
こちらの期待以上の、良い最終回でした。制作に関わった全ての方々は本当にお疲れさまでした。今回、まずは十二単に桜という組合せの絵で雅な雰囲気が表現できていたのは、さすが京都の会社といったところでしょうか。 原作になかったアニメオリジナルでの追加も少しありまし
6. TARI TARI 第12話「重ねたり 響いたり」  [ ボヘミアンな京都住まい ]   2012年09月21日 18:19
和奏の 「やろうよ!白祭」 の呼びかけから、歯車を回して牽引するかのように合唱部の5人が他の生徒をどんどん巻き込んでいく展開が熱くクレッシェンドしていくようで良かったですね。紗羽の土下座での懇願で地元商店街の大人たちまで味方に引き込み、親バカのお父ちゃんはポ
7. TARI TARI 第12話 重ねたり響いたり  [ ゲーム漬け ]   2012年09月21日 19:03
和奏の前向きさに牽引され、合唱部では白祭の準備に動き出します。 田中は紗羽に事情を話し、写真を撮らせてくれというものの、変な事を言って済まないと謝罪して引っ込めよ ...
8. 宇宙兄弟 第24話 最悪の審査員  [ ゲーム漬け ]   2012年09月21日 19:04
日々人の家に滞在する六太ですが、毎朝六太を悩ませるのは、アポ。 2度寝を許さない2度寝防止機能目覚ましとなっているようで、諦めて起きる頃には舐め上げられて顔がテカテカ。 ...
9. 氷菓 第22話(最終回) 「遠回りする雛」 感想  [ ひえんきゃく ]   2012年09月21日 19:40
綺麗でいい終わり方でしたね。 これで最終回というのが惜しいです。 えるに「生き雛祭り」の「傘持ち」役を頼まれた奉太郎。 祭りの会場に行ってみると…、そこは戦場さながらの様子。 男衆の気迫に圧倒...
10. 機動戦士ガンダムAGE第48話『絶望の煌めき』の感想レビュー  [ gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) ]   2012年09月21日 19:54
どうしてこうなった!なフラム&まさかのゼハート死亡回でした。 いや、感動的なシチュエーションを演出するためにキャラが死んでしまうのが無しとは思いませんが、最終回前に両方殺してしまうとか明らかに愚策な気が。 しかも、ゼハートのキャラ自体が指導者としてのプレ...
11. 氷菓 第22話(最終回)  [ 日影補完計画(あ゛ぁやっちゃったなぁ… おい… な毎日w) ]   2012年09月21日 20:28
「遠まわりする雛」 千反田が見えない 気になる、気になる…
12. 氷菓 第22話 「遠まわりする雛」  [ つれづれ ]   2012年09月21日 22:54
 エフェクトが凄く効いていて……
13. ふたつのグローブ  [ マイ・シークレット・ガーデン vol.2 ]   2012年09月22日 00:12
エコマーク! 連休の中日に、主婦健診行って参りました・・ 『宇宙兄弟』 #24 最悪の審査員 ムッタは毎朝アポに起こされる日々。 アポ賢い^^v NASA では家族の面倒を見てくれるということで、 それでムッタは早々にアメリカに来たのかと思ったら、 ちゃんと芝刈り...
14. 氷菓 22  [ MEGASSA!! ]   2012年09月22日 00:59
最終回ということで、まとめ感想の意味も込めてレビュー。 基本的には学校メインだったので、えるのお嬢様っぷりは目立たなかった、むしろおとぼけ天然キャラで通ってた感がありましたが、 ここに来て名家の令嬢という事実がこれでもかと言わんばかりに強調されてました
15. TARI TARI 第12話  [ ニコパクブログ7号館 ]   2012年09月22日 02:59
第12話『重ねたり響いたり』TARI TARI 2 (描き下ろし全6巻収納BOX付属・初回生産限定仕様) [Blu-ray]白祭の中止の中止ですか。
16. TARI TARI 第12話「重ねたり 響いたり」感想!  [ くろくろDictionary ]   2012年09月22日 09:04
TARI TARI 第12話「重ねたり 響いたり」 「白祭の中止の中止を提案します!」 白祭をやるために、できることはやる! 来夏は部長として、クラブ会議で「中止の中止」を提案。 大きな大会に出るような人や、将来プロを目指してる人にとってはただのお遊びかもし
シャイナさんお久しぶり。光牙たちの中に雷の属性を持つ聖闘士は居ません。そこで来てもらった訳ですが、元気になって良かった。…と思ったら彼女もまた魔障を受けており、無理しているみたいです。まさか死んだりしないよね。 あと聖衣がスケスケになったのは何故。理由は分
18. アニメ 氷菓 最終回まで見て 感想  [ くまっこの部屋 ]   2012年09月22日 20:18
狂い咲きの桜の下、風にたなびく黒髪。最後の最後までクオリティの高い映像と、原作の
19. はぐれ勇者の鬼畜美学  [ スポーツ瓦版 ]   2012年09月22日 20:48
9月18日 はぐれ勇者の鬼畜美学 アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB入 ...
20. 氷菓 #22  [ 桜詩〜SAKURAUTA〜 ]   2012年09月22日 23:01
【遠まわりする雛】 氷菓 限定版 第4巻 [Blu-ray]出演:中村悠一角川書店(2012-09-28)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 今回で最終回なのかな? 
21. TARI TARI #12  [ 桜詩〜SAKURAUTA〜 ]   2012年09月22日 23:03
【重ねたり 響いたり】 TARI TARI 3 [Blu-ray]出演:高垣彩陽ポニーキャニオン(2012-11-07)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る それでも私は歌います! 
22. 人類は衰退しました   全12話  [ にきログ ]   2012年09月23日 22:25
今期アニメも続々終わっていますね 見終わっている作品もあるのですが、なかなか感想を書けていないものが多いですね できるかぎり書いていきたいです こちらはブラックユーモアで不思議な作品でしたね...
23. TARI TARI 第12話 重ねたり 響いたり  [ 窓から見える水平線 ]   2012年09月25日 02:29
TARI TARI 第12話。 来夏たちは改めて白祭の準備に動き出す。 以下感想
24. 氷菓 第22話  [ ブログリブログ ]   2012年09月26日 08:56
 彼女の未来を背負っていく重さ、、、で、それに二の足を踏む男子が、バレンタイン話と雛話のテーマだったのか。
25. 氷菓  [ バカとヲタクと妄想獣 ]   2012年09月29日 00:26
大門ダヨ 氷菓も終了 いや〜京アニのアニメはやっぱすげぇや ついついストーリが気になっちゃって「早く次見みてぇ!」でした 最終話のえるちゃん可愛かった! 「わたし、気になります」は流行語...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「今期終了アニメを評価してみないかい?」
企画参加記事


月別履歴
記事検索
Recent Comments
pixiv blogparts - Daily Ranking
書籍とか個人的オススメとか(エロいの含む)
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング