2012年12月23日

中二病とは…?(中二病でも恋がしたい!とかめだかボックスとか)

【聖闘士星矢Ω 第35話】
乙女座フドウとの対決の巻。
旧作の黄金聖闘士の中で、一二を争う強さと人気を誇った乙女座ですが……今作の乙女座も中々貫禄があって良かったです(前作に及ばないまでも、前作の乙女座を汚さない程度には…ですが)。
クロスもちゃんと前作のデザインを踏襲していたのも好印象でした。
ただまあ、あっさり目を開きすぎな気もしましたがね…w
しかし、蒼摩くんらに合流した光牙くんらでしたが、獅子宮は素通りだったんでしょうか?
戦いはなかったにしろ、ミケーネさんが光牙くんらをどういう対応をしたのか、ちょっと見てみたかったところでしたが…。
あと、フドウさんの台詞から、現時点でセブンセンシズに目覚めているのは龍峰くんとユナさんだけみたいですね。各キャラの成長具合を、こういう風にこだわりをもって描いているところは良かったです。


【特命戦隊ゴーバスターズ 第43話】
クリスマスにまつわるお話。
一年通して放送する戦隊ものではこういう時事ネタはお約束ですが、ちゃんと設定を活かしてクリスマスに特別な意味を持たせて描いていたところは非常に良かったです。
また、瓦礫の下敷きになった児童センターの子供たちの花束を見せることで、主人公らの感情を“怒り”から“守りたい”というものにスイッチさせる話の構成も秀逸でした。
合わせて、司令官の「クリスマスは悲劇の始まりではないし、してはならない。誰にとってもだ!」という台詞もなかなかの名言で良かったです。
しかし、1話で終わるエピソードかと思っていたのですが、次回に続いたのは予想外でした。まあ、エンターさんが死んでいないのは、さすがにバレバレですけどねw


【仮面ライダーウィザード 第15話】
真相を知らない女優さんに、どう対処するか悩む晴人くんの巻。
てっきり真相を知った女優さんがゲートとして覚醒しかけて、それを防ぐという展開だと思っていたので、最後の最後まで晴人くんが嘘を突き通した展開は意外でした。
ただ、ほろ苦い感じの結末は、この作品としてはなかなか新鮮でした。


【ガールズ&パンツァー 第10話】
プラウダ戦の結果と、戦力増強&黒森峰との対戦冒頭、の巻。
プラウダ戦の結果は…まあ当然ですね。ここで負けちゃったらお話続きませんもんねw
戦線車&新メンバーが追加されましたが、ここ(この話数)に来てなぜ? と思う間もなく一台撃破されちゃいましたね…。彼女らの存在意義っていったい…w
決勝戦直前、かつての対戦相手が挨拶に訪れ、西住さんのことを「不思議な人」と言ってましたね。
まあ、展開としては“お約束”ですが、西住さんを特別だと思わせるような描写が不足しているのが惜しまれるところですね…。
西住さんがやったことは、フツー(?)に寡兵で大群を打ち破ったことだけですからねえ…。
もちろんそれは凄いことですが、対戦相手から気持よく認められる、仲良くなる理由付けとしては、ちょっと弱い気がします。
西住さんを、不思議な、特別な人、とするならば、彼女の性格、アイデンティティーなどを元にして描いて欲しかったところでした。
…しかし、これで続きは3月か〜。ちょっと長いなあ〜。


【となりの怪物くん 第12話】
夏目さん視点の大晦日の巻。
みっちゃんさんを意識する夏目さんですが、あっさりササヤンくんに指摘されちゃいましたね。
ササヤンくん的には夏目さんの想いに気づいて、あっさり身を引いた感じでしょうか?
何にしろ、こういう風に必要以上に恋愛に重きを置かないライフスタイルのキャラが、恋愛作品ではやっぱ一番強いな〜。
ちなみに、大島さんの出番があったのはちょっと嬉しかったです(彼女の真骨頂である、暴走とかが無かったのは残念したがw)。
しかし、次回で最終回ってことは、雫さんとハルさんの仲はこのままでフィニッシュってことでしょうかね?
なんか中途半端な気もしないでも無いですが……まあ原作自体終わってないので仕方ないんでしょうかね…。


【中二病でも恋がしたい! 第12話(最終回)】
勇太くんが六花さんを迎えに行くお話。
過去からの手紙で勇太くんが励まさる、という展開は悪くなかったものの、そもそも中二病中にあんな手紙(自分が普通になることを予感している手紙)を書くのか?という点はちょっと気になりましたが…。
中二病のくみんさん、まともになった凸守さんらの姿は、なかなかレアで良かったですが…。
作品総評としては…。
初期の、中二病の六花さんに勇太くんが振り回されていたあたりは非常に楽しく見ることが出来ていました。
ただ中盤以降の、六花さんの中二病には父親の死が絡んでいて…という事実が明らかになってからは、どうにも中二病の扱いに違和感を抱かざるえなかったです。
う〜ん、この作品スタッフは、中二病にかかったことがないのではないか? もしくは、かかっていたとしても軽度で済んでしまっていたのではないか? という気がするんですよねえ。
いや、少なくとも自分が知っている(つうか自分が患っていたw)中二病と、この作品の中二病はちょっと違うんですよね…。
僕が知っている中二病は「患おうと思って患えるものでもないし、卒業しようと思って卒業できるものでもない。自然に患っていて、当時は自分が中二病だという認識などなく、いつの間に自然に卒業しているもの(で、後になって思い出して、恥ずかしさあまりのた打ち回るもの)」なんですよね。
なので、六花さんの中二病に理由付けをして、彼女に同情的になる後半ストーリーは、どうにも自分としてはシックリ来ないものを感じてしまいました。
また、六花さんと勇太くんの脇を固めるサブキャラ陣についても、あまり存在の必要性を感じなかったですねえ。
一人一人は確かに魅力的なんですが、六花さんや勇太くんとの絡みが不足していて、終わってみると「別にいなくても良かったんじゃないか?」という印象しか残らなかったりします。
…正直なところ、「けいおん」以降の京アニ作品の中では、自分としては一番のハズレな作品でした。


【めだかボックス アブノーマル 第11話】
王土さんとめだかさんの一騎打ち、の巻。
対戦前の王土さんの非情さ、悪辣さは、シリーズを締めくくる敵ボスキャラとしては100点満点でした。
並び立つスパコンをぶち抜きながらの、めだかさんさんとの戦いもなかなか良かったです。
ただそれだけに、王土さんがめだかさんの内部を見た際の描写が通り一遍のテンプレ的なものでしかなく、精彩を欠いていたのは残念でした。
王土さんが降伏する原因となり、かつ“黒髪めだか”がどのような存在なのかを僅かでも窺い知ることができる重要な部分だと思いますし、こういったシーンの描き方こそが作家としての真価を問われる部分だと思うんですけどねえ…。
あと、OPの王土さんのロボットみたいなのは、結局出て来ませんでいたがアレは何だったんでしょうねえ…?
一件落着と思われたラスト、チーム負け犬とプラスシックスの面々が串刺しになっていましたが、西尾維新らしい秀逸の“引き”だったと思います。
ただ、アニメ2期本筋のラストとしては、さすがにどうかと思いますが…。(次回の最終話は外伝のようですが、そのラストで第3期の告知とかがあるなら、ギリでOKかな?)


【ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU 第12話(最終回)】
ハヤテくんの心が元に戻って大団円の巻。
ドリーさんから助けられたツグミさんが、次のシーンではいきなり伊澄さんの前に立ちはだかっていたり、ナギさんと一緒に落下する際にハヤテくんが「お父さまが守ってくれる」と言ったり(黒椿の幸運能力の代償が魂だと知った上でのその発言は、ナギの父親に「死ね」って言ってるようなもんですよね)、色々粗はありましたが、お話的には綺麗にまとめていたと思います。
しかし、この作品は分割2クールで来年また放送されるんですよね…?
上記したようにお話的にはキッチリ終わっているので、無理に続けなくてもいいと思うですけどねえ。
あと、ナギさんとハヤテくんが後続番組を紹介していたのは、ちょっとビックリしました。後続番組の予告の方で、前番組の内容をネタとして被せてくるのは「君に届け」→「カイジ」の例がありますが、こういうパターンは初見ですね〜。
作品総評としては…。
第2期を見ていないので第1期との比較になってしまいますが、第1期と比べるとパロディ色やネタ色が薄れ、よりストーリー色が濃くなっていた作品でしたね。
全体としての勢いはちょっと減ってしまったものの、特色であるストーリー部分を綺麗にまとめていたので、複数あるシリーズ作品の中の一つとしては、これはこれでアリかな? と思わせる作品でした。
ただまあ、西沢さんやヒナギクさん、マリアさんといった人気キャラの出番が大幅に減っていたので、人によってはすごくつまらないシリーズだったかもしれません。ここらへんは評価がつけ難いところですが…。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



voler at 23:30│Comments(2)TrackBack(19)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「めだかボックスアブノーマル」第11話  [ 日々“是”精進! ]   2012年12月24日 06:05
  第11箱「これにて一件落着!」完全復活した黒神めだか。決意も新たに、打倒“フラスコ計画”を宣言するめだかを、王土はその最深部へと、自ら案内する。“生徒会”めだかと、...
2. 中二病でも恋がしたい! 第12話  [ いま、お茶いれますね ]   2012年12月24日 09:03
第12話「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」 キレイにまとまった最終回。神最終回と言ってもいいのかな。 以前に少し出ていた六花が初めて勇太を見掛けたシーンも上手く回収されていました。 ...
3. となりの怪物くん 第12話 「年は暮れゆく」  [ つれづれ ]   2012年12月24日 09:08
 初詣を深夜徘徊という雫さん……
遂に不可視境界線が出現!!…という妄想のはず。勇太のイメージがあまりにも真に迫っているので本当か嘘か正直分かりません。そもそも妄想でバトルはともかく情景を共有するって難しそう。それだけに「実は勇太は本当に能力者なんじゃないの」と思えてしまう。 ここで六花
5. ハヤテのごとく! 3期 テレ東(12/19)#12終  [ ぬる〜くまったりと ]   2012年12月24日 10:56
最終夜 公式サイトから失った物を取り戻すために、危険と対峙するナギ。希望は“黒椿”の中にある。ラスベガスライブも最高潮を迎え、『ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU』も遂にクライマックス! 歌と共に、愛が世界を包み込む。きっと。 どうして僕はここに?
近年稀に見る神最終回で、めちゃくちゃ感動しました♪ 映像美はもちろんのこと、六花と父親の関係、六花と勇太の関係それぞれに明確な回答が与えられていて、とても綺麗にまとめられていたと思います。 二人の交流を今まで積み重ねて描いてきたからこその感動、という部分...
7. 中二病でも恋がしたい! 第12話迄(最終回) 感想  [ かめラスカルのアニメ&趣味の戯言 ]   2012年12月24日 12:10
中二病とは違うのかもしれないかもしれないけど、なんかこう、自分は人とは違う、自分
8. 中二病でも恋がしたい! #12 最終回  [ ぐ〜たらにっき ]   2012年12月24日 12:41
『終天の契約(エターナル・エンゲージ)』
爆ぜろリアル、弾けろシナプスVanishment This World!邪王真眼の力を失った六花に再び黒炎竜を宿す勇太、消失する世界の向こうに小鳥遊六花は何を見つけ、心に刻むのか
10. 楽しいふゆやすみ  [ マイ・シークレット・ガーデン vol.2 ]   2012年12月24日 15:02
ゴミ分別! 明日こそ体勢立て直したいと思いマス^^; 『となりの怪物くん』 第12話 年は暮れゆく 過去のトラウマから、 自分を好きな男子がからかわれ笑われているのに、 男子全体に拒否反応を示してしまうあさ子。 それにしても、 あさ子の考える友情ってそ...
11. 中二病でも恋がしたい!:12話感想&総括  [ しろくろの日常 ]   2012年12月24日 16:06
中二病でも恋がしたい!の感想です。 六花が乗り越えなければならなかったもの。
12. 中二病でも恋がしたい! Episode 12「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」  [ ボヘミアンな京都住まい ]   2012年12月24日 16:07
最後のナレーションが雰囲気にそぐわず浮いてるようで違和感ありましたけど(勇太か六花あるいは森夏あたりのモノローグの方が同じ台詞を使うにも良かった気がする)、結局はグルッと回って1周して原点に戻って来たというか、六花が 「さよならパパ!・・・さよなら!」 と叫
13. めだかボックス  [ スポーツ瓦版 ]   2012年12月24日 19:48
12月22日 めだかボックス アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB入らな ...
14. となりの怪物くん 第12話「年は暮れゆく」  [ Spare Time ]   2012年12月24日 20:56
『みっちゃんへの想いを自覚し始めたあさ子は、本人とうまく話せないことをササヤンにこぼすと、“好きだからでしょ”と一刀両断。否定をしつつも、恋心は大きくなるばかり…。冬休みに入り、いつもの様に雫たち...
15. 中二病でも恋がしたい! Last episode 『終天の契約(エターナル・エンゲージ)』  [ 本隆侍照久の館 別館 ]   2012年12月24日 21:04
中学時代。 パパンが亡くなった。
中二病でも恋がしたい! 第12話「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」 最終回です。
17. (アニメ感想) 中二病でも恋がしたい! 第12話 「 終天の契約 ( エターナル・エンゲージ )  [ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2012年12月25日 00:34
投稿者・ピッコロ 中二病でも恋がしたい! (2) [Blu-ray](2013/01/16)福山潤、内田真礼 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ〜!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネットラジ...
18. ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU 第12話(最終回)感想  [ 空色きゃんでぃ ]   2012年12月26日 03:23
なんで女装なんですか!たぬきの趣味ですか!( *`ω´) 死よりも恐ろしい永遠のはじまり… 永遠回路黒椿に閉じ込められたハヤテくん! 今ハヤテの体に入っているのはナギのお父さん! 木になって襲って...
19. ハヤテのごとく!第3期 #12  [ 桜詩〜SAKURAUTA〜 ]   2012年12月30日 18:21
【最終夜】 ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU 第4巻 (初回限定版) [Blu-ray]ジェネオン・ユニバーサル(2013-03-27)販売元:Amazon.co.jp お金よりも大切な物があるでしょう! 

この記事へのコメント

1. Posted by めだかの名無し   2012年12月25日 22:55
おおう管理人さんごめんなさい。こんなに記事にしてくれていたのにコメントしてなかったです。王土さんは迫力ありましたな!私は特に王土さんの顔芸が気に入りました、ようやくガイナらしい演出が見れた気がしましたわい。一期からこういうのをガンガン入れなさいよ!あと2期はEDの入り方がとても良かったと思います。さて来週はどうなることやら… あとついに管理人さんから100点満点が!…こんなにうれしい事はない!
2. Posted by voler   2012年12月28日 11:32
レス遅れて申し訳ありません。

終盤に来てようやくジャンプ的な派手な戦闘バトルが見れましたね〜w
高千穂先輩とのバトルもジャンプ的といえなくはなかったですが、あれはどちらかというと身体能力比べの色が濃かったですからね〜。

>管理人さんから100点満点が!
めだか「お前それでも人間か?」 王土「人間だよ」 めだか「じゃあ、私はバケモノでいいよ」(うろ覚え)のやり取りとかはシビレましてね〜。
それだけに、記事にも書いためだかさんの内面を覗いた際の描写は、もうちょっと頑張って欲しかったところだったのですが…。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
「今期終了アニメを評価してみないかい?」
企画参加記事


月別履歴
記事検索
Recent Comments
pixiv blogparts - Daily Ranking
書籍とか個人的オススメとか(エロいの含む)
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング